t2521’s blog 高浜の住民監査

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

高浜住民監査 - 私物化を強行の"まちづくり" 

神社の役員を担当で年末は立て込み、ブログ更新の先延ばしを お詫びします…

 今回は、最近、直感的に感じている「過ちの施政」につき概要だけ述べます。

 

「高取小」の大規模改修も「かわら美術館」の予算審議も「臨時委員会」で決行…

・これらは、通常「定例議会」で審議すべき高浜の大問題です。 

予算-「高取小-10億円」「かわら美術館-百億円」を委員会審議は情報発信の回避策

・理由は「定例議会」は映像記録が残りますが委員会は傍聴も少なく行政の思うがまま

 「議事録」の公表公開は数か月後に先延ばし…

 

・今回の委員会では、反対議員を大声で恫喝されたとか… パワハラで反対意見を阻止!

高浜-議会は神聖なる議会審議を暴力的な審議運営は残念であり不適切の極み…

 

 映像公開されない議会審議は修羅場と化しているよう

 真に地獄絵図の様相で採決強行は民主主義からも逸脱

    

「高小」は倍額-50億円も投入し、非常用発電機や太陽光発電もあり防災設備を充実

・「高取小」は、防災設備は削減、体育館の空調も無い、昔ながらの学校に10億円投入

これを市民説明抜きで強行、映像記録無き「委員会」審議を強行されたと推測…。

 

 高浜議会も、残念な施政運営の連続です。

・昨年、たまたま、傍聴時も市民に向かって「警察呼ぶぞ! 出てけ!」と市民を恫喝!

・今回の「かわら美術館」も反対議員を恫喝!  権力を私物化に投入されている証しです 

 しかし、これが最大会派-保守系議員の正体のようです

 

●「高取小」10億円の改修計画を公開説明後に予算取得が本来の行政のあり方のはず…

未だに「10億円」改修計画は「工事日程」を公表だけ - この日程に10億円とは暴政!

・学校建設の説明を「工事日程」だけで良しとする施政は情報隠蔽が常習化の証し…

 

 まさに「高浜」を私物化では 住みよさも低落の一途…

 学校施設は大規模災害時の「指定避難所」 

   防災機能を拡充が「縮充」- 機能充実では…? 

 「高小」だけ豪華設備で 市民 -5万人を救えるのか…

    

「かわら美術館」も、どのような「美術館・図書館」となるのでしょう… 皆目不明…

・「行政」関係者の一部と、保守系議員だけ知っていればよいのでしょうか…

「図書館」-開架-8万冊を閉館し、「美術館・図書館」-開架-2万冊は図書室づくり 

・開館以来、赤字運営の美術館に「累計-二百億円」投入のため図書室移転は失政策…

    市民一人当り「40万円」負担は隠蔽のまま、財政投入を強行は後世も犠牲です

 

  「高浜」行政のハコモノ計画は失敗の繰返し

 「かわら美術館」は赤字運営の連続

    - 負の遺産を次世代に繫ぐのか…

    決断出来ない行政は「高浜」と「市民」を犠牲です…

 

かの市民団体は、デタラメな施政運営につき、現在「訴訟案件-6件」提訴とか…

・適正適切な施政や、合法的な行政運営から逸脱の証しではないでしょうか…

 「リース-10億円水増し」も私物化の極み!!

 言語道断の失政悪政であり市民を平然と裏切りの行政

 

●「特定業者」を過剰優遇も限度を超えてます。

・「高取小」工事-10億円工事は「民間プール工事会社」が受注されたとか…

⇒ 「プール用地」を整備のため、当初-9千万円工事を、倍額で受注された会社 

 またまた、市外の、県外に本社を有する会社に発注は不適切な関係構築では…

「高浜」は血税の地元還元に配慮も低落しています

  学校空調‐倍額-9億円も名古屋市の業者に発注…

  地元業者にばれてはまずい工事発注なのでしょうか   

 

  本当に「高浜」に「愛」を注がれているのか…?

    私物化は「自己愛」「自分本位」だけの証しです…

 

「高取小」-大規模改修の予定価格は「11億円」と行政の試算 - 水増し価格?

総務省単価「17万円/㎡」✖「高取小-6060㎡」= 10億30百万円…

・「11億円」の根拠は隠蔽 ・落札率-96%総務省単価ベース)はやはり高率

 

「高取小」改修工事も多分に過剰優遇が疑われます

  つまり予定価格は水増し - 相場価格で落札の仕掛け

  特定業者をそこまで優遇のメリットは… 不適切の極み    

 

●「高浜」は、直近の入札を県システムに移管し、市民への説明責任を回避工作?

・ 巨額の血税を投入となる「ハコモノ工事」は透明性も欠落となっています

「入札公募」の工事仕様が、市民には情報入手出来ない仕掛けが構築されてます

 施政情報も施設計画も隠蔽し、説明責任を放棄…

 

 

●「高小-縮充 - たかびあ」-倍額-50億円施設は 利用率-10%に低落は失敗の証し

  これも市民説明は「高小-学区」限定で強行されました

     施設受益者である特定の市民に説明だけで、ハコモノ計画を強行となっています 

 反対意見」を抑圧する方策のもとに、市民の賛同を得たと建設強行の仕掛け… 

 

   私物化には、あらゆる方策を打たれています… が…

 市民生活の向上 - 住みよさは「501位」に転落! 

 私物化の "まちづくり" は「高浜」破壊です…

 

----------------------------☆---

   公共施設は市民の財産を、私物化は独裁施政の証し

・一人当り施設面積 -「2.4㎡」に削減は全国最低の都市 (人口5万人未満) を維持継続… 

 全国最低が「高浜」施政の目標とは… 市民を犠牲

 

・「高小」は早期建替えと教室面積拡大 - 他地区の小中校は建替延期。狭小教室…      教育環境を"えこひいき"は「市民づくり」も失敗に…

 

 「高浜」百年ビジョンも無く、血税-私物化に奔走は残念 

 

 

  (最後まで、ご関心を頂き ありがとうございました。)

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸