t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

住民監査 - 縮充失敗 - 使えないホールに50億円! Ⅱ- 美術館

●「高浜」の公共施設計画は劣悪です - 特定業者を優遇し、市民は無視のハコモノ行政

・「リース-庁舎」も「つくば市-9億円」対「高浜-20億円」は市民損害が27億円にも!!

「高小」も当初、13施設を個別建設は50億円も要し財政破綻と、市民を恐喝説明!

「縮充」は「13施設-37億円」に削減出来ると説明も、舌の乾かぬうちに50億円強行!

・かわら美術館も、昨年「民間譲渡」を失敗  また百億円投入の継続方針は凶行です!

財政削減と「かわら美術館」を継続は「2百億円投入」となる無謀は失敗の連続!! 

  市民への説明責任を放棄し、高浜財政を私物化です

 私物化の施政は、市民を平然と裏切る「独裁」です!

 

----------------------------☆---

22.06.19 - 中日 - 西三河版 「碧南の中3 - オペラ鑑賞」 

碧南市教委と県芸術劇場が主催とか - 「碧南」には立派な芸術文化ホールがあります 

「高浜」では、高中生が高小まで移動して、メインアリーナで鑑賞… ありえません…

 

・「高浜」ハコモノ行政は、幼稚園生から児童生徒の文化芸術を剥奪となったようです

「高浜」幼稚園、小中高生は、碧南や安城のホールを借りて発表会を開催の模様…

 

・「高浜」行政は、これが「定住自立圏構想」と自画自賛して推奨されているそう。。

正式には「刈谷を中心に知立・東浦・高浜」がエリアのよう- 都合の良い拡大解釈?  

 

 

---「かわら美術館」の暴挙 ---☆---

碧海五市合併を前提の「かわら美術館」を高浜単独で維持管理は財政圧迫の元凶です

・「建設費-41億円」+「維持運営-55億円」と、もう「百億円」を投入のようです

個人的には、H7年、施設運営開始以来、展覧会鑑賞は恐らく5~6回程度…

・赤字運営の同施設を年間-維持運営費は「刈谷美術館」とほぼ同額投入も疑問です

・ご参考 - 年間観覧者は「刈谷美術館-約6万人」対「高浜-1万人」の大差です

 

 

● 施設の運営実態は「指定管理者選定評価委員会」にて判断されているようです。

・その一部を下記に抜粋してみました - 結果判定「A」は、忖度評価では…

例えば、令和二年度の美術館利用者は激減しているようです - 観覧ー約6千人…

 

 <指定管理-評価>

 

<;令和二年度 - 施設報告> 

「陶芸室」の激減は「焼き窯」が故障を放置の結果とか… 毎年-1億円も投入も疑問

・主事業である「展覧会-鑑賞-約6千人」 - 一人当り-約1万7千円の経費投入…

   これを黙認しダンマリ継続も裏切りのハコモノ行政・・

<美術館-利用者の動向-R 2年>

 

・「モノコトギャラリー」は、部屋貸スペースのようです …

貸スペース入場者を観覧数に加えることも水増しの仕掛け - 市民を平然と騙す行政

「高浜」行政は歪んでいる証しではないでしょうか…  

 

● やっと「令和二年-公共施設推進プラン」では「美術館-民間譲渡」に方針転換!

⇒ 計画では「R3~4年」に掛けて「民間譲渡」計画を打ち上げられました…が…

 

「施設計画」は失敗! 「高浜-縮充」も失敗のまちづくり 

「R3年 - 公共施設プラン」では「美術館」継続に大転換 - しかし市民にダンマリ…

 

・継続の口実に「図書室」を美術館に移転のようです - これで、また「百億円」投入!

図書館-蔵書-20万冊を「美術館-図書室」は開架-2万冊と極小-図書室化は失敗継続

 

<美術館-観覧者数の推移>

・美術館の観覧者数の過去-20年間の推移をみても「じり貧状態」は明白です…

このまま「美術館」継続は「累計-財政負担 - 二百億円」にもなります

 

 

・指定管理業者には年-1億円超投入 - 例えば入場-1千円とすれば年-10万人相当

これを年-1万人では、入場-1人当り-1万円を負担していることになるのです…

・「高浜」財政の実態は困窮と言われるにもかかわらず美術館には大盤振る舞い

  恐らく、しがらみで施設継続は「二百億円」もの大損害!

 

----------------------------☆---

● 学校施設計画は、財政負担軽減のため、急遽「寿命-90年方針」を打出されました

・しかし「高小」だけ早期建替え、他校は30年後… 更に建替費は高小の「半額以下」

学校施設の計画もデタラメ先行し、破壊の後に、ようやく正常化の兆しのようです

・注目点は「修繕改修-20年」と設定され計画されていること - ハコモノ計画のあり方

 

<R4年-公共施設推進プラン> から抜粋

かわら美術館の公共施設推進プランは、またもや、業者優遇計画に逆戻り…

・「R6年-大規模改修-6.9億円」その9年後-改修周期を半減して「12億円」投入!!

・特定業者との関係強化のハコモノ行政となっているようです…この継続で百億円投入

「学校」は20年周期、「美術館」は10年周期で改修もデタラメの財政私物化…

   

 

----------------------------☆---

● ホールを有する「中央公民館」は築36年で破壊も過ち! - 民間分院の要請で解体とか 

市唯一の「市民ホール」を「高小-体育館」に移設すると豪語も虚偽説明でした…

・結果 - 高浜の未来を担う次世代の子どもを育成するハコモノを解体は大失敗…!!

 

●「高小-ホール」は市民や幼稚園、小中高生も発表会で予約出来ない施設なのです。

・行政も「文化芸術」のイベント等を定期開催計画も企画立案の気配もありません…

つまり「使えないホール」に巨額-50億円も投入は、失敗のハコモノ行政の証し!

 

----------------------------☆---

● 高浜財政を私物化し、特定業者の優遇強行のハコモノ行政は「高浜」を破壊です…

 高浜を独裁施政から守ることは市民の役目と思われます

 

● 市民ニーズの高い「市民ホール」は早期解体の裏切り行政を強行・・・ 

・市民ニーズの低い「美術館」は、長寿命化に変更して、また百億円投入を強行

結果 - 全国三番目の「図書館」の無い街づくりを強行です 

 

・これを避けるための奇策は「かわら美術館・図書館」と呼称とか …名前だけ継続…

⇒ いきいき広場も「いきいき広場・図書館」となるのでしょうか…

・噂によりますと「吉浜公民館・図書館」とされるのでしょうか… 言葉だけの図書館 

・口では「縮充」と言われ、庁舎も図書館も分離分割は支離滅裂な"まちづくり"

 施政の、行政の、無謬性を喪失は「高浜」破壊です

 

----------------------------☆---

「リース-27億円損害」「高小-10億円損害」「美術館-継続-百億円損害」…

「図書館-早期閉館」も高浜の未来を破壊です

「こみ立当番制」を継続も市民酷使の施政の証し

 

「高浜」を独裁施政から守る時は今しかない!

「高浜」を守れるのは自立した市民のようです・・・  

 

 

 

       (最後まで、 ありがとうございました) 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸