t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

住民監査 - 過ちのまちづくり Ⅲ (民意)

高浜は「モールシティ」と自称するほど市域は「東西4.2km-南北5.5km-面積-13k㎡」の小さなまち

・「行政と議会」は近距離ですが、「市民」との距離は天国と地獄程の距離ではないかと感じています

  (*「議会」とは「高浜」の場合、「保守系」の議員群を指しています - 別名 - 市長応援団とか… )

 

・議員らは「市民の代表」だから「自身の意見が市民の声」と行政に忖度されて議会審議のようです

結果 -失敗の連続 -「財政削減」すべきと「病院-60億円+リース事務所-30億円+高小-倍額-50億円」?

 高浜は「矛盾」と「浪費」で不適切な運営を強行では…?  過ちです

 

・そもそも「公共施設」の管理方針 -「総量圧縮を優先してから長寿命」を強行が矛盾と浪費の証しです

この手順方式に「総務省」は「財政浪費」と警鐘発信されていたのです - 高浜はこれを無視は凶行!!

 (*「高浜」だけに通用の構図 - 正常適切な方針は「長寿命」を図り「総量圧縮」を市民と共に推進 )

 

・堂々と過ちを「広報-別冊-特集版 ('17年3月) 」として発行は不適切で裏切りの財政浪費の図です  

f:id:t2521:20210106191439p:plain

 

---「近隣市の市政世論調査 ---☆---

21.1.14-中日新聞-西三河版-P.14-「西尾の産廃処分場 - 計画中止を63%」-市世論調査の結果公開

f:id:t2521:20210116093048p:plain

 

●「N市」は極めて具体的課題の是非を市民に問われてます…「高浜」は世論調査をされていないのでは

テーマは「住みよさ/幸せ感/広報/防災/公共交通/建設計画/お墓/緑化/スポーツ/上水道/市議会」…

    [検索]  :  市政世論調査 - 西尾市役所

 

・このような市民意見を確認しこの「市民の声」を根拠に施政施策に反映があり方ではないでしょうか…

⇒「高浜の議員さんだけの声」が民意と、施政を判断は「過ち」と「裏切り」の連続となっています

・過ちは 「中央公民館・リース事務所・高小-倍額建設・大山公民館・民間プール・体育センター」…

「国」も「県」も長寿命化を「高浜」は「解体更新」を強行は浪費です…「まちと市民」を裏切りです

  

--- 世論調査---☆---

・N市は「2年毎に世論調査」、「高浜」は議員さんの忖度を「市民の声」と強行は過ちと裏切りです

22世紀-令和時代の施政は「科学的・理論的」なまちづくりがあり方 - 私物化では過ちの連続です

  

 新時代は「様々な課題につき最適化」を図ることを求めています

自治体の施政は「市民ニーズ」への最適化対応があり方です

 これからは、より「民意」に沿った「民意」の実現があり方です  

 

●「世論調査」と言うと、高浜行政は、即数百万円規模の「外注委託」を発想されると思います。が…

「ICT時代」の今日 -「ネット利用」により「格安」且つ「即時的」な調査が可能と思われます

22世紀は「世論である民意」を「ネット-アンケート」があり方

 ましてや「議員さんの声」を市民の声とする施政は「まちを私物化」の証しとする施政で不適切です

 

---「公共施設や施政の実態」---☆---

公共施設の寿命は「百年」の時代 - 民意を実現の時代の施設管理の実態は…

 

 テーマ - 財政削減は施設長寿命化-百年の時代

  最適化

1

 中央公民館-「築36年」で早期解体 - 代替施設は小学校に転落

  ✕✕

2

 市庁舎を「築40年」で早期解体 - リース事務所  (役所-分割)

  ✕✕

3

 高浜小だけを「倍額-50億円」で更新早期化

  ✕✕

4

 青少年ホームを「築42年」で早期解体

     ✕

5

 大山公民館も「築36年」で閉館

     ✕

6

 かわら美術館-100億円も「築25年」で民間譲渡検討?

    ✕✕

 

問題は「公共施設-管理計画」を市民に説明無く、議会審議だけで強行は民意無視の証し 

・施設方針は「複合/統合」とされ、役所をリースに組織を分離分割は矛盾のハコモノ建設を強行は不信

・「リース事務所-20年-30億円」は、高浜にとって高い買い物 - 浪費のハコモノです 

 

 

 テーマ – 住みよいまちづくり

  最適化

1

 公共施設の「市民一人当り面積-2.5㎡/人」⇒ 全国最低

  ✕✕

2

 類似団体では「市-職員数」も全国最低

  ✕✕

 

なぜ高浜市民は全国最低でなければならないのか? - 施政運営の失敗を市民に押し付けの施政

 

 

 テーマ – サブアリーナ-公共施設使用料

   最適化

1

  使用料は「全面使用」だけ設定 – 分割使用の設定があり方

   ✕✕

 

「公共施設-使用料」の最適化は「市民一人ひとり」使用に対する設定 -「分割使用」があり方です

 

--- 「施政運営の最適化」---☆---

世論調査もされず、公共施設を「早期解体」、加えて「倍額建設」は浪費であり市民を裏切りです

・更に、建設工事や設備工事は「応札-1社」の独占化を図り、工事強行は不適切な施政運営の証し 

「リース事務所-落札率-99.99%」を安価で適切とは、不適切で裏切りの契約です

    施政運営の最適化が22世紀のあり方です

   「大家族」の住みよさを実現が施政の責務ではないでしょうか… 

 

 --- 「市民の期待」---☆--- *自治基本条例を検討された「市民の声」と思われます

・恐らく「10年前」に提案された市民意見は未だに実現実行されていないのでは… - 民意無視の議会…?

    [検索] : https://www.city.takahama.lg.jp/uploaded/attachment/12697.pdf

 

f:id:t2521:20210115215724p:plain

  

「議員さん」自らの施政情報の発信もあり方です -「説明責任」というお役目を実行されているのか…?

⇒「チラシ」や「WEB」を活用され「まちづくり」のあり方を如何ほど発信されているでしょうか…

   

「高浜-市制50年」- 理不尽な施政、裏切りはまだまだ続きます 

「思いやり  支え合い  手と手をつなぐ  大家族たかはま」精神の回帰を切望するばかりです 

 

       (最後まで、ありがとうございました) 

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸