t2521’s blog 高浜の住民監査

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

高浜住民監査 -「高浜」の入札は疑問の連続 Ⅱ(情報隠蔽)  

「高浜」は説明責任も果たされず「入札情報」も削除は情報隠蔽の不適切の極み

血税を適正適切な使途でないためか 秘密裡にやり過ごそうという魂胆が見え見え…

先回、ご案内の「まちづくり計画策定-委託事業」の入札情報を隠蔽削除は不適切

 

<入札情報を削除の案件>  

令和3年以前の入札は、市HPに公表され、血税の適正適切さを確認出来ます。

・しかし「入札情報」を行政に都合の悪い案件は不掲載(削除)とされているようです。 

血税は公金です - 入札情報の削除隠蔽は私物化の証し - 不適切な使途を隠蔽では…? 

 

---「市HPに掲載削除の理由は何があるのでしょう」---☆---

特にハコモノは巨額の血税が投入され慎重で丁寧な運用と説明があり方のはず…

・ところが、実態は、思い付きを強行が多すぎます…

 

・思えば「リース」も旧庁舎-改修は「37億円」もかかると捏造説明でした

 ウソの説明で「リース-倍額-20億円建設」を強行したのです… 異常の極み…

 

・「中央公民館」‐築36年を寿命 -「壊したほうが安い」と早期解体。代替施設は4年後

本来、代替施設を準備後に解体が行政サービスを維持継続の上の最低条件のはず。。 

・解体先行は市民や子どもらの犠牲も無視 - 特定業者を優遇優先の行政は残念だけ…

 

・「市庁舎」-築40年は、寿命60年を前提に「リース」は0.01%-38万円も安いと契約

鉄骨造の建設相場は「25万円/㎡」-「リースは54万円/㎡」と倍額 - 約10億円水増し 

 (*つくば市-リース分庁舎-3330㎡-8億73百万円契約-建設単価は26万円/㎡と半額! )

・この時期は、国や他の自治体は「施設寿命-80年」を打ち出していたのです… 

 

・しかし判明は「高小」建設時に「学校寿命 - 90年」を検討開始されていたこと。 

⇒ なぜ「高小」だけ早期建替 - 全く矛盾強行は凶行で、支離滅裂の「ハコモノ行政」…

・「中公-解体」は壊したほうが安い。学校は急転直下の「長寿命化」は… 二枚舌…!?

 

結果「高小」縮充-倍額50億円建設は利用率の低い「たかぴあ」を生み出しました…

     子どもらの発表会の会場は市外の施設を求め、保護者含め大移動を強要に…

 「高浜」のハコモノ計画は失敗の連続です!

 

----------------------------☆---

<「学校施設の長寿命化計画」の背景>   (*令和3年-高浜市教育委員会 

・学校施設は未来を担う子ども達が集い、いきいきと学び、生活をする場であるとともに、地域住民にとっては生涯にわたる学習、文化、スポーツなどの活動の場であり、災害時には避難所としての役割も果たす重要な施設です。

・そのため、学校施設の老朽化対策は先送りのできない重要な課題となっています。
平成25 年 11 月、「インフラ長寿命化基本計画」が策定され、 国 として、国民の安全・安心を確保し、中長期的な維持管理・更新に係るトータルコストの縮減や予算の平準化を図る方向性が打ち出され ました 。

<解釈>

「国」はH25年-「自治体の財政健全化」のため「長寿命化」を提唱開始のようです

・高浜は「H28年」- 中央公民館の早期解体に反対する住民投票の無視を強行し解体!

・「H29年」- 「施設更新」後に「長寿命」を図ると、国方針に真逆の広報を発行!

・「同年」-「高小」は建替。「他の学校」は長寿命化への方針を模索開始の矛盾…

   

・そして「小学校」は耐震強化済みなのに「基本調査」とかで再々調査に数千万円…

 次に、また「大規模改修」とかで、設計費-数千万円… 財政困窮は当然です

    この大規模改修-例えば「高取小-10億円計画」も公表されず秘密裡に推進されてます

 次々と特定業者を優遇、情報隠蔽は限度を超えてます…

  

----------------------------☆---

 <市HPに掲載公表されない入札情報>

●「公共施設」は40年を寿命と早期解体を強行。「高小」は築57年を倍額で建替え。

・他の「学校施設」は寿命60年を「90年」に延長。調査計画に巨額投入 - 約5千万円…

・これを市HP「入札情報」に公表せず、隠蔽で推進強行は裏切りでは… 私物化の極み

 

<市HPに掲載公表されない入札の具体例>

 

 公表番号

         件 名

   落札価格

30高財入第40号

市立学校長寿命化計画策定 基本調査業務委託

  11,300千円

 

   公表番号

        件 名

   落札価格

31高財入第52号

高浜市立学校長寿命化計画策定基本調査業務委託その2

  10,990千円

 

 公表番号

  件 名

落札価格

31高財入第53号

高浜市立学校長寿命化計画策定業務委託

  23,300千円

 

・未だに「施設寿命」につき説明はありません。「矛盾」では説明が出来ないのかも

⇒ ご都合に合わせ、特定業者優遇を優先の施設計画のツケは全て市民が負う事に…

 

・<学校空調の調査案件も隠蔽でした>

・学校施設はほぼ同じ構造構成 - 基礎調査に数千万円を投入も疑問です…

 

    公表番号

         件 名

  落札価格

30高財入第142号

市立小中学校空調設備導入基礎調査業務委託

  22,500千円

 

 公表番号

    件 名

 落札価格

31高財入第116号

高浜市都市計画マスタープラン策定業務委託

  9,800千円

 

    公表番号

         件  名

   落札価格

4高財入第32号

高浜市公共施設総合管理計画改訂 業務委託

  5,300千円

 

 

 「入札情報」の隠蔽化は財政私物化の証しです

 情報隠蔽は説明責任を放棄の証し

    特定業者を過剰優遇を隠すための情報隠蔽 

 ハコモノ行政の失敗を隠すための情報隠蔽 

 

  多くの市民の信頼を、私物化優先で平然と裏切りはいかがなものか…?

 

 

  こうして「美術館・図書館」も推進されてます

 大失敗の"まちづくり"を強行です

 

 

----------------------------☆---

 「高浜」の"まちづくり計画"は民間業者に丸投げ!

 「高浜」は「破壊」の"まちづくり"にまっしぐら…

 

    これを「ちょうどいいまち〜ちょっといいまち」…

  思いやり  支え合い  手と手をつなぐ  大家族たかはま

  「高浜」の言葉だけ上手い"まちづくり"は裏切りです

 

 

  実態は、職員数も施設面積も最下位…

  市庁舎が「リース」の街なんて前代未聞の失政

        (*これも建設費「10億円」も水増しは凶行です。更に維持管理も丸投げ… ) 

  住みよさも「501位 /815市区」は失敗失政の街 

 

碧海五市  刈谷   安城   知立   碧南   高浜
住みよさ-2022年     59   139    370      90     501

 

 

  過ちの"まちづくり"は市民-5万人が犠牲です…

 

 

   (最後まで、ご関心を頂き ありがとうございました。)

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸