t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

高浜住民監査 - かわら美術館の破綻 Ⅱ

「高浜」-ハコモノ計画は、実に思い付きで業者優遇を強行は財政を私物化です…!  

・世界唯一とされる「かわら美術館」- 民間譲渡を失敗し、施設継続に逆転も説明無し

結果 - 財政削減と説明されながら、美術館に、また「百億円」もの巨額投入の計画…

 

「高浜」の問題は「ハコモノ建設」にからむ入札も落札も公正さ適切さを喪失です

「高浜-ハコモノ計画」は、財政私物化され、過剰な業者優遇を強行されています…

 

・その証は「単独入札」が多い事、「落札率」も「95%」超えの高落札率が多い事

「リース」は「33億円建設」を99.99% -僅か38万円安で落札は不適切の極み!

 

・この「33億円」は「旧庁舎」-面積-7674㎡の 耐震大規模改修費。 

疑問は「リース」の面積半減を適正適切とされ、役所組織を分離分割されたこと…

   (*他市の庁舎建設の算定方法で試算すれば「8,000~10,000㎡」のようです ) 

・リース-3668㎡は、旧庁舎も破壊、役所組織も破壊 -「破壊」の"まちづくり"

「高浜」百年の"まちづくり"を破壊は大損害となりました

  繰り返しますが「リース」の市民損害は「27億円」!

     (*損害は「水増し建設-11億円」+「面積半減-16億円」= 「裏切り行政」 )  

 

 

---ハコモノ見積」を水増しの仕掛け ---☆---

<総務省単価> 

● 基礎情報 - 総務省将来40年間の施設更新/改修による財政負担の試算条件を設定…

・これが「総務省単価」- 各自治体に将来の財政負担をシミュレーション指示の模様

例えは「鉄筋コンクリート造」-「建設単価は40万円/㎡」(下記) とされてます

 「高浜」は、実際の施設建設に「総務省単価」で見積は業者優遇の水増し - 悪用です

 

総務省-単価 更新(建替え) 大規模改修
 施設分野 修繕期間-3年 修繕期間-2年
・行政系統施設 ・市民文化系 ・社会教育系 40万円/㎡ 25万円/㎡
・スポーツ系統施設 ・レクリエーション系 36万円/㎡ 20万円/㎡
・学校教育系施設  ・供給処理施設等 33万円/㎡ 17万円/㎡
公営住宅 28万円/㎡ 17万円/㎡

 

 

<国交省-建設着工統計> 

国交省は全国-建設着工統計にて用途別/構造別に建設更新情報を毎年公表されます。 

「H30年度」の愛知県-事務所は「鉄筋コンクリ造-31万円/㎡」「鉄骨造-25万円/㎡」

・つまり「総務省単価」は、当時の実際の相場より「3割」も増額となっています

 (*オリンピック建設で高騰の令和2年度-「鉄筋コンク-36万円」「鉄骨造-30万円」)

 

<リース>の不適切な事例 

・「高浜-リース」は、事務所-鉄骨造 - 建設相場は「25万円/㎡」が妥当な水準。。 

ところが「高浜-落札結果 - 58.8万円」と建設相場の2.3倍と異常な高額は不適切!

・「建設相場-鉄骨造-25万円」×「リース面積-3,668㎡」= 「建設費-9.2億円」

これを「高浜-20億円契約」は「裏切りの倍額契約」です - 過剰な業者優遇の証し 

・今回「コロナ施策 - プレミアム商品券」-5千万円-1万三千人対象は市民を犠牲施策 

 

・「鉄筋コンクリ造-31万円/㎡」より「鉄骨造」が高額とは相場が逆転の異常です

   これを通過は行政と議会も結託の証しと思われます

 

庁舎 完成 施設費
-百万円
面積
-㎡
単価
-万円/㎡
高浜-基準
高浜-リース H29年 22億円 3,668 58.8  -
つくば市-リース H31年   9億円 3,330  28.3 20億円
旧庁舎-改修 S52年 19億円 7,674  25.1 45億円

 (*「高浜-基準」は、リース-59万円にて換算の建設費 - 高浜の異常性が分ります )

 

 

・「つくば市-リース」は、建設着工統計-25万円の1割増し程度は許容範囲です…

    (*恐らく、国交省-建設費は「税別」。 つくば市-リースは「税込み」価格 )  

「高浜」の倍額-59万円/㎡の説明責任は放棄され建設強行 - 無責任建設の証しです

 

・「つくば市-リース」と比較し「13億円」もの巨額差はどこに消えたのでしょう…

「高浜-ハコモノ行政」は市民を裏切りの証しです。実に、不適切、不公正の極み

 

・「旧庁舎」改修の「単価-25万円/㎡」も疑問。当時の改修相場「20万円/㎡」程度…

つまり「総務省単価」を流用は「見積を水増し」の仕掛け - 次に「旧庁舎-改修費」

  より「面積半減のリース」が同額未満なら落札可とは何たる卑劣なハコモノ行政…!

 

「庁舎」をリース建設は、ハコモノ計画当初からの腹積もりだった形跡が濃厚です。

・「旧庁舎-改修」の見積を「総務省単価」を流用して水増し…更に、維持管理も追加。

 その期間「20年」に設定は、当時の施設寿命は70年に延長を旧60年として設定

「リースありき」で倍額建設を強行は相場の倍額 - 11億円水増しで契約は凶行… 

・行政は「公共施設総合管理計画」と併行して推進も裏切り - 本来は計画承認後に実施

まさに「高浜」を私物化で、財政削減どころが倍額建設は過剰な業者優遇を強行!!

 

 ここまで過剰な業者優遇の仕掛けを強行は凶行です!

 「高浜リース」の市民損害は甚大です - 推定27億円!   

 

 

<かわら美術館>の不適切不公正 

・「かわら美術館」の建設費も疑問です。相場より破格の建設単価!!

 

美術館名 開館年 建設費-概算 床面積-㎡ 単価-万円/㎡ 高浜-基準
富山県水墨美術館 H 11 年   24億円   3,440   70.6     30億円
金沢21世紀美術館 H 16 年 200億円 27,920   71.6   245億円
富山県美術館 H 29 年   76億円 14,990   50.7   132億円
八戸市新美術館 H 32 年   32億円   4,500   71.1     40億円
かわら美術館 H  7 年   41億円   4,669  87.8   

 

・他の自治体が、如何に、財政を削減されているかの証しでもあるようです・・・

「高浜」は、ハコモノ建設には湯水の如く血税を投入されている証しでもあります 

  過剰な業者優遇は行政と議会も裏切りの証しです

 

 

・このような実態で疑問は「高小-倍額-50億円建設」も適正適切さが懸念されます。

 「高浜-ハコモノ行政」は私物化で凶行のデタラメです 

 

・「高小-倍額-50億円」対「高取小-建替-20億円」「吉小-21億円」も過ちの証し

その建替時期は、実に、30年以上も先延ばしは不公平不平等 - 高小だけ過剰な優遇

・そもそも施設寿命「高小-60年」対「他校-90年」も デタラメなハコモノ行政です

 

 「高浜」- ハコモノ行政は無謬性を喪失し、誤謬の繰返し

 

 「高浜」を私物化で倍額建設が不適切の極みです

 「ハコモノ方針」を施設建設途上で方針変更もデタラメ

 

  ハコモノ-築40年」を早期解体は過ちと認識も遅すぎ

  私物化施政は甚大な損害を市民に押付けも無責任の極み

 

   行政と議会は「高浜」を「破壊」尽くされました

     説明責任も放棄の市民無視で済むことでしょうか…

  これが「大家族」のあり方でしょうか…

  (*コロナ対策の「プレミアム商品券」は僅か5千万円事業 - 市民をバカ扱いでは?

 

   もう軌道修正で回復できる段階では無くなっています

 「高浜」を「破壊」の"まちづくり"となっています…

 

 

  (最後まで、 ありがとうございました)

 

 

(ご参考 - 再掲) 

・民間譲渡を失敗し、図書館を移転し施設継続は、また「百億円」追加投入のデタラメ!

・概算ですが、施設寿命-90年として試算した予測額 - 実際は更に増額見込みです…

かわら美術館

1993~2024年 2025~2083年 合計-百万円
施設費-百万円 4,796  3,738     8,534
運営費-百万円 4,940  6,960   11,900
合計-百万円 9,736   10,698   20,434

・築25年 - 僅か四半世紀で「百億円」負担は高浜にとって重荷では… 更に継続の無策

 

---「かわら美術館」は過大な財政負担のハコモノ---☆---

・人口-5万人、年予算-160億円の狭小自治体にとって「ハコモノ」に2百億円もの

  巨額投入を説明抜きで強行は正に凶行 - 美術館のため市民を犠牲とは私物化の極み

 

 

---「かわら美術館」のはじまり ---☆---  

噂では「美術館」建設は「平成の大合併による碧海市」が前提条件で強行されたとか

・「碧海市」構想は県内二番目の中核都市づくり -「美術館」も維持可能と早計の施設
     (*1995年-合併特例法により、2006年頃にかけて自治体の合併活動が盛んに推進) 

残念ながら合併破綻し人口-50万人都市も消滅 - 結果-5万人で美術館を背負う事に

  典型的な失敗のハコモノ事業を継続は"しがらみ"優先

 

 

    (最後まで、 ありがとうございました)

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸