t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

高浜市長選 - 経営感覚 (財政問題)

・今日も新聞に掲載記事を参考にします。・17.8.21・中日・三河版・P.10掲載記事

新人候補は「報酬半減」を公約とされています。ここまでは極端かと思いますが覚悟の現れかもしれません。経営感覚的にも着眼点としては良いかと思います。

市民としては「財政削減」と「血税の有効利用」は望むところです。

---自治体の経営---------------☆---

経営資源として、よく言われるのが「ヒト(議員.行政)・モノ(施設.インフラ)・カネ(財源)」。最近は更に「コト(情報)」とか。情報発信(情報公開)が重要になるようです。

これらを、いかに有効に、積極的に活用するも、施政の才覚と思います。

・新人候補は、このカネの削減策として、自己犠牲を発揮し報酬半減を宣言されました!

更に「情報公開」と「説明責任」をしっかりと果たしていくと宣言されています。

---近年の財政配分例---------☆---

★高浜の財政の利用状況を確認のため、日頃の疑問点を取上げてみました。

H15年度   高 浜   碧 南   知 立   刈 谷   安 城

 費目

 構成

 高浜比
人口   47千人  71  72  149  185
歳出合計  143億円  290  221  535  619  平均 高浜/平均
 費 目  構成(%)    %    %    %    %    %  
商工費   2.8  2.0  1.4  2.3  1.2  1.7  1.6
農林水産   0.6  1.7  0.4  1.2  1.5  1.2  0.5
土木費  8.6  16.5  19.2  19.9  17.3  18.2  0.5
消防費  3.2  3.6  3.1  3.1  3.2  3.3  1.0
教育費 10.5  14.7  10.8  15.4  14.7  13.9  0.8

商工費」は碧海五市で最高比率です。商工会は、それほど活発な活動、成果を上げられてましたか?  最近ですと「瓦」のぼりや T-シャツを眼にしますが成果は如何に?!

会員さんに聞くと「予算を何に使っとるのか、分からん!?」。高浜の商工業の未来はバラ色でしようか?  商工会は 36年間の家賃はタダ。移転・建替え補償付でバラ色です。

逆に少ないのが「農林水産」「土木費」。近隣市の「半分」は適正でしようか?

高浜の農業や水産業の予算削減が「ふるさと納税」も低迷の一因と思います。

 また、インフラ削減は「道幅は狭く」「舗装や側溝の整備状況が低い」のでは?

●「教育費」こそ、後世の市民育成のため、最高比率でも良いと思うのですが…?

教育委員会さんも交渉力を発揮すべきでは (H16年は予算微増とか聞きました)

市の財政は バランス感覚に欠けているような気がします!

市の成長戦略に合致した予算配分でしょうか? 

---巨額補助の不可解---------☆---  (*高浜分院への建替え補助 - 23億円)

市民に説明無しで、民間病院に巨額補助は疑問です!

  果たして「23億円!」補助は適切でしょうか?

 (ある議員さんに確認したところ、まだ、議会審議前に発表されたとか…?  目的は何か…?)

経営移譲した民間病院への巨額補助は過剰優遇では!?

   (*市立病院の移管費用から 合算すると、病院にやがて90億円もの負担となります)

    (*事業債10億・資産残高15億・協定補助28億・中公資産残高7億・解体4億・建替え補助23億 ≒ 90億円)

「病院」という聖域を名目に、巨額負担の適切性について説明を求めます!!」 

民間病院の建替えのため、築36年の公共施設を解体は極めて不適切な判断と思います!

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail -- 文責 矢野義幸