t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

住民監査 - ハコモノ計画の不可解

民間分院への巨額補助(60億円)を含め、最近、ハコモノの早期解体、建替えへの財政投入(100億円)は、異常事態です。

・いくら「市制50周年」とはいえ、行事は「1日」で終わりではないでしょうか?

このために「100億円」もの巨額投入は、市民の願いなのでしょうか?

  (*本来、建設投資より「蓄財」を図り、後世の市民の借金削減があるべき施政を、借金建設は犠牲を生むだけ。責任は市民が取れば良いとされますが、余りにも無謀です!  )

 

●市民は、毎日の暮らしが、より便利、より快適な市民生活を優先と思われます。

・「ごみ袋有料化」は、市民無視の最たる施政の表れです。

なぜ、「ごみ焼却場」を共用する、隣の「碧南」は無料継続なのでしょう?

 

●幼稚園の空調計画の延長は、小学校の空調計画に影響が波及するのでは?

・「高浜小学校」(50億円) の次は、どの学校が空調設置の対象校なのでしょう?

市は、11月補正予算で「学校空調の調査業務委託」として「26百万円」を予算化!?

    (*事前に特定業者に発注という「随意契約」のためか詳細不明です )

・推測できるのは「最も高額な『ガスエンジン式空調機(GHP)』を採用らしい」

空調の運転時間が長い施設(店舗・事務所)にメリットがあり、学校は疑問な空調方式!

 

●不可解は「空調機設置の事前調査」に「26百万円」という法外な調査委託費!

幼稚園の空調機設置額と同等金額を投入の「調査委託」は常識外れです!

・市民には厳しく、民間企業には優しい施政の一環と言えるでしようが 不適切…?

 

---高浜小学校の建設仕様---☆---

市は建設会社との情報交換に「質疑応答」を実施され、不可解な点を列記します。

・これは「建設会社関係者」からの疑問点や改善提案です。本気で取り組むべきでは!?

 (*市は、説明会は、高小-PTA限定で実施。一般市民には説明無しで、建設強行!  )

 

1.防災貯水槽

・貯水槽は、水道管と直結無し。最近は、飲料対応もできる直結式が多用。時代遅れ!

 

2.サブアリーナの空調 

・狭い施設なのに空調無し!「熱中症」がこれだけ問題化のなか、市民無視は時代遅れ!

 

3.省エネ対応 

環境保護対策の「省エネ」は基本。教室は空調なのに窓断熱は対策無し。時代遅れ!

 

4.非常発電機 

・「100KW」は過大と業者も指摘。GHP採用(小電力)であれば「50KW」が適正では?

 

5.防災計画 - 断層情報の欠落

・要求水準書に、なぜ「断層」情報を付記されないのか?  責任の所在を市とするため?

指摘意見-「耐震設計や構造計算上、この断層条件を知らず、含めず設計するのと、加味して設計するのとは安全率の考え方に影響を及ぼします」

 

6.騒音対策 - メインアリーナ 

・同アリーナは「市民ホール」も兼ね「騒音対策」や「音響効果」は必須性能です。

「講演会や音楽会で使用の場合、耳障りな外部雑音の侵入防止のため遮音に配慮を」

 

7.備品 - 緞帳の再利用

・旧市民ホールの緞帳の「再生・再利用」を希望提案します。伝統を大切にしたい。

 

市は「承ります」と回答。しかし、経験上、採用されず引き出しの奥に葬られます。

・せっかくの意見提案も無視され、他の小学校建設の倍額「50億円!」も費やして、時代遅れ、旧時代の機能設置で建設強行は情けない限りの血税の浪費です。

 

●高浜小学校の縮充は「二校」分の建設費を投入施設です。血税の無駄遣いの象徴!

「財政削減」と言われた「縮充」。高小は「縮充」ではなく「集合建設」なのです!

・結局、血税の無駄遣いとなり、後世の市民に、借金負担を強要です!

・「市制50周年」のため、緊急建設は「検討不足」「説明不足」は否めません…!  

 

●「百年」先を見通した計画立案と事業遂行は、無理な望みなのでしょうか?

・他市では、今日現在、実現されている機能・施策ばかりなのですが…? 

 

このように不可解なハコモノを、今後「何十年」もの長々期にわたり施設利用と「借金返済」を強要されるのです。

・施設計画では、他の学校の「建替え時期」は「15年~25年先」となるようです。 

 

●「市制50年」は、市民が忍従となる施政の再起点なのかもしれません!

 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸