t2521’s blog 高浜の住民監査

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

高浜住民監査 -「住みよさ」転落 Ⅳ - 市庁舎の比較 

「高浜」の「公共施設計画」は私物化の極み - 最大の裏切りと過ちは「リース庁舎」

公共施設方針の「縮充」もどこ吹く風… いきいき広場に分庁舎を拡充も支離滅裂

・真に「高浜」を私物化 - 更に リース-鉄骨造に倍額投入は10億円も追加の過剰契約

  市民を裏切り、破壊のまちづくりは「独裁の街」…

 

 

●「高浜」の最大の裏切りと過ちの「市庁舎-リース」を県内自治体と比較を試みます

・施設面積のデータは、総務省の「公共施設状況調経年比較表」を引用しました。

 

<県内-自治体との施設比較>

愛知県   本庁舎      支所・出張所
団体   延面積    職員数    延面積    職員数
          (㎡)      (人)          (㎡)      (人)
高浜   3,386     139    5,960    85
小都市-23   9,431     266   1,287    30
町村 - 16   4,765     129   658   3

 

●「高浜-本庁舎」の面積は「町村」より狭小化 - 高浜を村化が目標なのでしょうか…?

・「リース-3,386㎡」は「東栄町-1382㎡」「豊根村-2294㎡」に続く県下3番目の狭さ

矛盾は「本庁舎」を狭く「分庁舎」が広いこと - 本末転倒のデタラメと矛盾のリース

 

・これで施設方針を「縮充」と説明もデタラメ…! - 「分庁舎」の拡充はあり方も逸脱 

・結果 -「施政施策」も 「住みよさ」も低落 - コロナ感染率も碧海五市トップを持続…

   私物化施政は、市民と高浜 (まち) も犠牲としていま

 

 

---「リース」の疑問 ---☆---

庁舎建設計画を遡って「旧庁舎」や、「つくば市-リース」と比較してみます。

・下記の表から「高浜-リース」を優位とする判断も疑問というか… 理解不能

初めから「リース」選択は、不適切な「10億円」水増しが見え隠れしています

 

庁舎施設    面積-㎡  施設費-億円       -万円/㎡  施設寿命
旧庁舎-改修  7,674   19.28    25.1   40年 (計80年)
高浜-リース  3,668   21.58    58.8   20年⇒解体契約
つくば市-リース  3,330     9.43    28.3   15年⇒無償譲渡

 

・上表から「高浜-リース」は劣悪です - 「高浜-行政」は最優位と判断は私物化…!

 

「高浜-リース」は「面積-半減」「施設費-同額」「建設単価-倍額」に優位性は皆無

・「旧庁舎-改修」は「面積-倍」「施設費-同額」「単価-半額」「寿命-倍」を解体…

何のメリットも無いと思われる「リース」を採択強行はその裏があるようです…

 

・「リース」は「金額差」だけで採択 -「面積」も「施設寿命」も無視は私物化の極み!

しかも「僅か-38万円」も優位と説明 - 落札率99.99% は異常です… その裏は…

 

 「リース」採択の裏は「10億円」を水増しです…

 そこまでして「リース」を強行は、市民を裏切りのシンボルです!! 

 

 

<過去のウソの説明図> 

・旧庁舎-改修は「37億円」もかかると説明は、水増し表記を強行のウソでした

行政が目的-リース建設の為には「ウソも方便」と説明強行は凶行です

・事実は「旧庁舎」を改修も「33億円」です - リースは38万円も安いとは詐欺同然!

 

<高浜-旧庁舎整備の要求水準書>より抜粋 - (*旧庁舎-改修-33.2億円の根拠) 

実は「維持管理・運営費」を追加も、不適切な「リース」優遇の仕掛けです…

・「維持管理・運営費」の内容は「電話交換」と「宿日直」を含みます。

疑問は「ITS・AI化」と説明し「電話交換」と「宿日直」は現行方式を数十年継続

 

・システム改善まで、リース会社に丸投げは財政削減の改善努力も放棄のようです

・ちなみに「つくば市-リース」の維持管理・運営は、行政が担当のようです

 「高浜」の丸投げ体質は、血税の浪費であり、無責任体質が蔓延しています



「高浜-行政」は、旧庁舎-整備事業を「33.2億円」と要求水準に明記してました…

・ところが下記の説明図には「37億円」と表記 - 「リース」は「10%」削減もウソ

 「リース」の削減効果は「0.01%」だけ - 面積半減、寿命半減は、大損のリース !

・この不適切な詐欺情報はリース着工の数か月後に削除されました。。

 


 

● 建設着工統計-「鉄骨造-25万円/㎡」が相場を「リース-58万円/㎡」は倍額超…

・「鉄筋コンクリ造-36万円/㎡」が相場を「58万円/㎡」は不適切な異常値です…

それを、僅か「20年解体施設」を倍額超で契約は私物化で裏切りの証し

 

  「かわら美術館」同様、ハコモノを水増し建設は常套化しています

  血税」を有効活用があり方を、特定業者を過剰に優遇は不適切の極み…

 

 リースは10億円を水増しの仕掛けです - 市民は大損害!

 しかも「20年間」も維持管理をリース業者に独占委託…

「高浜」は行政の私物化で過剰な優遇の管理は凶行です

「高浜村」づくりを誰が望んでいるのでしょうか

 

 

---「高小」の疑問 ---☆---

市はリース効果を財政負担の均等化により、「高小」の建設予算を確保と説明…

・しかし「高浜小」も「縮充」と称し、財政節減効果が全く無い「50億円」倍額建設

他の小学校の建替予算は「16億円~25億円」とし「高小」だけ倍額建設を強行

・市立小学校の施設環境を特定の小学校だけ充実は、教育のあり方、平等公平を逸脱

 

 

「独裁施政」の財政私物化が明白となっています

・「高小」だけ、施設の維持管理を学校建設の業者と15年間もの独占契約も私物化…!

・「高小-体育館」だけ「移動式-観覧席」を設置も不公平な施設づくり

・「高小」だけ、駐車場を拡充し、電気車の充電器まで設置も疑問…

・「高小」だけ、築60年を待たず「建替」、他の小学校は「築90年」に建替延長

・「高小」だけ、教室面積を拡大し、他の小学校は、30年間、現状放置も疑問…

 

   特定業者を優遇のため「児童」を犠牲のハコモノ計画は不適切の極み…

    「物言えぬ」児童を犠牲にハコモノ計画を強行されてます

 

  「高浜」を私物化のハコモノ行政は歪んでます

     結果 -「住みよさ-501位」に転落が過ちの証し

 

 

 (最後まで、 ありがとうございました)  

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸