t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

住民監査 - 縮充失敗 - 使えないホールに50億円! 

●「高浜」の公共施設計画は劣悪です - 「リース」の市民損害は27億円にも!!

・かわら美術館も、昨年「民間譲渡」を失敗  また百億円投入の継続方針は凶行です!

財政削減と「かわら美術館」を継続は「2百億円投入」となる無謀は失敗の連続!! 

 

・「高小」も当初、13施設を個別建設は50億円も要し財政破綻と、市民を恐喝説明!

「縮充」は「13施設-37億円」に削減出来ると説明も、舌の乾かぬうちに50億円強行!

 

・高浜行政は無謬性や誠意を喪失か- 平然と虚偽説明で倍額建設を強行は裏切り行政

・結果 -「高小-縮充建設」の市民損害は10億円。合計-37億円もの大損のハコモノ!!

その裏を返せば、過剰な特定業者を優遇強行です - 高浜財政を私物化の証し

 

「リース - 水増しと面積半減 - 27億円」+「高小 - 縮充失敗 - 10億円」… 更に、青少

  年ホームも産廃処分を倍額-2億円で入札を避け指名発注。幼稚園の産廃処分も…。 

 

ハコモノには倍額投入 コロナ対策の市民還元は 1万3千人に僅か5千万円も疑問…?

市民には、ささやかな補助で誤魔化し、特定の業者には過剰な優遇を億単位で強行

 

 

<縮充効果の疑問>    

●「縮充」-「規模は縮小、機能は充実」-実態は面積半減だけ… これに倍額投入の連続  

・「高小-倍額-50億円」建設も失敗であり、高浜-破壊だけのハコモノ行政・・・

 

当初、倍額-50億円建設を隠し「高小学区」限定で説明も隠蔽であり詐欺同然の建設

「13施設を個別建設は49億円」対「縮充-37億円」と説明し「50億円建設」を強行!?

 

   特定業者のためには市民を騙してでも倍額建設を強行されているように映ります…

 

 

・実態は「高浜幼稚園-2.5億円・いちごプラザ-1億円・図書館-6.8億円」-計10億円除外

つまり「10施設-個別建設-39億円」を「縮充」しても「40億円」は、また失敗建設!!

  (*高小-事業費 = 施設費-43億円(税込) ∔ 維持管理-4.4億円 + その他-2.2億円 ) 

 

  「縮充」と言われ「面積半減」「倍額建設」を強行のため、その損害は甚大です。。

  「縮充」のため、築40年を老朽化と様々な施設破壊を繰返し強行・・・

 

「高浜-縮充」は大失敗の破壊の"まちづくり" 

・学校施設寿命を「高小-倍額-50億円-築57年」で更新後に「寿命-90年」に延長…!

「高浜-百年計画」を思い付きで強行もデタラメの証しであり凶行です 

 

● 学校建替計画 -「高浜小-H29-50億円」「高取-R37-20億円」「吉小-R39-21億円」

・下表では、小学校の建設時期は、高小建設後、高取小-4年後、吉小-8年後…

なぜ「高小」だけ早期建替え、他校は30年後… 更に建替費は高小の「半額以下」

・これを平等公平、適正適切とは思えません - 学校教育を差別は行政のイジメです!!

   

 

 

● ホールを有する「中央公民館」は築36年で破壊も過ち! - 民間分院の要請で解体とか 

市唯一の「市民ホール」を「高小-体育館」に移設すると豪語も虚偽説明でした…

 

・本来のあり方は、市民サービスを維持継続のため「移転先」を準備してから解体とか 

「高浜」は解体先行 - 実に4年間も代替施設を放棄して倍額建設を強行は論外の行政

・この時の説明が「定住自立圏」のあり方 - 子どもらに「市外の施設を利用せよ」…と

 

・これは為政者として、行政マンとして、その資質すら問われる暴挙暴言では…残念…

この4年間、市民は独自に施設を手当てして、移動手段を確保してホールで発表活動

・行政は、市民サービスを無策の放任を継続となりました - 実に無責任の極み…

 

・現 高小は「多数の運動クラブ」が利用申込みされ、ホールとして利用は困難な施設…

市や高小が利用時は優先権があり、抽選無しで利用できる特権施設なのです- 私物化!

 

● 結果 -「高小-縮充」は、市民の「ホール-利用権」も剥奪の施設となったようです

「ホール」破壊の"まちづくり"は「市民」から文化芸術を剥奪となりました - 失政…

「高浜」の「ホール」も「図書館」も無い"まちづくり"は市民が犠牲のデタラメです

 

  「縮充」方針も矛盾 -「庁舎」も「図書館」も分離分割の矛盾がデタラメの証し…

 

「ホール破壊」の最たる犠牲者は、幼稚園~小・中・高校生ら - 次代を担う市民です

・「高小-ホール」が利用出来ず、市外のホール施設を利用のため遠征発表会を実施…

・「幼稚園生」の発表会を、わざわざ隣市まで出かけて開催は過酷な仕打ちです…

近隣市の方は「高浜」が施設を利用のため「困った」こともあったとも聞きました。

 

 「市民」より、特定業者を過剰優遇の施政の結末です

 

・市はこれが「定住自立圏構想のあり方」と自画自賛ですが、市民の困窮は無視の誤謬

「ホール」も「図書館」も、近隣市の施設利用を奨励のハコモノ行政は低劣です…

 

・例えば -「ゴミ立当番」を、市民のコミュニティ形成の媒体とは情けない限り・・・

結果 - 立当番を担う「町内会-加入世帯」は53% と半減は碧海5市では最下位のよう

   市民の無言の抵抗も無視の施政は立当番-継続強行…

 

・「高小-倍額-50億円建設」は特定業者を優遇 - 市民を犠牲とするハコモノは失敗です

・「リース-20年」「高小-15年」- 施設の維持管理を独占契約がその裏切りの証し…

「リース」維持運営は「高浜総合 サービス」- リース社経由で委託の仕掛けは過剰優遇 

 

・「民間プール会社」には、募集-20年を、契約直前に30年契約に延長されたとか…

 

 「高浜」を私物化 - 市民は犠牲、特定業者だけを優遇 

 

<近隣市のホール運営>

・「高小-50億円-ホール」は、催事計画も無く、利用促進も無く、文化施策も低劣です!

近隣市の動向より「ホール」の利用状況を確認してみます。

 

<刈谷市>     

 

<碧南市> 

 

<知立市>

 


<高浜> 

「高小-倍額-50億円建設」-「文化・芸術」から乖離したホール運営は失敗!!

 

 

「高浜」- 市民ホール破壊は「文化・芸術」を剥奪の"まちづくり"となりました

・「高浜」を魅力も欠落の"まちづくり"は失敗であり、財政の無駄遣いだけ・・・

「縮充」と言われ、実態は「二兎追う」ハコモノ計画は失敗の連続です

 

・上記の「メインアリーナ」の予約状況を見て、魅力を感じますか…? 

 

   そのハコモノ行政の損害額は数百億円にも相当します

  - 財政破綻の"まちづくり" は市民生活を破壊です

 

   その兆候が、コロナ対策の市民還元がわずか5千万円

 「ごみ立当番」を継続も財政削減策…市民に負担押付け

   急きょ「学校施設寿命-90年」に延長・・・

 

 「築40年-老朽化説」はどうなったのでしょう…

   - やはり「詭弁説明」だったのでは… 市民を騙して破壊 

  

   説明責任を放棄、市民に財政負担を推し付けの施政施策   

 

 「高浜」は破壊の"まちづくり"を強行は凶行です

 

 

       (最後まで、 ありがとうございました) 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸