t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 体育館(卓球室) - 空調検討

●「高浜」の職員数は、全国最低、最下位の街。この最低の職員数のためか「市民一人当り公共施設の

 面積」も「2.5㎡/人」は、全国で最低最下位となっています。

果たして、これが「適正適切」な "まちづくり" なのでしょうか…?

 

「高浜」では、保護者の「嘆願署名」等の強い要請を受け、漸く昨年度「学校空調」が設置されました

今夏の酷暑に間に合って、本当に良かったと思います。

 

残念というか不可解は「体育館-卓球室」の空調は「学校開放されながら利用禁止!」となっていること

高小-校舎建設同様「倍額-8.5億円」も投入されながら、「市民利用禁止」の理由説明はありません

・噂では「学校空調」は、子どもの為に設置、市民のために設置したものでは無いから・・・とか…

 

「高浜」にも「市民意見箱」制度があり、利用禁止方針の撤回を求めて投稿しました。

「結果」- 「回答」は、関係機関への聞き取り中。運用方法や光熱費を踏まえ対応検討する-本文下記

----------------------------☆----

f:id:t2521:20200904154158p:plain

 

--- 「施政の問題」 ---☆---

この回答を得るために「意見箱」に投函して「二週間」もの長い時間が経過 - 回答遅すぎ…

・更に「空調利用が可能」となる日程目標も無く、果たして、何時になることやら・・・回答無し

・「空調機」が設置されたのは「昨年度末」、なぜ「利用禁止」を酷暑過ぎまで放置されたのか … 怠慢?

 

 「職員数」が全国最低最下位の弊害が顕在化している証しです

 

●「問題」は、「施政」の処理速度が遅すぎ - 僅か「数行の回答」に「二週間」も要しているのです

・「空調機」の利用不可の判断は「施政判断」の過ち - 一事が万事 - 日常的に発揮されてはたまりません

 

・「市民や議会で言われたから」か方針変更も、不可解であり、且つ、職務放置の影響かもしれません

近年の気象環境で「空調機能」は必須機能 - 言わなければ「放置継続」は市民の健康生命が犠牲です

  

・「解決対応策」も日程目標の無いまま「いつか、やります」では「市民ファースト」から逸脱の証し

空調機-設置は昨年度末」- もう半年放置 - いくら職員が少ないとはいえ、夏が過ぎて検討開始とは …

 

 「職員数」- 全国最低、最下位は市民生活が犠牲の失政です

 

「市」のスローガンを思い起こすと・・・ 

『思いやり   支え合い   手と手をつなぐ   大家族たかはま』 

『ちょうどいいまち〜ちょっといいまち』

 

 空調機が使えない街』- これを「ちょうどいいまち」の判断も過ち 

  全国-最低最下位の職員数の施政は、この根本方針さえ失っています

   結果、全国最低最下位の公共施設削減-過ちの破壊を強行されてます

 

 高浜の"まちづくり" は「倍額の破壊」です

 つまり 施政独断の浪費で凶行されてます

 市民が犠牲の過ちの "まちづくりを" 破壊強行されています

 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸