t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

高浜住民監査 - 高浜施政の放漫経営は市民が犠牲 Ⅲ

「高浜」のハコモノ行政は、限度を超えた私物化を強行は「破壊」のまちづくり…

・国も、県も、他市も「公共施設」は百年先を見据え長寿命化 -「高浜」は早期解体!

ハコモノ行政」は丁寧で慎重な計画遂行があり方を「朝令暮改」の連続は裏切り

・ 次々と思いつきで、ハコモノ計画を変更し「倍額投入」は「高浜」破壊です!

 今回も 放漫経営を展開されている実態例を確認します

 

---「リース-庁舎」は裏切り ---☆---

「高浜-リース」は、市民損失-18億円もの巨額の大損害を被るハコモノ行政です。

・その建設経緯は不可解な点や疑問点ばかり… これを議会も賛同は監視機能の放棄です

 

●「新城市」は適正適切なハコモノ行政を推進 -「庁舎建設」に20年余を掛けて建設…

・「基金積立」- H4年から積立開始 - H23年 - 約12億円を積立て。

・「建設計画」- H13年 - 庁舎建設研究事業を開始 - H24年-基本構想を策定。

「高浜」は H26年 - 構想立案、H27年 - 建設着工。「リースは10億円水増し建設」?!

 高浜は、実に、構想から着工まで僅か1年半程度、市民の理解も不十分のまま強行 …

  思い付きや、水増し建設を強行は不適切な裏切りです

 

 

<新城市の庁舎建設の経緯> 

新城市-庁舎建設の準備はH4年から開始されたようです…

f:id:t2521:20220220221120p:plain

 

<新城市-庁舎建設事業の財政計画> 

「高浜」は、下記の財政計画の説明はありません -「倍額強行」だけ… 私物化…

 

・事業費-49億円、自市負担は「26億円」と半額、基金-15億円はその半額に該当

このような財政運営が、市民にも後世にもその財政負担は軽微となる仕掛けを構築

 

・「高浜」は基金積立無いと「リース-20年」は後世も負担の財政運営は情けない限り

リースは、支払い終了時には施設解体 - また新たなる庁舎建設は二重苦を後世が負担

 リースは、無責任施政の証しです

 

f:id:t2521:20220220215643p:plain

 

<高浜の基金積立>

「高浜」は「公共施設計画」をH23年頃に立案されながら「基金積立」は成行き…

・「公共施設整備基金」-「H21- 7億」が「H27年-9億7千万円」と3億円弱の増加…

これで「庁舎-30億円」「高小-50億円」「小中校-改修-60億円」-計140億円は暴走?!

 

f:id:t2521:20220220223333p:plain

 

・結果 - 基金が無いと「庁舎-リース」「高小-PFI」を強行に転化は、放漫経営の証し

・借金建設では「水増し」の余裕は無いはずですが、私物化を強行は後世をも裏切り…

  財政準備を放棄し 建設強行はムリ・矛盾のハコモノ行政

 

<高浜の借金増>

● 疑問は「リース」「PFI」を採用にもかかわらず市債 (借金) 急増となっていること。

・いったい、どのような使途目的なのでしょうか… これを財政改善とは虚偽説明では…

「財政負担の平準化」とは一体、どこにあるのか

 

f:id:t2521:20220221012915p:plain

 

----------------------------☆---

・まだ利用可能な公共施設を早期解体して、どんなメリットがあるのでしょうか…

 

<中央公民館の解体経緯>

庁舎がリースとなった要因は「民間分院-経営移譲」も一因と推測しています。

・「経営移譲」と言われ「運営補助-10年-30億円」更に「建替等-10年-30億円」の優遇

「市民」に厳しく、「業者さん」には妙に優しい施政は放漫経営となっています

 過剰な優遇のメリットは明確な説明があり方では…

 「民間分院に60億円補助」はK市市民の倍額負担!

 

 

「中央公民館-閉館」直前の時期でも施設改修に巨額の血税投入も疑問です

・実は、H20年以降、中央公民館の改修整備に約1億円超もの巨費を投入されたとか…

 

<中央公民館-改修工事費>

公表番号  工事名 工事費-万円
25高財入第96号 中央公民館-ホール天井改修工事   266
25高財入第111号 中央公民館-電源設備改修工事   1,039
26高財入第106号 中央公民館-ホール改修工事      906
26高財入第108号 中央公民館-市民ホールトイレ改修工事         166
合 計 中央公民館-解体発表-H27年11月      2,377

 

・行政にとって「数千万円」もの無駄な血税投入は問題とされないのでしょうか…

僅か、数年のため補修の必要性はあったのでしょうか - もったいない血税の使い方…

 

<中央公民館-解体費>

● 疑問は「地下水対策工事」の入札の痕跡がないこと - 不適切な仕掛けです…

・始めから「地下水」は懸念事項であったのに、後から指名工事は裏切りの無駄遣い

 

公表番号  工事名 工事費-万円
28高財入第78号 中央公民館解体工事    12,480
29-入札経歴無し 中央公民館-地下水対策工事      5,300
合 計 中央公民館-築36年 解体    17,780

 

・この「地下水工事」も工事関係者の間では倍額工事と噂されてました…

⇒「高浜」ハコモノ計画の「あり方検討」も省き、解体は私物化であり不適切の極み

  

 

----------------------------☆---

<本庁舎の解体も後から指名工事>

「本庁舎」の解体時「アスベスト」が見つかったと「約5千万円工事」を指名発注

「高浜」は競争入札を避ける工事が多発傾向は裏切りです…

・「アスベスト発見」は一年前の市民説明会にて参加者から対策指摘があったのです…

 

<アスベスト問題>

・「高浜」は、「アスベスト」が発見されたと後から指名工事を多発されてます。

アスベスト専門工事社」は「2006年以前」の施設はアスベスト採用が多いとか…。

 

・正式発注後に「アスベスト除去工事」を随意(指名)発注で競争なき追加工事は不適切!

特定業者を過剰優遇の仕掛けの可能性も伺われ、お役所のあり方とは思えません。

・結果 - 競争なき特命工事を多発は、過剰な業者優遇を連発 - 財政の無駄遣い 

f:id:t2521:20220220233325p:plain

 

・このように「高浜」のハコモノ行政や工事の適正適切さは疑問しかありません

血税」を私物化としか思えない事象が多すぎます。

 

・本来、市会議員さんが、施設監視すべきを行政応援団と自称の議員さんもいるとか…

「高浜」の施政-監視機能は脆弱であり、これが不適切な私物化を招いています

 

・この施政監視に注力する一人会派議員を、議会では「いじめ」が横行しています

「高浜-議会」は、ありえない「伏魔殿」の様相を呈しています

 

・「高浜」の正義、民主主義は「数」の力で歪められています

 結果 - 市民や後世が犠牲の施政施策が横行しています

 

 市民は施政に関心を寄せることも あり方です 

  後世のため、自身の生活向上のため… 

 「ごみ立当番制」を廃止は市民の意識次第と思われます

 

 「コミュニティ形成」がごみ立当番しかない施政が問題 

 

  「図書館」問題も私物化施政の成せる業・・・

 全国-3例目の「図書館-閉館」を進める根拠はありません

 これも「高浜」私物化の悪さです・・・ 

 

 

  (最後まで、 ありがとうございました)

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸