t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

高浜住民監査 - コロナ感染と対策の疑問 Ⅱ

●「高浜」は ハコモノ行政を過剰な業者優遇で強行は「財政-私物化」です。 例えば、

・「旧庁舎-築40年-7,674㎡」を面積半減して「リース-3,668㎡」も根拠無き狭小化…

・この「狭小-リース」に「30億円-20年契約」の建設単価は「58万円/㎡」も疑問?! 

「リース-建設単価-58万円/㎡」は、国交省-着工統計-鉄骨造-26万円/㎡ の2.2倍!

 (*「国交省-着工統計」は、毎年、全国-建設物の構造・件数・面積・金額を公表 )

 

・「鉄筋コンクリ造-36万円/㎡」より高額な「鉄骨造」は不適切な疑惑を感じます…

・「リース-3,668㎡」に「30億円-20年契約」の倍額建設 - 二棟分を投入で契約です 

   これを「財政負担の平準化」と説明は裏切りと失政…

 

・この「早期解体・倍額建設」は、典型的なハコモノ行政の"悪さ"であり財政-私物化!

このようなデタラメ施政の結果「リース」は市民損害-27億円にも至っています…

    (*「建設費 - 11億円水増し」+「4,000㎡解体分を建設 - 16億円」)

   

   過ちの証しは、本庁舎をリース建設は「高浜」だけ…!?

   結果 -「高浜」は嘲笑の的となっているようです…   

       (*事実、市外から来訪のご婦人に「リース庁舎」と説明のとたん苦笑されました ) 

  国会議事堂や県庁をリース建設されるでしょうか… 

 

  「高浜」は庁舎だけリースとすることも不可解・・・

  「リース」メリットがあるなら全面採用があり方では

 

  行政は「面積削減」が「財政効果」と説明とか…

   これで「27億円」を回収は絶対不可能です!! 

     行政が市民を裏切り"ウソも方便"を駆使は凶行…  

 

 

<高浜-リースは大損害のハコモノ>  

・過去の施設計画資料や情報公開にて得られた建設情報を整理してみました。

・「つくば市-リース」の建設単価は「高浜」の半額 -「高浜」リースは不正の疑惑…?

    (*「つくば市-リース」は本庁舎の隣-約15m先に建設の分庁舎を示します )

 

庁舎

施設面積

-㎡

 

施設費
-億円

 (税込)

建設単価
-万円/㎡

 

維持管理
-億円

 (20年)

事業費計
-億円

 

契約期間

施設寿命

 

高浜リース   3,668  21.58 58.8  10.31 31.89  20年
つくば市   3,330     9.43 28.3  - 別途     9.43  15年
旧庁舎改修   7,674  19.28 25.1     9.91 29.19  40年

   (*旧庁舎を耐震改修すれば「施設寿命」は40年延命と推定 - 20年はリース誘導策 )

 

この表で「高浜-リース」は、如何に不適切で裏切りを強行は一目瞭然では…?

・「つくば市-分庁舎-リース」と比較し「12億円」もの差異は水増ししかありません

 安価な旧庁舎改修を選定すべきをリース水増し契約強行!

   (*重ねて「リース-落札率-99.99%」も不適切な優遇関係を構築の証し…  更に、

        疑惑は「落札-前年12月」から「契約-翌年3月末日」この数か月間の交渉が悪さ?)

 

・維持管理も丸投げ -「リース社」経由で"高浜総合サービス"に委託も不適切な仕掛け

 

・ 結果 - リース面積に合わせ、役所組織を「分離分割」とは本末転倒のハコモノ行政

  (*この分割先も徒歩-500m先のいきいき広場 - 市民は「職員の散歩」と非難とか… )

「高浜」リースは不適切な高浜破壊のシンボル施設です! 

 

● もったいない"悪さ"は「旧庁舎」- 築40年を老朽化と早期解体されたこと…。

当時「施設寿命」は「60年」と制定されていたのを「40年」で解体も裏切りです

・旧庁舎を耐震改修すれば施設寿命-40年超に延命を、リースにすべく20年設定です 

 

・「中央公民館」も、僅か築36年を老朽化 -「壊したほうが安い」と議会議決は暴政

以来「青少年ホーム-築42年」「体育センタ-築42年」と連続の早期解体も裏切り…

 

・早期閉館の「大山会館-築36年」「図書館-築43年」も公共サービス低落は疑問です

ハコモノ行政の過ちと無駄遣いの連続の私物化は、市民を無視され強行されています

   公共サービス低落のため「美術館・図書館」には、累計-120億円も投入です

 

   公共施設の面積 -「2.4㎡/人」は全国最低!

・多くの自治体が「施設面積-平均-3.7㎡/人」を目標に施設計画を立案推進…

「高浜」は全国最低を更に削減して「全国最下位」を目指す"まちづくり"も疑問です 

 この全国最低のハコモノ構築のため倍額建設も裏切り

 

「高浜小-倍額-50億円」建設も不適切な特定業者を過剰優遇であり財政効果も疑問…

・「縮充」は集合建設により構造体を共有により費用削減 - 約2割超の効果無視で契約

つまり「縮充-30億円」が相場の建設費を「43億円」では一般建設費を超えて契約…?

  - 推定-10億円超もの財政削減効果を過剰な業者優遇に転用されているのかも…?

       (*公共施設プラン-「高小-50億円」対「吉浜小-建替-21億円」が過ちの証し )

 

  「縮充」の言葉を駆使し、市民を騙しています

 

・この時点では「施設寿命-70年」と設定しながら「57年」で解体し倍額建設です 

「高小」だけ維持管理契約-15年-4億円超を締結し、建設中から支払いも不可解…

・新築の学校施設の維持管理に「毎年-3千万円」の支払いを事前策定も疑問だけ…

 

 過剰な業者優遇のため「総合管理計画」も無視、「施設推進プラン」も突然改訂

・市民の声を聴く「パブリック-コメント募集」も、ここ数年、減少しています…。

「市民説明会」は省略、「市民の声」も無視…

・情報発信、情報公開は消極的、行政情報は虚偽隠蔽

「高浜」財政を私物化では「高浜」破壊の凶行です

 

<典型的な虚偽説明> * 旧庁舎改修は「37億円」も要すると水増し説明でリース誘導

・「リース」を、虚偽説明で市民洗脳は「悪さ」を超えて詐欺同然の凶行です

施政にご関心のある方なら、ご周知の通り「旧庁舎改修は33億円」です。

・「リース契約 も 33億円」-「38万円-0.01%」も安いと契約も悪さの証し 

 

 

   (*この資料は「リース」完成直後、市HPから削除は証拠隠滅 - 確信犯…!? )

 

行政が市民を騙して、倍額建設を特定の業者と契約とは情けない限り・・・

「高浜」は、このようなケースが横行しています

 

 

---「突然のハコモノ方針の転換」---☆---

・従来-H29年の広報では「早期解体・倍額建設」してから長寿命を図ると説明でした。

昨年、突如「施設寿命-80年」計画を策定。しかし、知ったのは、つい先月…

・市民に、どのように公表説明されたのか…  その施政運営も不信感しかありません…?

しかし「築40年」を老朽化と早期解体した事実による市民損害は計り知れません…

 

今尚「図書館-築42年」で早期閉館は矛盾であり、これもデタラメのハコモノ行政

・「学校」施設は高小以外は「90年化」、「図書館」は学校ではない。とされるのか

これらの矛盾のハコモノ行政を強行のため、市民説明を省略は市民無視の独裁施政

 実に恐ろしい疑惑のハコモノ行政を強行されてます

 

<突然、学校施設の寿命は80年超の施設計画> (*R4年-公共施設推進プラン)

・施設寿命を唐突に長期化に延長の矛盾を説明出来ず、ダンマリで強行されてます

問題は「高小」だけ優遇は、児童・生徒も犠牲者とする過ちのハコモノ行政です

 

  建築年 改修年 周期年 施設改修 次期改修 周期年 施設改修
高浜小 1959 2019年 60年 建替 2045年  25年  改修 
高取小 1965 2022 57 長寿改良 2057 92年 建替
港 小 1975 2024 49   2043  68年 改修
吉浜小 1969 2023 54   2059年 90年 建替
翼 小 2001 2042 41     未定   

 

・「義務教育」は平等公平な教育環境を構築提供があり方ではないでしょうか…

児童生徒は勿論、保護者や納税者に対する公平性平等性は行政が担保すべき無謬性

 「高小-施設」は行政が児童を差別 - 特定の学校の教育環境を倍額投入し整備は差別?

 

     実に、デタラメと裏切りを強行のハコモノ行政

  「まちづくり」を私物化で強行は「高浜」破壊です 

 

 

---つくば市のコロナ施策」---☆---

・「高浜」の県情報を転載では適切な情報発信や対策を講じているとは思えません。

 

つくば市は、リース-9億円は「高浜」の半額以下で、同じリース会社と契約です。

・「コロナ施策」も確認してみました。その一端をご案内します…

 

1.<PCR検査>   *庁舎内にて実施のようです。「高浜」ではなぜ実施されないのか…?   

 

2.<事業者への経済支援> *「事業者」や「市民」にも独自の経済支援

 

 

「高浜」のハコモノ行政は異常です 

・市民無視で強行されていること。

    - ウソ説明で「早期解体・倍額建設」を強行されたこと

 

・特定の業者を過剰に優遇されていること

 - 相場の倍額建設や極めて高い落札率で契約されたこと

  「落札率-99%超」の落札契約を連発で強行されてます 

 

・施設方針として「長寿命化」があり方

 - 従来、築40年を老朽化と早期解体

 「広報」では「早期解体・倍額建設」後に長寿命と説明されました 

 

・財政的な限界がみえたのか、突如「80年超」に延長

  -「高小」倍額-50億円-60年。「高取・吉小-90年」

 「小学生」相手に財政説明会を開催実施は子どもを洗脳工作 - 実に卑劣の極み!

  行政-立案の「公共施設総合管理計画」の寿命-70年も否定となりました - デタラメ! 

 

  独裁施政は財政破綻が懸念されるようです 

   今になって長寿命化は次代の児童生徒も犠牲です 

 「高浜」の市民と未来をハコモノで潰されました

 

  

         (最後まで、 ありがとうございました)

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸