t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

住民監査 - 学校エアコン「0%」はひどすぎ!! Ⅲ

学校にエアコン設置を! 児童の生命を守りたい! 

高浜市の小中学校のエアコン設置率は「0%!」 今どき考えられない教育環境です!

● 8.1 - 岡崎市は早速、早期化を決断され「20年」までに実施宣言!!「約30億円」

● 8.8 - 安城市は「PTA連」が、学校エアコン設置の要望書を提出!!

● 8.9 - 西尾市も「エアコン設置を早期化し20年度内に完了」を決断!!。「約20億円」

矢継ぎ早に、近隣街は「学校エアコン」設置方向で行動されつつあるようです!

  おらが高浜だけ「0%」は許されない社会情勢になりつつあります。

 「子どもの犠牲」の解消は、必然的な社会の流れです!

<追記>

8.10 - 高浜は「お母さん達」が「署名-約3,200筆」を議長に提示されたそうです! 

---学校エアコンの仕様---☆---

● 先回、提案申し上げたように学校エアコンは「家庭用の大型エアコン(*RAC)の複数設置」を再度、お勧めしたいと思います。

・RACは、機械ものですから、必ず、点検・保守・修理を要します。

・RACなら、まちの電気屋さんも、修理対応ができます。即時的な緊急対応が可能。

・市財政の市内還元策となり、納税者への還元策ともなります。

 (*最近、高浜の工事物件は「市外」「県外」への発注傾向が高まりつつあります…)

いずれにしても「早期決断」を迫られている案件です。

  先延ばしは、子どもの生命を軽視となります。

   子どもは「まちの宝!」 丁寧、迅速な対応が当然です!!

 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸