t2521’s blog 高浜の住民監査

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

高浜住民監査 -「ハコモノ」縮充は失敗! Ⅵ (県内の施設数)

「高浜」のハコモノ行政は、矛盾を強行 -「高浜」を破壊の "まちづくり" です… 

・ デタラメなハコモノ計画の実態をご理解戴くため「県内-自治体」の施設数を比較。

「高浜」は、何故、県内-最低の施設面積に狭小化して、美術館に2百億円も投入…?

・このバランス感覚を欠落は、過ちと間違いのハコモノ行政の証しです。 

 

 結果、市民生活や行政サービスは低落の一途 -「住みよさ-501位」に転落の街に…

  市民生活が犠牲は「住みよさ-501位」に転落が証し

 (*「東洋経済」が毎年評価する自治体-815市区のランキング。昨年は310位… )

 

 

---「愛知県下の自治体の公共施設」 ---☆--- 

「県下-自治体の規模別」に、公共施設の箇所数をご確認頂きたいと思います。

・「自治体の規模」は「中核・中都市」「小都市」「町村」の三ランクに分かれます

 

・「政令市・特例市・中核都市・中都市」

名古屋市 豊橋市 岡崎市 一宮市 瀬戸市 半田市 春日井市 豊川市 刈谷市 豊田市 安城市

 西尾市 小牧市 稲沢市 東海市」の15市。これら自治体を以下、中都市と呼称します

 

<愛知県下-自治体別-公共施設の数>

自治体」は市民要望やニーズに応じ、都市計画を構想し公共施設を整備のはず…

・今回、「自治体規模別」-「用途別」に公共施設の箇所数を確認してみました。

 

  市民会館 公民館 体育館 図書館 美術館
中都市-15     98   198     97     57    10
小都市-23     55   103     51     30      3
町村-16       9     48     23     16      0
箇所数-計   162   349   171   103    13

 

上表のようにニーズが高い施設は「公民館」「体育館」「市民会館」「図書館」の順

・果たして「美術館」に対する市民ニーズは… 残念ながら極めて低いと思われます。

従い、県下の美術館は「13件」しか無い事が証し。結局、趣味道楽の施設のよう…

  (*県下-自治体-「中都市-15」「小都市-23」「町村-16」-合計-54自治体の2割強 )

 

「公民館-646%」「体育館-316%」「公民館-300%」「図書館-190%」…

高浜は、この主要施設を「狭小化」は疑問であり不適切の極み - 全く市民無視の証し

 ニーズも低く、施設運営費も高額の「美術館」だけを優遇は本末転倒のハコモノ行政

 

 

<「美術館」を維持運営の条件>

「美術館」を建設運営は莫大な財政負担 - 自治体は潤沢な財政が条件となります

・「高浜」の「かわら美術館」の問題は、財政余裕が無く、一点集中の施設計画です

美術館」に「二百億円」も投入のため、他の公共施設は狭小化を強行のようです

 

・つまり「ニーズ」の高い「公民館・体育館・図書館」を狭小化し、美術館に財政投入

・公共施設は全市民のニーズ対応のため、バランスよく展開があり方-一点主義は過ち  

  市民無視、特定業者だけを優遇の独裁施政の証しです 

 

 

<「高浜」のハコモノ> 

・「市民ニーズ」の高い「市民会館は解体」「公民館は僅か200㎡」「体育館-670㎡」

 「図書館」は「360㎡の図書室」 - 美術館-継続の口実のため「美術館」に移転…

「公共施設」計画は無謬性も喪失し、市民生活の破壊を画策されているようです

 

  「道楽」に貴重な血税を巨額投入は過ちの極み…

     (*「美術館」- 収蔵品は「浮世絵」「絵画・版画・陶器」「古瓦」等々に5億円! } 

 

----------------------------☆---

 「瓦」展示に「美術館」は必要でしょうか…

  「10億円水増しのリース庁舎」の北側や、市内の公園、民家の屋根下や軒先、道端

       等「鬼瓦」や「陶製品」が展示されている風景を散見します… これがあり方… 

       本来、「瓦製品」は気象環境が最も厳しい"屋根"に設置されている工芸品です。 

    これを、わざわざ、年間空調の施設に保管することは環境保護面から疑問です

     

 全く道楽同然の「かわら美術館」は見直しが必要では

  「累計-2百億円」もの血税投入の費用対効果は…? 

 

   市内全域を「瓦」展示場にしてはいかがでしょう…

      運営費は「数億円」から「数十万円」に削減できるはず

   しかも 観覧数は数十万人へと爆発的に増大となります

       

 

<「公共施設」のあり方>

・本来「市民会館・公民館・体育館・図書館」を充足後に「美術館」に着手があり方

今後 -「美術館」一点主義のハコモノ行政は「高浜」破壊に向かいます…

・「美術館」一点主義のハコモノ行政はニーズに逆行 - これを強行は独裁の証し

 

  過ち、間違いのハコモノ計画は破壊の"まちづくり"

  喜ぶのは、特定の業者だけ - 市民無視の行政の証し

   

 

<隣街-K市との公共施設の比較> 

● 隣街 - K市と比較すれば、「高浜」の過ちは一目瞭然となるはず…。

・感覚的ですが、過去からハコモノ行政はK市に対抗姿勢を持たれた形跡が濃厚…

「市立病院然り」「美術館然り」- 結果は明白です。失敗と財政の無駄遣い…

 

・今後「美術館」継続は、年間予算相当の「計-2百億円超!!」を投入となります

結果 - 予算の余裕無く、市民向け施策は先細りの施政となる可能性が濃厚となります

 

 

人口-千人

歳入-億円 市庁舎 市民会館 体育館 図書館 美術館
K市  153   823 25,637 12,275 25,690 5,374  2,347
高浜    49   236  3,668      200      922    360  4,669
高/K 0.32 0.29 0.14 0.02 0.04 0.07  2.0

 

・K市に対し高浜は人口も歳入も「約30%」程度の市勢状況にあります。施設面積は

・10億円も水増しのリース庁舎は「14%」- 築20年で解体-小学校は90年で建替え

   (*高小だけ築57年-倍額-50億円で建替え。他の小中学校は建替時期を30年延長… )

   義務教育の施設環境は平等公平があり方ではないでしょうか… えこひいきは"✖" 

 

・市民会館-「たかぴあ」は「2%」- 中央公民館は民間分院のため早期解体

      (*「高小-体育館」は平日は使用不可能。土日は、運動クラブが予約利用 )

  特定の民間団体を優先し、公共施設を早期解体とは異常な差別待遇の証し

       学校や行政は抽選無しで体育館利用が可能なようです。私物化の仕掛け… 

 「体育館」をホール利用は行政関連団体に限定も私物化! 

 

・体育館は「4%」- 体育センタも早期解体/青少年ホームは民間プール会社のため解体

・図書館は「7%」- 築42年の現図書館は、美術館を存続の為、早期の利用中止…

美術館の面積は「200%」の倍 - これから「百億円超」を投入が見込まれます。。 

 

  「美術館」だけ拡大することが市民の願いでしょうか…

  「美術館」だけ面積拡大し「百億円」投入の財政効果は?

 

  「高浜」市民は道楽だけに専念の街でしょうか… 

    (*疑問は、子どもらが「瓦」に接する「鬼みちまつり」も今年限りとか… 矛盾 )

 「陶芸創作室」の存続は多くの市民の願いでした - これも破壊は裏切りであり矛盾…

 

     矛盾はデタラメ施政の証しです - 市民が犠牲は過ち

 

●「施設面積」を比較すれば「庁舎、公民館、体育館、図書館」- 県下最低の施設面積

・「美術館」だけ広く県下5番目 - しかし「2百億円」の財力は重く、行政施策を低落

    これまでハコモノに「血税 -200億円」相当の負担 - 一人当り-40万円の見込

 今後、更に、美術館に百億円投入が見込まれ、学校の建て替えも先延ばし予定とか…

 

   結局 - 市民と後世までもが犠牲のハコモノ行政…

 

「高浜」公共施設の面積は、なぜ「最下位」なのか

「面積狭小」の財政効果額を、なぜ、示さないのか?

 

「面積最小」にしてまで「美術館」継続の意義は…

 

「美術館-運営」に「倍額-百億円」投入の効果は…? 

 (*隣街-K市の美術館-予算は、年1.2億円  - なぜ、高浜は2億円に増額なのか? )

    私有地の駐車場の固定資産税を免除するため美術館継続とは本末転倒… 私物化の極み

 

<「美術館」への財政負担> 

・「高浜」市民は「美術館」には気前よく負担のようです? -「世帯当り-1万円/年」 

これを、今後、50年間-継続は相当な負担となります - ご存知なのか? 隠蔽か?

 

美術館 年-運営費 人口-千人  負担-円/人  千世帯    円/世帯
K 市   1.2億円      153       780  67.6      1,775
高浜   2.0億円        49    4,000  18.2    11,000

 

・「美術館-運営」の市民負担 - 世帯当り「K市-約2千円」対「高浜-1万円」と5倍!  

      (*氏神さんへの寄付もお願いしたいものです -「年-千円」に苦労してます…。)

 

  「高浜-市民」は行政のサイフでしょうか…

 「説明責任」を放棄して強行は許されません

 

 「大家族」本位の施政回帰を切望します

 

 「行政」のあり方を示して戴きたいものです

 

 このままでは「高浜」破壊です・・・

    過ちと間違いのハコモノ行政は着々と進行しています   

 

    これを止める力は … 「市民」…

       一人ひとりの意識改革と行動が課題です…

 

 最後に、

 「美術館」に「二百億円」は高浜の危機です!!

 

 

     (最後まで ありがとうございました。貴方様は「美術館-2百億円」にご納得ですか…?)

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸