t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

高浜住民監査 - 野々市市との比較 Ⅳ - 公共施設-2 

●「高浜」のまちづくりの疑問は、財政節減と言われ「早期解体」「倍額建設」を強行

⇒ 最も不適切と思われるのは「庁舎」を10億円も水増しの「リース事務所」は裏切り!

・これは不適切な業者優遇であり、市民が犠牲の施政 - 結果-高浜の住みよさは-310位

 

・「住みよさ- 全国1位 - 野々市市 (石川県)」… 大都市を押しのけて突出しています… 

興味深いのは「高浜」と"まち"の規模が ほぼ同じなのに「公共施設」も格段の差…

「高浜」は財政運営を私物化され破壊のまちづくりを強行 

 

「住みよさランキング」-「高浜 -310位」は施政が過ちの証しであり裏切りが露呈…

<住みよさランキング>  (*全国-812市区の順位です  *規模数値は生活ガイドより引用)

  住みよさ   人口   面積   年-予算  職員
野々市市       1 位   5.4万人

  13.6K㎡

  180億円    315人
高 浜   310 位    4.9万人

  13.1K㎡

  171億円    238人

   (*参考- 住みよさ-「刈谷-38位」「安城-97位」「碧南-46位」と上位にランクイン )

 

・「高浜」も自治運営を適正適切な改革をもってすれば「住みよさ-上位」も可能では…

「住みよさ」は、自治運営の成績評価の結果でありバロメーターと思われます

 

・「高浜」は財政力ある街と言われ「住みよさ」ではなく「業者優遇」は住みよさ低落

「住みよさ-310位」は施政運営の悪さを露呈となっています

 

  

---「市庁舎」の施設比較 ---☆---

「公共施設」は巨額の血税を投入されるため適正適切に運用されているか注視が必要

・この視点から「庁舎」を「リース」とは、典型的な裏切りを強行と思われ残念だけ…

 残念では済みません - 次代の「まち」と「市民」が甚大なる被害を被る悪さです

 

市庁舎 構造 床面積 建設費 建設単価 施設寿命
野々市市 鉄筋コンクリ造 14,174㎡  56.8億円  40万円/㎡   80年
高 浜 鉄骨造-リース   3,668㎡  19.6億円  53万円/㎡   20年

・この「リース」判断は、過ちと裏切りの結果であり不適切極りません - 私物化です

 

●「施設面積」-「旧庁舎-7,674㎡」を半減し、組織をいきいき広場に分離分割も過ち

・「5万人市」の庁舎の床面積は「1万㎡」が主流を「約4千㎡未満」では狭小過ぎます

「30億円」も投入し「狭すぎた」と組織を分離分割は言語道断の失敗建設を強行です

 公共施設の建設方針を「縮充-複合化」と提唱が、逆行の組織分割の矛盾は支離滅裂

 

   この悪さの施設による施政運営が20年も継続は甚大なる被害を市民は被ります

 

●「建設費」-「鉄骨造」の建設単価相場は「25万円/㎡」- これを倍額は不適切の極み

「鉄骨造-25万円/㎡」は、国交省 - 建設着工統計年報-愛知県から引用した値です

 

・「建設単価」が「鉄筋コンクリート造」より「鉄骨造」が高額は不適切な水増し建設

つくば市-分庁舎」は高浜と同じリース社と「3,310㎡-8.7億円」で契約は適正適切

 

つくば市-リース-建設単価 -「26.3万円/㎡」- 「高浜-53万円」の「倍額」は異常!! 

⇒ 結果 -「高浜」は「約10億円」もの水増し契約の業者優遇を強行は不適切の極み… 

 

●「施設寿命」- 国も財政削減、環境対策として「公共施設-長寿命化」を提唱です

・「高浜」も「公共施設-総合管理計画」では「60年」を「70年」に延長のはず…

「旧庁舎-築40年」で早期解体。「リース事務所」も僅か20年の短期契約…

  庁舎の耐震改修があり方であり 財政削減に逆行です…

 

●「つくば市」はリース-15年後-無償譲渡の契約。「高浜」は「買取条件」のようです

・更に「つくば市」は維持運営を自主管理。「高浜」はリース社に委託は独占の仕掛け

「リース社」には至れり、尽くせり - 次世代にこの巨額負担を押付けは無責任の証し

「高浜」リース事務所は 不適切な仕掛けを構築の裏切り 

 僅か「35万円も安い」と「30億円契約」は開いた口が塞がりません…

 

・以前、ブログに記載しましたが「リース事務所」の維持管理は「高浜総合サービス」

「高浜-100%出資会社」に発注を、なぜ「リース会社⇒リース下請」経由なのか…

  「財政削減」どころか「二重の経費」を負担し、20年間独占化は不適切な仕掛けです

 

 「リース」も「高小」も維持管理までも独占化は不適切

 市民無視の財政運営は、私物化で無駄遣いの連続です…

    結果 - 後世の “まち"も “市民"も 犠牲となります

    

 (最後まで、 ありがとうございました。前号のコロナ感染が拡大中 - ご留意を )    

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸