t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 学校建設の不可解 Ⅳ

元号が明日から「令和」に変わり、新たなる時代の幕開けのようです。

・「平成」の残念な施政は「旧ハコモノの早期解体の強行」でした。

 

---Ⅰ-ハコモノ解体強行---☆--- (*中公は市内唯一の「劇場型ホール」を有する施設 )

①「中央公民館 (築36年)」を市民の署名や住民投票の反対を無視され早期解体を強行!?

 ⇒ この跡地を民間分院へ無償提供。分院建設に半額の20億円の補助計画を強行?

  (*施設方針-「長寿命化-70年」の規定をも市が無視は国策にも反した判断です ) 

f:id:t2521:20160622080853j:plain

● 解体により周辺市で「高浜」だけ「文化芸術」の拠点が無い文化不毛の地に転落です!

幼稚園~小-中-高校生まで発表会の会場に、近隣市の施設を求めて移動は市民が犠牲!

 

②次なる解体強行は下記写真の施設「旧市庁舎」です。

・代替施設として床面積が半減の「狭小リース-30億円」を強行は理解不能!

 (*強行の意味は「市民説明会は着工3か月前」- 市民の声を反映不可能な時期に開催)

 

●結果、行政組織も分割となり効率低下 - 施政の無謬性を逸脱は危機的事態です!

f:id:t2521:20161123105455j:plain

未だに不可解は「公共施設の寿命-60年」を適用した条件設定の建設予算計画。

・「旧庁舎-築40年」-「リース期間-20年」とした理由は「60年解体」が前提は不可解?

・「公共施設は70年に長寿命化 (*他市は80年) 」- ご都合主義的な背景が見え隠れします。

 

 これらの施策が本当に「大家族」のためなのでしょうか?

 市制50周年記念事業のためハコモノ借金建設では後世の市民は借金返済の犠牲です!

 

---中央公民館の代替機能---☆---

市は「中央公民館」の機能を「高浜小に機能移管し縮充(複合化)」すると説明されました。

・しかし、新校舎を見る限り、スペースは狭く、納得できる施設では無いのが残念。

・次回は、この高浜小学校への「機能移管」を確認したいと思います。

 

 平成時代、最後のブログを終了させて頂きます。 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸