t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

住民監査 - 公共施設使用料の不当な値上げ

●「高浜」では「まちづくり方針」に「思いやり 支え合い 手と手をつなぐ 大家族たかはま」と宣言され

 また市制50周年を記念されてか「ちょうどいいまち〜ちょっといいまち」も追加されました

しかし、実態は「庁舎はリース事務所」に転落、学校は「縮充」と「倍額-50億円」は異常な浪費

・結果 - その施設-使用料を数倍に高額設定し、失政の補填を市民から徴収とは、まるで江戸期の施政

  言葉は美しいが、実態は真逆の施政であり残念な"まちづくり"です

 

最近、市は施政の進め方に「P-D-C-A」を回そうとの文言を見かけますが、その実態はいささか旧態然

・先日、市の回答資料も公文書とは思えず「文書配置」を指摘の結果「文書作成基準」は制定が無いとか

  基準制定も無く、とても「新世紀」の"まちづくり"とは思えません

 旧態然とした頭数だけの忖度で、過ちの"まちづくり"を強行です

   高浜市制50周年は"住みよさ" 後退の施政であり、市民が犠牲です

 

その一つが「高小-倍額-50億円」施設の使用料の倍額値上げです

・「財政削減」を旗印に、説明責任も果たされず強行の「リース事務所」や「高小-施設」は浪費の連続

・結果 -「使用料」を数倍にも値上げ設定は、議会の市政監視機能も欠落 - 行政に忖度の不適切な仕組み

 

<「学校開放事業-使用料」>  *市立学校の「体育館」の使用料をご確認戴きたいと思います

・確か他の自治体では「無料制度」もあると思いますが「高浜」は有料制…も残念…

「高小」だけ優遇し「早期解体-倍額建設」は市民の願いでしょうか… 市民無視と業者優遇の証し

結果 - 高小-体育館の使用料は、他校と比較し「4倍超」の値上げは、やりたい放題の失政の証しです

 

学校名    区 分

 面積

  (㎡)

 使用料

 (円/時)

  ㎡単価

   (円)

新-高浜小  メインアリーナ全面    900  1,760    1.96
 メインアリーナ半面    (450)     880    1.96
吉浜小  体育館全面   1,133     510    0.45
 体育館半面       350    0.62
高取小  体育館全面     772     350    0.45
港小  体育館全面     902     430    0.48
翼小  体育館全面   1,141     510    0.45
 体育館半面       350    0.61
高浜中  体育館全面   2,225     600    0.27
 体育館半面       420    0.38
南中  体育館全面   1,673     500    0.30

 

● 疑問は「体育館」の使用区分の「全面」と「半面」設定が学校毎にバラバラは基準無しの証し…

・いわゆる「思い付き」で、都度、大きな声の気分で設定ではないでしょうか… 

 

使用料値上げの理由は「消費税率が改定」と「前回の見直しから約20年が経過」-物価・人件費等が上

 昇していることなどに伴い、市の公共施設等の使用料の見直しを行いました。」とされてます

しかし、他市は同額レベル維持を、高小-体育館は「4倍超」に値上げは不当な便乗値上げで失政の証

 

・「財政削減」と言われ「か美術館-100億円」「民間病院-K市市民の倍額-60億円の大盤振る舞い」

 「浪費が明白な面積半減のリース事務所に倍額-30億円」- そのツケを市民に廻す矛盾の市政の常套

   手段は不適切の限り… 介護保険も「県下-上位」とか - 介護保険の運用も不公平な仕組みのようです

 

<サブアリーナ-使用料>も不適切な思い付き

冒頭「市に文書作成基準」も無いと指摘しましたが「施設使用料-設定基準」も無いようです-思い付き?

⇒「基準」も作成されず、都度-思い付きで設定され、市民に料金負担を押付けは不適切、且つ過ちです

 

<公共施設-使用料の比較>

施設名   区 分  面積  単位

 使用料

    (円)

 ㎡単価  

     (円)

新-高浜小 メインアリーナ全面 900㎡ 1時間 1,760  1.96
  メインアリーナ半面   1時間  880  
武道館 個人 598㎡ 1回      60  0.10
団体 1時間    520  0.87
新-たかぴあ サブアリーナ-全面 672㎡ 1時間 1,320  1.96

 

「サブアリーナ」は「旧-体育センター-築42年-1,260㎡」を駐車場を増設のため早期解体は浪費の極み

推定ですが「耐震改修-1.5億円」を「3億円超」で更新は、典型的な浪費のハコモノ行政です

 

・「機能充実」と言われ「使用区分は分割使用をも禁止」「マシン-スタジオも無し」は機能削減の失敗

結果は「使用料の値上げ」だけ - 市民の犠牲を当然とする"まちづくりは"「住みよさ」も悪化です 

 

・施設-使用料は「従来-750円 (他市施設の1.6倍)が、「全面-1.320円」は「1.8倍」にも値上げ

改善要望-市民署名の提示」や「陳情活動」の結果、ようやく「来年度」から改訂を検討予定とか…

 (*「回答」- 「施設使用料は使用開始してから検討する」とは「先送り」の典型的な無責任な管理例 )

 「使用料」の分割使用の設定すら、市民指摘を受け半年も要するとは、市民の犠牲は放置の施政の証し

 この調子でコロナ対策や施策も後手後手となっているのでは…?

 

<施設使用料の適正化>

・公共施設は市民の財産です。市民一人ひとりの声の実現があり方であり、小さな声を採用が民主主義…

これが高浜に欠落は明白であり残念です - 市民が声を大きくする必要性に迫られています

 

<サブアリーナ-配置図>

・「旧-体育センターの面積-1260㎡」を縮充と言われ、倍額を投じて「672㎡」に半減も失敗のハコモノ

・施設の配置図を下記します。図では「バドミントン-コート」が「3面」あり「分割使用」は当然では

・使用料案は、三分割 - 「1/3面」「2/3面」「全面」の設定があり方ではないでしょうか…更に、半面…

これを「使用区分-全面限定」は「1/3面使用」でも「全面料金」は、欲深い"ぼったくり"の施政の証し

・「美術館-100億円」「民間病院-60億円補助」を強行し、市民からは「数百円」でも徴収は歪んでます

 

f:id:t2521:20210123125907p:plain

 

全国的にも公共施設の「分割使用」は多用され常識のようです

  このような些細なことも指摘を要するとは高浜は歪んでいる証し  

 

----------------------------☆---

・施政は誰の為か、自治は誰が主体か -「主人公は市民」は原理原則

  この原理原則を無視され「私物化」の過ちを強行されています

 無謬 (むびゅう) の間違いのない"まちづくり"を遂行戴きたいものです

   一事が万事 -「大家族-5万人」と後世の市民の命運が左右されます  

 「高浜」を "住みよいまち" としたいものです … 

 

     (最後まで、ありがとうございました)

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸