t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

高浜住民監査 - まちの私物化 ! Ⅲ - リース27億円損害  

「高浜在住-40年超」- 町内会役員を契機に施政との接触機会が増加の途端、非合理

 で、低劣で、市民無視の施政との認識は深まるばかり…「高浜」を私物化と確信!

「施政」は市民が主体者 - 財政浪費・不平等不公平・適正適切な施政とは思えません

特定の市民、特定の業者を過剰に優遇の偏向的な私物化施政が強行されています…。

 

----------------------------☆---

「中央公民館-早期解体を始めとする公共施設計画」は、特に劣悪です…。

⇒ 遡れば「中央公民館-築36年」は 民間分院の建替地の要請に応え早期解体は論外!

・当時、年間利用者は「延べ7~8万人」- 市民より民間分院の声を優先は私物化! 

民間分院-補助も20年-60億円 - 本院のあるK市市民の倍額を高浜市民は負担です

・この理不尽な補助実態を、施政も、議員も、説明責任を放棄されています…。

 

   思うに「分院-補助」が過大な負担となり、基金積立が枯渇となり庁舎をリースでは…

 - 本末転倒の施政を強行は「高浜」破壊の "まちづくり" となっています・・・

 

● 次に「中央公民館」代替施設として「たかぴあ」含む高浜小は「倍額-50億円建設」

市は「中央公民館-利用-30%以下」は不適と説明 - しかし市は利用促進策も放棄…

 

・「たかぴあ」利用率は「部屋数」を14室から4室に削減したのに利用率-1割未満

結局-「施設利用率-30%」は 早期解体の口実だったようです… 不適切の極み…

    行政が、巧みに "ウソ" をついて公共施設を早期解体は典型的な "悪さ" です

 「高浜」は この「ウソ」説明の施政が多すぎます…

 

----------------------------☆---

「高浜」の施政施策のデタラメぶりは「市庁舎」をリース建替でも証明されました。

・このリース事務所に「30億円」もの巨額投入は「高浜」を破壊行為そのもの…

行政も議会も賛同推進は裏切りであり、「人」としても疑問に思え残念だけ…

 施政の裏切りを 公然と正当化し妥協賛同だけです…

 理不尽な財政の無駄遣いを数の力だけで強行は高浜破壊! 

 

----------------------------☆---

<新城市に学ぶ庁舎のあり方 - 庁舎面積> 

新城市では「庁舎-面積」を下記の三項目から求められました。他の自治体でも同様…

「高浜」は、この面積算定の執務をも放棄。リース会社に丸投げの無責任ぶり…

f:id:t2521:20220323130932p:plain

 

<新城市 - ③庁舎事例に基づく算定例>

f:id:t2521:20220323131150p:plain

● 職員一人当り「最低-26.4㎡」-「最高-49.5㎡」-「平均-35.9㎡」とあります。

「高浜-183人」であれば「平均-6,570㎡」が妥当であろう庁舎面積と算定。

・これは「旧庁舎-7,674㎡」なら十分充足でき数十年間の職員増員にも対応可能…

 

<高浜-施政の裏切りによる大失敗> 

1.「高浜」施政の失敗は「旧庁舎-築40年」を早期解体 

2.「代替-リース」は面積半減し「倍額-30億円」契約!

3. 結果-数十年後-後世に新庁舎建設の借金丸投げの無責任

このように市民が犠牲の残念なハコモノ計画を強行です

 

<「リース」の疑問>

市民を裏切りの「高浜施政」も低劣ですが、「リース会社」の提案力も疑問です。

・「高浜」はリース会社に下記のように庁舎建設の仕様立案を丸投げされたようです

「職員-183名」「議員-16名」を収容運営可能な施設建設の提案を求める。と…

 

・常識ある自治体であれば、庁舎こそ、施設調査・計画立案に傾注されるようです。

ところが「高浜」の丸投げ体質は、施政の悪さの極みであり、無責任の証し…

・これに「30億円」もの巨額投入 - つくば市リース「9億円」の3倍超の契約強行

 

<同じリース会社でこの契約格差は疑問>

リース 施設面積 施設費(税別) 維持管理 リース期間  契約後
つくば市 3,330㎡   8.73億円      -     15年  無償貸与
高浜 3,668㎡ 19.62億円 9.37億円     20年  不明

 

・結果「床面積-3,668㎡」半減を受入れ、建設着工後、狭すぎと気付き…? 分離分割?

「高浜」は、小学生でも算定可能であろう「床面積」も計算出来ないのでしょうか…

・ここに、不適切な大人の事情、不都合な真実が隠されていると思われます…

 

・しかし「リース会社」は、市の提案要請に対し、適正適切な回答が出来なかった証し

「高浜」は要求仕様を充足しない「リース提案」を許諾し、巨額-30億円を契約強行!

  これが「特定の業者」を過剰優遇の結果です。なぜ、ここまで優遇されるのか… 

 

・施政は「市民の声は無視」されるのに、リース会社の提案 - 庁舎分割を容認も疑問…

一体、どのような仕掛け…? か… 高度な交渉力を発揮されたのか…

・顧客の要望を無視して施設面積を半減提案し「倍額」契約とは神業です…

 施政も、建設相場は「10億円未満」を「30億円」契約とは豪胆な財政運営

 「リース契約」はそれほど魅力ある提案だったようです… 実に不可解の極み…

  

・「縮充」に逆行し「庁舎」分離分割は、不便なお役所となりました… 30億円効果無し

これが「20年間」も続くかと思うと、市民の損害はまたまだ拡大しそうです

 

・現施政は「20年」も責任を持てません - 従って無責任な判断を強行採択は市民犠牲

「高浜」リース庁舎 - 30億円契約は無責任の産物のようです

 

・「ごみ立当番制」も、もう20年超継続とか - 高浜市民の忍耐も限界では…

「町内会加入-53%」は碧海5市で「最低」です… これが市民の無言の抵抗の証し 

 

・しかし「最低」を目指される高浜施政には落胆しかありません。

最低施政-「職員数・公共施設-面積」「ごみ立当番」「図書館-閉館-全国3例目」…

 

 思うに、この「全国最低の施政」となっている原因は、

「職員」を全国最低にまで過剰削減の弊害では…

 

  適切施政を立案遂行できない戦力まで人員削減を強行…

  結果 -施策立案レベルが低落、失敗も増え財政浪費が増加

 悪循環のスパイラルに陥ってます - 自治体経営の失敗!

 

「学校エアコン」も劣悪 - 教室毎に札束付きの高額発注!!

 

----------------------------☆---

<高浜-庁舎整備事業-実施方針>より抜粋 - 当初は「庁舎-一体化」の計画と思われます 

f:id:t2521:20220322222531p:plain

 

着工、3ヶ月前、つまり変更対応出来ない時期に「市民説明会」を開催し強行突破! 

・これも私物化の証しであり、リース事務所といきいき広場の散歩機能が複合化なのか

このように「高浜」は私物化され失敗の連続 - 市民には隷属化を求められています

   高浜に「主権在民」「民主主義」は消失しています

  議会は「多数決」が民主主義と数の力で悪さを発揮です 

 

「リース建設」も「捏造資料」を作成し、公然と市HPに掲載は典型的な「悪さ」…

・「リース」は大損害を隠蔽し、公開資料もリース完成後、削除すれば良いのか…!?

「高浜」においても「森友問題」が起こっていたのです… 不適切な市民を裏切り強行

 

<リース完成後、削除された「リース効果の捏造資料」>

・「リース」は「高浜市民」に「27億円」もの大損害施設となったのです

・「市が整備した場合」-「37億円」とは大ウソです- 行政がしてはならない"悪さ"…

・従って「約10%のコスト削減」もウソ - 実態は「0.01% - 38万円」安いと契約…

「高浜」行政や議会は歪んでます - ウソに安易な同調で「リース」賛同されました

 この27億円もの大損害も無視されるのでしょう…

 

f:id:t2521:20220224091340p:plain

 

  全国でも稀有なリース庁舎はウソ-捏造説明で建設強行

     着工3ヶ月前の市民説明会に参加市民は約40名…

    これで「説明責任」を果たしたと強行されたのです 

      市民に正確な情報を適時発信されず隠蔽建設を強行

 

 

---「高浜-暗黒時代」の始まり ---☆---

 「高浜」リースは大損害のハコモノです!!

 「高浜」20年間 - ウソ建設の施設が存続します

   つくば市はリース支払-5千万円 - 高浜は1億5千万円

 「高浜」は これを「支払平準化効果」と説明も大ウソ  

 

  後世に、僅か20年後には新庁舎の建設責務を丸投げ

  つまり借金漬けの施設施政を押付けられたようです…

 未だに「次期-庁舎建設基金」の積立も放置のまま…

 

    施政のあり方は無謬 (むびゅう)- 絶対に間違い無い施政遂行

 実態は「過ちの施政」の連続と「私物化」の財政浪費…

 

 そもそも「コロナまん延防止期間」中に、50周年記念イベント開催が無責任の証し…

 コロナ感染実態が、碧海5市で「感染トップ」も無策の証し…

 

 「早期-解体閉館」「倍額建設」「施設使用料-倍額値上」

 「ごみ立当番継続・図書館-閉館・美術館-陶芸室廃止…」

 「旧市立病院も早期解体」-「高浜」の未来は暗黒です…

  

    現在「私物化」施政に反対議員を「いじめ強行」…

  実に、不適切であり、嘆かわしい事態となっています

 

---「27億円-損害のリース」 ---☆---

 「リース」は市民損害 27億円にも相当する大損害のハコモノです

・旧庁舎-7,674㎡をリース建替は4,000㎡を消失 - これを金額換算すれば「16億円」

・「リース施設」- つくば市リース単価と比較すれば、倍額に水増し損 - 「11億円」

 

リース損害

損害要因

 損害規模

  損害額

試算単価

旧庁舎-面積損

床面積-半減

 4,006

  16億円

総務省単価

リース-水増損

建設単価-倍額

 30.5万円/㎡

  11億円

リース単価差

 

結果 - 市はリースを「38万円-0.01%」も安いと契約ですが「高浜」を私物化です

市民損害 - 27億円もの巨額の大損害 - 高浜の未来は失望しかありません

  

   「行政」として失敗や間違いはありえません… 

    税金の無駄遣いや 私物化では市民は犠牲です!!

   市民を犠牲の行政は最大の過ちであり裏切りです 

 

     (最後まで、 ありがとうございました)

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸