t2521’s blog 高浜の住民監査

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

高浜住民監査 -「ハコモノ」縮充は失敗! Ⅴ (かわら美術館)

「高浜」のハコモノ行政は、矛盾を強行 -「高浜」を破壊の "まちづくり" です… 

「高浜」は、何故、県内-最低面積なのに倍額建設を投入強行なのでしょう…

 結果、市民生活や行政サービスは低落の一途を辿っています… 住みよさ-501位…

 

---「高浜」のハコモノ実態 ---☆--- 

「高浜」施設面積-2.4㎡/人は、五万人未満の自治体では全国最低… 

「県内-町村」の代表例として具体的な自治体を抽出し施設面積を比較してみました

 

・「高浜」は公共施設を縮充しないと財政破綻と説明し、倍額建設を強行は詐欺同然…

「高浜-リース」は、10億円もの巨額を水増しです。

 

「高小」も倍額-50億円 - 財政効果は面積削減と「体育C-築42年」を早期解体…!

・結果 -「体育館-サブアリーナ-922㎡」に狭小は「予約競争」が起こっています。

行政や学校は、任意に電話一本で予約できる仕掛けが構築され抽選無しで利用可能

 公共施設も私物化行政は市民が犠牲も関知せず…

 

●「早期解体」「倍額建設」の連続は高浜財政を私物化であり、血税を無駄遣いの極み

市民への説明責任も放棄され、施政強行は「まち」と「市民生活」を破壊です 

・結果 - 知らない間に、莫大な血税が特定業者に投入となっています…

 

疑問は「公共施設」を「愛知県内の町村-自治体」と比較するとよく分ります。

・結果 - 「他市」と比較しても、「町村」と比較しても「高浜は最低」のハコモノ面積

まだ利用可能な施設を破壊し、代替施設を「面積狭小」「倍額建設」は凶行の極み…

  市民を裏切り、特定業者を過剰優遇の凶行も平然と…

 

<町村との施設比較例>

・「高浜」は、下記の町村の公共施設の面積比較でも最低です… 納税額は同じはず…

面積-㎡ 人口-千人 歳入-億円 本庁舎 公民館 体育館 図書館
高浜   46.0   236   3,306      200      672     360
東浦町   49.2   218   5,973   3,618   4,405   2,635
幸田町   39.6   233   5,604   5,936      720   2,971
美浜町   23.6   110   4,224   2,499   4,568   3,108
飛島村     4.4     71   4,081   8,843   7,575   1,354

 

・「高浜」の代表的な公共施設 - 庁舎・公民館・体育館・図書館は県下-最低最狭

「高浜」の公共施設は面積狭小が財政効果と説明は市民生活も最低に貶めるもの…

・「住みよさ-501位」に転落も、公表もせず 秘密裡に隠蔽。挽回策も放棄か…?

 

・過ち、間違いの施政運営の連続は市民が犠牲です 

 「公共施設」の過ちは、百年先まで影響します

 慎重で丁寧な対応検討が必要を、朝令暮改で強行

 

「高浜」の公共施設計画の過ちの根本原因は「かわら美術館」と推定されます。

・「美術館」施設を運営できる自治体の歳入規模は「約4百億円」レベルが下限のよう

「高浜」歳入規模 - 2百億円相当で「美術館」を建設運営は背伸びし過ぎ…

 

・そもそも「碧海五市-合併」を前提に建設構想を先行して立案推進されたとか…

「都市合併」が破綻し、「美術館」が負の遺産として存続 - 莫大な財政負担が発生

 結果 -「施設建設 - 41億円」∔「維持運営 - 45億円」⇒ 市民負担-18万円/人に! 

 これを何ら説明も報告もされず強行は市民を裏切りの行政の証し… 私物化でした

 

・美術館-建設単価も、最近、建設された他県の美術館より高額とは限度を超えてます 

 

・数年前、公共施設推進プランでは「美術館-民間譲渡」を、一昨年、説明無しで撤回

財政負担が「ゼロ円」から、一挙に「百億円」投入に増額を強行は "まち" を破壊

・市民の無関心に乗じて、デタラメのハコモノ行政を強行されてます…

 

<かわら美術館>

問題の一つは「美術館」の企画展の観覧者の激減です。これに毎年-1億円超を投入

<「美術館」企画展の観覧者数」>

・H20年以降 - 施設運営は「指定管理方式」を採用 - この委託費が年1億円超を継続

 

 (*ご参考 - 隣街 - K市美術館は同額の委託料で年間約6万人来場という実態のよう ) 

 

・問題は、指定管理は、企画展を失敗し観覧者が激減しても委託金はそのまま支払い

結果 -「企画展」の入場収益は赤字でも不問とされ血税の無駄遣いを垂れ流し

 真に、特定業者だけを過剰優遇は裏切り行政の証し

 

 

問題の二つ目は「指定管理」を失敗したのに、これを継続し繰返される事…

・施設は「縮充」したのに「指定管理」委託費は、更に、水増しされ - 年2億円!

⇒「美術館」は築27年 - 施設寿命は今後-50年。となれば、運営費だけで百億円!!

・現在の施設計画は、別途「施設維持修理費」- 30億円が計上されています。

 

 「高浜」は「美術館」に計2百億円超を投入の見込み

   つまり、市民一人当り40万円の負担となります

 

  四人家族であれば「160万円」の負担です - クルマ (軽自) -1台分… 

  市民にとって「美術館」に40万円/人-負担の費用対効果は正当でしょうか…

 

・「リース-20年-10億円水増し」+「美術館-50年-50億円水増し」

 

  財政水増しはハコモノ行政の常套手段と化しています

  財政も私物化行政は「高浜」の未来を奈落の底に…

「住みよさ-転落」のまちづくり・・・ 

 

 

     (最後まで、ありがとうございました。貴方様は「村づくり」に賛成ですか…? )

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸