t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

住民監査 - リース庁舎 - 施設施政の矛盾 Ⅱ 

「中央公民館 - 早期解体事件」以来、「高浜施政」に関心と接触の機会が増えて感ず

 ることは「情報-操作」や「非公開」が展開され、市民に正確な施政情報が伝えられ

 ていないとの印象を抱かざるをえない経験を経て、不信に至っています。

市民に直結する自治施政は「公明正大」「透明性」が市民の切なる願いのひとつです

 

「中央公民館-築36年」「旧市庁舎-築40年」「勤労青少年ホーム-築42年」を老朽化!

「壊したほうが安い」と反対運動を無視!  説明責任も放棄し「市民の財産」を「早期

 解体!」は疑問であり、市民より他者を優遇の施政は歪んでいます・・・

・他方、「大家族」や「ちょっといいまち」と高らかに宣言は、市民を欺く手法としか

 考えられません …

 

・「国」も、「他市」も、公共施設の財政削減策として「長寿命化」を明言・・・

高浜は『「建替え」てから「長寿命化」』とは、誤謬の施設管理で浪費強行です

 

・「狭小-リース庁舎」は20年~30年先には早期解体であり「矛盾」の施政運営を強行!

・この矛盾の施設処分につき、現行政や賛成議員は、どなたも責任を取られないのです

 無責任な施政運営が横行しています  

 

--- 「施設施政の矛盾」---☆---

さて、今回は、市の作成資料「公共施設のあり方」から検討したいと思います

 [参考検索] :  公共施設のあり方検討について - 高浜市ホームページ

・H26年-「公共施設のあり方」資料は、以前は「約140頁」も有りましたが、現在、公

 表掲示されているのは「約70頁」- 施政資料を「半減-削除」された理由は不明です…

今回は「削除-隠蔽」された資料の一部をご紹介させて頂きます 

 

---「隠ぺい」された施設情報 ---☆--- 

● 「公共施設のあり方」資料が作成当初は、「施設の老朽度合」を「総合劣化度」とし

 て数値化され、公表公開されていました。現在は、情報非公開…隠ぺいです  

 

・その「施設の総合劣化度」表の一部をご案内します。但し、そういう見方もあると冷

 静にご確認ください。 施政のご都合優先で作為的な評価です…

・不可解は「市庁舎」が除外されているのです。全く手落ちの計画資料も疑問です…

 このように作為が満ち溢れた資料だから隠蔽されたのでしょうか? 

 

--- 高浜市 公共施設あり方計画」- H26年6月 ---☆---  (*P.82~)

施設の総合劣化度 - 「65点以上」                                                                             

f:id:t2521:20200305100109p:plain

・「高浜小」は、市の目的は「着工早期化」の為か、劣化度を高く加工なのでは…?

    (*8番「高浜老人ふれあいの家」と比較すると「劣化度」に整合性が無く、矛盾です )

 

・「体育センター」や「武道館」は、まだ「70点代」なのに「早期閉館+解体」は浪費!

・18番-「中央公民館」は「73点」-「市民の財産」を「早期解体」は犯罪です…!?

 (*市内最多の利用数の施設を民間分院に敷地提供のため解体とは施政として落第の証)

 

施設の総合劣化度 - 「55点~65点」

 f:id:t2521:20200305100400p:plain

・「大山公民館」-「60点」で「閉館」- 「市民の財産」を勝手に「町内会」へ移管

 (*「町内会」へ移管も未調整のまま、条例決定は傲慢です- 管理のあり方も誤謬です )

 

・「勤労青少年ホーム」-「58点」で「早期解体」は乱暴な施政であり市民無視の証!

「市民」ではなく「業者さん」のための施政施策を強行です。

  (*例-プール募集当初は「水泳指導委託-期間-20年-180万円/年」が、契約直前に

 「期間-30年」「委託料-300万円/年・校」に延長、増額は「財政効果」も疑問…? )

 

このように「数値化」は一目瞭然のため、高浜施政にはご都合が悪いため隠蔽か…    

 市庁舎の建設費「37億円」も竣工後には用済みと説明資料を改ざん… 

 施設施政の短期強行は矛盾と誤謬の連続です。誤謬は市民が犠牲です

 

----------------------------☆---

「市有-施設」は行政の私有物では無いのです

「公共施設」は「市民の財産」です!

「説明」と「理解・納得」が必要では…?

⇒  市HPを検索しても、説明資料が見当たらないのです

 書けないのかもしれません - 不適切な施政は続きます

 

---「ぷろぐ」あとがき ---☆---

上記のような「数値-表示」では、誤魔化すのが難しくなるため資料削除なのかも…

市は「公共施設」の解体説明は「老朽化で、壊したほうが安い」と口頭説明です。

 

・「無謬」は定量的な数値化です。定性的な証拠も残さない口頭説明では誤謬です

・「P-D-C-A」管理からも「数値化」こそ、適正適切な施設管理のあり方なのですが…  

そう言えば「長寿命-70年」と短期も根拠が疑問…他市は圧倒的に「80年」を採用

 

 「高浜-施政」は、残念な隠ぺい体質に陥っています… 

 「隠ぺい」は、市民を欺くために必要なようです 

 

 ● これが「市民」を欺いて「施設建設」を強行の証であり、不適切な私物化です

  結果は「市民」の犠牲と 「高浜の未来」が崩壊です

   健全な施政運営を望むのは夢まぼろしなのでしょうか?

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸