t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

高浜住民監査 -「リース庁舎」は詐欺同然! -27億円もの大損害! -Ⅱ

「高浜」のハコモノ行政のデタラメ建設は限度を超えた血税を無駄遣いの連続です

・「リース」は「27億円」もの大損害を市民負担としています!! 裏切りの極み!! 

公共施設は「百年の大計」があり方を「リース-20年契約」はハコモノ行政の後退…

・「早期解体」「倍額建設」は血税の無駄遣いであり、あってはならない裏切りです!! 

・同時に「貴重なエネルギー」を浪費は、地球環境の破壊にも繋がる暴政を強行です

 今回は、市HP「本庁舎整備事業に関するQ&A」を一問一答で検討します。

 

---「庁舎建設の説明」 ---☆---

・市HPにて「庁舎」建設の “Q&A" を掲載。実に言葉巧みですが矛盾の説明です。。 

  [検索] : 高浜市役所本庁舎整備事業に関するQ&A - 高浜市ホームページ (takahama.lg.jp)

リース-完成前は「旧庁舎-改修」は37億円要するとウソ資料を掲示も 詐欺同然!!

・市HP掲載のウソ資料を、リース完成後、用済みとばかりに削除改ざんは犯罪同然!!

 

・市民を騙して「33億円契約」とは、人としての良心も 疑問しかありません…?

10%コスト削減もウソ」~「リース-20年間」を決定の責任も放棄されてます…

 

・お役所の執務のあり方は「無謬 (むびゅう) 」- 絶対に間違いの無い進め方だとか…

その理由は、自治体の運営は、市民の税金を原資としているためだそうです

 血税は字の如く市民の血と汗の結晶 - 私物化は裏切り

 

 

---「本庁舎整備事業に関するQ&A」 ---☆--- 

1 どうして「今」整備が必要なの?

  1. 耐震性能の課題
    現在の庁舎は耐震基準を満たしていません。大地震等災害が発生した場合には、防災拠点としての機能が果たせず、業務の継続が困難となります。⇒ 〇
  2. 劣化状況の課題
    現在の庁舎は竣工後38年が経過し、施設の老朽化が進んでおり、老朽化に対する大規模な改修工事が必要です。⇒ 築38年を老朽とは過ち。寿命は80年超… 

  公共施設も人と同じ-寿命「百年」- 築38年は寿命半ば  

  鉄筋コンクリート-長寿命化技術は商品化されてます。

 

2 どうして耐震改修をしないの?

 耐震改修に方法は、ブレース工法、制震工法、免震工法などがある中で、ブレース工法による耐震改修を実施した場合、建物の変形を抑えるための筋交(すじかい)を建物外部だけでなく内部にも設置する必要があり、それにより現在の執務スペースが分断されてしまいます。⇒ ✖。矛盾は「組織分割で"いきいき広場"に移転」は大分断です!

・この耐震補強の方法も公表されず、行政の独断で、リース決定も業者優遇を強行…。

 さらに、耐震改。修費の費用に市の貯金である公共施設等整備基金や財政調整基金を充ててしまうと、公共施設等整備基金が無くなってしまい、今後の公共施設の更新の為の費用を確保することができなくなります。⇒ ✖。

・公共施設の建設は基金積立から開始があり方。次代の借金を軽減が施政のあり方…

新城市は庁舎建設基金積立を20年以上前から開始 - 建設費の負担を半減されました

「高浜」財政はキリギリス運営 - 借金増大のハコモノ強行

 

3 どんな手法で整備するの?

 新たな庁舎では、建物を民間事業者が建設し、建設された建物を民間事業者から「賃借」します⇒ ✖。市民に、この財政効果の説明があり方。業者優遇を独断は私物化

 賃借することとした理由は、庁舎は地方公共団体の事務所として位置づけられていることもあり、シンボリック的な建物を求めず、その分他の公共施設の更新・大規模改修等の費用に充てるためです⇒ ✖。庁舎は街のシンボル - 市民の誇り、象徴、夢、希望…

・事務所で良しとした判断も過ち。次代に対して説明責任をも放棄。無責任の極み!!

 

4.どうして賃借の期間を20年間としたの?

 本事業では、庁舎の賃借期間を新庁舎での業務開始から20年間としています。⇒ ✖

 この理由の1点目は現在の庁舎の耐用年数を60年とした場合、建築してから残期間がほぼ20年で建替えの時期が到来することに加え、設備についても約20年後に更新する時期がくるためです。⇒ ✖。公共施設総合管理計画では長寿命化 -70年。他市は80年…

・「リース条件」に合わせて20年設定も業者優遇の証し… 20年後、また庁舎更新…!?

 施設長寿命化を図り、市民参画で解体更新を策定が国の 

   指針では…。行政の独断強行、業者優遇は裏切りです 

    2点目はIT化の進展により、今後の行政事務のあり方、行政サービスの提供方法も変化することが想定され、現在のスペースが必ずしも必要とは限らず、ある程度の期間で見直しを図るべきとしたことです⇒ ✖。庁舎を基本として複合機能を盛り込むべき

・旧庁舎を耐震改修し、組織を一体化。また、職員数を全国最低から増員すべき…

・行政が希望的予測で庁舎のあり方を想定し、リース事務所は過ちであり分割は大損!

「リース」は市民を犠牲のハコモノ - 20年間も無責任!

 

5.新庁舎整備の提案を募集する際には、どんな提案条件を民間事業者に求めたの?

施設機能

 市庁舎の機能の他、市民も利用が可能となる多目的活用ゾーンの確保や店舗などの収益機能、他の施設との複合化、いきいき広場との連携も含めた一体的に活用した提案を求めました✖。 多目的ゾーン⇒議事室?  店舗⇒休憩室?  計画と実態が乖離は失敗…

・「いきいき広場」との連携とは何ぞや?  庁舎分割は不便極まりません。これを20年も

・「庁舎」は三分割は財政効果無きハコモノ建設。これを独断強行されたのです…

  (*施設として「本庁舎」「会議棟」「いきいき広場」と三分割は縮充に逆行の矛盾 )

 

面積

床面積で現在の市庁舎約7,800平方メートルを約5,000平方メートルへ縮小することを目標にし、また、執務面積として現在の市庁舎の約3,800平方メートルを約3,500平方メートルへ縮小するとして、現在の施設よりコンパクトな庁舎を求め建設費の縮減を考えた提案を求めました ✖。縮小の根拠が曖昧。一体化があり方を組織分割は矛盾

・「職員数」の将来計画や複合機能計画が欠落した判断は「リース業者」を優遇だけ…

・「リース」の執務面積は「3,500㎡」も無いと思われます。過剰な狭小に倍額投入!

「リース」は面積半減にも係わらず「建設費」は相場の倍額では財政の縮減無し!!

    リースは、市民損害-27億円にも増大しています

 

6.整備費用はいくらかかるの?

 概算の事業費は、建物建設にかかる費用や20年間の庁舎の維持管理・運営費などを含め、総額で33.2億円を予定していました✖。これを当初は「37億円」と表記説明!!

 また、建物を民間から賃借する方法を取り入れることで、費用を20年間のリース料として平準化して支払っていきます。このことにより、財政負担の軽減や整備にかかる費用を可能な限り節減し、その財源を老朽化の進行著しい高浜小学校の建替え整備に充てます⇒ ✖。建設相場は10億円を20億円支払は裏切り。借金増加だけの財政私物化!

・本来は建設基金を積立て、建設着手があり方。つまり財政運営も失敗で借金建設!! 

 「高小-倍額-50億円」も 疑問のハコモノです…

 

 

<施設比較>          

庁舎施設    面積-㎡ 施設費-億円(税込)  単価-万円/㎡
旧庁舎-改修  7,674  19.28  25.1
高浜-リース  3,668  21.58  58.8
つくば市-リース  3,330      9.43  28.3

リース事務所」はウソ説明。財政効果無き、高額施設を建設強行は詐欺同然!!

 「リース」を選択落札は過ちと裏切り - 財政私物化の証し

 

<市民が受ける損害額の試算>

「リース」の市民損害は、なんと「27億円」もの大損害!!

リース損害 損害要因  損害規模   損害額 試算単価
旧庁舎-面積損 床面積-半減  4,006㎡   16億円

総務省単価     -   40万円/㎡

リース-水増損 建設単価-倍額  30.5万円/㎡   11億円 リース単価差

 

27億円」-大損害のリース強行は"高浜"と市民を無視!

「高浜-市制50年」に リースは "汚点" となりました…

  今後、20年間も高浜施政の汚点のシンボルです!!

 

9.どんな庁舎になるの?

 新しい庁舎は地上3階一部地下1階、約4,700平方mの建物規模となります ✖。

・「リース」は旧庁舎の面積半減 - 3,668㎡!   (*ウソ記載で説明は不適切… )

    フロア構成としては、1階に市民総合窓口センター、2階に企画部・総務部・都市政策部の執務スペース、3階に議会スペースを配置します ✖。議事室を解体も大損害

・狭小リース事務所は、未だに仮設施設のイメージが残り、残念な施設に30億円投入??

  「リース-3,668㎡」は狭すぎ。これが庁舎とは残念だけ。来訪者も困惑されてます

 また、いきいき広場には、3階にこども未来部及び教育委員会を配置します。福祉部、高浜市社会福祉協議会などと連携しやすくなることで、学びと福祉のワンストップサービスを行います✖。組織分割され、二拠点化をワンストップとは矛盾の施設…

 言葉は「ワンストップ」- 実態は二分割 - 不便で非効率!

 

 

----------------------------☆---

 「30億円」もの倍額投入し、20年で解体も失敗施設!!

 失敗の証し -「つくば市-分庁舎」は 3,330㎡-9億円-15年契約後は施設無償貸与…

   この負担と失敗施設を次代に丸投げも無責任の証し

 

     施政のあり方 - 無謬を無視は過ちと失敗の連続です

   「全国最低の職員数」「全国最低の施設面積」…

 「高浜」は、なぜ、全国最低を目指すのでしょう…?

 

   「高浜」施政は歪んでいます… 財政を私物化です

    この歪みは、市民と後世を犠牲としています

 

       結果 -「リース」は27億円もの大損害のハコモノ

    市民が犠牲の「高浜」破壊は無責任の極みです

 

 

  (最後まで、ありがとうございました) 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸