t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

高浜住民監査 - ハコモノ行政の失敗!  

東洋経済によると「住みよさランキング」は、全国-812都市を対象に、20の指標に基づいて評価した「自治体のランキング」だそうです。

・住みよさランキングは「安心度」「利便度」「快適度」「富裕度」の4視点を20の指標から数値化し順位を算出したものらしい。

 

● 驚きは「全国-1位」は「石川県-野々市市」-人口-5万4千人ほどの小都市であること

東洋経済-資料によると「住みよさランキング2021」の総合評価1位は、昨年と同じく「石川県-野々市市」となった。とありました。

野々市市は石川県のほぼ中央に位置し、金沢市白山市に囲まれた新興都市。金沢駅まで電車で7分の距離にあり、複数の大学が立地している。人口は5.3万人で若いファミリー世代を中心に増加が続いている。そうです。

「高浜」も "住みよいまち" であってほしい。と願うのは自分だけでしょうか・・・

 

<「住みよさ」-全国1位-野々市市 (石川県) >     (*「東洋経済」から 引用 )

全国順位 総合評価 安心度 利便度 快適度 富裕度
住みよさ       1 位    181位     10位    216位     153位

 

f:id:t2521:20211130121827p:plain

 

・「高浜」の「住みよさ」を再確認したいと思います。

[検索] : 愛知県高浜市|自治体別住みよさランキング|三菱UFJ不動産販売「住まい1」 (sumai1.com)

 

<高浜の住みよさ> 

・「高浜」は「310位」と中段階の上位は残念な施政 - 疑問は「富裕度」が高いこと…

全国順位 総合評価 安心度 利便度 快適度 富裕度
住みよさ   310位 613位 755位 130位    89位

 

・高浜の「財政健全度」は、なんと「全国-20位」とダントツに上位は市民感覚とズレ!?

全国順位 総合評価  収 支 弾力性 財政力 財政基盤
財政健全度      20位 201位     38位     79位       4位

 

・高浜は「財政健全度-全国20位」なのに「庁舎はリース事務所」とは矛盾の施政では?

本当に、旧庁舎-築40年を「リース事務所」にする必要があったのでしょうか…

・旧庁舎を改修なら「20億円-30年」を「リース-30億円-20年」を選択は疑問です

 

つくば市-リース庁舎は9.4億円 - 高浜は同規模で「30億円」は業者に大盤振る舞い!

 (*リース事務所は、つくば市は「分庁舎」、高浜は「本庁舎」をリースは残念な施政)

「リース事務所-30億円」は、20年契約で解体予定

  結局-20年後「リース事務所」は解体。独自建設は「50億円」もの巨額負担が発生です

  つまり「リース事務所」は無駄遣いであり、財政削減効果は無いのに強行は疑問だけ 

 

<リース契約の比較> *これを「財政負担の平準化」と説明は裏切りでは…

・余りにも過剰な業者優遇は疑問であり不適切な仕掛けと思われ、市民を裏切りでは…

 (*ちなみに「リース会社」は両市とも同じ会社です )

リース 施設面積-㎡ 契約額
 -百万円 (税別)
リース期間-年 年-支払額
 -百万円
つくば市  3,310     873      15      58.2
高浜  3,668  2,899      20    145.0

 

・上記のように「高浜-契約額」は、つくば市の「3.3倍」にて契約は財政私物化の証し

財政効果無き、特定の業者を倍額優遇は不適切な関係形成が疑われます・・・

・入札も不可解 - 業者決定後、2ケ月を要し「落札率-99.99%」- 35万円安に契約調整??

 

・「高浜」が高額の一因は「施設の維持管理-937百万円」を 丸投げされているため…

従来「高浜総合サービス」に直接発注を「リース会社⇒リース下請け」経由も疑問

・旧庁舎の面積半減を「清掃費-188百万円」は、逆に4百万円も増額は財政効果無し

 特定業者を過剰な優遇を強行は不適切な無駄遣いの証し 

 

   リースは市民の誇りも夢と希望も喪失の狭小施設です

   過日、案内した青年は 「リースを仮設事務所」と勘違いされてました…

   確かにリースは仮設事務所です。が、特定の業者が20年間も独占はいかがものか…?

   リース事務所は「20年」もの長期に亘る仮設庁舎です

 

 

---「高浜の職員数が全国最低の理由」 ---☆---

・今月-12月号の広報に「人事行政情報」が掲載されていました。

疑問の「財政健全度-20位」の高浜が職員数-全国最低の理由を見つけたようです

 

<類似団体の職員数の比較 - 人口5万人相当の自治体を抜粋>

自治 人口-人 職員-人 1万人当り-人
愛知県 高浜市 49,155 238    48.4
愛知県 弥富市 44,618 319    71.5
愛知県 岩倉市 48,092 353    73.4
長野県 諏訪市 49,452 424    85.7
三重県 亀山市 49,720 459    92.3
滋賀県 高島市 48,203 552  114.5
平均   48,207 391    81.0

 

「職員数」を総務省-統計の類似団体-78団体で比較は「高浜職員-48人/万人」は最低!

・この理由は「給与費」の削減により「財政削減」が狙いと推測されます。

しかし「職員削減」は「行政の質と量」の両面の低落を招くことが懸念されます。

 

職員を全国最低に減員で財政健全度-20位を確保する行政運営は適切とは思えません

 業者には倍額投入の過剰優遇」対「行政は最低の職員数」とは主客転倒では…?

 

結果 -「行政業務」の調査企画が外部業者に「丸投げで高額発注」となっています…

その証しは「入札情報」でも分かります - 一社独占の高落札率で発注となってます

 

---「職員数を全国最低に削減は財政削減の仕掛け」 ---☆---

<高浜の給与費>   (*「広報たかはま-12月号」より引用)

● 職員さんの給与費は「年間-14億円」規模となっています。

・「一人当り給与-5.6百円」を全国平均の職員数-391名で乗算してみました。

・その給与費は「22億円」となり、高浜は職員削減で「8億円減」となります

これが「財政健全度」に寄与と思われます…。しかし行政レベルを犠牲では?

 

f:id:t2521:20211130002650p:plain

 

「職員」を削減は安直な財政策 - 職員削減の行政は施政施策の低落となっています…

・「ハコモノ行政」は劣悪です -「早期解体-倍額建設」は借金も増額に逆転です。

結果 - ハコモノに倍額投入なのに、施設面積を全国最低は市民生活を犠牲です…

   施政のあり方は「市民の住みよさを向上改善」のはず

 

施政のあり方は「職員数を最適化」-「ハコモノ建設費を削減」すべき!!

  これを逆転強行は行政レベルの低落を招いています  

   結局 -「大家族」である市民と後世の市民までも犠牲とする施政は過ちでは… 

 

----------------------------☆---

<公共施設面積 -「高浜」- 全国最低は疑問です>

・この数年間で「公共施設-一人当り面積」は、2.9㎡/人から2.4㎡/人に削減です

・全国平均は「3.42㎡/人」- なぜ、財政健全度-20位の高浜が全国最低に面積削減か?

「高浜」は全国平均並みの施設環境を目指さず、全国最低を追求の行政は裏切りです

 公共施設-面積の削減目標も設定せず闇雲に解体は裏切り

 

<公共施設-面積の自治体比較>

f:id:t2521:20211130003605p:plain

● この表は、確か「知立市の公共施設総合管理計画」から引用したもの…

・多くの自治体は、横にらみで「公共施設-面積の平均値」を目指されているようです

最近、行政も「P-D-C-A」を廻してと言及されますが、施設面積の目標は設定無し

 

高浜の「公共施設総合管理計画」や「公共施設あり方計画」は他市比較を非公表…

これも市民に正確で適正適切な情報を隠蔽の行政を推進強行となってます… 裏切り

・「市民」に実態情報を公表されず、捏造情報でハコモノ強行は「まち」の破壊です

 公共施設-面積の全国平均は「3.4㎡/人」対「高浜-2.4㎡/人」は過剰な削減です

 

---「思い付きのハコモノ行政」---☆---

「美術館」の民間譲渡を失敗の対策として「市立図書室」づくりが急きょ浮上です

高浜は財政健全度-全国20位なのに「図書館」を閉館し「図書室」づくりを強行??

 ⇒「蔵書-18万冊」を倉庫保管 -「2万冊」の開架計画を強行は「図書機能」も破壊!!

   ハコモノ行政を失敗強行は「住みよさ」も犠牲です…

    中央公民館も、体育センターも早期解体、図書館も閉館は過ちのハコモノ行政の証し

 

「図書室」の財政効果も疑問です・・・

・「かわら美術館-百億円施設」を民間譲渡を失敗し「図書室」に改修は数千万円とか…

その数年先には「かわら美術館-大規模改修-約12億円」の可能性が多分にあります

  

施政のあり方は「無謬 (むびゅう) 」とか - 絶対、失敗しないことを失敗の連続は残念

 市民生活を犠牲とする施政強行は「失敗のまちづくり」

 「住みよさ-全国310位」が行政失敗の証しです

 

  (最後まで、 ありがとうございました)

高浜住民監査 -「公共施設総合管理計画」の失敗 - 市民の声!

「高浜」は、市制50周年を迎えたそうですが、施政実態は私物化であり失敗の連続…

・その最大の失敗は何と言っても「ハコモノ建設」の無駄遣い - ありえない巨額です

   ハコモノ行政を連続の失敗は「高浜」を破壊です!

 しかも「議会」も行政に賛同は共同責任なのでは…

 

 

<かわら美術館>

・「かわら美術館」は「建設費-45億円?」「維持運営-50億円」-合計「百億円」施設!

「百億円施設」の「民間譲渡」失敗! -「図書室」に方針転換 - 継続強行は無策の証し

・そもそも「高浜」に美術館という身分不相応な巨額予算を要する施設建設が過ちの基

 

・「図書館-築42年」を早期閉館し、現在「蔵書-21万冊」が「開架-8万冊」… これを

「図書室化-開架-2万冊」に激減の効果や意義も説明無く市民生活を低落も疑問です

またもや「周辺自治体の図書館を大いに利用せよ」との声が聞こえるようです

「図書館-閉館」し「図書室化」は行政サービス低落です 

 

 

<「市庁舎-早期解体」と「リース事務所-30億円」は裏切り>

「庁舎をリース事務所-20年-30億円契約」も不適切で裏切り建設の典型的事例です

・「旧庁舎-耐震改修」は20億円 - 施設寿命-30年~40年に延長拡大を解体強行は過ち

・これを市HPに「捏造-37億円」と誇大記載は裏切り - 現在のHPは削除改竄も裏切り

その過ちの証しは「つくば市-分庁舎-3,310㎡」を「リース-15年-9.4億円」で契約

「リース事務所」は「3倍」もの高額契約を強行は裏切り

 

●「高浜-リース事務所の維持運営方法 - リース会社と20年-9.4億円契約」も不可解です

議員さん情報では、維持運営の実作業は「高浜総合サービス (高浜100%出資会社) 」が、

「発注経路」は「高浜 ⇒ リース会社 ⇒ リース下請社」を経由し高浜総合サービス

・まるで「日大-事件」と同様の経路構造には、不信と疑惑の疑念が募ります…

 

・一般的には「財政削減策」は「経路短縮」が、延長策を強行を 隠蔽は不適切では…?

従来「直接発注」を「リース会社と関連企業」を経由は如何ほどの財政削減なのか?

・「旧庁舎-約8千㎡」を半減し「清掃費-増額」の謎が解けた思いです- 私物化の証し!?

 「財政効果」説明無しは私物化で運営されている証しでは

 

 

<「高浜小学校-倍額-50億円建設」も縮充効果無し!>

・次は「財政削減策のはずの縮充」による「高小-倍額-50億円建設」は縮充効果無し!

「縮充」は「15%超」の財政削減があり方…「高小-建設の相場は34億円」が妥当

・「高小-施設費-40億円(税別)」は「単独建設」と同金額規模で契約は財政効果無し…

 「高小-50億円(税込み)」は「縮充失敗」の倍額建設です

   (*「施設費-39.9億円」+「維持管理-15年独占-4億円」+「その他-2億円」(税別))

 

<総務省単価による施設費試算>

・「高小-施設費」が、水増し-総務省単価と同額は不適切な見積の証し - 縮充効果無し!

   (*下記の施設見積には「屋外施設-倉庫-300㎡」を除外しています )

高小-施設費 校舎 体育館 公民館 児童C  合計
床面積-㎡ 6,752 3,234    853    639  11,478
総務省単価-万円/    33    36    40    33   -
建設費-億円   22.3   11.6    3.4    2.1     39.4

 

<縮充効果の事例 - 「▲15%」>

●「縮充」は施設の複合化 - 一つの施設に複数の機能を設ける建設手法にて財政削減

・「建設躯体」-「柱」「壁」「屋根」等の共有共通化により建設費が削減出来ます

 

● 例えば「住宅建設」- ある住宅情報から縮充建設の効果につき引用説明を試みます…

・下記表の「完全分離」=「単独建設」対「完全共有」=「縮充建設」と同等とみなし

二世帯住宅の建設費の比較 -「完全分離」と「完全共有」との差異 -「▲15%」

 

f:id:t2521:20211124112259p:plain

 

「縮充」は「建物躯体」を共有共通化することがカギ 

・「リース事務所-30億円」は「縮充」とは真逆の分離建設は矛盾であり血税の浪費…

・「高小」も 縮充と言われ、体育館や体育センター、児童館を分離建設も財政浪費です

「高小」だけ「50億円」を投入 - 他校の更新費は「20億円」程度と半額以下は不公平

 

・「財政削減」のための「縮充建設」と説明されながら、建築設計は分離建設は裏切り

 「言行不一致」の施政であり、財政私物化は不適切 

 

<「高浜」-ハコモノ行政は失敗>

  「高浜-ハコモノ行政」は失敗に 失敗を重ねてます

・「美術館-百億円」「庁舎をリース-倍額-30億円」「高小-倍額-50億円」は無駄遣い

・「民間分院-60億円補助」はK市市民の倍額負担です- 税金を建替払いは過剰な優遇

  (*「旧-分院」- 所有権は分院とされながら、固定資産税-年-11百万円を血税負担 ) 

 

・「中公-築36年」「庁舎-築40年」「青少年ホーム-築42年」「体育センタ-築43年」

   「図書館-築42年」「大山会館-築35年」「旧分院-35年(南棟-築22年)」- 早期解体閉館

「公共施設」は長寿命化 - 80年~100年があり方 - 早期解体は「高浜」破壊です 

 

結果 -「公共施設-面積-2.4㎡/人」は全国最低 - 最低の施設面積は市民生活も犠牲

しかし「面積半減」「倍額建設」は過剰な業者優遇の無駄遣い - 浪費は裏切りでは…

   これが「高浜-市制50年」の成果とは残念です

 「業者優遇」ばかりで市民生活を犠牲の施政を強行です

 

 

---「資源ごみ立当番制度」の継続も疑問 ---☆---

「市制50年」を迎えた自治体が旧態然の「ごみ立当番」を強制も不適切な裏切り

・下記資料は「全国都市清掃会議」の提案資料から抜粋 - ごみ処理は「行政の責任!

f:id:t2521:20211125061829p:plain

 

 

高浜の「資源ごみ立当番制」は市民を酷使です。もう20年超を無策-継続です。

・愛知県で「高浜」だけの制度となるようです。市民生活を犠牲の制度です。

  町内会では様々な工夫改善を市は傍観継続だけでは…?

 

「高浜」だけ、市民を酷使の「ごみ立当番」継続は疑問と不信しかありません。

・「ハコモノ」に業者優遇に過剰な倍額投入で財政困窮とは本末転倒の施政の証し!

結果 - ごみ回収事業に予算無く、行政サービス代行として市民に「ごみ当番を強制」

「市民生活」がハコモノ行政の犠牲となってます

 

● 市民は「ごみ立当番」を避けるため「町内会」加入者も54%にまで激減しています… 

・「ごみ立当番」効果として地域コミュニティの形成を上げる方もみえます。しかし、

「町内会加入者」半減の主要因は「ごみ立当番」を回避のため - 行政施策の失敗です

・「町内会加入世帯」は半減 - この半減の良心に責任を負わすのはいかがなものか…?

 

・「共働き世帯」「単身世帯」「高齢者世帯」- どの世帯も立当番は苦痛のようです

 今、この苦痛を行政に届けるため、声を上げる時では…

 

「声」を上げる方策として・・・「個人」や「町内会」から・・・

「行政」や「市会議員」さんに改善要望や、立当番の中止を要請する。

・「住民運動」として「署名活動」を推進協力する - 近々、実施開始の予定です

 ダンマリでは「高浜の次代」をも犠牲です  

 

   (最後まで、 ありがとうございました)

高浜住民監査 -「公共施設総合管理計画」の疑問 - かわら美術館

H20年代の後半、多くの自治体は総務省の指導を受け、「公共施設」の今後のあり方

 として「公共施設-白書」や「公共施設総合管理計画」を立案されたようです。

「高浜」も これに追随されたと思われますが、疑問ばかりの計画を強行となってます

 

<高浜の「公共施設総合管理計画」の疑問>

第一の疑問は「庁舎」と「かわら美術館」の分析検討を削除省略されていること…

「公共施設総合管理計画」に二つの公共施設に関する分析評価がありません

「臭い物には蓋」の計画となってます - ありえません

 

● この二つの公共施設は 「高浜」にとって公共施設の重要な位置を占めています。

・「庁舎」については、幾度も掲載し「30億円」もの巨額の無駄遣いと判明しました。

今回は「かわら美術館」について確認したいと思います

 

<かわら美術館-建設の経緯 (噂情報) >

・噂情報では「碧海五市-合併構想」が浮上と同時に、巨額の財政投入となる「美術

 館」を高浜単独では無理だが、合併市となれば問題無しと決行されたとか…?

結果 -「合併構想」は頓挫 -「美術館-建設計画」だけが残されたそう… 

 これが高浜には身分不相応な巨額負担のはじまり…

  この「美術館」に投入の巨額負担は市民生活を犠牲のはじまりでした… 以来、30年余

 

<かわら美術館への財政投入>

・調べてみると「かわら美術館」建設に「41億円~45億円」投入のようです。

・H3年から着工され、開館はH7年と、4年も要する大工事だったようです。

「高浜」は情報公開が消極的なため概略しか知る事が出来ません - 財政を私物化!

 

・開館後、年間-維持運営管理に「当初-2億円から現在-1億円超」と合計45億円投入

・また、美術館に収蔵する「美術品-購入」は「約6億円」規模となっているようです

  (*その美術収蔵品は「浮世絵・洋画・版画」も含まれ「瓦」との関係は理解不能… )

 

・「民間分院-60億円」と「かわら美術館-100億円」だけで年間予算額を投入!? 更に

「リース-倍-30億円」「高小-倍-50億円」と業者優遇の建設を強行は財政破綻では…?

・あるいは「行政サービス」の低落です - サブアリーナ使用料も倍額値上げを強行です 

・「資源ごみ立当番制」も財政負担の軽減策? - 失政責任を市民に負わせた結果では…?

 

・「職員数を全国最低に削減」も人件費軽減が目的!? - 行政レベル低落を招いています

本来、財政は「人」に投入すべきを -「ハコモノ」と「業者」に過剰投入は疑問です

  業者さんには甘く、市民には厳しい施政となってます

 

 

疑問は「公共施設推進プラン」では「美術館-R2年-民間譲渡」を強行の計画でした。

血税-100億円」も投入し、独断で「民間譲渡」とは私物化の証しであり不適切

・この「公共施設推進プラン」を「市HP」に掲載だけで説明責任を果たしたとは怠慢!?

   

● しかし、案の定 …「かわら美術館」は、ここでも、たたられているようです・・・

・「譲渡も失敗!」- 代案に「図書室」浮上 - 近々「30億円-改修構想」を立案のよう…

結果 -「かわら美術館」に、なんと「120億円!」もの巨額投入となる可能性です

 

  公共施設は市民の財産 - 百年の大計を示すのがあり方!

「思い付き」で「百億円」を左右されては たまりません

 

<R2年-公共施設推進プラン> (*平成から令和まで「民間譲渡」の計画でした )

・「図書室」計画は思い付き!  - 「狭小」しか策が無いのは無策の証し

f:id:t2521:20211117194526p:plain

 

「美術館」に「100億円」は 道楽も度が過ぎます…!? 

「かわら美術館」を図書室!? - 思い付きはデタラメの証し

 

「財政効果」や「産業や文化貢献」の説明が必要では…

  失敗宣言を避けるため 説明責任も放棄のようです

 

 

---「美術館-建設」も業者優遇の無駄遣い!? ---☆---

「リース事務所」も「高小」も倍額建設は、過剰な業者優遇であり不適切ですが、

  「かわら美術館」も相場より高額建設は、過剰な業者優遇の痕跡が見受けられます。

 

<美術館の建設費>  (*全国の美術館 - 建設実績例と面積単価の比較 )

美術館名   開館年 建設費-概算 床面積-㎡ 単価-万円/㎡
富山県水墨美術館  H 11 年     24億円     3,440    70.6
金沢21世紀美術館  H 16 年   200億円   27,920    71.6
富山県美術館  H 29 年     76億円   14,990    50.7
八戸市新美術館  H 32 年     32億円     4,500    71.1
かわら美術館  H  7 年     41億円~     4,669    87.8

 

・仮に、上記-4美術館の平均単価は「66万円/㎡」- これに「か-美術館」面積を乗算…

「66万円/㎡×4,669㎡」≒「31億円」-「10億円」も水増し建設は不適切な裏切り!

 

 

<建設費の相場推移>    (*「建設物価調査会-総合研究所資料」より) 

建設費 -「10年で3割増」-「八戸美術館-H32年-71万円」なら「H7年-40万円」以下?

「か-美術館」-「88万円/㎡」とは 余りにも過剰な業者優遇ではないでしょうか…

「高浜-行政」の財政私物化は綿々と引継ぎ事項なのか?

 

f:id:t2521:20211117200329p:plain

    (*建設指数は「H11年-100」が「H21年-130」に値上がり - では30年前は…?  

          - H3年当時 -「かわら美術館-88万円/㎡」は 余りにも過剰な高額建設と推測 ) 

 

 

「公共施設総合管理計画」から、実態削除や情報公開に消極策は知られたくない背景

 や事情を包含しているが故に、秘密主義を強行の可能性があるかと憶測を呼びます。

 

・「財政規模-150億円~200億円」の自治体が、顕著な集客力も無い「美術館」

 に財政予算-半額に相当の100億円もの財政投入は典型的な無駄遣いの証しでは…

 (*大略 -「施設-50億円」「運営維持-50億円」「改修-30億円」… まだまだ続きます ) 

 

「高浜の美術館」の存続は市民の理解や納得が必要です

 更に「存続の財政効果」や「目的-意義」を再確認すべき!

 

・「美術館」を「図書室」にして、開架-2万冊に「百億円施設」が必要でしょうか…?

現有施設では「吉浜図書室」の「3室 (倍)」に相当程度の施設規模です 

    (*「吉浜図書室」- 床面積-49㎡・開架図書-6.3千冊 )  

・ちょうど「たかぴあ-集会室-150㎡」と同じ床面積なのです

 

  この「高浜市立図書室」に転落計画は疑問です…

 (*「現有書籍-18万冊」を書庫保管し閲覧出来ない施設は 市民の知的財産を隠蔽 -

   - 現在でも「開架-8万冊」しか無い事も疑問です - 8年程前に読んだ本がお蔵入り )

 「図書室」では本の前に立っても感動無し 

 

 「全国最低」を追求が施政のあり方でしょうか…?

 (*「全国最低」-「公共施設-面積-2.4㎡/人」「職員数-48人/万人」-過少は市民犠牲)

 この実現のため「公共施設」を倍額で建設強行は矛盾であり裏切りの施政です

 

 

---「高浜のまちづくり」---☆---

「高浜のまちづくり」を知るためには、残念ながら他市の情報を確認が必要です… 

・なぜなら「高浜」は、情報隠蔽や捏造を多用され、情報公開に消極姿勢が理由です。

今回「姉妹都市-瑞浪市」の「公共施設総合管理計画」から引用検討します。

 

<インフラ長寿命化計画の体系>  (*このような体系図は高浜は非公開では…? )

・この体系図からも「公共施設 - 長寿命化」が あり方であり優先事項と思われます

「高浜」は「早期解体-倍額更新」してから「長寿命化」は、血税の無駄遣いです

・「長寿命⇒施設更新」対「早期解体-倍額建設」してから「長寿命」とは逆転です

 

「施設-寿命」も「多くの自治体-80年」対「高浜-70年」も疑問であり浪費の仕掛け

 公共施設-寿命「百年」が未来のあり方であり財政削減策

 

 

f:id:t2521:20211117210126p:plain

 

 

<市民参画による「まちづくり」>

● 残念なのは「リース事務所」も「高浜小-倍額-50億円建設」も行政単独案から開始!

多くの自治体は「市民参画」の「建設委員会」が施設建設の第一歩 - 高浜は行政独断

・この市民参画を「建設委員」として数名を一般公募しているケースも見受けられます 

 

・「高浜」の「庁舎」と「高小」建設は行政だけで立案強行されたようです。

 [検索] : 新しい地域活動拠点の形成を目指して―基本方針― - 高浜市ホームページ

・この「基本方針」を市民参画で立案が 公共施設を建設のあり方なのです。

 

・「瑞浪市-公共施設マネジメント推進体制」では下段に「市民参画」とあります

「まちづくり」原点は「市民」-「市民説明会・アンケート・パブリックコメント」…

   まちづくりは「大家族」である市民参画があり方

 

・「リース」の「市民説明会」は「着工-3か月前」では決定通告であり参画度-ゼロ!

・「高浜小」は「全市民対象施設」を、高小学区だけで推進はいかがなものでしょう…

「高浜の市民参画」は極めて限定的 - 「実施実績づくり」だけとなってます。

 

・更に、残念は「市外の外部講師による講演会」を説明会の代替とし多用されてます

「市民」が「講師」に不満や苦情を発言出来ない仕掛けでは… 見解の一方通行を強行

 

・疑問は、講演会当日の内容につき、誰が、どのように責任を持たれているのか…?

「高小-50億円」の財政削減効果無き建設を推進肯定の講演は無責任ではないのか?

講演会」説明方式は 余りにも無責任な手法です

 

f:id:t2521:20211117210204p:plain

・そういえば「新城市」では「建設工程」に合わせて「進捗説明会」を数回開催です

「高浜」-「説明会-1回」は「説明会を実施した」の実績づくりだけ…

 

<市民参画>  (*「高浜」の特徴は隠蔽 - 設計図も着工直前に初めて公表の私物化です)  

f:id:t2521:20211119202854p:plain

 

----------------------------☆---

 「高浜-施設」は 行政の私物化は過ちであり 危険です

  「市民」と「後世」「高浜の未来」も犠牲に破壊です

 「リース事務所」- 倍額-30億円強行が証しです

      (*「つくば市」は「同じリース会社にほぼ同じ床面積施設リースを10億円契約」)

 

 「かわら美術館」- 100億円も失敗の証しです

   (*「民間譲渡」を失敗 - この代案として「図書室」づくりに「120億円」投入予定!?)

 

 高浜-ハコモノ計画」は失敗に失敗を重ねてます

 

 行政は責任を持ちません! - 市民生活が犠牲です

 「ごみ立当番制」- 高浜だけ継続は市民犠牲の施政です

 

 まだ隠されているのが「旧市立病院」の施設管理です

  築35年(南棟-築22年)で、近々、早期解体を強行予定…

  高浜-破壊を着々と推進は市民と後世を犠牲の失敗です

 

 

  (最後まで、 ありがとうございました)

コロナ年を振り返って -「祈り」のすすめ

・今回は「地方自治」の話題からはずれ、ひょんなことから、今年度から地元の氏神

  -「吉浜-神明社」の地区総代を任ぜられ、得られた話題をご案内したいと思います。

 

・早いもので「年の瀬」を無事、迎えようとしています。残念なのは、コロナ禍により

  「例祭-秋の大祭の余興行事 - おまんと」を今年も見送りとなったこと・・・

しかし「神事」は挙行され「静かなお祭り」を堪能出来たことは総代担当ならでは…

   (*「射放弓」や「神楽」「巫女-舞」は、昨年同様、実施されました )

 

現代日本では「宗教」や「神様」のこと-「信仰」を話題にすると敬遠されるようです

・しかし、神事でもある「お祭り」や、新年には、多くの国民が当然の如く大挙して

 「初詣」の様相をみると「心」の奥底は「未知なる存在 - 神様」を認めているのでは…

「信仰」とは「見えないものを信じる力」- これが人には備わっている証しです

 

 

<「テレビで見た - 沖縄の神事」>

何気なくTVをつけっぱなしでいたら「沖縄の神事」が放映されてました。

・この放映後、ネットの掲載情報を要約し転載させて頂きます…

 

「日本の神話には『日本の島々を作ったのは「イザナギイザナミ」の2神である』」

・「沖縄では『沖縄の島々を作ったといわれている「アマミキヨ」が有名』とか…

・「アマミキヨは女性神」- 沖縄に9つの聖地を作り神様に通じる御嶽(うたき)としました

驚きは「聖域」には現在でも「一般の人々の立入制限されているのがほとんど」とか

 

この「聖域」を守り「祈祷活動」をしている「女性の神主?」さんのインタビュー

この女神主の体験に「不思議な事は「祈祷」時に「さわやかな"風"」が起きる」と…

 

さわやかな"風"」- そうなんです。「風」は、凡人でも体感できる要素のひとつ。

ひょっとして「神の存在」を表す手段として「さわやかな"風"」なのかもしれません

 

・総代担当し始めて「社殿」に上がり、神主さんが祝詞(のりと)を挙げた時も"風"が吹き

・10月10日 -「例大祭」でも、ほぼ神事が行われている間は「さわやかな"風"」が吹き

・11月  7日 - 「七五三」には「天気は曇り」と予報が「晴れ」に変わり天空には青空…

「神事-祈祷中」は穏やかな雰囲気のなか、祈祷が終わると「さわやかな"風"」が…

 あたかも「お参り」の子どもらを護り、祝福されているような感覚を覚えました

・11月14日 - 「新嘗祭」にも、同じようにさわやかな"風"」が吹きました…

 

  「総代」は毎月-例大祭があり、結構大変ですが「神様」に会える機会のようです

    (`ちなみに「吉浜-神明社」の月次祭は「毎月-第二日曜日」に開催されます )

 

 

<「さわやかな"風"」を感じる見る仕掛け>

・この風を知る仕掛けとして「紙垂 (しで) 」があります。

・神社の説明資料では「"紙垂"は、神域が神聖な場所と示すための"注連縄 (しめなわ)

 に付けるもの」とされています。

この「紙垂」が、微妙な風にも揺らぎ「神様」の到来を告げる仕掛けでは…

f:id:t2521:20211116110609j:plain吉浜-神明社の鳥居の注連縄の紙垂

 

 

<「御朱印帳」のご案内>

・「令和二年-ご鎮座-1200年」を記念して「御朱印帳」を作成されました

若干の在庫があります - ご関心のある方はお求めご検討をお願いします - (金2千円)

・意匠は「江戸期」のお祭りの吉浜村の練り歩きを写したものとか…

・「ネット効果」か、関東圏や尾張方面からもお求めになる方もみえました。

 

f:id:t2521:20211116111548p:plain

 

 

  (最後まで、 ありがとうございました)

住民監査 -「縮充」失敗 ! -「たかぴあ」 

「高浜」は、言葉だけは巧みな施政と感じています。

 

<スローガン>

・「思いやり  支え合い  手と手をつなぐ  大家族たかはま」…

・「ちょうどいいまち〜ちょっといいまち」…

しかし、市民感覚では「言葉だけ - 舌先三寸」ではないでしょうか…

 

<施設名称>

●「高浜小-倍額-50億円」建設の「地域交流施設」を「たかぴあ」と…

・「中央公民館」は集会室や和室-14室もあったのに「たかぴあ」とやらは「4室」

結果 -「公共施設-面積」は、血税倍額を投入し"全国最低"を目指されるのは疑問…?

 

・「ぴあ」とは「ユートピア」の短縮表現 - 市の「理想郷」が「850㎡」とは… 残念

    (*「中央公民館-3,028㎡」対「たかぴあ-会議室-150㎡(3室)+和室-28㎡+サブA-672㎡)

 

・参考 -「姉妹都市-瑞浪市-『中央公民館-5,992㎡』」は「高浜」の「7倍!!」 

更に「図書館-1,239㎡」も併設されているようです。これが複合化のあり方では…

 

・ちなみに「瑞浪市-人口-37千人・職員-380人」対「高浜-49千人・職員-238人」

高浜の市職員数-238人は全国類似の自治体-76市のうち"全国最低"は戦力も最下位…?

 

瑞浪市」の公共施設-管理資料は 非常に丁寧で緻密な資料作りをされています。

是非、見習って戴きたいもの - 例えば「公共施設-白書」は秀逸です… 戦力差の証し 

 [検索] : 公共施設白書|瑞浪市公式ホームページ (mizunami.lg.jp)

 

 

「縮充」と言われますが「リース事務所」は会議棟も組織も分離分割は矛盾です…

「財政削減」と言われ「30億円」- つくば市「10億円」とも矛盾であり裏切りの証し

  過剰な業者優遇の理由を説明されず無駄遣いは私物化…!

 

・「高小-50億円」も「縮充-複合化」と言われますが別棟構造の施設では財政効果無し

「縮充」とは一つの施設に様々な機能組織を構成されること… 言葉で騙されてます

・施設を合体建設により「柱」「壁」「屋根」等々を共有化し数割の財政削減のはず…

 

・結果 - 建築単価は「36.5万円/㎡」対「着工建築統計-28.3万円/㎡」より「3割増!

      (*H29年-着工建築統計-愛知-学校教育-鉄筋コンクリ-「28.3万円/㎡」が建築相場 ) 

高小-50億円を建築相場で試算すれば「33.3億円」となります - 過剰な業者優遇…?

 

●「36.5万円/㎡」は「総務省単価」より上回っていることも過剰であり不適切な証し

・「総務省単価 - 学校教育系-33万円/㎡」と案内されてます - 1割増は約4.1億円増 

「縮充」は「建設費を数割削減」のはずが「逆転」は矛盾です… 無駄遣いの証し

 

・このように「リース事務所」も「高小」も業者優遇で倍額建設 -「80億円」を投入!

この「財政削減効果」を説明出来ないと「ダンマリ」では疑問であり裏切りです

・結果 -「施設面積-2.9㎡/人」から「2.4㎡/人」と"全国最低"は市民生活を破壊です!

  

・「庁舎」改修は「37億円」も掛かると「捏造 (ウソ) 説明」は余りにも不適切…

「リース事務所」完成の数か月後、市HPから削除改ざんは、森友問題と同じ仕掛け!

 

・「高浜」ハコモノ計画は短兵急な計画立案と倍額建設を強行は市民無視となってます

    (*推進プラン-「高小-49億円」対「高取小-21億円」「港-17億円」「吉浜-21億円」)

これを「大家族」「いいまち」と言葉で誤魔化し「業者優遇の倍額建設」は裏切り

「高浜-まち」と「後世」をも裏切りの公共施設計画

 

 「市民」は括目し 施政監視が必要と痛感しています

 

 

---「公共施設-面積削減」の疑問 ---☆---

多くの自治体は「公共施設-面積平均-3.6㎡/人」を目標基準に「施設」を見直し。

「高浜」は「面積-"全国最低"」なのに、更なる削減を強行は「まち」の破壊です…

 

<人口別-公共施設-面積>  (*「H12年-東洋大-調査」による )

●「人口-42.5千人~45千人」で「高浜-2.9㎡/人は"全国最低"」-「現在-2.4㎡/人」

参考 -瑞浪市-人口-3.7万人」-公共施設-面積は「4.8㎡/人」と 高浜の「2倍!!」

f:id:t2521:20211111220948p:plain

 「縮充」-「倍額投入」で「施設面積-半減」は疑問だけ

 

 

---「たかぴあ」の疑問 ---☆---

さて「高小-倍額-50億円」施設の「たかぴあ」利用状況はどうでしょう…

・その前に「中央公民館」の利用状況を確認したいと思います。 

 

<「高浜-公共施設あり方計画」から>

・「中央公民館」の「利用率 -30%以下」はダメと早期解体を強行されました。

 (*グラフは「1時間=1コマ」と設定。中公利用は年間-1万時間-集会室-5,820時間)

 

f:id:t2521:20211111231033p:plain

 

このグラフも正確そうですが、疑問は、例えば「吉浜公民館-図書室」の利用時間…

・グラフから「図書室の利用時間」は「1,200時間」程度と読み取れます。ところが、

「吉浜図書室-開館時間-7H/日✖6日/週✖47週/年」を計算すると「約2,000時間」…

 

・「解体理由」とするため「過少評価」となるよう加工されている可能性が疑われます

巨額の血税投入となる公共施設の管理は、丁寧で正確なデータ作成があり方では…?

「公民館」を早期解体強行という作為をもってデータ加工 (捏造) は不適切の限り…

・「中央公民館」「庁舎」「青少年ホーム」「体育センタ-」- 早期解体は大損です! 

 巨額の血税投入となる公共施設を私物化の証しです 

 

 

<たかぴあ-利用状況>

● 現在、公表されている「12月-施設調整表」から確認・推測したいと思います。

・「1週間」の予約状況を平均的と思われる期間を選択してみました。

f:id:t2521:20211111233225p:plain

 

●「12月-予約者が5グループ」と少ないのも疑問です。

・「集会室-1」は「くりっく - パソコン教室」の独占は「狭小化建設」の弊害の証し

別室の「くりっく-専用室」を最小限に狭小化のため参加者を収容出来ない事態に…

 

・「中央公民館」には「情報研修室-93㎡」がありました が「くりっく-42㎡」に半減!?

「倍額-50億円」も投入して、たかぴあ-面積-850㎡は「8割も削減」は デタラメ!

 

●「集会室-2&3」を「和太鼓」は「100㎡」程度、必要なようです。 

毎回、集会室の机・椅子を片付けてから使用では不便な集会室かと推察します…

 

● 疑問は「くりっく-PC教室」と「和太鼓-演奏」を同時使用となっていること…。

・この「静」と「動」の相容れない活動が壁一枚で両立できるのでしょうか…?

「倍額-50億円」を投じて、面積-2割に狭小化では「理想郷」は遠い世界では…

 

● さて本題の「公共施設の利用率として予約率」を試算したいと思います。

・「予約-34時間 ÷ 4室-364時間/週」=「予約率-9.3%」とは余りにも過少では…?

「旧・現-公民館」の利用率-30%以下は不適切と解体強行の運命にあるのです

 

● たかぴあ「年間利用時間」- 試算 -「34時間✖47週」=「1,600時間」程度とは過少

・「倍額-50億円」も投入して、市民が利用しづらい不便な施設建設は大失敗の証し!

「中央公民館」と比較すれば「利用時間-1,600H÷5,820H」=「27%」では大失敗…

「たかぴあ」-大失敗! - 利用率-10%は管理も放棄の証し

 

 どのような利用促進策を推進展開されているのか

 

 「公民館 - 利用率-30%」も無いと解体強行は疑問です

 

 「説明責任」は「行政と議会の責務」であるはず…

 「リース-30億円・高小-50億円」の財政効果は説明無し

 

 これで「図書館」を「図書室化」強行は市民が犠牲です 

 

 このハコモノ大失敗の「高浜」をどうされるお考えか… 

 「高浜」百年の計を示されることも施政の責務では…。

 

 「大家族・いいまち」と高浜だけ「ごみ立当番」も疑問

   善良な市民を酷使するのが施政のあり方でしょうか… 

  

 

       (最後まで、 ありがとうございました) 

住民監査 -「縮充」失敗 ! - 高小-体育館がホール?

● 21.11.6 - 高浜市制50周年を記念し、「高小-体育館」にて、「中国楽器-二胡」の第一

人者 - 張濱(チャン・ビン)氏によるコンサートが開催されたそうです。

 

  f:id:t2521:20211108215804j:plain

 

<市のHP案内から引用>

・この事業は、プロ演奏家の「音」を聞く機会を創り、子どもに夢や希望を与えたい。

・「民族楽器」に触れ、世界の音楽を身近に感じてほしいという提案者の想いから開催

・「プロの演奏家」の音楽に触れるまたとないチャンスです。  と・・・

疑問は子どもたちに夢や希望を与えたい」ならば「定期開催」があり方では…?

 

・「市制-記念年」限定の開催実施で完遂とされるのは いかがなものでしょう…?

・「高浜」は、市唯一の「市民ホール」を早期解体 – 理由は大規模改修すれば「10億

   円」もかかると説明でしたが根拠が希薄で水増しの可能性が多分にあります。

 

● 10億円の根拠は「中央公民館-4,091㎡」✖「25万円/㎡ (総務省単価)」≒ 水増し 

・「総務省単価」は将来-40年間の建設投資のシミュレーション単価であり割増し単価

この前提は「全館-耐震改修」を含むが中央公民館は耐震強度も高く部分改修のはず

 

<総務省単価>

・「問題」は高浜の公共施設の建設見積を「総務省単価」を採用は「水増し建設」です

異常は「リース-20億円-3,668㎡-単価- 54万円/㎡」は「相場-16.5万円/㎡」の3倍!

   (*「相場」- H26-国交省-着工建築統計-愛知県-公務用建築-鉄骨造-「16.5万円/㎡」)

・「リース事務所」の建設単価は「総務省単価」をも超越は 過剰な業者優遇の証し…!?

f:id:t2521:20211108195845p:plain

・当時の中公施設問題は「外壁」と「市民ホール-天井の耐震性」「空調設備」等々…。

これで「10億円」もかかるとウソ説明で市民を洗脳し 早期解体は裏切りでは…!?

 

・この根底は「民間分院」の要望に応えるという施政態度も疑問であり市民を裏切り…

本来、旧分院を建替え契約を、分院は「中公」の解体を要求されたようです - 横暴…

 

・更に、病院経営補助として、K市市民の倍額-60億円の投入を強行も市民を裏切り

「高浜」は、なぜ、民間分院に従属的なのか、その交渉力も疑問しかありません

 

・且つて、市民病院を経営移譲の説明は「初年度の負担だけで済む」と説明でした…。

これが「20年間-60億円」もの巨額補助を民間病院に経営支援も疑問です 

 

・当初「高浜市民病院」の経営改善策として「民間病院」に経営移譲が事の始まり…

いつの間にか「高浜」が民間病院の経営支援に莫大な血税を投入の逆転となってます

・「経営移譲」のはずが「経営支援補助」となっています 

 真に主客転倒の施政施策となっていることも裏切り

 

中央公民館-早期解体はウソ説明で強行 -「まち」と「市民」を裏切りの凶行でした

 「高浜」の芸術文化の殿堂はこうして破壊されたのです

 

 

---「演奏会に参加の市民の声」 ---☆---

市はこの「市民ホール」の代替施設を、4年後建設の「高小-体育館」とされました!? 

・近隣市には立派なホールがあるのに、「高浜」は「体育館」とは公共施設も低落です

その間、行政は「ホールは近隣市の施設を大いに利用しよう」と議会回答は無責任…

 

本来は「行政サービス」の中断を避けるため「高小-建設後」に中公解体があり方!

⇒ しかし、結果は「中央公民館-築36年」を施設寿命半ばで早期解体を先行でした。

  市民生活を犠牲に 解体強行は過ちと裏切りの証し!

 

・次に、そのホール代替施設-高小建替えに通常の学校建設の 倍額-「50億円!」を投入

更に「15年間」-維持管理を独占契約は過剰な優遇の証し-入札から1社独占の仕掛け 

「縮充計画」は「業者優遇」「倍額建設」の温床です

 

 

<「二胡」の演奏会の結果>

本題の「高小-体育館」の音楽施設としての性能は、市民ホールより低落が明白でした

 

・さて、二胡-演奏会は「子どもたちに夢や希望を与える」ことが出来たのでしょうか?

今回、幸いにも「市民-参加者」の感想を聴くことが出来ました。

 

<体育館での音楽鑑賞の感想評価>

・「演奏」は素晴らしかったとか…しかし「施設環境の劣悪」が露呈し残念だったと…

1・体育館-後方-「空調騒音」が大きく「二胡の演奏音」が消え入る程の音量とか…?

2・「二胡の演奏音」が弱く静かな演奏時、「私鉄-三河線」の電車音が邪魔となった!

3・「演奏会」の長時間を「組立て椅子」に着座は、肉体的な苦痛となったようです!

業者さん」には優しく、「市民」には厳しい施政の証しです…

4・「参加者」はスリッパ履き - 演奏中、板床を「ペタパタ」と移動は不愉快で不適切!

通常、ホール床面は「カーペット敷」で歩行音を低減 -「板床」では騒音発生し不適!

 

・このように「高浜-ホール」は体育館に移動観覧席を追加だけの 貧弱で低劣なホール

  やはり「体育館」が「音楽ホール」には 成りえません!

 

●「縮充計画」-「体育館」を「ホール」とは - ご都合主義の証しではないでしょうか…

・施設の名前だけで 誤魔化しは過ちの証し - どこが「アリーナ」なのでしょう…?

「高小-50億円」は無駄遣い - つまり「縮充計画」は大失敗の施設の証しのようです

 

・噂では「高小-体育館」のバスケット-コートは小学生仕様でゴールが低いとか…

「体育館」としても、その機能は低落のようです - これを「メインアリーナ」とは?

 ウソ説明で施政強行は自治体のあり方としても疑問です

 

<市民の心配と懸念> 

・「演者」は、もう一度「高小-体育館」で演奏したいとの思いを抱かれたのか…

・ 他の「音楽関係者」に「高小-体育館」は素晴らしい音楽施設と拡散されるのか?

その可能性は限りなく”ゼロ”に近いのではないでしょうか… 結果 - 子供も犠牲… 

 

 「リース事務所-30億円」「高小-倍額-50億円」- ハコモノ失敗は残念な施政の証し

 

 業者優遇の「縮充-倍額建設」は市民生活が犠牲です

 民間業者-優遇ではなく「市民ファースト」があり方…

 

 この原理原則から逸脱が 高浜と市民を犠牲としています

 

 市は「しあわせづくり計画」を推進されているとか… 

 全国最低の公共施設を強行は 不幸な"まちづくり"です

    (*「倍額」を投入し「公共施設-面積-2.4㎡/人」は5万人市では全国最下位 )

  

 高浜」から「劇場ホール」が無くなったのは芸術文化の喪失 - 残念しかありません

    子どもらの「夢や希望づくり」「誇り」をも放棄された「公共施設計画」です・・・

 

 これで、次は「図書館」を閉館 -「図書室」に改悪変更の市民生活は更に劣悪化です

 

 

----------------------------☆---

かつての中央公民館と市民ホール - 早期解体は高浜の文化芸術の破壊です…。

・中央公民館-築36年で解体 - 鉄筋コンクリート (SRC造) であれば寿命は80年~90年~ 

f:id:t2521:20211110122934j:plain

 

・「市民ホール」の「コンサート」から… 2016年4月…早期解体を惜しんで開催

f:id:t2521:20211110123145j:plain

 

 (最後まで、 ありがとうございました) 

高浜住民監査 - 図書館を考える - 新城図書館

21.11.4-中日新聞-「発言-みんなの声」に「図書館通い-日常豊かに」の記事を拝読。

・「新城市」のご婦人が「図書館」を活用し、人生の楽しみを見つけられた内容でした

 [検索] :  新城図書館:新城市 (shinshiro.lg.jp)

 

f:id:t2521:20211105124205p:plain

 

・気づかされることは、文中「本棚の前に立つとうれしくなって小説から短歌、絵手

 紙、山野草と巾広いテーマのものを借りました」の記述。これが図書館のあり方… 

 

市は「開架削減」しても「レファレンス」で対応可能と説明されると思われます。

しかし実際に「小説から短歌、絵手紙、山野草」と広範囲の分野に対応は非常に困難

 

<「レファレンス」とは>  (*第9回 「レファレンス」って?/札幌市の図書館 (city.sapporo.jp))

・図書館の重要な仕事の一つ。「図書館で、資料・情報を求める市民に対し文献の紹

 介・情報提供などの援助」のこと。(『広辞苑』より)いわば「本の何でも相談」です。

 

・更に「蔵書」が書庫保管では、書籍が手元に届くのは、数日を要すると思われます。

恐らく「書籍」が届いたと、再び「図書室」訪問と二度手間は 市民が犠牲では…

 

・疑問は「書庫」は距離-数百m圏内にあるのに書籍内容を確認出来ないことになります

都合の良い「言葉」だけの説明に誤魔化されないことも、市民には要求されます。

 図書館の魅力は膨大な書籍が眼前に広がっていること!

 

 

・「高浜」の図書館計画では、現在、蔵書-21万冊のうち、開架-8万冊と少ないのに、

   更に、図書館を閉館し図書室を6カ所に分散し、開架数も2万冊程度に削減とか…

「新城」のように、本棚の前に立っても感動感激の無い図書室化を計画強行です…!?

・「施設も図書も狭小」では「健全で知的な市民教育や育成」が可能とは思えません…!

  「図書室化」は なんら魅力も無い失敗の施設計画です

  「高小-集会室-利用率-10%」- 失敗の二の舞は防ぎたい

  (*「中央公民館-利用は年間-約9千時間」-「高小-集会室-約2.5千時間」に低落)

 

 

  <米百俵の精神>

・以前、掲載の「米百俵の精神」を忘却されているとしか思えない施政は残念です

 [検索] :  米百俵の精神|米百俵で未来を創った男-小林虎三郎 (fukikou.net)

 

・「戊辰戦争によって、長岡藩は壊滅的な状況となっていましたが、文武総督でもあった小林虎三郎「学校創設による人材育成こそが敗戦国の復興にとって肝要である」との考えの下、長岡の四郎丸村にあった昌福寺の本堂を借りて、国漢学校の前身を発足させます。

・その学校を、かつての藩校・崇徳館のような藩士の子弟だけの学校ではなく、農民や町民の子弟も入学できるように、広く開かれたものにするのには、大きな資金が必要でした。

・その後、長岡藩の窮状を察した支藩三根山藩から、米百俵が贈られました。
 生活に困窮していた藩士たちは、その米が分け与えられることを望んでいましたが、虎三郎は藩士たちに向けて、「国が興るのも、街が栄えるのも、ことごとく人にある。食えないからこそ、学校を建て、人物を養成するのだ」と主張し武士領民も納得のようです。

・その後、長岡市からは国を代表する人材を輩出されたとあります…

米百俵の精神」は「食」より「学」を選択の教えです

 

「高浜」は「財政困窮」「財政削減」と、次々と「公共施設」を破壊。 市唯一の

 「図書館」さえも早期閉館 -「市民の知の財産」も破壊強行されようとしています

 「高浜」は「学」も破壊 - 血税を私物化だけと映ります

   実態は「倍額建設」と「業者優遇」だけの施政です…

 

 

---「新城図書館」の概要 ---☆---

・「新城図書館」は新城文化会館も立地する「新城地域文化広場」の設群の一角にある。

     (*「高浜」- 中央公民館も解体 - この代替施設は高小とは残念 - 50億円も投入!?

・施設建設は「1987年(昭和62年)」に開館 - 築34年の施設です。

・2006年(H18年)に「指定管理者制度」を導入したが '13年(H25年)に直営方式に戻す。

   [検索] : 新城図書館-概要 gaiyou_r02.pdf (nexs-service.jp)

         (*「高浜」は、この「図書館-概要」も無いのも甘い管理では… 透明性も欠落? )

 

<新城市との図書館比較>

自治   新城市    高浜  高浜/新城
人 口 - 千人    45       49    1.09
図書館面積-㎡  2,020  1,707    0.85
蔵書数-千冊     170     207    1.22
開架数-千冊       79       80    1.01
図書館予算-万円/年  3,748  6,391    1.71

 

・「新城市」の人口は、高浜と ほぼ同規模の自治体のようです。

・「図書館面積・蔵書数・開架数」もほぼ同様 - 高浜-開架数を2万冊に激減は疑問?

「開架数」-  一人当り-新城市-1.76冊」対「高浜-1.63冊」- 2万冊では0.5冊/人!

 

「開架率」-「新城市-46.4%」対「高浜-38.6%」は 施設狭小の弊害と思われます… 

・「高浜」の図書館-予算は「指定管理者制度」を「年間-63百万円」で委託継続…

「図書館-予算」- 「新城市-38百万円」対「高浜-64百万円」は疑問と不信だけ

 「高浜」の 業者優遇は図書館にも及んでいるようです

新城市は、図書管理を「指定管理」から「直営方式」は「年間3千万円」も節約!

 

 「財政困窮」とされながら「業者優遇」は倍額投入…?

 「業者優遇」を改め、適正適切な財政運営を切望します

 

 

---「高浜-図書室計画」は劣悪 ---☆---

・現在でも、新城市より劣る図書環境を、更に貧弱な図書室化計画は「高浜」をも破壊!

日本図書館協会」- 各自治体を人口階層別に貸出密度-上位-10% の平均値を明示 

「高浜-図書館」は、「施設-床面積も狭く」「開架数」も僅少は 市民を犠牲の証し

・なぜ、「高浜」は "全国最低"を 指向する必要があるのでしょう…?

  全国平均 高浜 (現状) 新-図書室  新/全国平均
人 口 - 千人    50     49     49    100%
床面積-㎡  3,374   1,000   787      23%
蔵書数-千冊     240      207      207      86%
開架数-千冊     161        80        24      15%

   (*「開架」とは書棚に陳列の書籍。「排架」と呼ぶことも。)  

 

・「蔵書」が21万冊もあるのに「開架-2.4万冊」- 開架率-11%は宝の持ち腐れ…

  図書館の魅力」- 本の前に立つ感動感激を剥奪です!

・「日本図書館協会」によれば「人口-8千人」の街でも「開架-5.6万冊」…。

 

 

---「図書館-効果」 ---☆---   

「米国-鉄鋼王-アンドリュー・カーネギー」の成功は「図書館」から… 

   [検索] : アンドリュー・カーネギー - Wikipedia  

   Andrew Carnegie, three-quarter length portrait, seated, facing slightly left, 1913-crop.jpg

アメリカ・ニューヨークの「カーネギー・ホール-1891年完」は著名な劇場の一つ。

・このホールは「鉄鋼王」と称された「アンドリュー・カーネギー」が出資して建設。

・「カーネギー」は、米国でも有数の富豪。鉄鋼事業で成功を収めた後、教育や文化の分野へ多くの寄付を行ったことから、慈善活動家 (フィランソロピー) とも言われるとか…

・その出自は1835年-スコットランド(英)生れ、1848年-両親と共にアメリカに移住。

アメリカでは、まず織物工場の作業員、後に同社オーナー専属の計算書記、間もなく電信配達夫と転々と青年期に職業を変え、この転職が契機となり「鉄鋼」に着目とか…

・1870年代-カーネギー鉄鋼会社を創業。1890年代には世界最大で最も高収益な会社となった。とあります。

・注目は、少年期-13才での移住後の教育環境は「学校に行けず、私設-図書館」で知識を得たということらしい … 「無類の読書家」だったとか。 (*これは児童図書の情報)

⇒ 結果 -「カーネギー財団」は、米英に「図書館-2,500件」の建設を支援されたとか。

 

<「カーネギー図書館」施設例>

     

 

「図書館」効果として「人材育成」があるようです。 

  二宮尊徳然り -「読書習慣」は「人材育成」の秘訣です

 

<1888年建立の米国最古のカーネギー図書館> (*築133年 -「早期解体」は疑問です) 

f:id:t2521:20211105153552p:plain

 

・「高浜」の公共施設計画 -「早期解体」「倍額建設」は疑問です…?! 

・「図書館」を「早期-閉館」「図書室-分散」「開架-削減」も疑問です…?! 

  これらの疑問を無視 -「業者優遇」を強行は裏切りです

 

「公共施設-破壊」より「図書館-充実」が"人づくり"です

「人づくり」は「まちづくり」「国づくり」へ続きます…

 

    (最後まで、  ありがとうございました)

高浜住民監査 - 入札制度の疑問 - 業者優遇は不適切 

施政の是正に尽力する一人会派議員を、保守系議員はよってたかって"いじめ"に注力

・その理由は「施政の"悪さ"」が露呈するのを恐れている証しと思われます。

過日の「問責決議」も施政の"悪さ"につき提訴の裁判出廷のため「早退」したのです

 

・これを委員会には早退規則が無いから「早退」は不適切と「問責決議」を議決とか…

この「委員会日程」も、わざわざ「裁判-日時」に合わせて開催調整の模様です

 (*この「早退問題」が発生しても、未だに「早退規則」を制定されず放置も疑問…。

       いわゆる「P-D-C-A」を廻さない旧態然の"いじめ"の議会運営となっています… )

 

「高浜-議会」は保守系議員-13名、野党系議員-3名。- 多数決を乱用乱発されてます

民主主義は「少数意見」を尊重するなかで審議議決があり方とされてます。

 「多数決」だけの議会決議は 破壊のまちづくりでは…。

<高浜-議会の失敗 (悪さ) 例>

「旧庁舎」を「リース事務所」-3倍額-30億円議決は議会の失策であり無責任の証し

・「民間分院」に、K市市民負担の倍額-「60億円補助」の説明責任も放棄されてます

 

<高浜-初の政治倫理審議会 (政倫審)>  

・国政では「権力を私物化」し、国民が不当な不利益を被る場合に審議されたようです

その内容は「汚職・反社会勢力との繋がり・公金横領・献金事件等…」の悪さ…

 

・「高浜」は、議員の施政調査活動が気に入らないと「政倫審」とはいかがなものか

"悪さ"を重ねる施政を擁護のための「議員いじめ」は"裏切り"議会の証し… 残念… 

・「市民感覚」では「リース-倍額-30億円建設」こそ「政倫審」に付すべきと考えます!

 

「高浜-政倫審」は、「一人会派議員」を"いじめ"強行の裏は 裁判妨害のようです…!?

・学校-運動部が「公園」を散歩中の市民を追い出し占有利用を 議会質問は不適切と…?

・「行政回答」は「公園使用届け-無し・顧問立会-無し・外部指導-登録無し」は不適切

本来であれば、上記の不適切な対応を修正改善があり方を「政倫審」とは歪んでます

 言わば「公園」の私物化を邪魔されたから「質問議員」を政倫審に掛けるとは…?!

 

全く常軌を逸した「傲慢な議会運営」となっていることは残念であり失望だけ…

その活動は公園に写真を掲示したり、不適切な署名を募集は議長も加担のようです…

<誹謗中傷の「写真掲示」は犯罪です> 

  f:id:t2521:20211001102347p:plain ・これを正当と署名活動とは 不当であり不法では…?   

 

 

---「入札制度」の不適切 ---☆---

「施政を正す議員」をいじめや血税無駄遣いを強行議決の議会は失望しかありません

・今回は「高浜-入札制度等の契約実態」につき、再確認を進めたいと思います。

・「入札情報」は、適正適切な財政運営かを 市民が知ることが出来る情報の一つです

高浜HP改訂と同時に「HP表紙」から「入札」アイコンを抹消は隠蔽工作では…?

 

・今回、久々に「入札」を検索してみました。やっぱり怪しい工事物件がありました…

 [検索] : 入札情報について - 高浜市ホームページ (takahama.lg.jp)

 

---「高浜」の入札制度の疑問 (悪さの確認) ---☆---

高浜の入札制度では「業者-優遇」を固守されていることが濃厚と判明です。

・それは「入札公示情報に予定価格」を表記されているケースが多いこと…

総務省」は「予定価格」の表記は、不利益が多く「禁止」が望ましいと指摘です。

 

・業者側は、予定価格以下なら落札可能性が多分にあり、真に高浜は高落札率の連続…

 結果 - 血税を原資とする業者優遇の無駄遣いの連続は、市民を裏切りの施政の証し。

 施政運営は「公明正大」「平等公平」「適正適切」が根本的なあり方であるはず…。

特定の業者優遇」の施政強行は最たる裏切り行為です

「予定価格」の事前記載は過剰な業者優遇の証しです!

 

<「総務省-予定価格の公表のあり方」> 

・「予定価格の事前公表は競争制限や落札価格が高止まり、業者の見積努力を損なう。

  入札談合が容易等々 -「予定価格」の事前公表は血税の無駄遣いを助長行為です」

「入札前に公表しないものとする」- これが適正適切な財政運営のあり方のようです

 [検索] : 総務省 - https://www.soumu.go.jp/main_content/000392717.pdf

f:id:t2521:20211101142152p:plain

 

「高浜」は、国の指導指摘に逆行の傲慢な施政を強行は私物化の証し - 市民を裏切り!

・「総務省」は「施設の長寿命を図り、施設の有意性や民意を確認し改廃更新を図る」

「高浜」は「施設更新してから長寿命」は、財政負担を拡大であり、次世代に丸投げ!

   

・「入札制度」は「事前に予定価格を公表」し、高落札率の連続は財政の無駄遣い…!

 「高浜」は国の指針指摘に逆行してまで業者優遇を強行!?

 

「全国市民オンブズマン会議」も「落札率-95%以上」は談合の疑いが強いと指摘…

<全国市民オンブズマン会議-議事録より抜粋>

f:id:t2521:20211101141715p:plain

 

 

--- 「高浜-入札契約」の不適切 (悪さ) な事例 ---☆---

 

1・不適切な入札の筆頭は「リース事務所」-「予定価格を表記」「落札率-99.99%

「予定価格」より「38万円-0.01%」も安いと契約は、裏切り行為…

月日 工事名 予定価格 公開有無 落札価格 落札率 入札社
15.3.31 リース庁舎 3324百万円 事前公表 3324百万円 99.99%  2 社

 

・繰返しますが「つくば市-分庁舎」は同じリース会社、面積同様で「9.4億円で契約

・建築着工統計(相場)は「鉄骨系-19万円/㎡」が「高浜-リース-54万円/㎡」と3倍!

この相場単価で費用換算すれば「リース建設費」は「7億円」が相場なのです。

 

 つまり「リース施設」だけで「12億円!」の損害です…

 更に床面積-4千㎡狭小を金額換算は「16億円!」の損害

「組織分割」の執務効率の低下損を含め「計30億円」損

「庁舎分割」は市民も不便な施設 - 窓口を探して右往左往

 

「分離分割」は「縮充方針」に逆行はデララメ施政の証し 

 

 

2・学校空調も相場より倍額 -「教室当り-310万円」- 異常な高額が過剰優遇の証し!

・西三河地区では「最高額」の設置費と思われます。 (*みよし市-約180万円/教室)

  月  日 工事名 予定価格 公開有無 落札価格 落札率 入札社
19.6.22 学校-空調 854百万円 事前公表 849百万円 99.4%   1 社

 

・「応札-1社」は工事独占であり「市外業者に一括丸投げ工事」は仕掛けのようです

 (*通常、工事は現場ごとに見積 - 6カ所の学校空調を一括発注の過剰優遇は"悪さ")      

・かつて「空調設備-相場」は「半値八掛け」の時代もあり、言い値で落札も裏切り

⇒「予定価格」が異常に高額設定された可能性が想定されます - 行政も結託か…? 

 

2-2・今年度「翼小-空調工事」が入札されました。これと「学校-空調」とを比較…

・結果 -「落札率-67%」は若干高率と思われますが、ほぼ「適正」の範囲と推定…

上記「学校空調-予定価格-854百万円」✖「67%」=「572百万円」-「3億円」も割高!

・室内機 -「3百台超」の大量購入は、購入価格をメーカーと値引交渉も可能なはず…

  施政が特定の民間業者に巨額の利益供与は不信です…?

 

<翼小-空調工事との比較> (*「適正適切な入札であれば-落札率は67%!」 )

  月  日 工事名 予定価格 公開有無 落札価格 落札率 入札社
21.6.14 翼小-空調 74.6百万円 事前公表 49.7百万円 66.7%  7 社

<落札-情報>

f:id:t2521:20211101144231p:plain

・市内-業者さんに入札を依頼すれば「7社」が応札。価格は「3割超」も安価です。

 (*「入札結果」は入札-5社が「1割超」の安価見積でした - なぜ市外業者なのか? )

市外の空調業者を優遇し「3億円」も割高な独占工事を発注の裏切りは不適切の限り

高浜-財政」を私物化の証しであり"悪さ"のひとつです

 「学校空調-8.5億円」は「3億円」も水増しの可能性…?

 

 

3・「学校施設建設」も、温床となっている可能性が懸念されます…

・「工事独占」を「高落札率」となる仕掛けが構築されているように思われます。

  月  日 工事名 予定価格 公開有無 落札価格 落札率 入札社
21.3.17 港小-増築 124百万円 事前公表 124百万円 99.6%    1 社

<落札情報>

f:id:t2521:20211101150554p:plain

 

 

4・「高浜中-トイレ改修工事」- これも、とんでもない「高落札率-99.96%!!」 

「財政削減」の努力の痕跡も見当たりません - 業者優遇は不適切な関係では…?

・「予定価格-57百万円」の大工事を「2万円」も安いと契約は疑問であり悪さでは…?

 

月日 工事名 予定価格 公開有無 落札価格 落札率 入札社
21.6.2 高中-トイレ 57.1百万円 事前公表 57.1百万円 99.96%   1 社

<落札情報>

f:id:t2521:20211101151252p:plain

 

 

5・「高中-プール改修」-「落札率」は低いのですが「応札-1社」が問題です。

競争入札」の記載も実態は「応札-一社」は競争無し… その適切性は不透明のまま

<高中-プール改修>

  月  日 工事名 予定価格 公開有無 落札価格 落札率 入札社
21.7.28 高中-プール 94.4百万円 事前公表 84.9百万円  90.0%   1 社

 

・プール改修工事と記載ですが、内容は「付属棟増築」- しかし規模が不詳は不透明…

市民を無視し、ハコモノに莫大な血税を投入は、適正適切からも逸脱の私物化です

  このような「応札-一社」の仕掛けも不適切の限り

 

 

---「応札-一社」の仕掛け ---☆---

●「高中-トイレ改修」の工事内容を、市民は知る事は全く不可能ではないでしょうか…

血税「57百万円」もの使途が適正適切かも判断できない仕組みが構築されてます

・更に「競争入札」と表記されながら、実態「応札-一社」は 競争無き独占を強行

この仕掛けは「緊急工事的に、応札日程を極端に短縮されている」痕跡があります

 

<入札日程の比較>

・「高中-トイレ改修」の応札-1社の理由は「極めて緊急的短納期」が仕掛けと推定

「工事公告」~「入札」までの所要期間が「12日」と2週間も無いのは疑問です

 

・「工事費-5千万円」を超える工事となれば相当大がかり - この猶予が僅か2週間…

恐らく、この短納期に対応できるのは、事前に工事情報を得ている業者さんだけ…?

  この「入札-短期化」が独占の仕掛けのひとつのようです

 

<「公告から入札までの期間」-「所要期間」>

・「高中-トイレ工事」は緊急工事でしょうか - 完工予定-翌年1月の 工期-7ケ月間。

「適正適切な工事」「安全第一の工事」のためにも緊急-短納期は避けるべき…

・実態は「応札-1社」- 工事独占のため「短納期」を組織ぐるみで強行の可能性…?

入札日程 公告 参加資格  入札  着工  所要期間
高中-トイレ 5月20日 6月1日 6月2日 6月8日  12日
高中-プール 6月10日 7月6日 7月28日 8月3日  49日

 

・このような短期事例は「リース」や「高小」でも展開された可能性が伺われます。

他の自治体は「公共施設」は慎重丁寧な建設 - 数年を要して建設契約が高浜-年度内

 

市民は血税を適正適切に 有効な利活用を切望しています

市民の負託を裏切り特定業者を過剰な優遇は不適切の限り

これが恒常化している高浜施政の私物化は不信だけ…

「高浜議会」-行政監視機能も放棄で賛同追認は破壊同調?

 

「入札情報」を観察して残念な想いだけがよぎりました… 

 

 (最後まで、 ありがとうございました)

高浜議会報告 - 政倫審の傍聴報告 Ⅴ-コロナ 

「高浜-政倫審」を契機に「まちづくり」の不可解さをご案内してきました。 

ハコモノ行政」は巨額の財政投入となり、より適正適切さが求められます。が、

・「高浜」の実態は「早期解体」「倍額建設」は不適切であり財政無駄遣いは裏切り…

 「高浜-市制50年」を迎え 公共施設の面積は全国最低に!

   (*「人口-5万人市」で「公共施設-面積-一人当り- 高浜-2.4㎡/人」は全国-最下位 )

 これを「建築相場の倍額で推進」は いかがなものか?

    しかし議会では素通りのようです - 結託の裏切りでは… 

 

---「コロナ-対策」の疑問 ---☆---

●「まちづくり」や「公共施設-建設」も疑問ですが「市民の健康づくり」も疑問です

・21.10.29-中日新聞-「コロナ-ワクチン接種状況」が掲載されていました。

「愛知県-接種率-68.8%」と低率は、今後の感染影響-第六波が懸念されます…

f:id:t2521:20211030090503p:plain

 

「高浜」は、どのような接種状況でしょうか…

・21.10.29-中日新聞 -「感染数」や「住民のワクチン接種状況」が掲載されてました。

・この記事情報を元に「碧海五市」を比較したいと思います。

碧海五市  コロナ感染
 (10月28日)
 人口-千人   感染率 接種率 (2回)

住みよさ

    (全国)

刈谷  1,664     153   1.09%   65.3%    38
安城  1,956     190   1.03%   71.1%    97
碧南     973       73   1.33%   69.2%    46
知立        981       72   1.35%   68.8%  359
高浜        607       49   1.23%   65.8%  310
合計平均     6,181人     538千人   1.15%   68.0%  170位

 

「接種率」は、愛知県は全国-下位、更に「高浜」は「碧海五市」でも下位は裏切り!

   (*全国では、2回目の接種率は既に「70%」を超えています )

・「感染数」が収まっていると言われても「感染率」は碧海五市-平均を上回ってます

「市民は、安全で 健康な まちづくり」を切望しています

 

<「高浜」は過ちの"まちづくり">

●「公共施設は小さくて狭すぎ」…「ワクチン接種も少ない」「防犯カメラも少ない」

   ない ない 尽くしのまちづくりは失望で市民を犠牲です

  

  「リース事務所」は、市民が大損のハコモノ行政

   (*市民は「30億円」もの大損害を被りました - 業者優遇だけの不適切な倍額建設)

 

 「プール建設」は、子どもも犠牲の不公平な施政

   (*これも業者優遇 - 水泳指導は、全校ではなく一部の学校だけに限定は納税も疑問) 

 

 「図書館-閉館し図書室化」は「縮充」失敗の証し

      (*「美術館」と「いきいき広場」に約6カ所に分散化は狭小の図書室づくり )

 

 「資源ごみ立当番制を放置継続」も市民を酷使だけ…

      (*愛知県下で「高浜」だけ、立当番制を継続は、納税者を酷使の施政では…

      「当番」は町内会会員-限定も不適切 - 退会が増加の一途はコミュニティ破壊!

 

 

  「財政の無駄遣い」と「市民無視のまちづくり」の連続

 業者優遇から「市民本位」のまちづくりへ転換を

  (*リース-30億円は「つくば市の3倍!」、民間分院-60億円は「K市市民の倍額!」)

 

 

---「政倫審」注力の疑問 ---☆---

今、高浜議会は「まちづくりを是正しようと奔走する一人会派議員」を"いじめ"注力!

・「高浜」は「財政力」があるのに「全国最低」の"まちづくり"に注力は裏切りです。

この裏切りを是正に尽力する一人会派議員を 議会は"いじめ"に注力は「高浜-破壊!」 

・今後「高浜」は、現状の施政方針の大転換が緊急的な重要課題となっています 

 

 「まちづくり」や「施政課題」は山積しています

 議員"いじめ"に注力は 過ちであり 私物化の証し

   結果 -「市民生活が犠牲」の施政強行… コロナ然り 

 

<まちづくり-スローガン> 

 「思いやり 支え合い 手と手をつなぐ 大家族たかはま」- 市民排除でハコモノ計画

 「ちょうどいいまち〜ちょっといいまち」-「全国住みよさ」は前年より下位に転落

 「住んでよかった!」「いつまでも住み続けたい!」と思えるまち - 裏切りの連続

 

・「スローガン」は立派です - しかし実現実行された思いは残念ながら ありません

   「高浜」は「破壊のまちづくり」が強行されています

 

 

---「破壊」のまちづくり ---☆---

破壊! -「中央公民館」「旧-庁舎」「青少年ホーム」「体育センター」「大山会館」…

    今後「図書館」「元-市民病院」と続きます… どれも築40年で解体閉館は裏切りです! 

  公共施設は寿命-百年の時代 - 財政削減の方策です

 僅か 築40年で解体は 「血税を無駄遣い」の連続です

 

---「議会」と「施政」の是正 ---☆---

   施政の是正に注力議員は 野党 - 僅か3名…

 議会は、この是正議員を貶(おとし)めようと権謀術数

      結果 - 高浜市民の生活は 行政の犠牲となってます

 「資源ごみ立当番制」を放置継続は県内で高浜だけが市民を酷使の証しです  

 

  (最後まで、 ありがとうございました)

高浜議会報告 - 政倫審の傍聴報告 Ⅳ 

「高浜-政倫審」の不可解な理由をご報告したいと思います。 

・「政倫審」を請求されたA議員は「問題の運動部のコーチ」をされているようです。

・いわば「問題を起こした団体」なのでは…? -「行政」も公園の占拠は不適切と回答

「公園使用届-無し-✖」「顧問-不在-✖」「指導者-登録無し―✖」と回答なのです

  果たして「政倫審」を請求する資格があるのでしょうか

名誉棄損にも相当する「顔写真も掲示」「誹謗中傷の署名活動」を推進の団体…。

<品位と名誉を損なう写真掲示>

f:id:t2521:20211001102347p:plain

 

 

---「議会-保守系」が「政倫審」を推進の理由 ---☆---

●「審査対象」となった倉田議員は「施政の"悪さ"を是正に注力」しています。

・「高浜」市議会にて「反保守系-野党系」議員は、定員-16名中、僅か3名…

一人会派の議員が"悪さ"と闘う術として「訴訟活動」にも注力しています。

・現時点では「5件」の訴訟を抱えてます - 保守系はこの妨害工作に傾注しています

 

● 議員の役目に「行政-監視」がありますが「保守系」は行政-応援団と自称の議員も…

全く「行政-監視」を放棄され、「行政-監視」の議員を貶める妨害活動を強行です

 

<倉田議員の行政-是正活動を妨害議会>

・議会は "悪さ"の手先として、一人会派議員を"いじめ"に傾注は市民を裏切りです

「問責決議」「議会発言を阻止」「議事録から監視発言を削除」… 今回は「政倫審」

 

・「問責決議」- 裁判出廷日に開催調整された「委員会」を早退に対し決議されました

「高浜」には委員会の早退ルールが無いのです - 委員長に事前申請済みなのに決議…

  議会で「大人のいじめ」を弄するとは醜いものです

 

・「問責決議」とは - ネット情報によると…

政治任用職にある者や議会役員の責任を問うことを内容として行われる決議である

・これを「一議員の委員会-早退」で決議とは如何に残念な議会かを表明しているのでは…

 

高浜議会は、「倍額建設」を容認は「正義」も無視、「市民」も無視を強行…。

例えば「資源ごみ立当番制」を放置継続が 市民を酷使だけの施政と議会の証し…  

・「知立」も「碧南」も廃止が正しい施政の証し - 県内-「高浜」だけ継続は"最悪"!

「資源ごみ回収」は行政サービスとして対応があり方!

 

 

---「訴訟活動」 ---☆---

● 現在、「高浜」の悪さを是正しようと係争中の「訴訟」を ご案内したいと思います。

・「高浜-行政・議会」に異論を唱える議員は、野党系 -「一人会派議員-3名」だけ…

・「保守議員」は行政に反対を唱えれば「退会」らしく反対出来ない仕掛けのようです

つまり「保守議員」は行政施策の賛同追認機能と化しているだけでは…? … 残念…

 

1・「勤労青少年ホーム-残土処理費」問題  

・「青少年ホーム-解体工事で残土発生 - 競争入札にて産廃業者が約9千万円にて落札」

しかし「市は支払条件に「3年-分割」を持ち出され、入札辞退となりました。」

・次に「市は再入札されず「プール会社ら」に「倍額-2億円」にて特命で指名発注!

・支払条件も「工事後、即時払い」とか… 不可解で過剰な優遇ではないでしょうか…

本来、巨額支払いは議会承認が必要も、審議無しで強行された模様… 私物化の証し

 ・「議会」は、ダンマリ - 黙認のようです。監視機能も放棄は結託の証しでは…

 

 

2・「たかとり-こども園-造成工事負担金」問題  

・これも「産廃-残土処理問題」- 産廃工事は業者に処理資格が必要とされています。

この産廃工事を資格も無い「幼稚園-運営社」と直接契約 - これも競争入札無く特命

・「幼稚園-運営社」は、当該工事を産廃専門業者に丸投げされたようです… 

結果 - この工事額は相場より高額となったとか -「血税」を私物化の証しでは…?

「幼稚園-運営社」が産廃工事!? - 如何なるメリットが…?

 

 

3・「大山会館-長寿命化計画-調査委託料の損害」問題  

・「大山会館-築35年」は、確か「1月に早期閉館」され、将来的には「早期解体」とか

しかし「閉館後」- 長寿命を計画とかで「建物」の強度劣化の測定検査を発注の模様

・確か「数百万円」の検査工事を実施は過剰で、血税の無駄遣いではないでしょうか…

 大山会館の再開計画は未だに発表されず… 放置のまま

 

「放置」と言えば「旧民間分院-元市立病院-築36年(南棟-築22年)」も放置は疑問です

施設は民間分院に譲渡した。ところが「固定資産税-約6千万円(5年)」は市民負担…!?

  特定の団体だけ優しい施政は高浜財政も私物化の証し

 

「民間分院」には、20年間で「60億円」もの巨額の経営支援補助を投入です。

  (*この補助額は、本院のあるK市市民の「倍額」を負担しています… 理由不明…)

・「旧分院施設-9,454㎡」も無償貸与 - 現在、税金負担し解体待ちは私物化の過ち

鉄筋コンクリート施設の寿命は百年の時代 - 早期解体は「破壊の"まちづくり"」

「高浜」- 公共施設を早期解体は私物化の過ち… 

 

 

4・「大山会館-あり方検討会議-公文書公開」問題  

・「公共施設-鉄筋コンクリート造」の施設寿命は「80年~百年」と言われてます…

    (*国内-自治体の多くは「80年」を採用 - 隣市-A 市は「90年」 ) 

「高浜」は「70年」と短期設定も疑問ですが「大山会館」は「'86年-築35年」で閉館

 

・「早期解体や早期閉館」、改修や建替えを「倍額工事」は、デタラメな施設管理では

「大山会館」あり方検討が、地区有力者だけで実施されたようですが議事録-非公開

    公共施設は市民の財産 - 公明正大で丁寧な管理と財政節減にてお願いしたいものです

 これも「密室政治」を強行されている証し…残念…

 

 

5・「研屋グランド (田戸町) 住民訴訟」問題   

・公共施設は市民の財産 - 当該グランドは、突然、説明無く、出入口を施錠されたそう

⇒「施錠」の理由も住民に説明無く、「ある運動クラブ」と利用独占契約を締結の模様 

・利用独占と言っても休日利用が主 - 平日はガランと放置のようです。もったいない… 

・このグランドも「地域住民やペットの散歩や、子どもらの遊び場」だったようです…

「高浜」は、特定の業者、特定の団体には優遇が多いように思います - 私物化の証し

・結果 - グランド使用料は「10年間-無償」とか - サブアリーナ-倍額値上げは虐待…!

 保守系議員の黙認放置は 市民を犠牲の"まちづくり"

 

・まだまだ「怪しい施政」は多々目につきます…。

これは情報公開公表を制限し「市民」を無知化している行政の仕掛けとも映ります

・また「施政に都合の良い誤情報」を流布し、市民を洗脳されているとも考えられます

 「高浜」の未来は 暗雲が立ち込めています・・・

 

 

---「リース」は大損! ---☆---

● 結果 -「旧庁舎-築40年-7,674㎡-早期解体し、リース-3,668㎡-倍額-30億円-20年」

これでは「20年後」-「新庁舎-推定-50億円建設」の負担を後世に丸投げでは…?

・「旧庁舎-改修」であれば「面積-倍」「寿命-30年~40年に延命」を20億円で実現可!

   これこそが「問責決議」にも値する暴挙暴政!!

 

・「旧庁舎-改修-7,674㎡-20億円-30年」 対 「リース-3,668㎡-30億円-20年」…

 「リース」は大損の施設 - 過剰な業者優遇は市民が犠牲…

    この無駄遣いを市民説明は着工3ヶ月前 - 参加市民40名で終了は決定通告だけ…!?

 「まちづくり」への「市民参画」を阻止の証し 

 

「公共施設」の管理方針も「建替えてから長寿命」は国の指針に逆行とデタラメです!

市は、当初「庁舎改修は「37億円」を要する」とウソ説明を強行… 現在-HP改ざん

・「HP-改竄 (かいざん)」は、リース完成の数か月後 - この改竄こそ"悪さ"の証しです

「庁舎」は、行政がウソ説明を強行され早期解体は、市民は大損害を被ったのです

 

<公共施設の「長寿命化を逆行」の図>

・「国は長寿命化を図り、残すべき公共施設を市民と共に熟考し改廃更新を推進」

これにより「財政負担」の削減軽減を図る -「高浜」の早期解体∔倍額建設は✖!

・「早期解体」-「中央公民館・旧庁舎・青少年ホーム・体育センター」は早計と浪費

 早期解体は市民無視の暴挙 - 裏切りと私物化の結果です

    この図も市民に誤解を与える洗脳行政の証し 

f:id:t2521:20210722084013p:plain

・「国(政府)は、1.長寿命⇒2.施設更新」は、財政削減を推進の市民生活を優先策

・「高浜は、1.解体更新⇒2.長寿命」と逆転は、業者優遇だけの血税の無駄遣い

 

 

<庁舎建設の「ウソ説明」の図>

f:id:t2521:20210817153803p:plain

● 実際のリース契約-「33.2億円 (税込み) 」-「改修より38万円-0.01%」も安いと契約

・「建築着工統計-H26年度-鉄骨系新築-19万円/㎡」が相場 -「リース-53.5万円」!

「床面積-3,668㎡」は 「建築相場-7億円」が「リース-20億円」とバカ高い工事!

   (*「リース費用の構成 -「施設費-20億円」∔「維持管理運営-9.4億円(20年)」 

 

「維持運営費」も疑問です。「旧庁舎」の維持管理は「高浜総合サービス」に直発注!

「リース施設-清掃」は「リース会社」経由で「高浜総合サービス」に発注・・・

・結果-「面積倍の旧庁舎-清掃費-年851万円(税別)」が「リース-年940万円」は倍額では

 これを「財政改善」と説明-「早期解体-強行」は疑問です

 (*人口-5万人の小都市で庁舎の分離分割は 行政執務の効率低下は必至で市民も不便)  

 

結果 -「リース事務所」は「30億円弱」もの巨額を大損害の施設です!

・例「つくば市-分庁舎-リース施設は面積-3,310㎡-約9億円契約」は20億円も安価!

    (*「つくば市-リース」の建設単価は「26.4万円/㎡」と「高浜」の半額と適正… ) 

「同じリース会社」「床面積もほぼ同等」- 「20億円」もの差額理由は皆目不明…

 

「リースは、旧庁舎-面積より4,000㎡も狭小 -4千㎡×40万円/㎡ =16億円損害です

つまり「高浜市」は「20億円」∔「16億円」を超える大損害を被りました…

 議会で追求するのは「野党系議員」のみ - 保守系はダンマリ・黙認だけ…   

 市民が犠牲-業者優遇の裏に何があるのか - ご賢察戴くことが高浜を救う道と考えます

  

 

---「図書館-問題」 ---☆---

「図書館-築41年-約1千㎡」を早期閉館も疑問ばかり・・・

・公共施設計画は「施設を増やさない」「複合化-縮充」を進めると宣言されたはず…

「図書館」を残し「美術館」や「いき広場」に図書室の分散を縮充とはウソ八百…。

・現在-「図書館の書籍-配置数-8万冊」を「3万冊弱」に削減し6カ所に分散とか…

    (*蔵書-20万冊もあるのに17万冊を倉庫に収蔵とは知的財産までも隠蔽では…?

    ⇒「日本図書館協会-資料」- 開架 (配置数) は「5万人市-67%-13万冊」が適正目標 ) 

公共施設ばかりでなく「知の財産」すらも分散-狭小は「破壊」のまちづくり!!

「業者は優遇」「市民は虐待と犠牲」の施政を強行です

 

----------------------------☆---

   この"悪さ"の是正に注力の議員は 僅か3名…

 議会は、この是正議員を貶(おとし)めようと虎視眈々…

      結果 - 高浜市民の生活は 行政の犠牲となってます

 「資源ごみ立当番制」を放置継続は県内で高浜だけ-市民を酷使が"悪さ"の証しです  

 

  (最後まで、 ありがとうございました)

高浜議会報告 - 政倫審の傍聴報告 Ⅲ 

不可解な「高浜-政倫審」を傍聴してきました。 

・「高浜」- 初めてらしく「過去の経緯」や「議事進行」は疑問ばかり…

結果は「出来レース」 - 「施政の是正に注力議員」を排除の企てが見え隠れ…。

  高浜-議会-保守系による私物化が明白な判定を強行!

 

---「政治倫理審議会 (政倫審) 」 ---☆---

・この政倫審の最終結果は「来年-1月19日」が最終結果の公表日とか…

・今後、この審議会を進行の是非につき「証人」の事情聴取が「11月上旬」…

問題は「個人情報を発言の可能性があると『傍聴-無し-非公開』」で開催の隠蔽工作

 

・次の問題は「当該-議員」を参加立会させず「署名側」だけと推進強行されること…

「署名側」の一方的な証言で、是非を判断するとは公正公平も無視の議会の証しでは

 

・「保守系-委員」も、これに全員賛成で可決されたことは高浜施政を私物化の証し…

   正義も真実も無視され、余りにも、自己本位の議会に再度、失望を味わいました

 

<不可解な議会対応>     (*「高浜市議会議員政治倫理条例」より引用抜粋)

1・「審査請求署名」と「証拠」を別々に提示も有効と受け取られたこと。

 第4条   議員について政治倫理基準又は地方自治法-第92条の2の規定による議員の「兼業の禁止に違反する疑い」があると認められるときは、 選挙権を有する者の総数の50分の1以上の者の連署をもって、当該違反行為を疑うに足りる事実を証する資料等を添えて高浜市議会議長に対し、当該違反行為の存否について審査の請求をすることができる

Q1・この「署名条件」は「兼業の禁止」に違反する疑いがあると認められた場合…

「公園」の私物化を調査確認し、議会で質問が議員活動として不適切でしょうか…?

・これが「兼業行為」に該当しないことは当然です…    

では、「議会での質問活動」が「政治倫理基準」に抵触したのでしょうか…?

・「公園」を占拠されていた部活動の実態を行政と教育委員会に質問となったようです

結果 - 行政は「運動部」の独占使用の実態は規則違反で不適切と回答された模様

・この回答を不服と「写真掲示」や「署名活動」を推進は市民としていかがなものか…?

 

Q2・署名は当該違反行為の事実を証する「資料を添えて」提示が手続き規則とか…

「署名」に際し事前に議長に相談 -「証拠資料」が無いのに「署名受取り」も不可解 

・「政倫審」申請者は「保守 - A議員」とか - 出来レースを仕掛けられたか… なれあい?

<署名資料から抜粋> 

f:id:t2521:20211023084321p:plain

・つまり、市議会議長も「署名活動」に事前段階から加担していた証しです…

 

2・「審査請求」の有効性の判断は議長の独断で良いのか…

Q3・政倫審で「議長が受け取ったから証拠である」と説明は内容確認-省略で良いのか

結果「署名簿-閲覧無し」「証拠も非公開」「議会に報告無く議長の独断」で強行…

 

3・「証拠-証言」の事情聴取を、傍聴を排除し「非公開-密室審議」で良いのか…

Q4・「最高裁判所」の見解でも「裁判を一般に公開し公正に行われることを保障…」

高浜は「個人情報」が洩れると憶測で「非公開」を採択は政倫審を密室化…

「密室政治」は不適切な温床の可能性を秘めています

  公明正大な議会運営があり方ではないでしょうか…

 

---「素朴な疑問」 ---☆---          (*「高浜市議会議員政治倫理条例」より引用抜粋)

・今回の事件により「政治倫理条例」を知りました。その冒頭に・・・

 第3条   議員は、次に掲げる政治倫理の基準を遵守しなければならない。

(1) 市民全体の代表者として、その品位と名誉を損なう一切の行為を慎み、その職務に

  関し、市民の疑惑を招くおそれのある行為をしないこと。

「議員」さんに限らず、市民全員の人としてのあり方と思います…

 

● しかし、実態は、下記「写真掲示」された方は恐らく「署名-関係者」であるはず…。

・「公園利用を阻止された市民」の要望を受け、倉田議員は運動部の活動につき質問…

行政は「公園使用届-無し-✖」「顧問-不在-✖」「指導者-登録無し―✖」との回答

 

これに怨恨感情をもって「写真掲示」「捏造-署名活動」は 市民として 人として…??

  「スポーツマンシップ」「市民憲章」からも逸脱では…。 残念しかありません・・・

 

<品位と名誉を損なう写真掲示>

f:id:t2521:20211001102347p:plain

 

そして、議長に説明したと、議員を貶める「誹謗中傷」を捏造記載の署名資料-作成

市議会議長も「署名活動」に事前段階から結託されていたようです…

市民として、品位と名誉を損なう行為の連続ではないでしょうか… 疑念を覚えます…

この異常な写真掲示の行動も、高浜の品位と名誉を貶める行為であり残念だけ…

  今回の「政倫審」を要請の資質すら疑問しかありません

 

今まで、自由勝手に公園利用を邪魔されたと「署名」を強行は品位に欠ける行動では?

・恐らく、地域住民の方も、我慢の限界を超えて 議員にすがったものと思われます…

「公園」は市民共有によるルール遵守の利活用があり方

 市民の財産を私物化は不適切であることは当然の理では?

  

「施政の是正に注力議員」を貶めるチャンスとお考えか…

  このような議会では「高浜」の将来は不安と不信だけ

   正義と夢のある市民本位の"まちづくり"を切望します

    (*「資源ごみ立当番制」を放置継続も 市民を酷使だけの施政の証しです )  

 

    「高浜」- 初めての「政倫審」をご報告させて頂きました

 

   (最後まで、 ありがとうございました)

高浜住民監査 - 市民無視の施政による政倫審 Ⅱ

・今回のブログは「10月2日-記事」の第2版です…。 

「高浜-行政や市議会」の市民無視の暴走行為は残念としか言いようがありません…。

「高浜」の"まちづくり"は未来展望も無く、私物化を強行は「破壊」のまちづくり…

・「中央公民館」や「庁舎」「青少年ホーム」を築40年程度で早期解体がその証し

「高小だけ-50億円」も不公平な倍額建設を強行となりました… 財政効果無し

・「美術館-築26年」は 既に「百億円弱」を投入- 民間譲渡を失敗し 図書室化も疑問…

    高浜-ハコモノ行政の失敗は「数百億円規模」では!?

  国が長寿命化を指導も無視され短期建替えは不適切…

    結果 - 特定業者が独占の倍額建設は 不適切な優遇策…。

 

「富裕度-全国-89位」の「高浜」が、なぜ、公共施設-面積-全国-最低も疑問だけ…

・その手法は「鉄筋コンクリート施設」を築40年で早期解体という暴挙の連続です

これを「財政削減」と説明し「倍額建設」は、開いた口が塞がりません… 

 

---「リースはハコモノ行政の失敗の象徴」---☆---

「庁舎」を「リース事務所」も過ちであり典型的な無駄遣いの事例です。

つくば市-分庁舎」は「同じリース会社」「同等面積」で「8.7億円(税別)」で契約!

・「早期解体-リース事務所建設」は、市民は「20億円超」の損害を受けたことに…。

・更に「旧庁舎」より面積-4,000㎡もの削減は「16億円」の損害 - 合計36億円!

 限度を超えた業者優遇も不適切の限り - ハコモノ失敗!

 これこそが「政倫審」に該当の施政ではないでしょうか

 

 「リースの過ち」 新城市 高浜 新城/高浜
人 口 - 千人   46   49   0.9
庁舎面積-㎡ 7,319 3,668   2.0
市建設負担-億円  26.5  29.0   0.9

 

多くの自治体が下記の要素にて庁舎面積を検討」-「新城市」の事例を示します

・「人口-5万人」の自治体の庁舎面積は「約9千㎡~11千㎡」が適切のようです。

「高浜」は、面積検討を省略(隠蔽)して「リース-3,668㎡」の面積半減は裏切りです

f:id:t2521:20211020090108p:plain

 このデタラメのハコモノ計画を行政や議会は強行です

 この市民五万人の負託を裏切りは、実に不適切の限り

「赤信号-皆で渡れば怖くない」- 多数決を強行だけの議会

 この大損害計画こそ推進議員は 賛同責任を負うべき!

 

---「政倫審」---☆---

「制度」を悪用し「施政の是正活動に注力議員」を排除しようと画策されてます!

誰が考えても「公共施設-狭小化-面積半減」は、様々な市民生活が犠牲です

「高浜-ハコモノ行政」は、特定の業者優遇の倍額建設を強行は私物化の証し…。

  これを是正が「高浜-施政」の最重要課題と思われます

 

● 現在、この是正活動は一人会派議員が孤軍奮闘しています - 訴訟活動もその一環…

・21年6月 - 確か「青少年ホーム-産廃事件」で、裁判出廷のため早退を「問責決議」

 で "いじめ"の議会も不適切 - 猛省戴きたいのは賛同追認だけの議員の方々です…

  (*「青少年ホーム-産廃事件」-「1億円落札工事」を強引に「2億円」で特命転注)

 

---「問責決議」の仕掛け ---☆---

<「議員いじめ」の証し - 「問責決議」> (*裁判出廷を妨害行為では… )

「突発的な事由なく途中退席」…? - 行政を被告とする裁判日程は先刻承知のはず

・この裁判出廷を妨害のため「委員会-日程」を事前に調整工作されたと思われます。

通常、委員会は午前開催を、わざわざ「午後開催」に変更されたのもその証し…

・当時、委員長の事前承諾を受け早退 - 数日後、不適切と事後否定も強引傲慢な証し

f:id:t2521:20211020131450p:plain

 

● 今回の「政倫審」は「施政を正すための活動」を妨害行為の延長と推察します

・[検索] :  高浜市議会議員政治倫理審査会 - 高浜市ホームページ (takahama.lg.jp)

 

---「デッチアゲ (捏造) 」 ---☆---   

政倫審」は正義と真実を捻じ曲げ「デッチアゲ」で強行は議会のあり方も残念…。

悪意と誹謗中傷・捏造で強行される政倫審 - 前代未聞の茶番劇となるかもしれません

 

< 「高浜市政治倫理条例」より抜粋 > 

 (政治倫理基準の遵守等)
第3条 議員は、次に掲げる政治倫理の基準(以下「政治倫理基準」)を遵守しなければならない。
(1) 市民全体の代表者として、その品位と名誉を損なう一切の行為を慎み、その職務に関し、市民の疑惑を招くおそれのある行為をしないこと。

捏造の「政倫審-署名活動」を推進支援こそ、品位と名誉を損ねた行為と思われます

    誹謗中傷の「写真掲示」や「捏造の署名資料」を適正とする議会も不信だけです。

 
(2) 常に市民全体の利益の追求をその指針として行動し、その地位を利用して金品の授受をしないこと。

「公園」を使用独占化は、市民全体の利益を損ねてます。公平な共用があり方。


(3) 市又は市が資本金その他これに準ずるものを出資し、若しくは市と密接な関係があると認められる法人(以下「市等」という。)が行う許可、認可、指定等又は請負その他の契約に関し、特定の個人、法人その他の団体のために有利な、又は不利な取り計らいをするよう働き掛けをしないこと。

ハコモノ行政」の倍額建設の実態は不可解で疑問しかありません。市民は大損害!

      市民を犠牲に、過剰な特定業者の優遇は施政のあり方としていかがなものでしょう

   財政政効果の無い「縮充建設」や、学校改修~建替時期の短期化は財政浪費の証し  
(4) 市等の職員の公正な職務の遂行を妨げ、その職務権限を不正に行使するよう働き掛けないこと。

(5) 市等の職員の採用、昇格又は異動に関し、介入をしないこと。

議会で「公園」の利用方法につき質問がどの条項に違反したとされるのでしょう…?

 

<政倫審-開催>

第1回 高浜市議会議員政治倫理審査会 

日 時   令和3年10月22日(金曜日) 午前10時〜

●場 所   高浜市役所 本庁舎3階 高浜市議場 

●内 容   正副委員長の互選 / 審査事案の付託 / 会議の公開-非公開 /

                     審査請求の内容/今後の審査会日程(案)/ その他

●傍聴について

  傍聴の受付は、午前9時30分から先着順-定員20名(一般席15人、記者席5人)限定

 

---「政倫審」の経緯と内容 ---☆---

発端は「住民」から「公園を散歩中に「中学-運動部」から退出せよ」と指示受けた

・これを「倉田議員」は、現場確認と議会質疑を「行政と教育委員会」に対し実施とか

回答は「公園使用許可-無し」「顧問-不在」「外部指導者-登録無し」は不適切…と

  問題は、これを受けた団体は「逆恨み」の模様…

 

<市内公園に張り出された写真>   (*議会にて質問後、公園で発見とか - 異常な行動 )

・この「名誉棄損」にも値する写真を掲示し「署名活動」を強行はいかがなものか…。

 

f:id:t2521:20211001102347p:plain

 

<政倫審の署名活動>

犯罪もどきの写真掲示後、次は、捏造による誹謗中傷の「署名活動」を強行の模様…

これが「議員の言動」が不適切と「政治倫理審議会」の署名活動の発端のようです

・しかし、署名資料の内容は「捏造の誹謗中傷」で不適切極まりません… 犯罪行為同然

 

---「署名活動」 ---☆---

「政倫審」の「署名募集資料」を抜粋し、ご確認頂きたいと思います。

・「政倫審」署名資料は、「市議会議長」も事前に内容把握されていた模様です。

よって「証拠資料」が無くても署名受取り、「署名閲覧」も省略は不適切な仕掛け?

・これから数か月後、ようやく証拠資料を捏造できたと「政倫審」に至ったようです…

<署名募集資料から抜粋>

f:id:t2521:20211020142417p:plain

 

議会にて「行政に質問確認活動」を実施が「迷惑行為」となるのでしょうか…

⇒ しかし「迷惑」と言われ、写真掲示や捏造資料で署名までされては「迷惑千万」…

「行政」や「教育委員会」は「当該部活動はルールに則していない」と回答を恨みに

f:id:t2521:20211020142433p:plain

・「ボランティア」と言われるなら「無償」でしょうか? … 噂では「有料」とか…?

・「公園」から排除されたのは、公園を散歩中の市民なのですが… 被害妄想では…?

 

今後この理不尽な「政倫審-証拠」を如何様に捏造されたのか-注視したいと思います

 

  これが政倫審の実態です - 議会強行は正義も無視の証し

 

---「あとがき」 ---☆---

●「スポーツマンシップ」とは…

・「正々堂々と公明正大に勝負を争うスポーツマンにふさわしい態度、備えているべき

  精神」…などと解釈されるとあります。

ルールに則した活動が「スポーツマンシップ」のあり方ではないでしょうか…

 

---「市民憲章」 ---☆---

●「高浜市民憲章」(昭和50111日制定)

わたくしたち高浜市民は、力を合わせ、英知と勇気をもって実践します。

1.スポーツに親しみ、健康な体をつくります。
1.教養をたかめ、心のかよう家庭をつくります。
1.仕事に誇りをもち、豊かなまちをつくります。
1.きまりを守り、住みよい社会をつくります。
1.きれいな水と青い空の、美しい郷土をつくります。

「公園」は市民の財産 - ルールを守って市民と共用のあり方を進めて戴きたいもの

 

・部活動の不備を指摘されたと逆恨み - 「歪曲してウソを捏造し誹謗中傷の署名活動」

 ⇒「多数決」で採決すれば赤信号も問題無しと「強引傲慢」な議会強行も疑問です

 

・懸念事項は このような醜い大人のあり様を「生徒」を巻き込んで強行されていること

「人生や生き方」のお手本として残念でしかない行動を強行はいかがなものでしょう

 ・余りにも自己本位な行動は「スポーツマンシップ」からも逸脱ではないでしょうか…

 

 「公」としてのあり方から逸脱は市民が犠牲です

     (*「こう-おおやけ」 - 私心がなく、公平であるさま。) 

 

     f:id:t2521:20211001102347p:plain目的のためには手段を選ばず - 残念な「政倫審」です

 

 「コロナ対策・ハコモノ計画・財政運営・ごみ問題」と

   施政問題は山積のはず・・・

  (*「資源ごみ立当番制」を、放置継続は市民を酷使の施政です ) 

  「議員いじめ」に注力は市民無視ではないでしょうか…

 

    (最後まで、 ありがとうございました)

高浜住民監査 - 自治体経営 -「財政運営」のあり方

「高浜」は「住みよさ-富裕度-全国-89位」と上位のはずが、市民生活に還元無し。

・「公共施設-倍額建設」は、特定の業者さんだけ優遇の施政は疑問であり市民無視…

市民を犠牲の施政は「介護保険料は西三河トップ」「サブアリーナ-使用料も倍額」

・子どもの就学援助も低く、コロナ接種も遅く、資源ゴミ立当番も県下で高浜だけとか

    血税の無駄遣いや、市民を虐待酷使の施政を強行です

 

市庁舎を「リース事務所」に建替は、市民は「30億円近い」大損害のハコモノ行政 

つくば市-庁舎-9億円契約」- 高浜は同等規模のリースを「30億円-20年独占契約」

・なぜか、特定の業者さんには優しい施政です -「高小」も倍額-50億円-15年独占…

・「プール運営会社」とも、募集時は20年を、契約直前に30年に延長して契約…

・「学校エアコン」も近隣市-最高額の316万円/教室で、特定業者-独占工事の仕掛け

    (*学校空調は、8月は利用しないのに、室外機を更に能力3割増強も過剰な浪費 ) 

 結果-高浜-経営実態は「市債(借金)-激増」「基金(貯金)-激減」も疑問と不安が募ります

  今後、小中学校-「大規模改修に59億円 」の投入計画

   驚きは「市債-40億円」- なんと7割も借金は後世犠牲

 

   ハコモノ行政-無責任計画は限度を超えてます・・・

   例えば「高取小」は「10年後」に建替え予定なのです

高取小-「大規模改修-R6-11億円 (市債-8億円)」-「建替-R16年-20億円(市債-13億円)」  

これは、後世に「21億円」借金を負わすこと - 港・吉浜・高中・南中と続きます

 

<公共施設-推進プラン-高取小>

・公共施設-長寿命化計画のなか「大規模改修-10年で解体-建替」はもったいない…

            *「大規模改修-R6年」▼          「建替-R16年」▼ 

f:id:t2521:20211017154452p:plain

 

<「警告発信!!」>

☆「高度成長期」の如き、短期改築や「改修&建替」の繰返しは「業者優遇」の仕掛け!

この過ちの施政を正そうとする一人会派議員を、議会は「いじめ」が横行しています

・「行政-黙認追認」だけの議会こそ「高浜」の未来のために改めるべき時代では…

「高浜-議会」も市民無視、高浜無視を強行されてます

   (*「資源ごみ立当番制」は 県内-高浜だけ実施方式を継続放置が その証しです… )

 

 

---「公共施設-建設のあり方」 ---☆---

公共施設-建設のあり方は「基金」を蓄財準備し、後世の負担を軽減があり方…。

実態は「基金」が無いと「市債」による倍額建設は後世をも虐待酷使の施政では… 

・結果 - 財源の負担割合は「他市は市債-4割」が「高浜は市債-6~7割」と逆転先送り

 後世に財政負担を先送りは無責任であり虐待の施政では

 

・財源を特定業者に倍額投入も裏切りです -「財源」を増やす施政も注力戴きたいもの

今、自治体には「ふるさと納税」という外貨獲得の手段が制度化されています

ふるさと納税」は自治体財政を潤すカンフル剤では…

 

---ふるさと納税 ---☆---

・21-10-16-中日新聞-P.30-「自由の現在地-権力との摩擦」にて「泉佐野市-大阪府」の

 「ふるさと納税」に関して掲載されていました。 (記事一部を下記に転載)

・「泉佐野市」と言えば記事のように「H30年度-ふるさと納税-集金額は約5百億円!

大阪人の経済感覚や集金能力の高さには、ただただ脱帽しかありません…。

 恐らく、独り勝ちは、多くの自治体の羨望と嫉妬の的となったか… 出る杭は叩かれる

 

・国(総務省)と法廷闘争され権利復活を獲得となったようですが、その損害は甚大です。

「令和2年-ふるさと納税は激減」-しかし22億円超-今後の挽回施策が期待されます

 

泉佐野市は、これを原資に「学校-空調」や「プール整備」に活用されたとあります

ふるさと納税」を原資に「まちづくり」や「住民サービス」充実を目指されてます

 

<21-10-16-中日新聞-P.30>

f:id:t2521:20211016220928p:plain

 

 

<全国上位と泉佐野市>

今や「ふるさと納税」は「全国-6,700億円超」のビッグ-ビジネス市場に急成長!

令和元年と比較すれば「令和2年-1,850億円増額 - 約4割増」となっています 

上位-3自治体は、なんと「100億円超」とは驚愕であり素晴らしい成果です。

    都道府県   自治     金 額    (件数-件)
全国順位   全国合計 - 6,724億8,955万円 34,887,898
  1 宮崎県 都城市    135億2,548万円   603,807
  2 北海道 紋別市    133億9,271万円   867,064
  3 北海道 根室市    125億4,587万円   723,336
   54 大阪府 泉佐野      22億4,819万円     167,687

 

<愛知県と高浜>

碧南市」と「幸田町」は上位常連の自治体。ここに「大府市」が大躍進!!

・「大府市」-「ふるさと納税」-「令和元年-1.4億円」が「令和2年-17億円!

大府市」をお手本として施策立案も施政のあり方ではないでしょうか…

愛知県 自治     金 額  (件数-件) 前年比 全国順位
   1 碧南市 29億6,509万円 184,057   143%     34
   2 幸田町 27億   753万円   23,983     70%     40
   3 大府市 17億    53万円   24,060 1246%     80
   8 東浦町   6億1,815万円     1,550   137%    257
   9 西尾市   5億9,736万円   30,786   135%    270
 24 安城市         9,322万円     8,132   153%    978
 26 高浜市      7,548万円     3,392   104% 1,050
 27 知立市         7,057万円     1,229   141% 1,083

 

●「全国自治体」は「県・市・町・村」合わせて「1,790団体」もあるようです。

・「高浜」の順位は「1,050位」と中位程度は、施政のあり方として適正適切なのか?

   (*「ふるさと納税-7千万円」も大したものですが… 平均は「3億8千万円」… )  

「富裕度-89位」に満足され、「1,050位」で問題無しとされているのでしょうか?

  これでは「市民」を酷使虐待の施政では…。

 市民から搾取ではなく、ふるさと納税で原資獲得し「住民サービス」に還元頂きたい!

 

● 市民は「行政」が経営力や収益力を発揮され、財政負担の改善向上を切望しています

・「ふるさと納税」は、自治体が収益改善を図れる重要な施政課題と思われます。

ふるさと納税」への積極的な取組みは「高浜」の "魅力づくり" ともなるのでは…

 

・市制50年を記念して「ふるさと納税-新商品創出」もあり方ではないでしょうか…

一過性のお祭り騒ぎだけでなく「実効性」ある施策も合わせて推進戴きたいもの…

 

「まちづくり」と「魅力づくり」の両輪を廻して

  素敵な「ふるさとづくり」にも邁進頂きたいものです

 

  これが「ちょうどいいまち〜ちょっといいまち」では…  

 

  (最後まで、  ありがとうございました)

高浜住民監査 - 住みよさ - 小野市との比較

・「公共施設」- リース事務所は巨額のムダ遣いは失敗であり、高小-倍額-50億円も。

・今回は「まちづくり」の結果として「住みよさ」の評価につき確認していきます

 

「まちづくり」の適正適切さの評価として「住みよさ」は的確な指標と思われます。

・「高浜の住みよさ」は、近隣5市-平均が「170位」に対し「310位」と低位は疑問?

これは「高浜-まちづくり」が遅れている、劣っている証しであり残念な施政結果!

・「行政」と「議会」による施政施策が、過ちの連続である証しでは…? 

         [検索] : 市区郡一覧|自治体別住みよさランキング|三菱UFJ不動産販売「住まい1」 (sumai1.com)

 

<「住みよさ」は 施政の成績票 >      (*「高浜-碧海5市の平均以下」を赤字) 

・「高浜-施政」は 近隣市で「最低のまちづくり」を目指しているのでしょうか…?

市制50周年の成果が「310位」では残念でしかありません 

      (*下記に「全国-812市区」のうちの「順位」を記しました ) 

住みよさ 刈谷 安城 知立 碧南 高浜 平均
全国-順位   38   97 359   46 310 170
安心度 614 598 721 498 613 609
利便度 561 558 577 726 755 635
快適度   30 150 348   54 130 142
富裕度     4   12   48     6    89   32

   (*地方自治体-「市」は792市、「区」は東京20区を加え-812市区を順位付け 

                     「東京-千代田区中央区・港区」の3区は除外されてます   )  

<要素>

安心度-613  病院・病床数/介護福祉施設・定員数/子ども医療/犯罪・交通事故数
利便度-755  小売販売額・店舗面積・飲食料事業所数/飲食店数
快適度-130  転出入人口/水道料金・汚水処理普及率/公園面積
富裕度-  89  財政力指数/法人市民税・所得/住宅面積・地価

 

「行政も議会も」- 粉骨砕身の奮闘を発揮戴きたいもの 

 一人会派の "議員いじめ" に注力は残念な議会です…

 

---「高浜」施政展開の課題 ---☆---

「高浜」は貧乏だから仕方が無いと言う声も聞こえてきそう。

・しかし「富裕度-89位」は全国-812市区では極めて上位 - 財政運営の失敗では…?

確かに「ハコモノ」に業者優遇の倍額建設の連続は、市民と後世を犠牲です

 

● 「リース事務所」は「30億円」近い損失を 「高浜」と「市民」は被りました…。

・「高小50億円」や「学校エアコン」等々、近隣市の倍額を投入も疑問しかありません

 「高浜-財政運営」も連続の血税浪費は裏切りの証しです

 

---「類似団体」 ---☆---

総務省は、人口・産業構造を基に自治体を「類似団体」という区分を設定されてます

・「高浜」は「Ⅰ-2」というグループ - 全国76団体のうち下記のように最上位は疑問?

理由は「人口-1万人当り職員数-47人」は「全国-最低」という意味です。 

 

・ちなみに「全国平均は82人」- 結局、高浜は「職員数も半減」とは疑問です。

⇒  過剰な人員削減は「行政レベル」も「質の低下」を招いていると感じています…。

・「HP」をはじめ「施政資料」を他市と比較するとその格差に落胆を覚える事、度々…

 

・さて今回、下記-類似団体の第4位の「小野市-兵庫」と「住みよさ」を比較します

「職員数」は「高浜-228名」対「小野市-299名」と70名超もの戦力格差は大きい

 

経営資源として「ヒト・モノ・カネ・情報」は重要要素 -「ヒト」は最大の財産

「高浜」は「職員」という最重要財産を全国最低に削減は疑問の施政結果です

 

f:id:t2521:20211013053848p:plain

  f:id:t2521:20211013054330p:plain

 

---「小野市」との住みよさ比較 ---☆--- 

比較資料として下記2点の「住みよさ」と「生活ガイド」を引用抜粋しました

1・[検索] :兵庫県小野市|自治体別住みよさランキング|三菱UFJ不動産販売「住まい1」(sumai1.com)

2・[検索] :「生活ガイド.com」 https://www.seikatsu-guide.com/compare/?  form=detail_tab&tab_id=1&pref_id1=28&city_id1=28218&pref_id2=23&city_id2=23227

 

< 「小野市」と「高浜」を比較>

「類似団体」の比較のため「まち」の規模はほぼ同等 - 住みよさの格差は疑問です

・「小野市」が、自治体経営の成功例かもしれません - 見習いたいものです

  小野市 全国順位   高浜 全国順位
面積-k㎡  92.9  541  13.1  790
人口-千人  48  554  49  548
住みよさ  51.2点  175  50.3点   310

  (* [検索] : 兵庫県小野市行政サイト (city.ono.hyogo.jp) )

 

<「住みよさ」の要素比較> 

・「高浜」は根本要素である「富裕度」は上位 - 「安心度・利便度」は下位に逆転です

「小野市」は富裕度は中程度なのに「住みよさ」は上位- 施政施策が的確な結果では?

 

全国順位 小野市 高浜 小野/高浜
住みよさ  175  310    56
安心度  157  613    26
利便度  741  755    98
快適度  286  130     220
富裕度  267    89     300

 

「生活ガイド.com」の「住民意識チャート (中央)」が「住みよさ」を的確に表現。

「高浜」の施政課題は山積 - 市制50年でも「まちづくり」は遅々として残念…

・「課題」-「店の充実・安全・街並みや雰囲気・地域交流」- 結果「愛着」も低迷…

 市民感覚では、最近の「ハコモノ-早期解体」は、破壊のまちづくりと感じています

 

<住民意識チャート>  (*見づらくて申し訳ありません。ネットにてご確認ください ) 

   f:id:t2521:20211013082855p:plain

   [検索] :小野市と高浜市の比較【統計データ】に関する行政サービス・行政情報|生活ガイド.com (seikatsu-guide.com) 

 

<"高浜-まちづくり"の全国順位>

「富裕度-全国-89位」の潤沢な財政の運営や使途は適正適切なのか - 疑問です?

<安心‐施策>

・近年「防犯カメラ」は犯罪抑止や事件解決の必須機能 -「高浜」設置数は数十台…?

隣まち「K市」は防犯カメラ-設置数-1,200台を突破し更に増設されてます 

 

・民間分院に「60億円」もの巨額補助の効果も疑問です… K市市民の倍額投入

「K市-15万人-医療補助-3億円+医療器具-1億円」対「高浜-5万人-3億円/年」

      (*民間分院への補助額の負担は「K市-2,670円/人」対「高浜-6,000円/人」) 

 

・更に、病院施設を移転建設したいと「市民ホール」まで奪われました…

結果、幼稚園から中高生まで、発表会を市外のホールで実施は施政の犠牲に…

・驚きは「行政」は議会にて「市外の施設利用を推奨」という無責任な発言まで…

  市民の安全は後回し - 民間分院を優先し過剰優遇の証し 

 

  小野市 全国順位 高浜 全国順位 高浜-特徴
犯罪認知-/千人   5.8   528    6.9   640 犯罪が多い
医師数-人  204   271     27   772 医師不足

 (*犯罪認知数は、人口千人当り-約7件 -「高浜」は犯罪が多い街のようです )

 

<子どもを犠牲の施政施策では…>

・後世を借金漬けの施政は、子どもらの福祉教育も疑問です  

  小野市 全国順位  高浜 全国順位 高浜-特徴
子ども医療補助  ~18才      -  ~中学     - 子ども-犠牲
待機児童 -人     0      1     23  677 家庭を犠牲
小学-学級-人  22.9  284  28.4    51 すし詰め教育
中学-学級-人  28.6  201  32.1    23  〃

  (*小学校-学級児童数-28.4人は全国-812市区中「51番」は多すぎ - 少人化が必須 ) 

 

<住環境の整備>

・持家住宅の支援補助や住環境の整備も遅れているようです- 市民生活を放置では…?

「財政富裕度-89位」は、市民還元ではなく業者優遇は疑問の施政です

  小野市 全国順位  高浜 全国順位 高浜-特徴
持家比率-%    79  184   60   673 持家-低い
住宅床面積-㎡  125  173   97   578 面積-狭い
公園面積-㎡/人    8.1  506   2.3   758 公園も狭い

 

 

---「高浜のまちづくり」は不可解 ---☆---

● 市制50年を迎え「住みよさランク」が、前年より下位の「310位」に落ちました

・これは「高浜の施政施策」が過ちであることを如実に表していると思われ残念です…

・また小野市より、高浜は富裕度が「89位」と高いのに「住みよさ-下位」と逆転!?

これは「潤沢な財政財源」を市民還元されることなく「業者優遇」を優先の証し?

 

・結果、市民から「介護保険料」も「施設使用料」も値上げ徴収を強行も過ちの証し

「住みよい」まちづくりから逸脱の施政を強行されてます 

 

全国順位 小野市    高浜  小野 / 高浜
住みよさ   175  310    56
富裕度  267    89   300 

 

 ● 市民ファーストがあり方の施政であるべきが、業者ファーストは疑問であり残念

 ・このような乱暴な施政を「議会」も賛同容認だけで推進も疑問です- 議会も裏切り…

コロナワクチンの接種も遅く、資源ごみ立当番制を継続も市民を犠牲の施政です

  未だに「保育所-待機児童-20名超」もいることも過ち…

 

●「ハコモノ行政」で業者優遇の「リース事務所」に、市民は「30億円」近い大損害!

・ちなみに、公共施設-面積を比較すると「小野市-3.6㎡/人」対「高浜-2.4㎡/人」

「高浜」は、公共施設-面積も更なる狭小化を強行し「全国-最低」を目標のようです

 「中央公民館」「体育館」「庁舎」「図書館」も無い "まちづくり" は過ちの連続です

 

・「富裕度-全国-89位」の高浜が「築40年」で連続の早期解体や狭小建設は疑問…

「財政-潤沢」は、業者さんにだけ過剰で不適切な血税の無駄遣いを強行されてます  

  市民を騙すのも平然と強行の高浜 - 財政危機もウソかも

 

「中央公民館-築36年」「旧庁舎-40年」「青少年H-築42年」「体育C-築42年」…

公共施設-長寿命化-80年が大勢を占める中「早期解体」を強行は裏切りでは…?

・今後「図書館-早期閉館-築42年」「美術館-大規模改修-30億円」と続くようです…

 市民を裏切りの「ハコモノ行政」は凶行の一途…

 

---「さいごに」 ---☆---

「小野市」は「新生児の出生届け」に対し「手形・足形の陶板制作券」を贈呈…。

・後日「陶芸施設」にて「手形・足形」をとり、名前やメッセージを入れた陶板を作成

高浜は「図書室」を分割分散配置のため「陶芸施設」を閉鎖廃止の計画のようです

 

・「高浜」から「陶芸」の灯を消すのも残念な施政としか言いようがありません…

 ⇒「美術館」に、もう百億円近い財政投入を「図書室」で継続も疑問しかありません

 

・「公共施設-推進プラン」の「美術館-民間譲渡」の経過報告もされないまま…

「失敗」説明もされず、いきなり「図書室化」は思いつきだけの単純発想を強行…

 

 ハコモノ行政」は百年の展望を示して推進があり方

 

  「高浜」のハコモノ行政は、業者優遇だけの失敗の繰返しを強行されてます。

 「高浜」を破壊強行は「まち」と「市民」を裏切りです

   業者優遇から市民ファーストへの施政転換を切望します

   

        (最後まで、 ありがとうございました) 

高浜住民監査 - 公共施設計画の過ち - リース

21.10.5-中日新聞-「日大理事-6000万円受領か」- 病院工事巡る背任事件

「適正適切な財政運営」か…? - ますます「監視」の必要性を痛感しました。

・「建設費-20億円」規模であれば、2億円程度を融通できる可能性を感じました。

f:id:t2521:20211006093452p:plain



---「市庁舎-リースの疑問」 ---☆---

「市庁舎」は、まちを代表するシンボル施設 - 市民の誇りである象徴の公共施設

これを「シンボリック機能」不要と「リース事務所」に建替えの根本方針が過ちです

 

再々「リース事務所」は疑問と提起していますが「財政面」に限定して再確認します

 

<リース事務所の財政効果> 

1・市が主張された「施設寿命-20年」に、最新条件にて比較してみました。(税別)

庁舎施設 リース-契約 庁舎-改修 リース / 改修
面 積  - ㎡ 3,668 7,674    48%
施設寿命-年    20年契約   20年  100%
建設費 -百万円 1,962 1,785  110%
維持管理-百万円    897    917    98%
解体費-百万円      40    128    31%
合 計 - 百万円 2,899 2,830  102%

 

・単純に「合計金額」で比較では「旧庁舎-耐震改修」が優位 - 69万円も安価のはず…

・「施設面積」-「リース-3668㎡」は「4,000㎡」も狭いため「建設費」も削減が当然!

⇒ しかし、実態は同額。財政効果は「69万円」も高額の「リース」を選定は疑問です

  

・同額規模の予算を投じて「面積-半減」を選ぶ感覚が理解出来ません。結果-組織分割!

・施設利用者である市民は「担当窓口」がどちらの施設か事前確認を要し面倒な庁舎

面積半減を金額換算は「*16億円」損害です- 組織分割の非効率化も見えない損害…

 (*総務省-単価から引用し「行政系施設-更新単価-40万円/㎡」にて試算しました )

 

・「旧庁舎」を耐震改修すれば「耐震壁」が庁舎移動の障害となり執務効率が低下とか

「庁舎」と「いきいき広場」- 距離-500mの移動が執務効率の向上とは思えません

・「行政説明」は、市民を裏切りの説明も 平然と公言は、行政マンとしても疑問です

 

・別件ですが「サブアリーナ」の軒が無いのを指摘も「雨天は想定していない」と説明

メインアリーナには「軒」を付けて、サブアリーナは廃止は日本の気候も無視では…

市民感覚では、完全な設計ミス - いわゆる「チョンボ」を口先説明で肯定は裏切り

 

・本題に戻って・・・

● リース建設「費用-1,962百万円÷ 面積-3,668㎡ =単価-53万円/㎡」は圧倒的高額!!

総務省単価-40万円/㎡は「鉄筋コントリート造」も適用可 - なぜ、鉄骨造が-53万円?

それほどまでに「リース業者」を優遇の必要性が、なぜ、あるのでしょうか…??

 

・H26年度の「事務所」の建設相場単価を確認してみました…

着工統計-愛知県-事務所は「鉄骨鉄筋コンクリ造-21万円/㎡」「鉄骨-19万円/㎡」 

単価差-34万円×3,668㎡ =12億円もの巨額を相場より割高建設は浪費と裏切り??

 

・結果「事業費-合計」も「リース-28億99百万円」と「リース」は割高で財政効果無し

なぜ「財政効果」が無いのに、改修-37億円とウソ説明して契約強行は疑問です

 (*「改修-37億円」はウソ価格 - 改修額の正規金額は「33.2億円」- ウソ説明で強行 )

 

・以上、「リース」も「旧庁舎-改修」も「ほぼ同額」-「改修」すれば約69万円安価!

これを「38万円」も安いと「リース契約」強行は あってはならない裏切りでは…

  リース事務所の面積半減は「16億円」もの大損害! 

 リース事務所の建設費は「12億円」も水増しの可能性…

 

2・国が指導の「公共施設-長寿命化なら、旧庁舎の寿命は-30年~40年」延命です

・鉄筋コンクリートの補修技術が進化し「寿命-百年」も実現可能なようです  

・「旧庁舎」の寿命を30年に設定して比較してみました  

庁舎施設 リース-契約 庁舎-改修 リース/改修
面 積  - ㎡  3,668  7,674    48%
施設寿命-年   20年    30年    67%
建設費 -百万円  1,962  1,785  110%
維持管理-百万円     937  1,514    62%
合 計 - 百万円  2,899  3,299    88%
年当り-百万円     145    110  132%
20年経過 建替-(50億円?)       -  

 

・「年額」を比較すれば「リース」は35百万円/年も割高 - 20年では7億円の大損害!

更に、リース契約-20年後、また、新庁舎-建設が浮上の可能性 - 約50億円も必要に

・この試算条件からも「リース」選択の財政効果は疑問であり "不信" しかありません

   公共施設は「長寿命化」優先が財政削減の鍵 

 

3・つくば市-リース分庁舎との比較

・「同じリース会社」「同じ施設構造-鉄骨3階建て」「ほぼ同じ面積」のリース物件

「高浜-リース」は、なんと「20億円」もの水増し支出は不適切な財政の無駄遣い!

 

リース比較 高浜市  つくば市 高浜 / つくば
リース会社  Dリース  Dリース  
施設面積  - ㎡  3,668  3,330  110%
契約期間-年    20年    15年  133%
施設費  -百万円  1,962      873  225%
維持管理-百万円     937   (行政-管理)   丸投げ  
リース計 -百万円  2,899      873

 332%

 

・「高小-50億円」も「埼玉-美南小-23億円」の倍額建設を指摘-「条件が違う」と説明

市民感覚では「条件を合わせて- 財政-半減」があり方と思われますが…。

 

・しかし「同じリース会社」で「ほぼ同じ面積」で「11億円」もの差は不適切の限り!

・あと条件が違うとは、一体、何が違うのでしょうか… 説明が施政のあり方では…?

・更に、20年間契約で「維持管理」まで丸投げの優遇策を強行も限度を超えてます

    この割高なリース建設を「うそ説明」で強行は不適切な裏切りではないでしょうか…

 

  以上、旧庁舎を解体し面積半減は「16億円」の損害

   相場より割高なリース建設は「12億円超」の損害

    合計-「28億円超」もの損害を市民は負っています

  「高浜-リース契約」のメリットは何があるのでしょう

 この説明責任を果たすのが施政-行政と議会の責務のはず

 ダンマリで強行は許されない裏切りです

 

----------------------------☆---

このような重大問題があるのに「議会」は、無批判で同調賛同は使命放棄の証し

・「議会」のお役目である「行政監視」を放棄し、忖度議会では適切な財政運営も疑問

⇒ 一つひとつの公共施設につき説明もされず、倍額建設強行は高浜-財政を私物化です

 

・思えば、市庁舎-説明会も着工3ヶ月前 - 参加市民は40名で説明は十分なのか…?

これで説明責任を果たしたと強行こそ裏切り…「図書館」の講演会も40名とか…。

 

・無関心な市民が多い事を放置し、借金強行で倍額建設は後世も犠牲のハコモノ行政

    余りにも無責任な施政に驚き落胆 - 恐怖すら覚えます!? 

    恐怖は、こんな乱暴な「財政運営」で持つのか?

  

<公共施設推進プラン-市庁舎> 

・無責任で思い出したのは「リース事務所」の後始末も 後世に丸投げの先送り・・・

「11年後-令和15年」から「あり方検討 (赤枠) 」と丸投げは 無責任の証し…

f:id:t2521:20211006104627p:plain

 

・「あり方検討」の内容案 - 「公共施設推進プラン」より抜粋 - 「庁舎」の方向付け

f:id:t2521:20211006104924p:plain

これこそ「旧庁舎」を解体・建替え検討時に取組まれるべき施設の課題と思います。

 この結果「リース」なら分りますが「リース解体時」に検討とはいかがなものか…?

    事前検討テーマを 事後検討、後世任せは無責任の証し    

 

 

----------------------------☆---

今、議会は「一人会派議員」を捏造をもって "いじめ作戦" に注力も疑問です・・・

・「ハコモノ」も疑問 - 公共施設-一人当り面積は五万人規模の"まち"では"全国最低"…

・「ごみ立当番制-継続」も疑問 - 県内で「高浜」だけ実施も最低の"まちづくり"では…

「ワクチン接種率」も低く「医師数」も全国最低… 分院補助60億円はK市市民の倍額

 

   財政投入だけ倍額の「高浜」施政は市民が犠牲です…

    行政と議会で私物化追求は高浜を最低の"まちづくり"

 

  後世を犠牲とする市債 (借金) 建設も疑問です。

 

・建設財源として「市債-4割」があり方です -「計画実態は "6割~8割"」と過剰…

「建設決定者」として責任ある財政負担は「6割超」の負担率が適正適切では…  

 

   市民を酷使の「ごみ立当番」は疑問であり最低です

   ・結果 - 町内会-加入率が激減していることがその証し - 加入率-54% (*R3年 ) 

我が町内では「高齢者」が健康上「ごみ立当番」に立てないと退会続出です。

     (*碧南市は「来年-4月」から市民開放の計画です - 高浜は市民酷使を継続か? ) 

 

 「図書館」を閉館し「図書室-分割分散」も疑問です

     ・後世に「図書館」も無い "まちづくり" を如何様に説明されるのか…。

     常滑市」が夕張市に次いで図書館-閉館-二例目。高浜は「三例目」を目指すのか?

     (*「常滑市」は、4~5年後に「図書館」の復活計画を立案のようです )  

 図書館も早期閉館は「夕張市」に追随は全国最低では…

 

----------------------------☆---

 これら市民不在で強行こそが「高浜」私物化の証しです

    過ちの繰返しは危険な "まちづくり" です・・・

 

   この行政の過ちを監視し正すのが議会のお役目のはず

     実態は"監視"を放棄 - 忖度議会が倍額リースを創出です

 

    その変革は「市民ファースト」を指向があり方です

    議員 "いじめ" に熱中している場合ではないと思います

    "いじめ" は「監視」を妨害が目的のようです… 

 

   (乱文長文を最後まで、ありがとうございました)

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸