t2521’s blog 高浜の住民監査

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

住民監査 - コロナ感染 - 9月報 (全数把握)

20年1月 - コロナ感染が確認から二年余 - コロナ戦争は終焉を迎えたのでしょうか…

・22年9月 - 26日をもって「コロナ感染の全数把握」は簡略化されることとなりました

今回が「コロナ感染-月報」の最終回となるかもしれません

 

・残念なのは「高浜」は一度たりとも「感染率」を取上げず、隠蔽されたこと…

施政情報を、公表公開しない、説明もしない隠蔽化体質をコロナ禍情報でも発揮!

 

  コロナ感染率 - トップ独走は失政であり医療行政も失敗!

 

<コロナ感染率 - 9月27日 - 中日新聞> より抜粋引用 - 全数感染統計の最終版です 

・「感染率」は累計、「感染増」は、22年1月以降の実績です

 

碧海 人口-千人 感染-9/26 累計感染率 感染増-人 感染増率
刈谷 152.6 26,051 17.07% 24,334 15.95%
安城 190.1 31,957 16.81% 29,989 15.78%
知立   72.3 12,755 17.64% 11,769 16.28%
碧南   72.8 13,848 19.02% 12,874 17.68%
高浜   49.1   9,575 19.50%   8,959 18.25%
合計平均 536.9 94,186 18.01% 87,925 16.38%

 

 例えば「安城-感染-16.8%」であれば、「高浜-感染」は1.3千人も削減となります

「コロナ禍」において、感染者を一人でも防止することは市民の悲願だったはず

・「高浜」の医療行政の失敗は「千人超」の感染被害者を増発となりました…

 

「コロナ感染」は医療災害 - 行政は被害者救済とワクチン接種の注力拡大があり方

しかし「高浜」の医師数-33人は「碧海五市」では最低 - 接種率も最低が感染拡大

 

・「生活ガイド」情報では「医師-33人-市民1万人当り-6.7人/万人」は全国797位…

全国-815市区のなか「797位」は致命的な医療欠陥です - これに60億円投入

・「民間分院-60億円補助」は 隣街-K市市民の九倍もの高額を市民は負担のようです

 

 「60億円」補助は財政私物化…  特定業者を過剰に優遇

・問題は医療体制の低劣 -「コロナ禍対策」も「防災対策」も低劣は市民が犠牲…

神明町の「医療村」は民間会社による医療体制の拡充を低コストで実現されました

 

  「智慧」による医療拡充を示唆実現されてます

 

<高浜の医療体制>

  刈谷 安城 知立 碧南   高浜
医師-人/万人   23.1   22.0     7.6    15.9    6.7
順位-815市区   247    284    783    502    797
住みよさ-815市区     59    139    370      90    501

 

  医療行政の「民間分院-60億円投入」は疑問です 

・「歳入-220億円の小都市-高浜」が「医療売上-315億円の民間病院」に補助も矛盾…?

 交渉上手な民間分院に手玉に取られているようです

「市民会館」を失い「市庁舎」は狭小分割-リースとは…

「旧分院」の固定資産税まで市民負担を継続…  

 

「住みよさ-501位」は 市民を裏切りと失政の証し

「納税額は近隣市と同じ」の説明も矛盾です

高浜市民」は失政の犠牲者と化しています

 

 

----------------------------☆---

「民間分院-60億円」リースも10億円水増し」「美術館に2百億円」は異常行政…

・更に施設の維持管理を「リース-20年」「高浜小-15年」も競争無き業者独占の仕掛け

公共施設の維持管理は都度、競争入札を導入し、最新の管理手法を採用があり方…!

・疑問は、今後、数十年間も維持管理システムを改善無しで業者一任を強行なのか…? 

 

 「高浜」行政は歪んでます…「住みよさ-501位」に転落を無視でハコモノ行政を強行

 

・「リース-30億円」「高浜小-50億円」「美術館-2百億円」と桁違いの財政投入…

「特定業者」は億単位で優遇し、市民の補助策は数万円規模も本末転倒…

 

・例えば「通院補助費の助成」を「幸田町-高校生まで拡大」対「高浜は中学生」…!?

施政は「介護保険料は西三河-最高額」「瓦診断-数万円」「通院補助も改善無し」

・「待機児童-16人」も無視 - 多くの自治体は「0人」を達成維持し住みよさを向上

  未だに「ごみ立当番制」を強要は昭和の行政を強行です

 

「高浜」の全国-最低追求施策は疑問 - 「職員数」「公共施設-面積」「医師数」…

全国最低を追求に、巨額の血税を投入し「大家族-市民」を犠牲は裏切り行政…

  行政施策の失政失敗の連続は市民-5万人が犠牲です…

 

 

  (最後まで、 ありがとうございました)

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸