t2521’s blog 高浜の住民監査

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

高浜住民監査 - 公共施設の縮充は失敗!

「高浜」は、彼の国と同じ独裁施政は過ちの連続です - 特定業者だけを過剰に優遇…

・「納税」は碧海五市の近隣市と同じと説明 - ごみ立当番強要や住みよさは低落の一途

説明責任を放棄、情報非公開 - 公共施設を「面積半減」✖「倍額建設」も独裁の証し

「公共施設 - 縮充計画」は 高浜を破壊のまちづくり 

 

<高浜のまちづくり>

●「高浜」は、全国最低を目指す"まちづくり"に市民は納税となっています

納税者からみれば、その費用対効果は、やはり最低です…

 

碧海五市  刈谷  安城  知立  碧南  高浜
ごみ立当番制    無    無    無    無    有
町内会-加入率-%    66%    78.8    71.9    72.8   53.6
施設面積-1人当り    3.6㎡/人      2.7      2.2      3.7     2.4
職員数-千人当り    7.1人/千人      5.9      6.3      6.2     5.0
住みよさ-2022年    59位   139   370    90   501

 

・「ごみ回収事業」は行政の責務 - これを放棄し、市民に押付けは無責任の極み

「市民」は「ごみ立当番」を嫌い、町内会を脱退世帯が拡大しています…

・行政は、これがコミュニティ形成とか - 市民のあり方と強要は「昭和」行政を押付け

 「住みよさ-501位」に転落も無視で独裁強行…

    (* 愛知県高浜市|自治体別住みよさランキング|三菱UFJ不動産販売「住まい1」 (sumai1.com))

 

 

・「高浜」の「公共施設面積-2.4㎡/人」は全国最低。職員数も全国最低のようです

   (*「公共施設面積-人口5万人未満」・「職員数-類似都市」における比較です )

そこまでして、特定業者を優遇に注力は、市民を裏切りの行政の証しです

リース庁舎」は「10億円」もの巨額を水増しは凶行 

 

 

---「縮充 - 高浜小」の建設実態例 ---☆---

1・「高浜小」を縮充と称し他の公共施設と複合「倍額-50億円建設」を強行も裏切り…

・「建設面積」は学校-1万㎡。公共施設(公民館・体育館)-1,775㎡と15%の面積追加で倍額

「縮充」は財政削減が目的のはず-特定業者が15年も維持管理を独占の仕掛けを構築

施設事業を比較すれば「高小-建替-50億円」対「吉浜小-21億円」は不公平の極み

  (*児童数 -「高浜小-632人」対「吉浜小-741人」- 義務教育こそ平等公平があり方… )

 

 

2・高小-建設工事の入札も「特定業者 - 1社」だけ単独応札の仕掛けも裏切り同然…

・競争無き入札を構築強行は、特定業者を過剰優遇の仕掛けであり裏切り行政の証し

「公正を目指す自治体」は「入札参加者が1者のみの場合、当該入札を取り止める」

   (*このような「1者応札」禁止を条例規制の自治体も有りますが、独裁施政は無視 )

 競争入札を一社でも有効強行は不正が顕在化しています

 

・「高浜」入札は、「単独入札」「高落札率」「倍額工事」が横行しているようです。

典型的事例は「リース庁舎」-「33億円事業」を「99.99%」- 僅か38万円安で契約

同時期、同規模、同じリース社建設の「つくば市-分庁舎」は「9.4億円」で契約…!

 

・「リース会社」が、庁舎の維持運営を20年間も独占の仕掛けも独裁行政のなせる業…

維持運営の実務は「高浜市総合サービス」- 直接発注を間接発注に切替えの過剰優遇

 

 

3・「高浜小」は 築57年で建替え。他の小中学校は「90年」で建替えも不正の証し

結果 - 高浜小だけ「教室面積」が拡大され、他校は30年間も現状維持を放置…

 

・施設寿命も疑問-公共施設の寿命は「90年」があり方… 今頃「90年」を採用も独裁

「中央公民館-築36年・市庁舎-40年・体育センタ-築42年」… 早期解体は破壊行政

   (*「中央公民館」の解体理由は「民間分院」から要請を受け公共施設を早期解体とか)

   (*「旧市民病院-築37年・大山公民館-築36年・図書館-築43年」で早期閉館も独裁… ) 

 

   公共施設の管理計画は公正さと平等公平があり方です

「高浜」の街と子どもらの未来をも破壊が懸念されます

 

 

---「縮充 - 高浜小」の運営失敗例 ---☆---

 ●「縮充」-「規模は縮小・機能は拡充」を実現は高度な施設運営の構築が必要です

・実態は「施設予約」もシステム化されず、窓口で予約申請も「昭和」方式を継続

「ITS」「AI」と叫ばれ、実態は「昭和方式」を継続は、市民生活を犠牲の住み憎さ

  結果 - 公共施設の運営も私物化を強行となっています

 

 

<高浜小 - 体育館の予約実態>

「高浜」にも「市民ホール-築36年-600席」や「体育センター-築42年」がありました

 (*中央公民館-築36年で解体。体育センタ-築42年で早期解体は実に"もったいない" )

「体育センタ」の解体理由は「野球場」の駐車場を拡張のためとは… 私物化です

 

・行政は「機能充実-複合」と称し「高小体育館」は「市民ホール」も兼ねているとか… 

・と同時に「市民体育館」としても施設運営されてます - 機能-両立が困難は明白です

 

この代替施設を「高浜小」に面積半減で複合建設されましたが、市民生活を犠牲です

建替後も、体育館の予約は、前月までに窓口申請し、厳正な抽選制のようでうです

しかし、この「抽選制」をすり抜けて予約できる方法も有る - 独裁私物化の強行制度

 

「11月 3日」-「高浜中学」が「メイン+サブアリーナ」も含めて独占使用と判明…

・「高浜中」は利用抽選も無く施設利用を独占。運動愛好の市民は、当日、排除です…

代替施設は準備されません。市民は、独自に施設確保しなければならないようです 

 

「縮充」は 市民を選別する仕掛けを発揮となってます

 

・「11月」の独占使用は、特に件数が多いようです

独占使用の団体(推定) - 学校・スポーツ認定団体・商工会・町内会・市役所・後援会…

特定市民だけ優遇し、納税市民の権利剥奪の「縮充」… これを強行は私物化の極み

 

「縮充-複合」とは「体育館」と「ホール」が同時併行で使用可能があり方のはず… 

これを「面積半減」では複合失敗は明白です - 実に、ご都合主義の過ちの説明です

・「高浜小-倍額-50億円」- 特定業者優遇の使えない施設を建設は無駄遣いの極み…

 

 

  結果 - 公共施設の「縮充」は「失敗-破綻」が明白です

   失敗の施設運営を今後-90年間も継続はありえません

 小都市「高浜」は「かわら美術館-2百億円」投入も独裁

   (*「美術館-築27年」に着工以来-百億円投入。更に継続強行は「百億円」加算です )

 

 「特定業者」を過剰に優遇は独裁行政のなせる業・・・

 「百億円」を市民の住みよさ向上に投入があり方では…!

 

  「高浜」は"破壊のまちづくり"が強行されてます

 

 

  (最後まで、 ありがとうございました)

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸