t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - プール建設の不可解

血税が、適切、適正に利用されているか?  市民、お一人 おひとりが考える時と思います。

☆市の最重要課題は「財政削減」です。それぞれの施設建設において「削減効果額」を説明し、発表されることが ご使命と思います。

・ところが実態は、各施設の解体工事は、追加、追加。それも特定業者との随意契約で 5千万円超は限度を超えているように思います。そして入札情報は非公開のようです。

不適切な公金の利用対応と思います。秘密はいけません!

● 更に、今回、高小建設に合わせた「プール建設」は適正、適切でしょうか?

S50年(築42年)の「青少年ホーム」を早期解体し、民間運営のプールを建設。高小や他の学校児童の水泳授業を委託するという計画です。テニスコートも改修予定です。

---プール建設の不可解---☆---

☆市は、プールを「民間委託」とする理由を、「民間のノウハウを活用して、可能な限り財政負担を軽減すること」と明言されています。但し、効果額は示されないのです。

1. 一般的な学校の「プール建設費 - 1億円!」

田原市の学校建設資料を見つけました。[ご検索の上、ご確認ください]

http://www.city.tahara.aichi.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/001/109/section/kyoiku/kikaku/0412siryou4-1-1.pdf

・更に、他の文献では「西尾の学校プールの運営費は平均年70万円程度」の情報有。

つまり、一般的な学校プール施設は「建設- 1億円。運営- 70万円」で可能なのです。 

2. 高浜の「プール建設」の実態

● 市は、プール運営を民間委託し、毎年、補助金提供の予定です。その額は、市民説明会では「200万円」と訴え市民了解を得た後、最近の情報は「800万円」に値上げ予定?

 「市民に説明はありません!」  

● その委託期間も知らぬ間に、20年が30年に「10年」延長です。「約8千万円負担増!」

   (*計画当初の基本方針実施方針- 20年。事業募集時に急遽、30年に延長! 異常です)

 委託業者に事業参画の促進のためとか?   業者さんへの忖度の結果のようです。  

財政効果は「1億円」が「約3億円」もの負担増です。

 (*現施設の解体 <4千万円> ⊕ 運営補助 <800万円×30年>)

そして、この事業に応募企業は、高小と同じく『1社のみ』! 異常では…?

施政建設として適切、適正、公明正大なのでしょうか?

可哀想なのは児童です。水泳授業は、施設は学校から 約 1km先まで、バス移動。

 授業時間は「連続 2時間」に延長!  クタクタの疲労困憊の学校生活になるのでは?

一学年毎の「約100名」一斉の水泳教室だそうです。一人当たり何分??

 (*夏休みや他の長期連休時の水泳対応の予定は、まだ予定発表されていません。  )

 (*校区外に建設のため、移動の安全や管理責任は、どのようになるのでしようか?)

中学校・テニス部は、約1km先の「碧海コート」に移動練習! コート数は半減とか!

 (*大人は「とても使えん。隣街のテニスコートに変更!」ですが、生徒は犠牲では… ) 

---学校建設の建設費---☆---

先の田原市の学校建設を再確認すると「一校当たり- 11億円程度」(学校施設のみ)

⇒ 面積規模から、高小は3倍程度?  つまり最大でも「33億円」程度となるのでは?

 実態は「高小建設は『財政削減』と説明し『45億円!』」

   (*実際には「学校 ⊕ プール ⊕ PFI 関連経費」≒ 「約50億円事業」となる可能性です?)

  市民に「縮充建設の財政削減効果」の説明はありません!

 (*言葉は「縮充」でも、施設<体育館・児童センタ等>は別棟。実態は「分離建設!」)

 (*財政削減策の『縮充』なのに、別棟建設では『削減効果は無し』。矛盾です!? )

財政効果が疑問の超巨額の施設建設、後世の市民にとって負担とならないのか? 説明はありません!

  不安なまちづくりが強行されています!

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸