t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

高浜住民監査 - 公共施設計画の疑問 -「縮充不要」

「公共施設計画」につき、高浜行政は虚偽説明の繰り返しの凶行を繰返してきました

・「口頭説明」や「公表資料」の情報すら安易に鵜呑みにすることは禁物です

虚偽説明は「人口推移-激減」「庁舎建設費-リース優位」「施設-更新後に長寿命」

   市民を手玉に取る手法は「行政」のあり方としていかがなものでしょう…

 

<虚偽説明の例 - 庁舎>

下図は「市が整備」の場合、「37億円」は4億円も水増しの捏造額です。

「コストダウン-10%」をアピールのためと推測 - 実態は「38万円」-▲0.01%効果

 

・これを堂々と「市HP」に掲載は、詐欺同然の不適切な説明図です- 現在、削除改ざん

・この説明図に欠けているのは面積 - 「リース-3,668㎡」対「旧庁舎-7,674㎡」 

この差を「金額換算」すれば「約十億円相当」の差額効果を情報隠蔽削除は犯罪同然

  つまり「リース-30億円」は、市民は大損の施設です

 

f:id:t2521:20210722081214p:plain

 

<リース事務所>

● 「庁舎」をリースは最悪 -30億円投入し、面積半減のリース選択は劣悪な施設づくり

⇒ 最近判明は「つくば市-分庁舎」は、同規模-分庁舎施設が「リース-10億円」です

 

・今、再考してみれば、全て「特定の建設業者を優遇」の仕掛けづくりと思われます

 「早期解体」+「倍額建設」は業者優遇の仕掛けです

 ・例えば「旧庁舎-大規模改修- 20億円-30年~40年」を「リース-30億円-20年」は大損

 しかも施設面積-半減は役所組織を二分割の不便な庁舎

 「倍額」を投入して不便な庁舎を建設は裏切りです

 

疑問は、工事落札後、必ず追加工事 - 中公-地下水や旧庁舎-アスベスト工事-5千万円

・青少年ホーム-残土処理も当初-9千万円落札が、何故かプール会社に倍額で転注指名

・学校空調も「みよし市-2百万円/室」が「高浜-3百万円超」を268教室も独占工事

多くの自治体は学校単位で競争入札を「高浜」は「市外の業者」が一社独占の仕掛け

 それも高額なガス方式で過剰能力を設置は、絶対、投資回収出来ない機種選定も疑問

こども園運営社に「産廃処理工事」を入札を通さず、直接の指名発注も不可解の限り

  「工事物件」は疑問も多く、落札率も高く、役所企画業務でも外部委託が多発です

 

この業者優遇の仕掛けの母体となったのが「公共施設-計画」である「縮充構想」

・「総務省」は、従来、公共施設の更新時期の「築40年」の短期更新に警鐘発信

「高浜」は、業者優遇のため「早期解体」「倍額建設」を選択は財政の浪費です

「縮充」ではなく「長寿命化」が国も勧める財政削減策 

 

● この施設計画に多用の「総務省単価」は、約40年先までのシミュレーション用単価 

「公共施設」の費用見積に、この総務省単価を流用は、水増し見積となる仕掛けです

・残念なことに「旧庁舎-大規模改修」にも流用の形跡があります - 悪さの仕掛けです

f:id:t2521:20210806085113p:plain

 

 ---「他市の公共施設総合計画」 ---☆---

知立市」は、H29年-「知立市公共施設等総合管理計画」を作成公開されました。

 

・この資料に「知立市と類似都市の市民一人当りの公共施設の面積比較」があります。

「高浜」は、このような他の自治体との比較資料を作成説明されません。

・市民を「井の中の蛙」とする作為をもって「公共施設」を倍額建設の作戦強行です

 

<知立市と高浜の概要比較> 

   自治  知立市  高浜  高浜/知立
面積 - K㎡   16.3   13.1    0.80
人口 - 千人     72      49    0.68
年間予算-億円   246    171    0.70

 

・「高浜」は、概ね「知立の7割」程度が妥当なレベルと思われます

・「知立市」  は「資源ゴミ」の市民立当番制も廃止 -「高浜」は市民酷使を継続放置

    快適で便利な市民生活から遠のく施策を強行は疑問です 

 

<類似都市との公共施設の面積比較>

・「知立市-公共施設計画」資料に「高浜」の公共施設レベルも追記しました

 

「縮充」は、まずは「長寿命化を図り、市民参画をもって施設の存廃を決める」もの

・特に「公共施設の面積」が平均以上の街が、施設規模の削減注力課題と思われます

「高浜」の公共施設の面積は削減済み -「面積-平均以下」は市民生活の低落です

 

「市民一人当り面積」は「全国平均-3.42㎡」「知立市と類似都市-3.97㎡」

このなか「知立市-2.2㎡」と狭小化されているようです 

・高浜も同様-公共施設面積は「2.5㎡/人」と平均以下に狭小済みなのです 

 全国や愛知県全体とを比較すれば「高浜」の公共施設は劣悪な狭小施設

 

 問題は「平均以下」でも「更なる狭小化」を強行

 特定の建設業者への「倍額発注」の仕掛けです

 (*「リース庁舎」も「高浜」は30億円契約 -「つくば市-分庁舎」はリース-10億円 )

 結果は「市民生活」が犠牲のハコモノ計画です

    (*「倍額建設」したと「狭小施設-サブアリーナ」の使用料を倍額値上げです )

  

<知立市と高浜の用途別施設の面積比較>

・「高浜」の公共施設の面積は更に狭小化されてます - 最低の市民生活に転落です

     自治  知立市  高浜   比較  施設例
公共施設   床面積-㎡   床面積-㎡  高浜/知立  高浜
 文化施設  10,952       124   0.01  
 図書館    2,477    1,707   0.69  
 博物美術館    1,140    4,669   4.10  かわら美術館
 体育館    6,583       922   0.14  サブアリーナ
 庁舎    9,317    3,668   0.39  リース事務所
    小計  30,469   11,090   0.36  

 

・市民生活に直結するであろう「公共施設」の面積は「知立市」の「4割」しかない

⇒ 快適な市民生活を実現のための公共施設計画となっているでしょうか 

・「かわら美術館」の異常な拡充が重要なのでしょうか… 施設計画では「民間譲渡」と

直近情報では「図書室」を追加し「30億円-改修計画」も浮上とか … デタラメ…

  

  特定の業者だけを優遇され、市民生活を犠牲は不適切

「高浜」にとって「縮充-狭小化」は過剰であり不要です!

「長寿命化」があり方のようです

-

 ----------------------------☆---

・「高浜」の公共施設の面積は、既に「狭小済み」-「縮充」ではなく「拡充」が適切 

「縮充」は、市民生活を犠牲としています

・「文化施設 - 市民ホール」も無い街は幼稚園から小中高生まで市外の施設を求め遠征

                        (*現在、コロナ対応で活動自粛のようですが・・・) 

・「図書館」も狭いのに、更に、数か所に分散し「図書室化」は「縮充」に逆行の矛盾

・「美術館」に累計-90億円投入 - 現在、美術館を図書室化に転換を計画は無駄遣い

・「体育館」は、他市と比較し「面積-1割」に狭小化は、市民の体力健康創りに逆行

・「庁舎」を狭小リース事務所は、役所組織を二分化 -「縮充」と矛盾逆行は執務低落

この不便で、非効率的なリース事務所が、まだ20年も継続は倍額建設の失敗です

「高浜」は、市民のための"まちづくり"であるべき

 

「業者優遇」のまちづくりは「高浜」破壊です

 

  (最後まで、 ありがとうございました)

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸