t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

高浜住民監査 - 公共施設計画の過ち - リース

21.10.5-中日新聞-「日大理事-6000万円受領か」- 病院工事巡る背任事件

「適正適切な財政運営」か…? - ますます「監視」の必要性を痛感しました。

・「建設費-20億円」規模であれば、2億円程度を融通できる可能性を感じました。

f:id:t2521:20211006093452p:plain



---「市庁舎-リースの疑問」 ---☆---

「市庁舎」は、まちを代表するシンボル施設 - 市民の誇りである象徴の公共施設

これを「シンボリック機能」不要と「リース事務所」に建替えの根本方針が過ちです

 

再々「リース事務所」は疑問と提起していますが「財政面」に限定して再確認します

 

<リース事務所の財政効果> 

1・市が主張された「施設寿命-20年」に、最新条件にて比較してみました。(税別)

庁舎施設 リース-契約 庁舎-改修 リース / 改修
面 積  - ㎡ 3,668 7,674    48%
施設寿命-年    20年契約   20年  100%
建設費 -百万円 1,962 1,785  110%
維持管理-百万円    897    917    98%
解体費-百万円      40    128    31%
合 計 - 百万円 2,899 2,830  102%

 

・単純に「合計金額」で比較では「旧庁舎-耐震改修」が優位 - 69万円も安価のはず…

・「施設面積」-「リース-3668㎡」は「4,000㎡」も狭いため「建設費」も削減が当然!

⇒ しかし、実態は同額。財政効果は「69万円」も高額の「リース」を選定は疑問です

  

・同額規模の予算を投じて「面積-半減」を選ぶ感覚が理解出来ません。結果-組織分割!

・施設利用者である市民は「担当窓口」がどちらの施設か事前確認を要し面倒な庁舎

面積半減を金額換算は「*16億円」損害です- 組織分割の非効率化も見えない損害…

 (*総務省-単価から引用し「行政系施設-更新単価-40万円/㎡」にて試算しました )

 

・「旧庁舎」を耐震改修すれば「耐震壁」が庁舎移動の障害となり執務効率が低下とか

「庁舎」と「いきいき広場」- 距離-500mの移動が執務効率の向上とは思えません

・「行政説明」は、市民を裏切りの説明も 平然と公言は、行政マンとしても疑問です

 

・別件ですが「サブアリーナ」の軒が無いのを指摘も「雨天は想定していない」と説明

メインアリーナには「軒」を付けて、サブアリーナは廃止は日本の気候も無視では…

市民感覚では、完全な設計ミス - いわゆる「チョンボ」を口先説明で肯定は裏切り

 

・本題に戻って・・・

● リース建設「費用-1,962百万円÷ 面積-3,668㎡ =単価-53万円/㎡」は圧倒的高額!!

総務省単価-40万円/㎡は「鉄筋コントリート造」も適用可 - なぜ、鉄骨造が-53万円?

それほどまでに「リース業者」を優遇の必要性が、なぜ、あるのでしょうか…??

 

・H26年度の「事務所」の建設相場単価を確認してみました…

着工統計-愛知県-事務所は「鉄骨鉄筋コンクリ造-21万円/㎡」「鉄骨-19万円/㎡」 

単価差-34万円×3,668㎡ =12億円もの巨額を相場より割高建設は浪費と裏切り??

 

・結果「事業費-合計」も「リース-28億99百万円」と「リース」は割高で財政効果無し

なぜ「財政効果」が無いのに、改修-37億円とウソ説明して契約強行は疑問です

 (*「改修-37億円」はウソ価格 - 改修額の正規金額は「33.2億円」- ウソ説明で強行 )

 

・以上、「リース」も「旧庁舎-改修」も「ほぼ同額」-「改修」すれば約69万円安価!

これを「38万円」も安いと「リース契約」強行は あってはならない裏切りでは…

  リース事務所の面積半減は「16億円」もの大損害! 

 リース事務所の建設費は「12億円」も水増しの可能性…

 

2・国が指導の「公共施設-長寿命化なら、旧庁舎の寿命は-30年~40年」延命です

・鉄筋コンクリートの補修技術が進化し「寿命-百年」も実現可能なようです  

・「旧庁舎」の寿命を30年に設定して比較してみました  

庁舎施設 リース-契約 庁舎-改修 リース/改修
面 積  - ㎡  3,668  7,674    48%
施設寿命-年   20年    30年    67%
建設費 -百万円  1,962  1,785  110%
維持管理-百万円     937  1,514    62%
合 計 - 百万円  2,899  3,299    88%
年当り-百万円     145    110  132%
20年経過 建替-(50億円?)       -  

 

・「年額」を比較すれば「リース」は35百万円/年も割高 - 20年では7億円の大損害!

更に、リース契約-20年後、また、新庁舎-建設が浮上の可能性 - 約50億円も必要に

・この試算条件からも「リース」選択の財政効果は疑問であり "不信" しかありません

   公共施設は「長寿命化」優先が財政削減の鍵 

 

3・つくば市-リース分庁舎との比較

・「同じリース会社」「同じ施設構造-鉄骨3階建て」「ほぼ同じ面積」のリース物件

「高浜-リース」は、なんと「20億円」もの水増し支出は不適切な財政の無駄遣い!

 

リース比較 高浜市  つくば市 高浜 / つくば
リース会社  Dリース  Dリース  
施設面積  - ㎡  3,668  3,330  110%
契約期間-年    20年    15年  133%
施設費  -百万円  1,962      873  225%
維持管理-百万円     937   (行政-管理)   丸投げ  
リース計 -百万円  2,899      873

 332%

 

・「高小-50億円」も「埼玉-美南小-23億円」の倍額建設を指摘-「条件が違う」と説明

市民感覚では「条件を合わせて- 財政-半減」があり方と思われますが…。

 

・しかし「同じリース会社」で「ほぼ同じ面積」で「11億円」もの差は不適切の限り!

・あと条件が違うとは、一体、何が違うのでしょうか… 説明が施政のあり方では…?

・更に、20年間契約で「維持管理」まで丸投げの優遇策を強行も限度を超えてます

    この割高なリース建設を「うそ説明」で強行は不適切な裏切りではないでしょうか…

 

  以上、旧庁舎を解体し面積半減は「16億円」の損害

   相場より割高なリース建設は「12億円超」の損害

    合計-「28億円超」もの損害を市民は負っています

  「高浜-リース契約」のメリットは何があるのでしょう

 この説明責任を果たすのが施政-行政と議会の責務のはず

 ダンマリで強行は許されない裏切りです

 

----------------------------☆---

このような重大問題があるのに「議会」は、無批判で同調賛同は使命放棄の証し

・「議会」のお役目である「行政監視」を放棄し、忖度議会では適切な財政運営も疑問

⇒ 一つひとつの公共施設につき説明もされず、倍額建設強行は高浜-財政を私物化です

 

・思えば、市庁舎-説明会も着工3ヶ月前 - 参加市民は40名で説明は十分なのか…?

これで説明責任を果たしたと強行こそ裏切り…「図書館」の講演会も40名とか…。

 

・無関心な市民が多い事を放置し、借金強行で倍額建設は後世も犠牲のハコモノ行政

    余りにも無責任な施政に驚き落胆 - 恐怖すら覚えます!? 

    恐怖は、こんな乱暴な「財政運営」で持つのか?

  

<公共施設推進プラン-市庁舎> 

・無責任で思い出したのは「リース事務所」の後始末も 後世に丸投げの先送り・・・

「11年後-令和15年」から「あり方検討 (赤枠) 」と丸投げは 無責任の証し…

f:id:t2521:20211006104627p:plain

 

・「あり方検討」の内容案 - 「公共施設推進プラン」より抜粋 - 「庁舎」の方向付け

f:id:t2521:20211006104924p:plain

これこそ「旧庁舎」を解体・建替え検討時に取組まれるべき施設の課題と思います。

 この結果「リース」なら分りますが「リース解体時」に検討とはいかがなものか…?

    事前検討テーマを 事後検討、後世任せは無責任の証し    

 

 

----------------------------☆---

今、議会は「一人会派議員」を捏造をもって "いじめ作戦" に注力も疑問です・・・

・「ハコモノ」も疑問 - 公共施設-一人当り面積は五万人規模の"まち"では"全国最低"…

・「ごみ立当番制-継続」も疑問 - 県内で「高浜」だけ実施も最低の"まちづくり"では…

「ワクチン接種率」も低く「医師数」も全国最低… 分院補助60億円はK市市民の倍額

 

   財政投入だけ倍額の「高浜」施政は市民が犠牲です…

    行政と議会で私物化追求は高浜を最低の"まちづくり"

 

  後世を犠牲とする市債 (借金) 建設も疑問です。

 

・建設財源として「市債-4割」があり方です -「計画実態は "6割~8割"」と過剰…

「建設決定者」として責任ある財政負担は「6割超」の負担率が適正適切では…  

 

   市民を酷使の「ごみ立当番」は疑問であり最低です

   ・結果 - 町内会-加入率が激減していることがその証し - 加入率-54% (*R3年 ) 

我が町内では「高齢者」が健康上「ごみ立当番」に立てないと退会続出です。

     (*碧南市は「来年-4月」から市民開放の計画です - 高浜は市民酷使を継続か? ) 

 

 「図書館」を閉館し「図書室-分割分散」も疑問です

     ・後世に「図書館」も無い "まちづくり" を如何様に説明されるのか…。

     常滑市」が夕張市に次いで図書館-閉館-二例目。高浜は「三例目」を目指すのか?

     (*「常滑市」は、4~5年後に「図書館」の復活計画を立案のようです )  

 図書館も早期閉館は「夕張市」に追随は全国最低では…

 

----------------------------☆---

 これら市民不在で強行こそが「高浜」私物化の証しです

    過ちの繰返しは危険な "まちづくり" です・・・

 

   この行政の過ちを監視し正すのが議会のお役目のはず

     実態は"監視"を放棄 - 忖度議会が倍額リースを創出です

 

    その変革は「市民ファースト」を指向があり方です

    議員 "いじめ" に熱中している場合ではないと思います

    "いじめ" は「監視」を妨害が目的のようです… 

 

   (乱文長文を最後まで、ありがとうございました)

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸