t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - ごみ袋有料化の真因 (推測)

施政は「7月」から「ごみ袋有料化」の計画を「行政と議会で決めた」と強行です! 

 

・その真因推測を、再検討し、施政の適正さを検証したいと思います。

「ごみ袋有料化」の真因は、ハコモノ政策の失敗のツケを市民に転嫁と推定。

 

---有料化の理由---☆---

・「中央公民館」を早期解体により「商工会」が「エコハウス」を占拠。

・従来「エコハウス」では、市民に無償配布する大量の「ごみ袋」の仕分け作業(*町内会別・班別に分配・梱包)を、約1か月程度、全フロアを使用して仕分け。

 

・「商工会」が「エコハウス」に移転し、「1階-約半分」を占拠。

・このため、ごみ袋仕分け作業が困難となり、対策として「ごみ袋有料化」と推定

決して「ごみ減量化」が真の目的では無く、ハコモノ施策失敗のツケを市民に回した結果のようです。

 

・本来、ごみ処理費用は市財源で賄うべきを、いきなり増税は市民を「市のサイフ化」

これが「有料化」の真因と推測します

 ツケを市民に回すのはいかがなものかと…

 

---有料化の市のメリット---☆---

・「一時的に大量仕入れ」が無くなり、製造元から販売店に直送連絡だけで済む。

・「仕分け作業の廃止」「在庫負担の削減」「市民へのごみ袋配布作業の削減」「ごみ袋の有料化による利益(増税)増加」等々の大きな利点が生まれます。

市にとって「ごみ袋有料化」は、一石四鳥にも及ぶ効果を生み出すのです。

 市としては「してやったり」なのかもしれません 

 

・ごみ袋の原価は「約6円」-これを「20円」で販売。

・一部は「町内会」に還元とされ「町内会」を口封じ。

「ごみ袋」で市民相手に商売されるとは施政として疑問と不信しかありません

 

・ごみ処理場は「碧南市」と共同運営であり、ごみ袋も「碧南と同等」が適正では?

・余りにも急ぎ過ぎ。丁寧な説明と施策の適正さの根拠を示されることが無謬性…

 

 市制50周年事業が「ごみ袋有料化」ではお粗末…

 市民が納得できる施政施策をお願いしたいものです。

  この是非の審判を、今回、市民が下すことになります

 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸