t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか100施設を超えました。どれも巨額の血税で建てられています。今、最大の問題は、民間病院である高浜分院のため、公共施設「中央公民館」を解体し、跡地にこの病院建設のため、また血税20億円を投入です。まったく市民無視の、まちづくりが進められています! これを「市民参画」で決めたいのです。もはや議会、行政だけで決める時代は終わりました。

公共施設 - 更新寿命を考える

国の指導提案を受け全国の自治体では「公共施設総合管理計画」を立案されてます。

 高浜も、同様に、28年3月に作成されました。  [検索]  公共施設総合管理計画 

      ttp://www.city.takahama.lg.jp/grpbetu/gyosei/shigoto/shisetu/sogokanri/kokyosisetusogokanrikeikaku.pdf

---公共施設総合管理計画---☆---

 ☆目的: 公共施設を作り過ぎで、このまま更新建替えを推進は、膨大な投資が発生し、財源破たんの可能性もあり、財源削減のため、施設管理に注力し、長寿命化を図る。 

施策: 市は、施設の更新周期は「従来-60年」を「今後-70年」に延長すると規定。 

問題: ところが市は、今後建設施設は「70年」。従来の施設は「壊したほうが安い」と、連続解体を推進されています。

● その費用対効果の説明は曖昧で、例えば「当初、高小複合化は13施設を単独建設は、49億円。複合化-37億円と説明。今では11施設-50億円です。財源削減効果は不明?」

● 更に「高小・建設仕様」の市民説明は「高小・保護者限定<質問禁止>」のようです。

⇒ しかし、高小・保護者だけで財政負担して学校建設でしょうか?

余りにも不平等で曖昧な説明に理不尽さを感じます!

---施設寿命の延長効果---☆---

●市は「施設は早く壊したほうが安い」と主張し「解体早期化」を推進ですが、他方、「施設管理計画書」には、まるっきり逆の説明をされ、やはり矛盾を感じています。

●市は、管理計画書には「施設の長寿命化により財源削減でき、更新時期を「70年」とすれば「46億円」もの削減効果がある」と解説されています。(-p.71)

●しかし、隣市の更新時期は「碧南・刈谷知立→80年」「安城→90年」と更に長期化!

高浜は、なぜ、「70年」の短期で良しとされたのか? 

   高浜は、なぜ、「70年」を限度とされたのか? 

   市民に理由を説明する責任があると思います! 

 ⇒ 他市より「10年・20年」短期更新は、40~50億円を過剰浪費するということでは?

公共施設のあり方 - 愛知県体育館の移転新築 2026年

☆藤井四段、最多29連勝!! すごい人が出てきましたね。中学生とは思えない達人です。

---愛知県体育館----------☆---

☆6月22日(木)、中日新聞に『愛知県体育館 移転新築』の見出しが1面にありました。

 同体育館は「大相撲名古屋場所の会場としても知られています。もっと、時代を遡ると「中国との国交改善の転換点となった、1971年『ピンポン外交』と言われた中国との卓球交流が行われた会場」でもありました。

---施設情報----------------☆---

施設規模: 地上3階、地下1階、客席:7,404席、*竣工 : S39(1964年)9月。築53年。

⇒これを、2026年までに完成目標は、築60年超となり、極めて納得できる新築です。

☆このように県の体育館建替え計画は、施設仕様もレベルアップして建替えを計画されるでしょう。施設規模は、県内最大の国際的な体育館建設になるでしょう。

席数は、日本ガイシホールが1万席。これを超える規模の体育館と推測します。

---高浜施設建替え周期---☆---

高浜の施設計画の最大の問題は「短期解体」です。県でさえ、築60年超の建替え計画なのに、高浜は、50年を超えず、築36年(中公)~築47年(高小体育館)で解体建替えは「血税の浪費」です。「もったいない」施設計画を推進です!

市は自ら作成の「公共施設総合管理計画」では施設更新周期「70年!」と矛盾です!

---高小・建替え仕様------☆---

更に、建替え施設の仕様がレベルダウンです。解体施設のほうが立派なんです!

⇒ 建設費は小学校施設として*国内最高レベル。施設仕様は、従来相当は問題です!

 (*翼小・施設-16億。埼玉・複合小-23億から類推)

高浜は、小学校の体育館を市のホール兼用化!(*近隣5市で高浜だけ「ホール無し!」)

・解体ホールは、席数600席を、体育館ホール-300席に半減。あとは組立椅子とか?

・音響効果は、普通の体育館相当。放送設備でこれを補充するとか?

⇒ これでは「50億円施設」の建替え効果は疑問です。果たして、国内最高額レベルの小学校施設として誇れる施設でしようか?

この不適切な施設計画は「情報公開されず推進です!」

これが、なぜ「議会通過なの?」疑問は日々膨らみます?

公明正大なる開かれた市政を切望します!

新庁舎を考えてみます Ⅱ

★どう考えても納得いかないのです。理解しがたい謎多き建設です。

⇒ 市民の皆様も、本当にこれで良いのか? お考え頂きたいと思います。

---庁舎建設---------------------☆---

★分っているようで分からない「公共施設建設」、「庁舎」を再確認してみます。

f:id:t2521:20161123202623j:plain * 何度もくどくてすいません!

 ---庁舎は分割設置------------------------☆---   

新庁舎建設に伴い、市は組織の一部を「いきいき広場」に移動しました。これにより、いきいき広場には「福祉」と「教育」という弱者支援組織が配置となっています。

 項 目   単位   リース・庁舎   単独建設   いきいき広場
竣工時期 (更新期間)   年・月  H28.12 (20年)  ← (70年)   H 8. 4 (70年) 
建設費          (推定)     億円    14.4   19.9    (33.1)
維持・運営費 (推定)     億円    14.1   12.6    (16)
維持単年換算 (推定)   百万円         71        63        (80)
維持単年-H23年*   百万円          -    35         88

 *注-いきいき広場・H23年資料は「公共施設マネジメント白書等」より引用抜粋し推定。

---比較検討----------------☆---

1.リース建設は、建設費(14億)と安価に見えますが、契約期間は20年と短期が問題!

2.リース建設は、維持管理・運営費が、旧庁舎と比較すると「ほぼ倍額」は問題?!

⇒本当に「リース・20年建設」の「メリット」はあるのか? 再説明頂きたいものです!

---庁舎の問題-------------☆---    (*市の資料を探しましたが見当たらず関係資料から推定です)

1.「いきいき広場」に関心を向けると、やはり巨額の施設でした。維持費も高額!

★「新庁舎」を狭小化・分割でなく、方針通り「複合・一体化」すべき施設です!

⇒「いきいき広場(以下、広場)」は、相当、浪費施設となっていると推察します。

☆客観的に見れば「旧庁舎の床面積を拡大し、一体化」が最適解だったと思います。

   (*そうすれば、[15億円⊕30年]で済み、広場の維持費も削減の可能性がありました)

   (*行政スタッフの移動時間の短縮や意志疎通が充実し執務効率も向上となったはず?)  

---庁舎建設の問題-------☆---

施設建設前には市民に説明会が行われます。新庁舎も実施されました。ただ、着工される「3カ月前」では、決定事項を聞くだけで市民目線で修正出来ないことが問題です!

このような矛盾の計画や、強引な推進方法につき「議会審議」戴き、本来の「議員責務」を果たして戴きたいとも思います。これが議員代表制のお役目では?

特に施設建設は巨額の血税を投資となります。

納税者に徹底的な説明責任を果たされることが、お役所や議員さんの使命と、期待を込めて提言します。

高小・体育館 - 音響効果 (読者の声) 

読者からも音響効果につきメール寄せられました!

---読者の声-------------------☆---

★吸音板や反射板を使っていると言っても、普通の体育館のように大きな窓を造るのであれば何の意味もなくなってしまうと思います。

★客席が確保できれば、ホール機能があるという素人(市民)をだますようなことはやめてほしいです。

★現在の体育館で、卒業式や学芸会でマイクが悪いから聞こえないという先生や父兄がいますが、吸音材、反射板を設置しても、適切な配置をしないと音が外部に逃げてしまったり、天井・壁などに反射して響いてしまって後ろの方では聞こえないということが起こります(市の担当者も知っているはず)。

音響計算をすればわかることなので、専門家に相談してほしいものです。

★新高浜小学校では、旧い学校と同じような状況にしないでください。

★ブログにあるように、音響の残響時間など、具体的な数値で示してホール機能と運動施設機能を併せ持った良いものを造ってほしいものです。 

---ブログ担当-------------------☆---

そうなんです。何と言っても「高浜市・最高額の公共施設-50億円学校」ですから…

 (*小学校建設に「50億円」投入事例は恐らく全国初レベルの巨額施設では? 全国のお手本になるでしょうか?)

音響設計は、ホール機能を移転であれば当然必要です!

設計計算データを公表し、市民を安心させて戴きたい!

  (*可動客席まで作る「ホール」で、音響対策をしないのは「手抜きの設計建設」ではないでしょうか?)

血税を有効に活用頂きたいのです!

   (* メール、ありがとうございました)

高小建設 - 体育館の音響仕様

★中央公民館(市民ホール)を解体し、このホール機能を「高小・体育館に機能移転する」の説明は本当でしょうか?

⇒時々、聞くのは「座席だけ階段状の『ロールバック』にすれば良い」を推進中では?

---ホール機能-------------☆---

☆ 昨年4月、音楽団体「アルスノーバ」が、中央公民館の解体に市民の関心拡大を図るため、演奏会を開催頂きました。そのホールでは「マイク無しの独唱」や「バイオリンを指でつまびく演奏ピチカート(Pizzicato)奏法」など、ホールならでは会場の隅々まで音が伝わった驚きと感激を覚えています。

 ☆ 築36年の市民ホールでも、音楽器の小さな音を伝える、その伝搬効果は絶大でした。高浜の文化の殿堂を立派に担っていたと思います。これが『ホール機能』です。

このような「音響効果」を、本当に、高小の体育館で機能発揮できるのでしょうか?

     市は「機能移転する」と明言されていますが、怪しいお約束のようです?!

---要求水準書--------------☆---

★市は、建設設計会社へ建設仕様を伝えるため「要求水準書」を作成されますが、「ホール機能」につき、この内容を確認してみました。

屋内運動場 (メインアリーナ)

・メインアリーナは、学校体育等のスポーツ活動と、音楽会・講演会等を行うホールとしての利用に対応可能な計画(天井及び壁面に吸音材を設ける等)とすること。

・座席は、パイプ椅子(700 脚)の収納スペースをステージ下に設けるとともに、電動
式のロールバックチェア(約300 席分)を設置すること。

・ステージの奥行きは 9.0m とし可動式音響反射板の配置を想定した計画とすること。

これが、ホール機能等に関する要求で「音響効果」は、細かく指示されていません!

  (*音楽室は「良好な音響的環境の整備とともに、(略)… 高い遮音性を確保すること」と、音楽室の音響効果には配慮されているようです。但し、感覚的で定量的な要求が必要と思います。余りにも適当すぎです)

---市民の声----------------☆---

☆これでは、現在の小学校の体育館と同じで、立派な放送設備があっても音が反響したり、外部の音が入り「学芸会や発表会の声が聞きづらい」という苦情が起こります。

☆音響に配慮のため「放送設備を良いもの」だけで音響に配慮とは言えません!

---音響効果----------------☆---

☆本来、ホールであれば、残響時間や遮音性の目標値を設定するものです。例えば…

・「500Hzで1.5~1.8秒程度の響きを…」「客席においてNC-20未満の静けさを…」

高小・体育館は、傍に「名鉄線」があり、鉄路対応の「遮音対策」は必要です!

    

 

中央公民館の解体を考える

市は、中央公民館を「早く壊した方が安い」と説明し、下記の資料のように、中公だけ解体を6年も前倒しで計画され実施されました。

 (* 実際には、高小の竣工時期を早期化され、実質4年と見込んでいます)

f:id:t2521:20161122105838j:plain *中公だけ早期化?

---中公の利用状況--------☆---

中公は、施設規模は「市内最大」、利用者は「市内最多」の施設でした。そして、惜しむらくは、市内唯一の「ホール」を有していたのです。解体は、近隣5市では、高浜だけ「ホール」も無い街となったのです。

 (* 毎年、小学校の吹奏楽部が持ち回りで演奏会を開催されてたそうです。高浜は演奏会は除外となります)

 中央公民館  床面積 (㎡)  4,091  利 用 対 象  全 市 域
   建築年度 (年)  昭和55  (1980年)   築36年
 利 用 者  会 議 室  年5.0万人  ホール  年2.2万人
   入場利用料  年700万円      (高浜人口)   (4.7万人) 

---建築物としての検討---☆---

中公は「鉄筋コンクリート製」- 百年寿命説も有り 

★「耐震強度-問題無し」- (「ホール天井」⇒ 撤去すれば問題無し)

避難所でもある同施設を代替施設も無きまま解体は、市民の安心安全が不備に?!

---利用者の対応------------☆---

解体による代替施設の準備はありません。利用者7万人は、会場探しは自己調達です。行政サービスを低下せしめる施策を遂行は「無責任」でしかありません。

特に「ホール利用者」の困惑ぶりが見えるようです。聞くところによりますと…

幼稚園は「安城市」、高校生は「刈谷市」、一般は「知立市」へと「ホール会場」を求めて発表会、演奏会を移動開催されていました。

●「中央公民館を壊さないで!」と訴えたダンスチームの彼女らも、昨年度は「安城」。今年度は「碧南」と、転々とホールを渡り歩いています!

市は、4年後は、高小・体育館が「ホール」と説明ですが「音響効果は不明?」。

   「音響効果を期待してよいのでしょうか?」  市は、施設仕様はまだ秘密です。

ホール発表は、今後も隣街へ移動。且つ、関係観客も移動を余儀なくされます。

 移動時間が調整できず子の成長ぶりを見れないお母さんもあったとか…?

⇒ 市は中公利用者「4年間-のべ約30万人」を放置されているのは不適切では?

---市政への提言------------☆---

施設建設に注力されるあまり、急がれるあまり、市民でなく企業優先のあまり、「市政本来の機能 - 行政サービスのあり方」を失念されているのではないでしようか?

 ⇒ 代替機能無しの「解体・建替えは」不適切です!

公共施設計画 - パブリックコメントから

市は「公共施設の老朽化問題に対する課題解決のため、将来を見据え、安定して行政サービスが維持していくことができるよう、公共施設の総量圧縮長寿命化などをふまえた全体方針である」とされ「高浜市公共施設総合管理計画」を立案されました。
■ 平成28年2月16日から3月1日の期間において 「高浜市公共施設総合管理計画(案)」の意見募集を実施され、提出された意見を、市HPに掲示されています。

⇒ 今回、この「市民の声」→「パブリックコメント」を振り返って検証します。      

 [検索]  http://www.city.takahama.lg.jp/grpbetu/gyosei/shigoto/shisetu/sogokanri/pabukomekeka.pdf 

---パブリックコメント (例)------------------☆---  (*建築設計士の方のご意見)

☆ 事例として 高浜小学校複合化について意見を述べます。モデル事業のイメージとして提示されいるこのページを見る限り大きな問題はないように思われます。

・しかし、先般本案に反対する人たちから家庭に配られ た*チラシを見ると確かにこれではいけないのではないかという思いがしました。 (*市作成の具体化例の学校配置図)
・これによると、南北方向に縦長な校舎が計画されていること。運動場が極端に狭くなっていること。プールは学校外に設置するとか、こんな計画ではいけません。
私も建築士ですがこういう建築計画は論外だと思うのです。

---市の回答例------------☆---

● 高浜小学校の複合化については 、現在、PFI手法による事業者選定に向けた検討を行っています。チラシで ご覧になったプランはあくまでイ メージであり、このイメージで建物が建設されるわけではないことをご理解願います。
・ご指摘の点につきまし ては、児童の学習環境に配慮した計画となるよう要求水準書 に盛り込んでいきます。プ ールにつきましては、水泳授業での利用状況、コスト面、 運営面等総合的に判断して、民間の屋内プールを活用することとします。

---市民目線からの施設計画---☆---

・皆さんは「高小・建設計画図」を確認されましたか? まだ市民には秘密のようです!

プールは「利用状況・コスト・運営面」を市民説明も無く、予定通り推進!

 (* 学校から1kmも離れた場所にプール建設は適切でしょうか?) 

・最近の説明会は「高小-保護者限定」、「市民説明会-当日の質問禁止」で終了です。

このまま「複合効果」も説明されず「巨額50億円」で高小建設は推進されます!

   (*当初、13施設を複合化-37億円! 単独建設より12億円も削減。以後、説明無し)

建築士さんのご指摘「論外の計画」を市は推進中です!

---最近の配置図----------------☆---   *なぜ、市は公開されず秘密で推進なのでしょうか?

f:id:t2521:20170504102608j:plain

庁舎建設を確認してみます

これから、このブログは、市の発表資料等を基に事実に限定してご案内の予定です。

⇒ 市民の皆様にて、本当にこれで良いのか? お考え頂きたいと思います。

---庁舎建設----------------------☆---

★分っているようで分からない「公共施設建設」、「庁舎」を再確認してみます。

● 市の説明資料により、庁舎「リース建設」を確認してみましょう。

f:id:t2521:20161123202623j:plain

市の説明では「リース20年建設は『約10%』の削減」と説明でした。

---施設の建替え周期 ------☆---

市の「公共施設総合管理計画」では今後の施設建替え周期は「70年」としています。

国から各自治体に、財政健全化のため「公共施設の更新周期を長期化」の指示提案!

---建設方式による整備費---☆---

■ ・庁舎を市が整備した場合、「37億円」+「維持管理・運営費」⇒「70年」

 ・庁舎を民間事業者の提案、「33億円」は、「20年」で使い切る訳です。

「21年」後の処置は、今、現在、市は発表されていないようです。

     (*注- リース建設費の決定額は、現在28億円。⇒ 21年後、「買取り」か「建替え」のようです。) 

---素朴な疑問-------------------☆---

♣  公共施設「70年」の長期スパンで検討すると「リース20年・30億円」は、お得?

市は「新しい地域活動拠点の形成…」のなかで、また、矛盾の説明をされてます!

  [検索] 行政グループ / 新しい地域活動拠点の形成 P.3  2.市役所庁舎について 

 ②改修内容とコスト試算
・ 現用地での建替えの場合約25 億円、耐震補強と劣化・老朽化対応等の改修を行う場合でも約14億円の費用がかかるものと試算されます。市の昨今の財政状況には極めて大きな負担となります。

リース建設33億円(実勢30億円)は「最も巨額なのですが?」どんな計算か不明です?

乱暴な説明で施設建設は、もうゴメンです!」

旧市庁舎の解体 - 工事遅延!  

旧庁舎の解体工事が始まっています。当初の日程から相当遅延のようです。

⇒ 当初の工事計画では、解体工事は、29年5月には完了の計画でした。

 「約 6か月」も遅延しているようです! 

当初の解体費は、1.1 億円。最近、「アスベスト除去工事」のためとかで、

  約52百万円の 約五割増しで工事延長のようです。  

f:id:t2521:20170617054816j:plain

突然 申し訳ございません ブログ工事開始! 

 しばらくお待ちください。予告もなく、誠に申し訳ございません。 

 ブログを改装しようと思い、過去のブログ公開をしばらく お休みとさせて戴きます。

 素材を厳選して、皆様に、お届けするようにします。

 

市政の矛盾 - 気付いた事

★かねがね、高浜の施設計画の「矛盾」につき、納得出来かねることがあり、度々、記事掲載していますので、読者諸兄にあっては「耳にタコ」状態かもしれません。(再)

市政にお願いしたいのは「正確な情報」を「丁寧に説明」戴きたいのです!

---市政の矛盾-庁舎-----☆---

★1.公共施設は「縮充方針」。しかし「新庁舎」を「分割建設」は「矛盾」では?!  

 この新庁舎の「分割建設」が合理的なのでしようか?   

庁舎を一般建設であれば「20億円-70年施設」を、「リース30億円-20年施設」のほうがメリットがあるとは、到底、理解出来ません。 

更に、旧庁舎を「アスベスト除去工事 (5千万円)」を追加され、工事費は五割増し。

   日程は、6ケ月も遅延の状態は、建設管理能力も疑問では?  

市民には、どのように説明、報告されたのでしょうか?

---市政の矛盾-高小------------☆---

★高小の複合建設は 、当初-37億円と説明され、実態は、10施設に削減-50億円で建設推進です。更に、駐車場のためにプールを廃止は、また児童が犠牲ではないでしょうか?

議員さんが視察に行かれた「埼玉・複合・小学校は23億円!」と半額です!  [検索] - 下記

これ程 計画と乖離の巨額建設を強引に推進は不可解です?

---市政の矛盾-運営費---☆---

★2.今回の議会において、市政クラブ議員さんが「高小の民営プール」について「委託費」を質問されたそうです。

● 回答は、てっきり、以前、市が、説明会で回答された「200万円」を予想していたら「他市の事例を基に『年間800万円』の委託料が妥当」と回答されたそうです!   

   (*⇒ プール問題は、次回、更に詳しく再報告させて頂きます)

---市政の矛盾-------------☆---

「施設計画」や「施設運営費」が、初回の市民説明と事業実施額が大きく異なる実態を、市民に説明もされず推進されることは「矛盾」ではないでしょうか? 

「説明責任」を遂行されることを求めます!

* ご参考 -  [検索] 埼玉・吉川市立美南小 ⇒ * プールは屋上に設置されているそうです! 

http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shisetu/013/008/shiryo/__icsFiles/afieldfile/2015/11/10/1363948_2_7.pdf                                                                                                                                          (*終)

新聞スクラップ - 地方自治の動き

★昨日の新聞記事(中日新聞)をスクラップしてみました。(再)

---高知・大川村「村総会」---☆---       *[検索] 村の概要|大川村役場 

大川村は、人口406人、228世帯。全国でも最小規模の村らしい。

★1977年完成の早明浦ダム建設により、村の大部分が水没した。ピーク時に約4,000人いた人口は白滝鉱山の閉鎖、ダム完成による集落の水没などがあり、約500人まで落ち込んだ。2005年平成17年)11月27日に、日本の離島以外の市町村の中で最も人口が少ない村となった。

⇒ ダム建設という施設計画が、村民生活に大きな影響を与えたようです。

★2017年5月、村議会を廃止して町村総会設置の検討を始めると報じられた。過疎、高齢化で村議会議員の担い手が減少しているためとされる。[検索]大川村 - Wikipedia

国も「村総会」の運営方法につき取組み開始された模様。

★過疎化・高齢化の影響もここまで来たかという事例ですね。しかし「直接民主主義」の先例になる可能性もあり、今後、注目していきたい地域でもあります。

---蒲郡・児童の議会傍聴を拒否---☆---

12日、議会傍聴に来庁の児童10人の入場を拒否されたそう。勘ぐれば「議会運営」に自信が無い証拠かもしれません。恥をさらすことを回避されたとも受け取れます。

しかし、何たる傲慢、且つ、先見性の無い、杓子定規の議長判断なのでしようか? 誠、嘆かわしい事態と落胆しています。

児童側からみれば「政治社会」を見学の絶好の機会を無くしたことは大きな損失です!

---人材育成の要因-------☆---

最近、様々な分野で、中学生が大活躍の様子を目の当たりにして、時代が大きく変化しているように感じています。(*将棋・卓球・体操・スケート・ロボット・ゲーム等)

これらの成功要因は何か? みな「幼少期から取り組みを開始された」ことです。

★自治政治も、子らに、接触を、体験を、早期化することにより、ひょっとしたら、国を、世界を動かす人に成長の可能性も秘めた人材育成となるかもしれません!

小学生の議会傍聴を阻んだ行動は、この人材育成も阻止された誤断です!

今の小・中学生の潜在能力を信ずるべき時が来ていると思います。日本の恵まれた平和や経済環境を礎にして、世界に通用する人材が育っているような気がします。

出来る限りのチャンス提供が市民の責務と考えます!

「郷土のため! 日本の為!」

〒444-1335 高浜市芳川町2-10-13 高浜の公共施設を住民目線で考える 電話 0566-52-2521 FAX 0566-52-4210 Mail maki2521@circus.ocn.ne.jp