t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 再び学校空調の疑問 Ⅲ (空調利用料)  

 「高浜」は、業者企業には甘く、市民には冷酷な施政の証しが「高小-体育館」の空調利用料の設定

f:id:t2521:20200802053439p:plain

 

・「体育館」のフロア利用を「全面」と「半面」に「分割」であれば「空調」も「利用料」を分割すべき

・「空調-利用料」が「全面」でも「半面」でも「2,000円/時」一律では、不適切ではないでしょうか?

・「業者企業」には「倍額」投入で発注し、「市民」からは「倍額」徴収はいかがなものでしょう

「空調設計」「空調配置」「空調制御」を「分割利用」出来るよう対処すべきでは…?

 

● いくら「空調仕様」は、業者提案に「一任-丸投げ」であろうとも「市民」から「使用料」を徴収する

 のであれば、正確丁寧な「仕様検討」が発注管理者としてのお役目ではないでしょうか ?

 

・「施設建設」の借金返済も市民任せ、「施設-利用料」も市民負担だから「取れるだけ、搾り取る」と

 いう施政態度は「大家族」宣言や「ちょうどいいまち〜ちょっといいまち」宣言に反するものでは…?

 

 どうも市民優先でなく、行政優先の施設管理を強行は、施政のあり方から逸脱が高浜の特徴 … 残念 …

 

<隣街-碧南市の体育館-使用料の比較>  

施設-空調込みの使用料は「碧南市」の、なんと「3.5倍」は暴政では? … 市民には冷酷な施政の証し…

高小体育館-空調利用 面積-㎡ 全面-料金
新-高小-体育館 900 3760円/時
碧南-第一体育館 821 1090円/時
碧南比 110 345

 

--- 熱中症 -------------------------☆---

 ●「市民」には冷酷な施政です- 体育館の空調仕様を「倍額発注」の業者さんに丸投げの無責任施政

⇒「結果」- 「サブアリーナ」の空調機能は「換気」だけのようです。詳細は未だに未発表と隠蔽です

・「サブアリーナ」の利用者は「中高生」をはじめ「リタイヤ組の高齢者」も結構、多いのです。

・「隣街」では「様々な体育館機能」を有する施設には「冷房導入済み」で「料金も格安」とか…

 

--- 「熱中症」 ---☆--- 

・近年、地球温暖化の影響もあり「熱中症」は増加傾向 - その死亡者数は「高齢者」が圧倒的多数…

「高浜」は、業者企業は優遇しても「市民」には冷酷 - 「サブアリーナ」は空調無しを強行です!

・ この判断を、業者に「丸投げ」も無責任な施政の証し - 一体、誰の為の施政なのでしょう…

・建設費は「倍額-50億円」も投入しているのに、市民の健康機能にはご関心なき施政は傲慢の証しです

 

<熱中症-死亡者動向> 

f:id:t2521:20200802062118p:plain

業者企業を「大家族」とし、「市民」は、納税や使用料を徴収だけの道具扱いはいかがなものでしょう… 

これを「ちょうどいいまち〜ちょっといいまち」と宣言される施政の傲慢さは残念しかありません

まさに「市民」を裏切りの施政強行の証しとなる施設建設です

 

 

後世の市民と高齢者も犠牲の「倍額-建設」を強行は裏切りです

 

また、早期解体は全国最下位の施設面積を強行は破壊のまちづくり

 (*人口-5万人未満の街で「公共施設面積-2.5㎡/人」は、全国最下位 -「縮充」方針は疑問です )

 

過ち」の「倍額建設」の "まちづくりが" 強行されています

(*施設面積を最下位でも「財政運営」が危ないとは、施政運営の失敗を市民に押付けの無責任では…? )

 

 「民間分院-巨額-60億円」が、失政の要因 - これを「財政逼迫」と早期解体を強行は「過ち」

 「公共施設は市民の財産」-「築40年」は寿命半ば - 「長寿命化」が施設管理のあり方です!!

 

「中央公民館」「旧庁舎」「青少年ホーム」- 築40年   「大山公民館」-築35年!

  ことごとく「早期解体,閉館」こそ、財政浪費と破壊の証しです!

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸