t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

新庁舎を考えてみます Ⅱ

★どう考えても納得いかないのです。理解しがたい謎多き建設です。

⇒ 市民の皆様も、本当にこれで良いのか? お考え頂きたいと思います。

---庁舎建設---------------------☆---

★分っているようで分からない「公共施設建設」、「庁舎」を再確認してみます。

f:id:t2521:20161123202623j:plain * 何度もくどくてすいません!

 ---庁舎は分割設置------------------------☆---   

新庁舎建設に伴い、市は組織の一部を「いきいき広場」に移動しました。これにより、いきいき広場には「福祉」と「教育」という弱者支援組織が配置となっています。

 項 目   単位   リース・庁舎   単独建設   いきいき広場
竣工時期 (更新期間)   年・月  H28.12 (20年)  ← (70年)   H 8. 4 (70年) 
建設費          (推定)     億円    14.4   19.9    (33.1)
維持・運営費 (推定)     億円    14.1   12.6    (16)
維持単年換算 (推定)   百万円         71        63        (80)
維持単年-H23年*   百万円          -    35         88

 *注-いきいき広場・H23年資料は「公共施設マネジメント白書等」より引用抜粋し推定。

---比較検討----------------☆---

1.リース建設は、建設費(14億)と安価に見えますが、契約期間は20年と短期が問題!

2.リース建設は、維持管理・運営費が、旧庁舎と比較すると「ほぼ倍額」は問題?!

⇒本当に「リース・20年建設」の「メリット」はあるのか? 再説明頂きたいものです!

---庁舎の問題-------------☆---    (*市の資料を探しましたが見当たらず関係資料から推定です)

1.「いきいき広場」に関心を向けると、やはり巨額の施設でした。維持費も高額!

★「新庁舎」を狭小化・分割でなく、方針通り「複合・一体化」すべき施設です!

⇒「いきいき広場(以下、広場)」は、相当、浪費施設となっていると推察します。

☆客観的に見れば「旧庁舎の床面積を拡大し、一体化」が最適解だったと思います。

   (*そうすれば、[15億円⊕30年]で済み、広場の維持費も削減の可能性がありました)

   (*行政スタッフの移動時間の短縮や意志疎通が充実し執務効率も向上となったはず?)  

---庁舎建設の問題-------☆---

施設建設前には市民に説明会が行われます。新庁舎も実施されました。ただ、着工される「3カ月前」では、決定事項を聞くだけで市民目線で修正出来ないことが問題です!

このような矛盾の計画や、強引な推進方法につき「議会審議」戴き、本来の「議員責務」を果たして戴きたいとも思います。これが議員代表制のお役目では?

特に施設建設は巨額の血税を投資となります。

納税者に徹底的な説明責任を果たされることが、お役所や議員さんの使命と、期待を込めて提言します。

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸