t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

高浜住民監査 -「施政施策」の疑問 - リース

「庁舎」を「リース事務所」にて建替えは血税の無駄遣いであり 残念しかありません。

・第一に、「ウソ説明」で「リース」を優位とされたことは、市民を公然と裏切りです

「財政削減」もウソ - つくば市-リースの倍額は「10億円」も民間業者を過剰優遇…

「適正適切」どころか財政運営を私物化強行は異常です

 

「情報公開」にて入手した資料をもって再整理し、ご確認頂きたいと思います。

・ 情報公開を求めないと真実の姿が分らないのも問題です - 高浜は透明性も欠落です

もっとも、公開すれば無駄遣いが判明 - だから隠蔽とは疑問であり不適切の限り

 この施政情報の隠蔽化が常套手段化しているのでは…

 高浜は、市民に真実を知らせず、施政情報も隠蔽を強行となっているようです

 

---「リース庁舎は大損害!! ---☆---

<「ウソ説明」の事業費>

施設事業費を「ウソ説明」で「リース事務所」優位と建替え強行は裏切りです。

・「市が整備した場合」も「33.2億円」です - 「37億円」とは不適切な捏造です

「コストダウン-10%」も ウソ -「0.01% - 38万円も安い」と契約は裏切りです

・リースは「*約2億円」も高いのに「38万円も安い」と契約は裏切りの施政です

 

<庁舎-要求水準-旧庁舎の改修事業費>

f:id:t2521:20210924204656p:plain

 

 <庁舎整備-Q&A-事業費の比較説明 >     (*捏造されたウソ説明の図)

「市が整備した場合-37億円」とは不適切な捏造価格 - リース建設に誘導は裏切り

f:id:t2521:20210722081214p:plain

「リース事務所」が完成後、用済みとばかりに、市HPからこの図を削除改ざんは異常!

これが「高浜-行政」の実態です - 財政無駄遣いの強行が過ちと自覚されている証し

   過ちと分っていながら改ざん強行の施政は確信犯!

 

<「情報公開」された資料にて比較>

「リース」は「約2億円 (税別) 」も高額を、情報加工して強行は不適切の限り…

  (*解体費 - リースは20年契約で解体。旧庁舎-改修なら解体時期は30年~40年後…

  これをリース前提で20年時点で解体費も含め比較検討も矛盾と判断し除外します ) 

 

・要求水準資料から類推しても建替計画は「はじめから"リースありき"」も不適切!

   この裏切りの業者優遇の裏に なにがあるのでしょう?

 

<施設-事業費比較>    (*情報公開資料を基に作成 )

下記の表にて、どちらを優位と、お考えでしょうか…。

常識的には、一目瞭然で「庁舎-改修」が優位と判断があり方と思われます。が…、

 行政は「リース-優位」と「ウソ説明」を企てた結果が「37億円捏造」の模様…。

  リース-30億円に財政効果は無く、裏切りの施設建設

 

  リース事務所 庁舎-改修 リース / 改修
施設面積  - ㎡  3,668  7,674    48%
建設費 -百万円  1,962  1,785  110% - 税別
維持管理-百万円     937     917  102% - 税別
合 計 - 百万円  2,899  2,702  107%
施設寿命-年  20年-契約  30年~40年    67%

 (*注意 - 庁舎-改修に解体費を含めた場合-128百万円増 - 旧庁舎-改修-69百万円安価 ) 

 

リース事務所は面積半減なのに「維持管理運営費」が増額も費用対効果が無い証し

・矛盾例は「清掃費」-「旧庁舎-851万円/年」- 面積半減の「リース清掃費-940万円?」

清掃の手間を考えれば「リース清掃費-1割増」は「倍額超」の優遇は 財政効果無し

 

・リース-施設を採用の自治体に「東大阪市」と「つくば市」がありました。

両市、共に「維持管理運営」は自市で対応を「高浜」は割高で丸投げ委託も疑問です

 そこまで優遇配慮の理由や利点は何があるのでしょう…

 

「リース」は「施設面積-半減」「財政効果も無し」「施設寿命も短期」・・・

「リース」による面積半減は「10億円超」もの巨額が大損となるハコモノです 

   (*「面積-半減-4000㎡」を金額換算 -「建替-16億円」又は「改修-10億円」に相当)

 市民を裏切ってまで「リース強行」されるメリットは、なにが あるのでしょうか…

 「高浜-リース」は20年も市民が犠牲のハコモノです

 

 

 <つくば市-分庁舎> 

 ● 同じ「リース-庁舎」でも、格段の節約契約は適正適切な財政運営と思われます。

つくば市-リース分庁舎」は 高浜より「約11億円」も安価な契約建設なのです

・維持管理費も含め比較すれば「20億円超」とは特定業者を過剰優遇は不適切…!

 

つくば-分庁舎 リース事務所  備考
面 積  - ㎡  3,330  
建設費   -百万円  873  税別
維持管理-百万円  行政-管理 維持管理を分離分割 
契約期間- 年  15年 契約後~無償譲渡

 

<つくば-分庁舎-外観>   (*「高浜」より20億円も安価なリース分庁舎)  

 

f:id:t2521:20210924125837j:plain

 <つくば-分庁舎 - 1F-子どもコーナ、2F~-執務室-職員-180名>

f:id:t2521:20210924125933j:plain

 

 

----------------------------☆---

「高浜-リース」は「同じリース会社」「同じ施設面積」で「10億円超」高額は異常!! 

東大阪市」も「つくば市」も維持運営費は自治体手配を「高浜」はなぜ-丸投げ…!? 

  この説明責任も果たされず、血税の不透明な連続の倍額-割高建設は「高浜」- 破壊です!

 

「割高施設」-「リース-30億円」「高小-倍額-50億円」「プール産廃処理-倍額-2億円」…

 そして、今、「美術館」を図書室に改修のため「30億円構想」が急浮上しています…

  更に「民間分院-経営補助-K市市民の倍額-60億円」を投入と続いています…

 

ハコモノ」は巨額の血税が投入されます

 「慎重に」「丁寧に」- 市民の理解や納得を図り推進があり方です

「私物化」で早期解体や倍額建設は「高浜」破壊です

   

  (最後まで、 ありがとうございました)

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸