t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 財政運営は適切なバランス感覚を!

血税が、適切、適正に利用されているか?  市民、お一人 おひとりが考える時と思います。

☆公共施設計画は「快適なまちづくり」の一環として、巨額の血税使途であり、慎重な対応による無謬性を要する施策のひとつと考えます。

 (*「無謬性」(むびゅうせい) - 理論や判断にまちがいがないこと。公的機関の責務遂行のあり方。)

---施政の実態-----------☆---

・住民活動を開始して数年、知りえた事は「血税の浪費」としか思えない実態でした。

  (・三高開発<50億>・K美術館<80億>・分院補助<50億>・庁舎リース<30億>・高小PFI<50億>・プール補助<3億>)

・誠に残念なことは、このような事態を、実態を、平然と漫然と、静観・傍観されている、あるいは、強引に推進されている為政関係者には「失望」でしかありません!

市の一般会計<150億!>、本当に「市民本位」に有効活用されているのでしょうか?

 (*この予算のなか、気になるのは「介護保険料金」。県内、名古屋市に次いで「高浜」は第二位の高額! )

   (*「ごみ処理問題」-「ごみ回収の立会制度」。大きな改善もされず、いつまで、現状継続なのでしょうか?)

  (*待機児童の問題も深刻化が判明し数年経過というのに、未だ「60名超」の方が待機とは? 入園率-83% )

  (*長期構想の基となる「人口推計」を「1年先」を見誤ったお粗末な結果と思います!)

これで50年、70年先を見据えた「施設計画」を市民説明無しで推進は危機状態です!

    とても「無謬性」を発揮されて施政推進されているとは思えません! 

---血税浪費の危機!-----☆---

☆その血税の浪費、危機のひとつとして「商工会への移転補償」があります。

・市は、中公解体の移転補償として「約5千万円超」を議決。36年間の家賃は無償化! 

・更に、5年も先の「新商工会館」の建設補助に「約5千万円」補助を議決! 計-1億円超!

・「高校生SBP」には二年間で「約2千万円!」。対して、防犯カメラ「2百万円-5台?」

これは「財政のバランス感覚」を失われている「証」ではないでしょうか?  

待機児童を残し、防犯カメラ増設も計画されず「特定団体」優遇は忖度の極み…?!

---市民本位の施政を!---☆---

☆「まちづくり」は、市民のためのものです! 

 貴重な血税を「市民が納得」できる使途活用に、

 最大限のバランス感覚のご配慮を切望します!

     無謬性の施政運営の実現をめざして頂きたいのです!!

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail -- 文責 矢野義幸