t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

住民監査 - コロナ感染 - 6月報 Ⅱ

22年-下期を迎えたと思いきや、突然、コロナが牙をむいたように感染爆発は驚愕…

・まだまだ、安堵安心は油断大敵と思い知らされました…

・いかに感染を抑え、いかに市民生活の維持を図るのかを構築も行政のお役目のはず…

市民目線にて高浜の「コロナ対策」の一端を検討してみました。

 

● 「高浜」のコロナ感染率は、碧海五市でトップ独走は危険なまちづくりの証しです

・「市HP」を見ても、「ワクチン接種の予約方法」を案内だけ…トップ独走の所以…

市HPをチェックして「接種」予約し、病院に出向く行動に移す市民はいかほどか?

 

・これら一連の行動停滞による「ワクチン接種率」の低迷が感染率が高い要因では…

本来であれば「年齢別-接種率」を公表し、注意喚起があり方ではないでしょうか?

「高浜」は、このような当然なすべき施策も放棄されているのは残念…結果、市民犠牲

 

---東海市HP-接種率」 ---☆---

● 「ワクチン接種状況」 - 東海市のワクチン接種状況をお知らせします。

ワクチン接種状況 

東海市」は。。。

「年代別接種率」も公表公開されてます。「高浜」は隠蔽・非公開??

 

「高浜」も。。

・「分院-倍額-60億円補助」の費用対効果を示されることがあり方では…

 

----------------------------☆---

<年代別-ワクチン接種率> *:県別‐3回接種率の実態

・年代別のコロナ-ワクチン接種率を確認してみました。市は非公表-隠蔽のようです 

 [検索] :  kenbetsu_nenreikaikyubetsu-booster_data.pdf (kantei.go.jp)

接種率

12-19

20才代

30才代

40才代

50才代

60才代

全国

31.0%

45.9

49.6

58.7

76.1

82.7

愛知県

27.5

44.4

47.3

55.9

75.4

83.2

岐阜県

35.6

50.5

51.0

60.4

78.9

84.7

三重県

39.0

47.2

48.8

57.7

76.2

83.8

 

「愛知県」は50才代以下の接種率が低いようです - 恐らく「高浜」も同傾向と推測

 

 

<高浜-年代別-コロナ感染状況>

・「年代別」では、40才代以下の方の感染が圧倒的多数 - 接種率と集団行動が要因? 

 

<今、即可能な感染対策>

・「50才代」以下の市民の接種率を向上すること 

 

 

<他市の接種促進策の事例>

・「東京・調布市- 「18才以上」の三回目接種は「予約無し」で可能

 

 

「市民」に寄り添うと、このように「予約不要」な接種施策も可能となるようです

・コロナ禍対策は、熱意と智慧と総意を結集することがあり方ではないでしょうか

 

・「民間分院」に、もう「40億円」もの巨額-K市市民の倍額を補助しました。

「コロナ禍」は、「高浜」にとっても重大なる非常事態です

・この非常時に「後方支援」ではなく「前面」に立って戴いて、接種促進頂きたいもの

 

   これを企画推進が行政の本領発揮の好機では…

 市民」の期待に応えて戴きたいものです

  

 

----------------------------☆---

・「高浜」の問題は「ハコモノ」失敗、「ワクチン接種」も失敗が感染率トップ!

  財政私物化の仕掛け構築に注力では 市民は犠牲です

  最大の失敗は「庁舎」を「リース」とされたこと

     これは、不適切な財政運営であり、市民と街を裏切り!

   「高浜」百年を破壊の大失敗のハコモノです

 

   「高浜」の未来を「標語」だけでは次代も犠牲…

 

   「説明責任」「情報公開」「財政運営」を適正適切化

   「市民本位」の原点回帰が「高浜」を救う道筋では…  

 

 

   (最後まで、 ありがとうございました)

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸