t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 公共施設の建設のあり方 中央公民館

・政治には、全く素人なのですが、通常の常識(原理原則)に照らして再考してみます

●公共施設の基本的な要素を考えるに「公共施設は、市民の財産」であると思います。

国や、県の補助もあるでしょうが「基本的な財源は『血税』であるからです」

●公共施設の機能は「より快適、便利な、市民生活へのサービス機能」と思います。

これを市民の信託を受け、維持、管理が「自治体」のお役目であると考えます。

・これを基本条件として「高浜の公共施設のあり方」を評価・確認したいと思います。

---中央公民館-------☆---

・「中央公民館」は「舞台ホール」(席数:604席)を有した施設で、市内の幼稚園・小中学校・高校生まで「年間行事」を開催の施設でした。 (*竣工S55<80年>築36年)

・市内最大の施設で、年間利用-約7.3万人。このうち、ホールは、約2.2万人(H27)

この施設解体は「住民投票」まで巻き起こす大問題となったのですが、解体強行!

解体理由は「民間病院」の建替え用地として「病院側」の要求を受けてとか…?

市民1万人の希望より「病院」の要求を優先されたことは適切な判断だったのか?

 (*同病院は「療養型」- 入院「100名」。救急治療無し。運営補助-年3億円を10年間 )

当時、市は「公共施設は長寿命化」とし「施設寿命-70年」を宣言されていたはず!

築36年を早期解体による財政的な市民損失は「約7億円!」。不適切な判断では?

更に、「ホール」の代替施設は、碧海五市では稀有な「高小・体育館」とか…?

体育館は「ホール機能」を充足できるでしょうか? 高浜だけ「体育館」は時代逆行!

・この体育館は「2020年完成」と、旧中公を使用中止から「約4年後」に竣工予定。つまり「市民サービス」を4年間も提供中止は、施政運営として適正なのでしようか?

議会答弁は「大いに外に出ていくのが構想である」と、市民の権利剥奪を苦にされず

 隣接都市の公共施設や「ホール」の利用を当然とするのは、いかがなものかと?

・であれば「市バスを隣接市へ運行も整備すべき」で、市民独自で行けは無策の骨頂!

 また、隣接市施設を利用を提唱の「定住自立圏構想」は「病院統合」が大方針では?

---施設解体の手順--------☆---

●通常、施設解体は「市民サービス維持継続」のため「代替施設」の設置が条件とか?

「高小・体育館」竣工後に、「中央公民館」解体が無謬性、適切な建設手順です!  

  無謬性の建設手順に反する解体先行は市民が犠牲です!

     「民間病院」を優先され、市民を犠牲の施設計画の誤謬を強行は職権乱用です!

---高小・体育館-------☆---

●「この体育館・ホール」、平日・昼間は、小学校の体育教育を優先されるでしょう。

・であれば、他校が、市民が、平日の行事開催に「貸出し」出来るのでしようか?

高小・建設費-PFI・50億円も要して、市民には「ホール」平日利用は禁止なのでは?

・「血税倍額」を負担させ「利用権を剥奪」し、竣工後も継続は誤謬でしかありません

  (*通常、高小-規模の建設費は「約25億円程度」。PFI-倍額の効果は説明無しです)

 

 高浜の「文化・芸術」の拠点、後世の市民の活動発表の施設「中央公民館」は「民間病院」のため解体!

 (*高浜の「文化・芸術」の拠点として「高小・体育館」は機能発揮するでしょうか?)

   この不可解な「公共施設の管理方法」は 不適切です!

 

---参考情報-----☆---

・中央公民館の資産価値は「約7億円」だったそうです。早期解体による損失額です。

・解体工事費は、確か「1.5億円」。不可解は「初めから地下水位が高いことは分っていたにもかかわらず、工事途中に判明とし、随意契約(指名発注)で『約5千万円』を工事追加」。工事管理も不適切と思われます。

 (*市内の工事関係者の間では「相場価格の数倍」と うわさされていたそうです)

・この中央公民館の解体に連動して、隣接の「商工会館」も解体! 

 市は「商工会」に移転補償費-「約1億5千万円」を提供。この結果、解体費も「市民負担!」、会館36年間の家賃も「タダ」。更に移転先(エコハウス)の改装費も「タダ」。 

 そして、商工会館・新館建設費も「約6千万円」補助と、棚ぼた補償のようです。

 市民には厳しく!  民間団体に優しい市政の所以です!!

 (*この実態を、ある市外の媒体関係者は「江戸期の封建的な体制のよう」と表現…)

   高浜に民主的な市政を取り戻すのは市民の役目です!

    (*この商工会の過剰補償は不適切と、司法の判断を仰ぐべく訴訟を起し係争中です)

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸