t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 施設建設・リース・PFIの不可解?

★今回の施設建設に関し、かねがね疑問に感じていたことを披露し皆さんと検討してみたいと思います。ご意見等、お聞かせ願えれば幸いです。

・これはあくまで個人的な見解の想像によるものです…。

---施設建設の不可解---☆---

1.なぜ、高小・建設を強引に急がれるのか? 

・これは申すまでも無く「市制50周年行事(2020年)」に間に合わせるべく、校舎、体育館、駐車場の整備を急務とされているものと思われます。

・但し、問題は、施政行事のため、教育機能を犠牲に整備仕様を強行されていないか?

・2020年、施政行事推進という「短期的視点」から施設計画がなされているのでは…?

⇒「駐車場」のため「プール」解体! 、「運動場」も狭小化!、「緑化帯」の大樹も伐採!

● もともと狭い敷地の高小に公共施設を詰め込む発想が誤謬。将来世代が犠牲では…

「プール」を押し出し、校区外の公共施設を早期解体し「プール移設し民間委託!?」

● 高小だけ「温水プール!」、「水泳教育はインストラクター指導!」

・教育機会の平等・公平という視点から「水泳インストラクター指導」を「吉浜小」や「翼小」児童の「指導委託の時期が未定」は、いかがなものかと思います。

・指導される教師の負荷も同様に「吉浜小」と「翼小」の指導負荷は変わりません。

  (*高小だけ「水泳指導委託」が 2020年から開始されます。不適切な教育計画では?)

  (*あるいは「吉浜小」や「翼小」にはインストラクター派遣となるのでしょうか?  )

高小の狭い運動場を見て、伸び伸びと育てられる環境ではないと疑問が強まります!

2.民間企業との関係強化の意図?

・施設計画に関係する「民間企業」との関係づくりが気になります。

民間病院 - 市中央の一等地の公共施設(築36年-7億円)を早期解体(3億円)し跡地提供。

               ・「運営補助30億円」+「建替え補助23億円」+ 土地は格安貸付。

                  (* 現在の病院の一般診療の受診状況は「待ち時間無し」とか?「ガラスキ」)

       「まちづくり」は民間病院を中心に展開されるのか?  不可解な配置です?  

リース庁舎- リースの目的効果が理解不能です。財政力・全国73位で借金建設?!

             ・新庁舎の施設を市独自建設の場合、総務省単価では「約15億円-70年」。

     ・これを「リース- 33億円-20年」。独自建設のほうが有利と思うのですが…。

          ⇒  市には「独自の計算方法」が有るのかもしれません…

     ・しかし、リース-21年目には建替え。また約40億円(大型施設化)発生では?

高小・PFI -  高小だけ「PFI方式」で、他の小学校は市独自建設のようです。

              (*高小だけ「PFI方式」有効とする理由も説明は ありません ) 

   ⇒ 建設提案も「1社」参画だけ。これを審議され「適正」とは不可解?  

           PFI 方式は、15年間-毎年、維持管理に「約1億円」を支払いだそうです。

   ⇒ 本当に「財政効果」があるのか?  市は説明責任を果たされないようです?

    (*他の小学校の独自建設は「約25億円」。高小-PFI-50億円は巨額過ぎます!)   

プール補助 - まだ未定ですが「年間8百万円」の噂有り。(数年前の説明会-年2百万円)

         (*当初「安価」で説明し、実施段階で「実は高額」が常套手段は不適切!)   

    ・その補助期間も計画時は「20年間」、募集時に「30年」に延長。数億円に!   

                 (*県内小学校の事例 - プール建設「約1億円」。年間-維持運転費「百万円」)

            ・青少年ホーム(築42年)を早期解体し、この跡地に建設予定。最近の不可解は

      「ガレキ」産廃処分を、このプール運営会社に「随意契約」で発注委託か…?

             (*青少年ホーム産廃処分は市認可業者11社応募から選定。なぜ、追加は随意?)

          ⇒ 高浜の最近の工事は、常に追加工事が伴い「随意契約」は 不適切では?  

● このように「民間企業」との関係向上のため、過剰な優遇に尽力の施政は疑問です? 

     (*施設計画以外にも、このような優遇措置が見え隠れしています) 

 ---公共施設の建設---☆---  

● 巨額の血税投入がからむ「施設建設!」

・にわかに「民間企業」との関係が増加し、厚遇の施政展開!

・市民不在の「業者選定」と「極めて高い工事落札率!」

・「財政効果」が不可解な「リース」や「PFI 方式」の採用と建設強行! 

・国の指導要請の「施設更新」の手順を逆転し「市民の財産を解体先行!」

極めて不可解、不適切な施政運営と思われます。

・今まで、施政を無批判に全幅の信頼を寄せて「お任せ」状態の結果が今です!!

・市民の無関心も責任を痛感させられます!

・行政には「説明責任を果たされること」や、議会には「チェック(監視)機能」を発揮戴く事を切望するものですが、うわさでは「今の市議会構造では、難しいとか?」…

 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸