t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか114施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体。一方、高小建設は50億円超。庁舎は、リース事務所に20年契約で30億投入の財政効果無きハコモノ建設を推進強行しています。   しかし、判明は、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口-5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を果たされず、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、高浜の市民生活は破壊となります。市民の監視を高めるため情報発信を図るものです。

高浜住民監査 - 不可解な「財政運営」Ⅲ

「高浜」の残念な要素は「ウソも方便」と、虚偽説明を多用されたこと。

・「目的-完遂」のためには手段も選ばずと、強引に推進は私物化の証しです。

この証しのひとつが「リース事務所」や「高小-倍額-50億円」建設の基本方針

 

・『新しい地域活動拠点の形成を目指して』と題し「 H26年1月」に起案された模様

  [検索] :  新しい地域活動拠点の形成を目指して―基本方針― -高浜HP(takahama.lg.jp)

初めから「リース事務所-ありき」の施設方針は「高浜」を裏切りです

 

・当時「公共施設-あり方検討会」の素案が立案された段階で、二施設だけ方針策定

それも「市民無視」「市民参画無し」の行政の独断専行で立案は怪しい限り…

・「公共施設」の建設計画を、市民を排除し行政の独断専行案で強行は私物化です

 

---「リース事務所」の無駄遣い ---☆---

「リース事務所」と「旧庁舎-大規模改修」との比較表を作成してみました

「リース」は「建設単価」は倍額! - 年間単価も高額を選択は不適切な優遇の証し

 

民間事業- リース

市整備– 旧庁舎-改修

床面積-㎡

  3,668

  7,674

施設費-億円

    19.6

    19.3

建設単価-万円/㎡

    53.4

    25.1

施設寿命-年

  20年-契約

  30年-長寿命化

年間単価-億円/年

    0.98

    0.64

 

●「H26年度」-「建築着工統計-愛知県-鉄骨造-事務所」の建設単価は「19万円/㎡」

「事務所-3,600㎡」なら「建設費-約7億円弱」が相場を「リース-20億円」を投入…

・「高浜-リース事務所-53万円/㎡」は「2.8倍」- 余りにも過剰な業者優遇では…?

 

先の『新しい地域活動拠点の形成を目指して』の中味内容の再検証を試みます

「施設建設費」

「建替え-25億円」「改修-14億円」と試算を「リース事務所-30億円」にて契約です

・「25億円」を極めて大きな負担と警鐘を発しながら「30億円契約」は暴政の証し

・「縮充」と説明し「リース-会議棟」分割や「いきいき広場」に組織を分割は矛盾…

「縮充効果」は一体的施設に、様々な機能組織を内蔵することがあり方と思われます

 f:id:t2521:20210722060827p:plain

 

<不適切な捏造説明>

「リース事務所」完成後、「庁舎建設」のHPから下記の資料を削除改ざんされました

⇒ 幾度か掲載のため、ご記憶の方も多いかと思います - このウソ説明を行政は強行

 

・市が整備 -「37億円」は不適切なウソ表記 - 行政は「建設事業費」を1割-水増し…

さすがに、ばれたらヤバイと判断か - 竣工後、削除改ざんは「森友問題」と同じ事態

<ウソの説明図>

f:id:t2521:20210722081214p:plain

 

<契約締結も不適切>

業者選定は「前年12月」-「契約は次年3月」 - この3か月で不適切な調整と推測…

・「建設事業費 -33億円」に対し「リース契約額も33億円」-「38万円」差で契約

「僅か-38万円」-「10%削減」ではなく「0.01%」も安いと契約は裏切りです 

  なぜ、そこまで業者優遇を図られるのか… 疑問だけ…

 

<基本方針段階からリースありき>

初めから「リースありき」の基本方針は不適切… 更に、維持運営費も丸投げ案 

f:id:t2521:20210722104815p:plain

 

<東大阪市-リース支所との比較> (*同じリース会社と契約 ) 

リース

庁舎-面積  (店舗)

契約額

リース期間

東大阪-旭町庁舎

3,484㎡ (213㎡)

20.78億円

15年-1.4億円/年

高 浜

3,668

28.99億円

20年-1.5億円/年

(旧-庁舎-改修)

7,674

19.28億円

 -

 

この表を見ただけで、最も優位なのは「旧-庁舎」を大規模改修がお分りと思います

・残念なのは「倍額建設」の「リース-20年」を選択されたことは裏切りでは…。

「財政削減」ならば「維持運営」を分離があり方を丸投げは「9億円」増の負担に。

・また「旧庁舎」の面積半減も考慮されず「同額」で委託は不適切な業者優遇の証し

 (*例-「清掃費」-7千㎡もリース-3千㎡も、清掃費は毎年-9百万円の同額は疑問 )

 

 このように「高浜-施設計画」は無駄遣いの連続です

 

●「施設面積」

独断で「3,600㎡」と決定され、結果は「組織」を分離分割し「いきいき広場」へ

・「施設方針-縮充 - 規模は縮小、機能は充実」とも矛盾です… 不便な役所に改悪

 

・「他市建設例」では「人口-5万人規模」の「庁舎面積」は約1万㎡弱が相場です

「縮充-狭小化」は、公共施設のあり方として不適切であり失敗です

・最近も「僅か200m先」に「多文化コミュニティC」増設 - 旧庁舎なら内包出来たはず

f:id:t2521:20210722061227p:plain

「現状」だけからの判断 - 「高浜」の未来を見据えた施設計画から逸脱です…

 

「財政削減」を本気で取り組まれるなら「公共施設」は長寿命化を最優先されるべき

「早期解体」「倍額建設」は、典型的な財政の無駄遣いです - 総務省も警鐘発信 

・なぜ「財政-無駄遣い」の「業者優遇策」を選択されたのか不可解な施政判断です

 

<ウソの公共施設計画> 

総務省」も「他の自治体」も、公共施設-投資の削減策として「長寿命化」に取組み

・しかし「高浜」は「早期解体」「倍額建設」を選択は業者優遇の財政無駄遣いです

「2017.3 - 別冊広報 - 公共施設特集」でも「過ちの施設計画」を肯定掲載されました

・これは「業者優遇」を図るための不適切な「市民」を洗脳情報です

 

・1.「解体先行」「倍額建設」してから ⇒ 2.「長寿命化」と説明は裏切りの証しです

f:id:t2521:20210722084013p:plain

 

< 他市の事例 - 「岩倉市」の公共施設計画>

1.「予防整備による長寿命化」⇒2.「施設総量と施設配置の最適化」は、高浜と逆転!

   ⇒ これが「財政削減」「財政健全化」のための公共施設-計画のあり方です

f:id:t2521:20210722084432p:plain

 

<主な公共施設-床面積比較>  (*「愛知県岩倉市 -人口-48千人」- 高浜と同規模 ) 

どちらの「公共施設」に興味や魅力を感じますか…。

 自治    岩倉市    高浜    比較    施設例
公共施設    ㎡    ㎡  高浜 / 岩倉    高浜
図書館    2,521   1,707  0.7  
生涯学習    2,022      560  0.3 たかぴあ
体育館    7,967      922  0.1 サブアリーナ
庁舎  10,455   3,668  0.4 リース事務所
消防署    2,651      519  0.2  
小計  25,616   7,376  0.3  

 

<岩倉市-庁舎-外観> 

f:id:t2521:20210722205141j:plain 

 

 庁舎 庁舎面積 施設構成 年-経費 職員 人口
岩倉市 10,360㎡ 8階建 1.2億円 299人 48千人
高浜   3,668㎡ 3階建 1.4億円 209人 49千人

 

「公共施設」は、行政サービス力の証し - 市民生活の快適性、利便性に直結します

・「岩倉市」の公共施設-面積の「3分の1」でサービスを享受出来るとは思えません

「高浜」は、市民が犠牲、市民生活を破壊 - 業者優遇の公共施設-計画となっています

 

事例-「サブアリーナ」は、岩倉市の面積より9割も削減は不適切であり不便な施設

・10年後には、利用者増加に対応出来ず、施設運営の破綻、予約が取れない事態は明白

現在でも、従来「体育C-月4回利用」が「月2回」に半減のグループもあるそうです

 

・更に「使用料-倍額設定」は「行政サービス」の低落を押付けの不適切を強行です

「パブリック-サーバント精神」も低落はあり方を喪失…

 

「高浜」は公共施設の面積を過剰に削減は、市民生活を破壊であり犠牲の施政です

 「縮充」は失敗です - 次代の市民も借金漬けです

  

・例えば「介護保険」は「西三河」では最高額、「公共施設-使用料」も倍額は不適切!

   業者優遇を改め市民生活の改善向上を優先すべき! 

 

<公共施設-長寿命化のウソ>

「財政削減」のため、公共施設は「長寿命化」を最優先があり方です

・「高浜」は、従来「60年」と制定されていたのに「40年」を寿命と早期解体

「中央公民館-築36年」「旧-庁舎-築40年」「勤労青少年ホーム-築42年」…

・更に「旧-市立病院 (分院) - 築35年 (南棟-築21年)」を数年後には解体も暴政の証し

 市民の財産を、行政は私物化の証しであり不適切

 

<岩倉市の長寿命化>     (*「高浜-施設寿命-70年」も疑問です)

「高浜」も業者優遇から脱却し「公共施設-80年」があり方ではないでしょうか…

「高浜-議会」では「他市は関係無い」と「倍額建設」を承認も行政と結託の証し!?

f:id:t2521:20210722092608p:plain

 

施政のお役目は「市民生活の向上」があり方ではないでしょうか…

・「高浜」の実態は残念ながら「行政-ファースト」で業者優遇策を優先のようです

「公共施設は早期解体」「施設面積は狭小化し-倍額建設」「使用料は倍額値上げ」

  これを「ウソ」説明を駆使して建設強行は裏切りです

「中央公民館-解体」以来 数年経過 - 市民生活を破壊です

  

 

--- 「住みよい-まちづくり」 ---☆--- 

自治体の機能は「市民ファースト」による「市民生活の向上」があり方です…

・つい先日、ネット情報にて「住みよさ-ランキング-2021」を見つけました

 [検索] : 自治体別住みよさランキング|三菱UFJ不動産販売「住まい1」 (sumai1.com)

 

● 残念なことに「高浜」は、昨年より「順位」を落としました… "住みにくいまち"に…

・これが「まちづくり」の客観的評価 (成績) であり、施政施策に過ちがあったのでは…

「住みよさランキング」-「高浜-20年-269位」が「21年-310位 (*全国順位)」⤵

「業者優遇」のまちづくりは、市民生活を犠牲です

 

 ウソの無い 住みよい「まちづくり」の実現を切望します

 

      (最後まで、 ありがとうございました)

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸