t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

高浜住民監査 - 「図書室」の分割配置 Ⅳ - 豊橋の図書計画

●「高浜-公共施設計画」は"ウソ"で建設強行 - 更に、市民無視の建設は「倍額」で強行

・「ウソ」は「庁舎-改修は37億円」や「リースの財政削減は10%」とはウソ説明

「リース」は庁舎面積を半減であり、これを金額換算すれば「10億円超」の大損害

・これを面積を無視し、金額比較だけで「38万円」も安いと契約は劣悪な施政では…?

 

●「高小」も「縮充は財政削減」と「なんと、倍額-50億円」も投入は財政困窮へ…

このウソ建設の裏は「特定の業者を優遇」-「工事も独占、更に、維持管理も独占」

・現在、判明は「リース-30億円」は「つくば市-分庁舎では10億円」、「小学校-縮充

 は埼玉-美南小は23億円」- つまり高浜は「倍額建設」を連続強行となっています…

  なぜ、そこまで業者優遇 - 倍額建設を強行されるのか…?

 

更に、現在「図書館-築42年」を早期閉館し「面積-半減」- 更に「5~6カ所」に分割

・肝心の「図書-開架数も "1/4化" 」の強行計画を推進は「全国最低の図書室づくり」

 

そして「図書移管先」である「か-美術館」の維持改修に「30億円投入」を画策とか…

・問題は「か-美術館」内に「図書室」を「1階~3階」そして「4カ所」に分散設置

・「高浜」の特徴である「陶芸創作室」や「カマ場」を廃止という乱暴な構想計画…

・「いき-広場」も疑問 -「マシンスタジオ」を民間業者に委託移設のため「図書室化」

民間業者とは「プール運営社」- 産廃処理も倍額で指名発注の過剰な優遇先です

 公共施設は市民の財産 - 行政の独断専行は私物化です!

 

 

---豊橋-まちなか図書館計画」 ---☆---

豊橋市」は 新時代の図書館として、11月-「まちなか図書館」を開館予定…とか…

・「施設」のコンセプトは「高浜」とほぼ同じ - 「ICT時代」への施設機能の対応 

    [検索]  : まちなか図書館 (library.toyohashi.aichi.jp) 

 

・「高浜」構想計画と概要を比較です -「豊橋」は現有図書館は継続し新施設を追加 

⇒「高浜」は図書館を閉館し「新-図書室」を分割分散配置はリース同様の不便な施設

 

新-図書館 豊橋-まちなか図書館 高浜-分割図書室  高浜 / 豊橋
床面積-㎡  4,000      787        20%
開架数-冊 100,000    23,679        24%
施設費-億円          30     30 -美術館改修      100%

 

 

<豊橋-まちなか図書館-基本構想>  *「実施計画」より抜粋

f:id:t2521:20210908104211p:plain

 

 

<整備日程計画>      *豊橋では「構想段階」から7年を費やし開館へ -「高浜-3年」

f:id:t2521:20210908100434p:plain

 

<豊橋 -「市民が主体のまちづくり (施設建設) 」> 

・「基本計画」立案前に「市民参画」-「意見交換会・ワークショップ・構想説明会…」

・「基本計画」を立案後、「説明会・パブリックコメント」を実施

・「実施計画」を立案後、「懇談会」や「説明会」を実施

 

  年度 計画  市民参画
H26年度 基本計画

意見交換会 

・市民アンケート
・市民ワークショップ 
・構想-説明会

・基本計画-説明会 
パブリックコメント

H27年度 実施計画 ・懇談会 
・説明会 

 

「高浜」は、リース事務所は「着工-3ケ月前」に説明会では決定通告 - 市民無視です

反論も反対表明も出来ない関係者に説明したと強行は疑問です…

 

<市民意見・ワークシもョップ例> 

[検索] :  豊橋市まちなか図書館 市民ワークショップ(2014.9.10/9.24/10.8/10.22)/豊橋市 (toyohashi.lg.jp)

 

 

<豊橋-まちなか図書館-イメージ> *豊橋-まちなか図書館-「実施計画」より抜粋

  [検索] : 「実施計画」  honpen.pdf (toyohashi.lg.jp)

・「納税額」はほぼ同じなのに「図書室」とは雲泥の差は疑問-残念な施政です。

f:id:t2521:20210908104444p:plain

 

<リラクゼーション-ゾーン> *豊橋-まちなか図書館-「実施計画」より抜粋

f:id:t2521:20210908104717p:plain

<ラーニング-ゾーン> *豊橋-まちなか図書館-「実施計画」より抜粋

f:id:t2521:20210908104937p:plain

 

---「高浜-図書室」 ---☆---

「図書室」はハコモノ計画を失敗の代案では疑問です…

「美術館」の民間譲渡を失敗の代案が「図書室」です

   民間工事業者への過剰な優遇策を再々度、強行では…? 

 

「公共施設」は百年を見据えた慎重丁寧な検討が必要です

豊橋市」は構想から7年 -「高浜」-「3年」は乱暴… 

 思い付きを強行は「高浜」と「市民生活」を破壊です

  30億円投入し全国最低の「図書室」では裏切りです 

 

「公共施設」を失敗の繰返しは避けて戴きたいものです

 

  

    (最後まで、 ありがとうございました)

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸