t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

高浜住民監査 - まちの私物化 ! Ⅳ - リース27億円損害  

「高浜」のコロナ感染は拡大の一途 - 実に、感染対策は無策の証しでは…

施政施策が「ワクチン接種-一本槍」の結果です - 残念な施策は市民が犠牲です…

 

<コロナ感染数-3/26> *感染は、統計開始以来。感染増は今年1/4以後~

・「高浜」は「感染率」も「感染増率」も碧海五市トップは感染対策が過ちの証し…?!

 

碧海 人口-千人 感染-3/26 感染率 感染増-人 感染増率
刈谷 152.6   7,477 4.90%   5,760 3.77%
安城 190.1   9,233 4.86%   7,265 3.82%
知立   72.3   3,812 5.27%   2,826 3.91%
碧南   72.8   4,748 6.52%   3,744 5.14%
高浜   49.1   3,211 6.54%   2,595 5.29%
合計 536.9 28,481 5.30% 22,190 4.13%

 

これを「適正適切」「最善を尽くしている」の結果と思われ、言葉だけでは…

・2月中旬 -「感染まん延-最盛期」に、市制50周年行事を強行とは裏切り…!

当時、開催強行と聞いた時は、ただただ呆れるばかり - 案の定、感染激増…

 

----------------------------☆---

このように傲慢施政は市民を犠牲とするばかり - これを「いいまち」と豪語も疑問〜

・今回は傲慢施政の「リース-倍額建設」につき、再確認してみます。

 

<第六次総合計画>   *「高浜」の第六次-総合計画から抜粋しました。

⑴ まちへの想いを育み、いつまでも住み続けたいと思えるまちをつくり

⑵ 将来を見据えた健全な財政運営を行います

市民感覚では、裏切られた思いだけしかありません。実態は残念な凶行施政…。

 

<住み続けたい まちづくり?>

● 碧海5市で「高浜」だけ「ごみ立当番」を町内会加入の市民に強要継続 - 改善無し!

・「町内会-加入率-碧海5市-最低の53%」は、半分の世帯だけが協力の制度を継続 

「町内会-未加入」の市民のほうが快適な市民生活を享受できる仕組みです 

・恐らく「納税額」は同じ - とても公平平等とは思えない制度を継続は凶行です。

  「ちょうどいいまち〜ちょっといいまち」とは施政にとって都合のよいまち…

 市民の「小さな一言」を無視のまちづくりを強行です 

 

・「保育園の待機児童」も劣悪です。 

碧海5市 刈谷 安城 知立 碧南 高浜
職員-人 1,044 1,080   453   455   238
            千人当り   6.8     5.7    6.3    6.2    4.9
町内会-加入率   65.9  78.8  71.9  72.8  53.6%
保育-待機児童    4人       0       0       0    16人
住みよさ- 位     38     97   359     46    310

 

「待機児童」の格差は、後世の市民を犠牲としている証しと考えられます 

・これを「住み続けたい "まちづくり" 」とは傲慢施政の証しでは?

 

<ご参考>・知立市の主要な公共施設面積は「高浜」より「3.3倍」の広さです

公共施設 知立市 高浜  知立/高浜 高浜-施設
本庁舎 8,957㎡ 3,668㎡  2.4 リース事務所

 

 

---新城市」に学ぶ -「庁舎建設基金積立」 --☆---

新城市」の財政運営は、実に、堅実で巧みの極みを発揮されています…

・下記にH4年~H23年の20年間で「庁舎建設基金」を13億円積立とあります

・これが「将来を見据えた健全な財政運営」ではないでしょうか…

「高浜」は、基金積立無く、いきなり「リース事務所」を着工は乱暴な施設計画…!?

 

● 言葉では「支払平準化」と説明は、実態は貯金が無かったようです。借金増だけ

・未だに「庁舎建設基金」の設定無しは、後世にも借金建設を強要の施政では…

この不適切な借金建設は後世に借金返済を丸投げ - 庁舎-20年、高小-15年…

・恐らく「民間分院-補助-10年-30億円」を強行の為、建設資金が枯渇と思われます

 

f:id:t2521:20220327063618p:plain

基金積立を先行 - 庁舎計画にも10年を費やされています- 高浜-1年とは雲泥の差!

 

●「新城市-庁舎建設の財源計画」- 着工前に広報紙にて説明されました。高浜-隠蔽…?

・「新城市庁舎-約9,200㎡」を「実質負担-27億円」程度で計画されたようです。

これが「将来を見据えた健全な財政運営」ではないでしょうか…

f:id:t2521:20220327202458p:plain

 

・「高浜」の職員計画は、20年間-183人固定も疑問の施設計画です…

庁舎   職員  庁舎面積  一人当り   施設寿命  市民負担
新城市 288人~ 約9,200㎡   32㎡/人    80年   27億円
高浜 183人 約3,700㎡   20㎡/人    20年   29億円

 

施政の過ちは、市民生活に直結しています - 無責任計画は市民が犠牲です

・「高浜」施政は、過ちを超えて "悪さ" であり "詐欺同然" です。

「高浜-リース-54万円/㎡」は「2棟分」を投入は、財政の無駄遣いの極み… 

・これを「将来を見据えた健全な財政運営」と豪語は言語道断の極みです…

 

<つくば市-リース分庁舎との比較>

・下記の建設相場単価は「国交省-建築着工統計」から引用しています。

 

  鉄骨造-相場 リース単価 施設面積   施設費
H28年-愛知県 23.3万円/㎡ 53.5万円/㎡  3,668㎡  19.6億円
H30年-茨城県 26.0万円/㎡ 26.2万円/㎡  3,330㎡      8.7億円

 

「旧庁舎-築40年-7,668㎡」を早期解体も大損 -「16億円」もの大損害ですが…

・「リース事務所」も「11億円」もの水増しは大損害のハコモノ-合計27億円損害

・高浜リースは、施設建設に「2棟分」もの過剰な投入を健全適正とは不適切の極み!

 

<高浜-施政の裏切りによる大失敗> 

第6次総合計画は、あってはならない詐欺計画を強行されました!  リース庁舎です!!

・「将来を見据えた健全な財政運営を行います」は 大ウソ!!

 

つくば市」は、リースの維持管理は自治体手配にて対応されているようです。

・「高浜」は、維持運営管理も「リース会社」に丸投げです - 合計-33億円もの大事業

しかし、維持運営管理の実作業は「高浜総合サービス」が担当しているようです

 

・なぜ「直発注」しないのか? - これは明らかな過剰優遇の仕掛けであり私物化の証し…

 果たして「間接発注」に財政削減効果はあるのでしょうか… 20年間-改善計画無し…

 

● これらの疑問から「市」に問い合わせ、下記の回答を受けました・・・

・残念は「定量的回答」は無く、「官能的・定性的回答」では証明出来ないのでは…

「高浜」では これがまかり通っているようです… 実に曖昧な施政施策です 

 

<市への質疑応答-施設事業費>

f:id:t2521:20220327215006p:plain

「金額」が同じなら、施設面積が広くて、長期の利用可能な旧庁舎が有利では…?

 

・下記の旧庁舎は光熱水費-1億4千万円を含みます。 リースは面積半減なのに清掃費

 は同額も疑問しかありません? ⇒ これを「38万円」有利と契約は詐欺同然…!?  

 

庁舎施設 面積-㎡ 施設費 維持管理 解体費 施設寿命
旧庁舎-改修 7,674㎡ 19.2億円 12.6億円 1.4億円 30~40年
高浜-リース 3,668㎡ 21.6億円   9.9億円 0.4億円   20年

 

面積は半減、施設費も維持管理もほぼ同等は財政効果が無い証し - 38万円だけ…

・これで「リース-優位」とは裏切りと詭弁説明では… 市民が大損害のハコモノです

 

「庁舎建設」に対し「高小建設」を理由にするのも疑問です…

・「公共施設」の建設条件は「建設基金」を確保してから着手があり方であり常識では

・「リース」も倍額、「高小も倍額-50億円」は過剰な業者優遇のハコモノ行政では…

結局「80億円」もの大規模事業計画を前にして「建設基金積立」を放棄して着工!

 「高浜」ハコモノ行政は実に無謀 - 後世に借金丸投げで強行は不適切の極み・・・

  財政運営は新城をお手本に適正適切に運営頂きたいもの

 

<つくば市リースとの比較>

f:id:t2521:20220327221852p:plain

「同じリース会社」「同じ役所事務所」「ほぼ同じ建設相場」「ほぼ同じ面積」

・建設場所も「本庁舎」に隣接して建設 - どこが大きく異なるのか詭弁回答では…?

・「11億円」もの差額を「条件が違う」の一言では納得できるものではありません!

 

   鉄骨造 - 相場  リース単価  施設面積   施設費
H28年-愛知県  23.3万円/㎡  53.5万円/㎡   3,668㎡   19.6億円
H30年-茨城県  26.0万円/㎡  26.2万円/㎡   3,330㎡     8.7億円

 

<「縮充」に矛盾する「分離分割-建設の効果」>

f:id:t2521:20220327222932p:plain

旧庁舎」に役所機能を一体化があり方。分離分割は不便なお役所。増員対応も無し

・旧庁舎改修であれば「30年」も利用可能 - これを「20年」と短縮が過ち。

総務省提案の「長寿命化計画」も無視で20年限定 - 早期解体は財政浪費-常識です

・庁舎間の散歩を有効活用とは残念だけ… 傲慢な施政の証しです

 

<ICT・AIシステム対応>

f:id:t2521:20220327223655p:plain

20年間-維持運営管理費が同一は疑問-電話交換や保安管理をシステム化も計画放棄?

・清掃作業も「ロボット化」等で合理化や改善改革意識を「高浜」放棄は疑問です

・確か「高浜」はICT化やAI等の導入を積極的に進めると聞いた気がしますが…

 

   これらが「高浜」を残念な裏切りの証しです。

   自治体運営」を20年間、改革改善無しの継続だけを良しとされているようです。

  典型的なお役所仕事の継続は、市民の生活改善をも放棄されているようです

 

  これでは「高浜」後退です・・・

   「リース会社」に施設の維持運営管理を委託は、コスト削減は停滞します。

   「20年間」- 同じ方法を単純継続が一番、楽な方法となります。

  よって「高浜-役所」は20年間、停滞となるようです- リース-大損です!! 

 

  誰もが納得の 将来を見据えた健全な財政運営があり方

「リース」は 2棟分もの巨額投入の裏切り建設は異常です

  これを公然と黙認強行は「高浜」破壊の施政です

 

 

  (最後まで、 ありがとうございました)

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸