t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

高浜住民監査 - 総合計画 - 事例 - 東海市 Ⅱ

一人の独裁者の身勝手な想いや行いが「世界の平和」を揺るがしています。

・隣国を侵攻し、世界の市民に犠牲を強要は許しがたい暴挙となっています。

 世界は、皆、つながっていることも確信しました  

  f:id:t2521:20220308232556p:plain f:id:t2521:20220309004412p:plain

  この実態を傍観ではなく、なにか手立てはないものでしょうか…?

     国際郵便(はがき)でも出してみてはと… 小さな源流が大河になる日を願って… 

 

 

---「高浜」の失政の実態例 ---☆---

● 市民生活に「リーター」選択は重要課題 -「高浜」も残念な結果はいかがなものか…?   

「リース」は特定業者を過剰優遇の不適切の極み -「27億円」もの巨額の損害です!

 

<リースの異常な契約例> 

・高浜施政は、これを「支払の平準化効果」と説明… あってはならない裏切り!!

リース   施設面積   契約額-(税別)  リース期間    年-支払額
つくば市    3,330㎡     8億73百万円     15年        58百万円
高  浜    3,668㎡   28億99百万円     20年   1億45百万円

 

・「リース契約-20年」で30億円解体 - 血税を無駄遣いは私物化であり市民を裏切り!

「同じリース社」「ほぼ同じ施設面積」-「20億円」もの巨額差も異常の極みです…

 

・「つくば市」は分庁舎をリース - 本庁舎に隣接して建設 ⇒ 高浜はリースが本庁舎! 

更に「つくば市」リースは15年後-無償譲渡 -「高浜」 施政動向を鑑み調整とか…

・「新城市」は「庁舎建設基金」を20年以上積立てられました -「高浜」は後世任せ…

 

「高浜」のハコモノ行政は「デタラメ」の連続であると確信に至りました…。

・「築40年」を老朽化と称し、次々と早期解体は過ちであり、財政を無駄遣いです。

「図書館-閉館」- 民間譲渡を失敗の対案として「美術館」に図書室を作って延命…

・「かわら美術館」の主要機能である「陶芸室」は閉鎖 - 市内の陶芸社に委託も無責任

 「かわら美術館」には 市施設最高額 -90億円も投入

  「失敗」の 説明責任も放棄されてます - 私物化の悪さ… 

 

----------------------------☆---

自治体の運営」は市民生活を左右する重要課題 -「高浜」は他市は関係無いとされて

 ますが「失政」の露見を隠蔽の証し… 比較すれば実に"前時代的な施政"を強行です

・今回、「総合計画」を機に気づいた「都市宣言」を「東海市」にて確認してみます。

この「まちの未来ビジョン」を標榜する「都市宣言」も「高浜」は放棄のまま…

  本気で「高浜」の未来を創生されようとしているのか?

    過剰な業者優遇が高浜の未来に繋がるとも思えません

 過剰な優遇は後世をも借金返済に落とし込む失政です…

 これを強行は私物化であり 市民を裏切りの悪さの証し

 

<東海市>

・「東海市」は良すぎ。の見方もありますが、「高浜」の劣悪は異常であり市民犠牲!

原因は、自治体が適正適切に運営されていない。市民でなく特定業者を過剰優遇…

 

  住みよさ 人口 職員数 千人当り 公共施設 待機児童
東海市   61位   11.5万人    886人  7.73人    392千㎡      0人
高浜    310位     4.9万人    238人  4.85人    118千㎡      16人

 

住民運動5年経過し確信は「高浜」は私物化されてます!

・「高浜」は職員を過剰削減により施政施策が低劣化しています - 類似団体-全国最下位 

・「高浜」は公共施設を過剰に狭小化により市民生活は低落です - 施設面積-全国最下位

・「待機児童」-16人は、後世の人づくりも放棄の証し - 全国-718位 (815市区) 

 (*「待機児童-0人」例 - 名古屋・豊橋・半田・安城知立・碧南等々 - 圧倒的多数)

 

    高浜の全国最低を指向の"まちづくり"は過ちの極みです

 

<東海市-愛知県>

東海市-HP」を確認し感服は「コロナ接種率」を表紙に掲載 -「高浜」は隠蔽です

・このことからも「東海市」は開かれた施政を遂行されている自治体と確認できます

<コロナ-3回接種-28%>  *「高浜」- 非公開-隠蔽 - これがコロナ対策の実態です

f:id:t2521:20220309154647p:plain

 

・「東海市」は「接種推進」と「接種結果」の両施策を公開発信されています 

このような「施政情報」の公開姿勢こそが透明性ある施政のあり方では…

 

・高浜は「まん延防止時期」に市制50周年と称して「イベント開催」を強行されました

その数日後「コロナ感染者-百名弱」にまで急拡大… 以来、感染増のまま横這い…

・市が積極的に「市民」を集め「記念イベント開催」とは落胆と同時に呆れました…

「まん延防止期間」も無視の施政は傲慢の極み…

 

---東海市」の都市宣言 ---☆---

・「東海市」は「都市宣言」を"まちづくり"の基幹方針として位置づけられているよう

   [検索] : 東海市都市宣言/東海市 (city.tokai.aichi.jp)

 

 f:id:t2521:20220309162941p:plain

 

・ここで気づいた事がありました -「東海市」もキャッチフレーズを設定されてました

「ひと  夢  つなぐ  安心未来都市」を目指し"まちづくり"として「都市宣言」を設定

・「都市宣言」は、"まちづくり" のための具体的な方針施策課題のようです。

つまり「都市宣言」無き"まちづくり"はありえないか、"過ち"のいづれかでは…? 

「キャッチフレーズ」だけでは "仏作って魂入れず"

 

----------------------------☆---

<東海市-都市宣言から抜粋>

1.経緯

 本市では、「東海市まちづくり基本条例」及び「第5次東海市総合計画」に基づき、個性豊かで活力に満ちた地域社会を目指し、市民の皆さんと市の協働・共創によるまちづくりを進めています。
 このたび、10年先、20年先を見据えて、市民の皆さんが誇りに思うまちづくりを進めるとともに、次世代へ夢を引き継いでいくため、また、新たな創造をめざしたまちづくりを進めていく決意を表明するため、 平成22年3月4日の東海市議会で全会一致の議決をいただき、「東海市都市宣言」を行いました。

 

2.都市宣言の考え方

 東海市まちづくり基本条例に掲げたまちづくりの5つの理念(安心、快適、いきいき、ふれあい、活力)の実現に向けて、本市が進めている、また、進めようとしている政策の方向性を分かりやすく、端的に「メッセージ」として表現したものです。
 

3.宣言内容

 東海市都市宣言は5つの宣言から成り立っています。

 この都市宣言を市民のみなさんに、そして広く全国に発信することで、まちづくりの方向性を共有し、より一層、協働・共創によるまちづくりを進めていきたいと思います

 各宣言の内容につきましては、下記をご覧ください。

 

つい、最近、新たなる「都市宣言」を追加されました - 時流にも適応されてます

 「ゼロカーボンシティ宣言をしました」

 令和4年3月1日、令和4年第1回東海市議会定例会において、市長が施政方針演説の中で、2050年を目途に温室効果ガス排出量を実質ゼロとするゼロカーボンシティを目指すことを表明しました。 

   世界にも貢献する"まちづくり"を推進されています

 

----------------------------☆---

●「まちづくり」は市民生活に直結し、多様で多岐に渡り複雑な要素を含んでいます。

・これを一つの「キャッチフレーズ」で充足することは到底不可能ではないでしょうか

「高浜」は、この一言による"まちづくり"を半世紀継続の結果、住みよさ-310位…

・市民生活を犠牲に 特定の業者を過剰に優遇の施政のあり方は過ちであり 悪さ…

 

「キャッチフレーズ」だけの"まちづくり"は失敗です

 「総合計画」- 市民本位、未来の高浜づくりの計画であってほしいものです…

  

 

      (最後まで、 ありがとうございました)

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸