t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 -「あり方」喪失の施政 (コロナ対策-Ⅲ)

「コロナ-細菌」で世界が大混乱は驚愕です。更に、市は「緊急事態宣言」を告知され市民に「自粛

 生活」を指示されながら、その協力に対し「財政支援」を展開されないのも市民無視の証しのようです

 (*3月-「民間分院-3億円-運営補助」- 市民には「相談受付」だけの支援はあり方を喪失されてます )

市民は「コロナ対策」の「三密 (密閉・密集・密接)」防止に尽力し、未来の兆しを掴む段階まで我慢だけ…

 

● 更に、気づきは「コロナ-対策」は「人」に加え「公共施設」も「三密」防止があり方ではないのか …

・施政は「縮充」と称し、施設面積を削減し「密集密度」を上げ、結果「密接」の施設環境の形成を目指

 しているのです。市民には「三密-防止」、施設は「三密-強行」の施政は矛盾です…

これを「学校」で強行は「児童」を巻き込み、施設優先は「児童-犠牲」もお構いなしの施政では …?

 

 「施設の縮充」は「三密」を強要です! … 児童の感染を助長です!

 「縮充」は「コロナ対策」のあり方に、真逆の手法となりました 

 「縮充」は、児童と利用者との社会的距離を短縮で感染拡大策です

   

 施政は「財政削減」と言われ「高小-倍額-50億円」で三密建設は矛盾の浪費であり … 市民を犠牲です

 

--- 「三密-施設建設」 ---☆---

● この「三密-施設建設」につき検討を進めたいと思います

・不安要素は、不鮮明な資料から判読の結果ですが、「高小-縮充建設」の「地域交流施設」は、市内

 外からの施設利用者を受け入れる運営でおのずと「様々な細菌侵入」を受容する施設形態のようです

 

・且つ、「児童」と「利用者」が共用の部分もあり、「密集・蜜接」を促進する構造なのです …

例えば「体育館」の出入口は「校舎」と「地域利用玄関」の両方から出入り可能となっているようです

・つまり「出入口」と「通路」が、児童と利用者の密接を形成する空間になると思われます 

 

・「高小-体育館」は「土日」を一般開放とする予定です。   (*厳密に言えば「平日-夕刻」も利用可 )

よって、可能性として「感染者」の方も「体育館」には滞在可能な施設であり細菌が残存します

   

  児童を犠牲とする「高小-縮充」強行は全く理解出来ません

・「理想のあり方」は「学童-専用化」が「コロナ-リスク低減策」なのですが、市の方針は「共用」… 

また「市民ホール機能」は「高小」で「市民体育館」になぜ、設置されないのか、矛盾の縮充です …

 

---「コロナ」の残存期間は長い ---☆---

● 「コロナ」を知り、可能性を想定する事は予防対策上、大切なことです

・「コロナ-ウィルス」の残存期間の資料を探してみました 

 [検索] : https://news.yahoo.co.jp/byline/ishidamasahiko/20200414-00173146/

------------------------------- 

f:id:t2521:20200524090514p:plain

・上表によりますと「コロナ-ウィルス」の残存時間は「ダンボール-24時間」「ステンレス-48時間」

  「プラスチック-72時間」と極めて長い時間、残存していると確認されたようです - 「3日間」

 

--- 「万が一」のケース想定 ---☆---

●「体育館」の利用者が、万が一「感染者」や「保菌者」であった場合、施設内には「コロナ-菌」が、

  「約3日間」は残存している可能性が想定されます。

 

1・「高小-体育館」で「日曜日-行事」をすれば「水曜日」辺りまでは注意管理が必要となります

2・「市民-体育館」は「全日-利用可能」ですから「全日」- 注意管理になると思われます

つまり「体育館-通路」は、年間を通じて「細菌」が残存し密接空間を形成する可能性がある施設です

 

3・「児童センタ」と「地域交流施設」との連絡共用部はどのような管理をされるのでしよう…?

・構造的な配置は、体育館-同様で「通路・ロビー」は共用構造となっているようです

 ⇒ この「コロナ-対策」が全く見えない旧式の施設管理のあり方は、不安を助長する事態となっています 

 

・「児童」が利用される施設「児童センタ」も、一層の安全管理の配慮を徹底戴きたいものです。

「市」の安全管理や、安全保証の責を負うリスクが高まることは当然です … 無策の管理は不適切

 

・このため、細菌対策の整備を図り「施設と人の殺菌」「体調-確認」「入場者-情報管理」等々を含め

  「マニュアル-整備作成」され管理徹底戴くことが無謬の施政ではないでしょうか …

「後世の市民の安全確保」のため、最善の配慮を工夫戴きたいものです

 

・来週にも「施設開放」と思われます - しかし従来同様の運営方法を継続では犠牲者-拡大の可能性も …

 

  「コロナ時代」に適合対応した「新対策」の運営方法の制定運用を開始戴きたいものです …

 その準備期間が「自粛生活 -3ケ 月」だったのではないでしょうか

                                       

 「コロナ時代」に「縮充-施設」は三密を促進し過ちとなりました   

  今、変えられるものを変える勇気をもって軌道修正があり方です

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸