t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

情報公開 と 説明責任

★様々な自治体では、施政情報を公開し、周知速度の即時化を図るため、情報媒体としてホームページ(HP)やフェイスブック(FB)等のウェブサイトを活用されています。

高浜市も同様に採用されている。ようですが、何か違う。特に、巨額投資の「公共施設マネジメント」の速報性は全く無く、古新聞同然の掲示は怠慢ではないでしようか?

---公共施設マネジメント---☆--- [検索] : 公共施設のあり方検討について

各施設のHP掲載情報の「最新版」を確認したいと思います。

● 市庁舎 - 事業スケジュール ◆27年2月-「基本協定」が最後です。

   ⇢ アスベスト追加工事で半年以上の工事遅延で、最終竣工予定は1年後とか?

● 高浜小 - 募集&選定スケジュール ◆29年3月-「市議会の議決」が最後です。

   ⇢ 市民に秘密で50億円を画策か!  財源削減効果を無視の建設はありえません!

● 青少年ホーム - 最新情報 ◆29年8月-「質疑回答を公表」が最後です。 

   ⇢ 業者さん参加表明-9月、提案書-10月。議員さんにも秘密で推進のようです。

⇒ 情報公開されず、説明責任も果たされず、秘密裡の施政運営は疑念の基です!

---市の方針---------------☆---        

◆「思いやり 支え合い 手と手をつなぐ 大家族たかはま」この精神は いずこに?! 

⇒ 原点に帰って、あるべき施政運営の姿を再考戴くことは市民の切実な思いです!

 (*高浜市情報公開条例-引用)

開かれた市政を推進し、市政に対する市民の理解と信頼を深め、もって市民が主体となった自治の進展を図る!

  これが本来の高浜市政の根本精神かと存じます!

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸