t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 再び学校空調の疑問 Ⅱ (施設利用料)  

 「リース庁舎」「高小-倍額-50億円」「学校空調」「分院補助-60億円」は明らかに特定の企業優遇 !

・特に「中央公民館-築36年」を民間分院からお願いされたと「早期解体」し、更に分院建設補助-20億円

 追加、そして、病院の運営補助、駐車場も格安、税制優遇策も追加は異例異常の実態です

⇒「結果」-「庁舎はリース」「幼稚園から小中高生が利用の「ホール」は未だに他市施設を利用推奨」

・それを「大家族たかはま」-「思いやり 支え合い 手と手をつなぐ」とは …その精神は欠落と思われます

 

----------------------------☆---

● 「広報-8月号-P.9」に「高小-施設利用料」が発表されました。

疑問は「余りにも高額な便乗値上げ」-「業者優遇」の「失政」のツケを市民に回されているのでは…

f:id:t2521:20200801092811p:plain

 

 

--- 「体育館」の使用料の比較 ---☆---

●「体育館」につき、「旧施設」との比較や、「隣街」との比較検討を試みました。

 

 <旧-体育センター-比較>

体育センター 面積-㎡ 全面-料金
旧-体育センター 1260 1490円/時
新-サブアリーナ   672 1320円/時
旧施設比 0.53 0.89
碧南-第一体育館   821 1090円/時-空調込み
碧南比 0.82 1.21

 

●「サブアリーナ」は、面積は「約半分」- 料金は「ほぼ同等」は実質的には、ほぼ倍額の値上げです。

そう、旧-体育センタは「半面利用は750円」-「サブアリーナ-1320円」も、ほぼ「倍増」は市民が犠牲

・更に「縮充」による「面積削減」は、「市民利用」に障害が無いのか?  利便性の向上効果は不明…

 (*「体育センタ」は「半面-利用」で二種目利用を見受けられます - 中高生の運動機会を剥奪では…)

問題は「冷房-無し」-「学校空調」に倍額-8億円も投入し「熱中症対策」を講じ、市民体育館は無視 ?

・ちなみに「碧南市-1,090円/時」は「空調-冷暖房込み」の使用料のようです - 高浜と比較すれば格安 !

 

 どうも市民優先でなく、施政優先の施設管理のあり方を強行は、あり方から逸脱が高浜の特徴…

 「縮充」-「高小-倍額-50億円」のメリットは疑問だけです - 「施設は狭い」「使用料は高い」と裏切り

 破壊の "まちづくり" を強行です

 

<旧-高小-体育館-比較>

高小-体育館 面積-㎡ 全面-料金
旧-高小-体育館 1830   710円/時
新-体育館   900 1760円/時
旧施設比 0.49 2.48
碧南-第一体育館   821 1090円/時-空調込み
碧南比 1.1 1.6-空調除外

 

●「高小-倍額-50億円」を投入し「市民集会室-▲95%減」「体育館-▲50%減」で「倍額」は不可解です

・「業者企業-過剰な優遇施政」の弊害ではないでしょうか…? 

施設-空調込みの使用料は「碧南市」の、なんと「3.5倍」は暴政です… 市民には冷酷な施政の証し…

高小体育館-空調利用 面積-㎡ 全面-料金
新-高小-体育館 900 3760円/時
碧南-第一体育館 821 1090円/時
碧南比 1.1 3.45

 

・繰返しとなりますが…

●「市民」には冷酷な施政です-「建替え」を契機に「使用料」は倍額を超えた設定は市民サービスの低落

⇒ 更に「市民の生命と安全確保」の「空調料金は別途請求-「2000円/時」と超高額」… 異常な施政運営

・空調業者には「倍額-8億円」も投入で優遇されたのに、市民からは「数千円」でも徴収の冷酷施政 …

 

更に「サブアリーナ」は「換気」だけで「冷暖房-無し」…

・身体的弱者である「高齢-市民」の「熱中症対策」をどのようにお考えなのでしょう…

この判断を、業者に「丸投げ」も無責任な施政の証し - 一体、誰の為の施政なのでしょう…

 

<施政の無責任> -「高浜小学校 - 要求水準」-P.21-

f:id:t2521:20200801103933p:plain

「疑問」は、市は「要求水準」として、両-体育館共に「換気」だけを要求

・「冷暖房」は「工事業者」に一任の無責任な指示。但し、結果は「小学校-体育館」は「空調-追加」、

・「市民」が利用する「サブアリーナ」は「空調-無し」の根拠は不明…これは不適切な判断を強行では

この決定経緯が「密室-決定」は、不可解で透明性に欠け、市民が犠牲の施政実態…

 

 業者企業だけが「大家族」で、「市民」は、納税や使用料を徴収だけのツールなのかもしれません…

 まさに「大家族」を裏切りの施政強行の証しとなる使用料です

 

---------------------------☆---

碧南市のHPには「使用料」の設定に際し「利用者アンケート」を実施して設定とありました 

・「高浜」は「行政と議会で決める」と強引な独断強行です-そこに市民ファーストの視点は皆無では… 

 

<碧南市-HP> 

施設利用者にアンケート調査を行い、…アリーナ、臨海体育館-第1体育室の使用料を見直しました。

利用者の利便性向上を図るため、令和2年6月から施設使用料に空調設備使用料を合算した通年料金…

 

<高浜-施政の特徴>

 業者企業には優しく、市民には厳しく - 使用料をも倍額徴収は施政として期待を裏切りばかりで残念…

    結果、公共施設に絡み「倍額-数百億円」が投入され、負債返済の責は市民任せとか…

 市曰く-「借金は後世の市民が返すから大丈夫!  一般企業とは違います」を聞いた時は「唖然」と失望…

 

 後世の市民を犠牲に「倍額-建設」は今日も強行されています

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸