t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

市政のあり方 - 透明さを求む!

☆何回も記事掲載しているかと思います。これからの市政に求めるのは「透明さ」です!

⇒行政や議員さんは「丁寧」「正確」な自治施政情報の説明責任を果たして戴きたい!

☆高浜の財源投入が巨額となる公共施設建設につき、余りにも説明不足です。

例えば、高小建設も、「議会通過した」「保護者に説明済み」で説明終わりです

これで「市民は50億円支出」を認めろ! とされるのは強引ではないでしょうか?

  市民に「透明で、明朗な施政を求めます!」  

---市政予算----------------☆---

情報化の恩恵により施政情報を入手容易となりました。次第に、市政は行政と議員さんのものでなくなりつつあります。市民は24時間 - 市政監視出来るようになりました。

[検索] :  平成28年度 高浜市当初予算の概要 

http://www.city.takahama.lg.jp/grpbetu/zaimu/shigoto/kohyo/wakariyasui/H28toushogaiyou.pdf

疑問は、これだけの資料を作成掲示されて、下記の予算が掲示されていないのです。

高浜分院への補助額?」「かわら美術館運営費?」… (*見落としたかもしれませんが…)

例えば「市誌編纂業務委託 - 192万円」を掲載されているのに億単位の予算不掲載では資料全般への信憑性を欠き、引いては施政そのものへの不信感が増大となります

予算額 - 「数億円」もの巨額を公開されない理由は何故でしょう? 

  これが高浜市政の本音かもしれません!

---他の自治体の事例---☆---

☆恐らく自治団体のなかでは、有名な話題であり、ご存知かと思います。

⇒ 町の予算情報を公開し、町世帯に「予算説明書」を発行配布している町があります。

☆北海道・「ニセコ町」の「もっと知りたいことしの仕事」 

 [検索] :『もっと知りたいことしの仕事』~平成26年度版ニセコ町予算説明書~ - まちづくり | ニセコ町

⇒ 29年版は「A4版-P.208」にもなる説明資料です。透明さは施政への自信の表れです!

  公明正大なる自治運営を果たされている証です!

---高浜市政への要望---☆---

 ★「今やるべきは未来投資」とされていますが、

   市民の要望は

  「予算計画を透明化し、投資効果の説明」です!

     (*例えば、民間病院に「計53億円超」を補助予定ですが、その効果は、なにが?)

     (*高小「50億円」建設の財源削減効果は、いかほど?…) 等を、ご説明頂きたく…、

これを強引推進は公明正大さを欠いた施政と思います!

  市民を忘れた不透明な市政は、やがて支持を失います…。

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸