t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

高浜住民監査 - 児童に施政説明 - なぜ有権者は無視?

「高浜」では他市と比較し「施政情報」を限定して発信されていると思うこと度々…

・結果-「情報公開」の申請を要すること多く、透明で開かれた施政を切望するばかり

「リース」- 30億円契約も「水増し-10億円」は過剰な業者優遇であり不適切の極み…

 

・「入札」- 「高落札率」の是正改善も無く乱発も市財政を私物化の証しであり不適切

・何より「公共施設」は長寿命化があり方を「早期解体・倍額建設」は血税-無駄遣い

・「民間分院」の補助額 - 60億円は「K市市民の倍額負担」- 財政困窮の街が負担大?

    (「分院補助」-「K市-4億円-15万人」:「高浜-3億円-5万人」= 2.7千円/人 : 6千円 )

これが「高浜」施政のあり方…? とは、いったい 誰の為の行政なのでしょう…?  

     市民ではなく業者ばかりを優遇は不適切な私物化!

 

・「早期解体」-「中央公民館-築36年」「旧庁舎-40年」等々、連続の解体は市民無視

・「リース」も「高小」も倍額で建設され「維持管理」も数十年も独占化は過剰な優遇

 この異常な財政運営では「高浜-財政」の困窮化は当然!

    適正適切な自治体経営のあり方から逸脱です - 放漫経営!

 

 

---中日新聞」記事から ---☆---

22.02.11 - 中日新聞-三河版-「高浜・翼小児童-財政学ぶ」との掲載記事…

- 児童の感想は「思ったよりお金必要」に驚いたようです。

疑問は「成人-有権者」に説明されず、児童への説明に注力されていること?

・写真で見る限り「資料」も配布されず、市財政を一方的に「口頭説明」のようてす

 このような方法は児童を洗脳行為であり疑問に思います

 

f:id:t2521:20220212091352j:plain

 

財政問題」を口頭説明で、正確に把握し十分な理解を得られるものでしょうか…

・ 小学生は、記憶だけで「家族」に正確に伝え、話題提言出来るものでしょうか…。

・「リース - 20年」- 10億円水増し建設は説明されたのでしょうか - 彼らも負担者です-

 

 

<リース事務所>は大損害のハコモノです

市が計画された「20年間」にて、改めて費用比較を試みました - リースは大損害!!

庁舎 施設面積
         -㎡
施設費
 -百万円(税込)
建設単価
   -万円/㎡
維持管理-20年
 -百万円(税込)
事業費合計
   -百万円
旧庁舎-改修  7,674   1,928   25.1    990   2,918
高浜-リース  3,668   2,158   58.8    987   3,145
*つくば市-リース  3,330      943   28.3       -        -

 (* 比較条件 -「除外 - 光熱水費・解体費」) 

 

・現段階では「価格優位」にあるのは「旧庁舎-築40年」を大規模改修のようです。

「リース事務所」は、高浜財政にとってメリット無き大損害のハコモノでは…?

 

・「リース」決定は「金額比較」のみで「床面積」は無視 -「38万円」も安いと契約!

しかし、疑問は「リース-施設費」は支払計画表では「2.3億円」も高額に逆転…!? 

・維持管理は、面積半減のため安価は当然 - しかしその差額は僅か3百万円とは疑問?

  

   リースは疑問 -「費用対効果」も「面積半減」も大損害!

 

●「リース」は施設面積を狭小半減のため組織分割し非常に不便な役所となりました…

・この面積半減の建設費を試算 - 床面積-4,000㎡を建設には「16億円」を要します。 

   (* 建設費の試算 - 「建設単価-40万円/㎡ ✖ 床面積-4,000㎡」-16億円 ) 

 

「リース事務所」は18億円超もの大損害の施設です

「高浜」のハコモノ行政は無駄遣いと失敗の連続です!

  

 

---「未成年」に対する施政説明のあり方 ---☆---

 ・ かつて「中央公民館」の解体問題時にチラシを「高校生」に配布しようとした時

   教師の方から注意指摘を受けました。

  「子ども」らは理解出来ない。 配布しないでほしいと…

   高校生ですら、このような認識が必要なようです。     

      小学生であれば、尚更、慎重で、懇切丁寧な説明があり方が必要なのは当然のはず

これを資料も無しで説明され、行政の都合の良い情報で洗脳とは不適切の極み  

 

 

---「児童の理解内容」 ---☆---

 この新聞記事によると、児童の感想は次のようです…  

・「思ったよりお金がかかっていて驚いた」!?

      … ハコモノやリース事務所」の「倍額建設」の実態を説明されたのか… 

 

・「小さな市だけど、税金は平等なことが分かった」!?

   … 介護保険料」は西三河トップの高額実態を説明されたのでしょうか… 

 

・いったい、どのような説明をされたのでしょう… 

 これを市民は知る事は出来ません。不適切な情報発信では…?

多くの自治体は市HPに公開公表されますが「高浜」は非公開、隠蔽です

 

・市公式HPのカレンダを確認しても「2月」は行事無し - 見づらいHPも改善無く放置…

市HPのほぼ中央に位置する「カレンダー」- 見づらさに拍車を掛けてます 

 

・「ごみ立当番制」も県内「高浜」だけ強行の理由も説明なく継続はあり方からも逸脱 

「町内会-未加入-47%」にも増加が、ごみ立当番を拒否拒絶の証しも無視は凶行…

 

・「図書館」を閉館は、全国三例目となることの目的も意義も費用対効果も説明無し

市民の知の財産を一方的に剥奪は行政サービスの欠落の極み… 次世代も犠牲の悪政…

・「美術館」を民間譲渡を失敗の結果が「図書館-閉館」は、とんでもない裏切り行政

 

・「旧庁舎-築40年」を「リースは18億円の大損害」も無視で強行が重要な理由は…

これだけの大損害を招き「財政削減」と主張し「施設-閉館」を連続は裏切り施政! 

「高浜-財政」を私物化は不適切であり市民が犠牲です 

 

 

「行政」の思惑を重ねた説明で児童を洗脳は不適切の極み

  児童ではなく有権者に説明責任を果たすことが優先課題

  この有権者の理解と納得を得て 児童に説明ががあり方

 

 

「早期解体-倍額建設」強行ではなく「長寿命」があり方

「高浜」は順番を逆転は過ちの施政の証しであり私物化!

 

 実に残念なハコモノ行政を強行は凶行です・・・

 

 

  (最後まで、 ありがとうございました)

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸