t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 市民意志の合意の確認 Ⅱ

☆「施政のあり方」要素に、今後は「市民との合意形成」の必要性を確認しました。

---合意形成の現状--------☆---

☆「施政運営」、特に、施設計画の進め方につき「合意形成」の現状を確認します。

①「施設管理総合管理計画」を立案し、資料をHP掲載や主要施設に設置(約10部程度?)

 ⇒ 情報周知方法に「不足感」を感じます。これで全市民が閲覧出来る方法でしようか?

「施設計画説明会」を実施。各学区毎の場合もあるが、ほぼ、市内で数回実施。

 ⇒過去例では「市庁舎説明会-約40名」、「施設あり方説明会-約560名(5学区)」、「高小説明会-学区居住者限(数回?) <但し「50億円の財政効果は説明無し」>

 - 以後、市民要求を受け実施する「トーク&トーク方式」としています。

③「パブリックコメント」を実施。計画資料を提示し市民意見を募集 <但し説明無し>

 ⇒ 過去例では「提言市民 - 1名~5名程度」

・コメントされない市民は「合意」と判断され「施設計画」を推進強行です。

・市民からすれば「形式的な手順」を踏んだだけと「不信感」だけ大きくなります。

・例えば「市庁舎」-着工3か月前、約40名の市民に説明で「合意」を得られるのか?

・「施設総合管理計画」-資料提示だけで、市民の理解と納得を得たとされるのか?

この総合計画、財政費用は個別記載。合計金額は未掲載。資料提示だけで「財政投入-350億円。市債(借金)-200億円」を資料提示だけで市民合意を図るのは不適切です! 

・更に、個々の施設の計画内容は「1行」の記述だけで終わりです。

    例1>「約80億円投入の『かわら美術館(築23年)』- H33年・民間譲渡」?

    例2>「市立図書館(築37年)」- H32年・「いきいき広場」に移転 ?

実施理由や財政効果等の利得や損失、跡地の処置方法等、情報も説明も皆無。

●これを「資料提示」だけで「合意」を得たとする施政運営を「市民無視」と言及する所以です。 

・「市民代表に市会議員が居る」「議員の意志表明が市民の声」と方便的な説明です。

・個人的には「地区議員さんから「個々の施設計画」に関する行政計画につき事前説明を聞いたこともありません」

・「議員さんは、どの市民の意見要望を把握され議会対応されているのか不明です」

・「選挙選出された」から「俺の声が市民の声」では不適切と思います。

「市民の声なき声」を施政に届けるのがお役目では?  

---市民との合意形成のあり方---☆---

☆地域社会のなかで「本音」を表明することは、相当、難しいことのようです。その環境や市民意識思い図って「市民の本音や意見」を伺い知る努力や方法を模索することが施政のあり方と思います。

・「合意確認」は、「賛成」か「反対」かで、極めて明確に判定できる単純な作業であり、「簡単なアンケート方式で、十分対応出来る」はずです。

・更に時流の「ICT」を活用すれば、極めて短時間、少額経費で可能と思われます。

この「市民アンケート・システム構築」が高浜の未来への課題でしょう。 

・「総論(方針)」と「各論(個々の施設)」に分類して市民の意志を確認戴きたいのです。

 (*市は「総論賛成」だから「個々の施設計画も賛成」の解釈では「市民無視」です)

・自治活動(町内会)では「住民意見や要望」の聴取確認を『無記名』方式を多用しています。自治活動でも「個人を特定する意見収集は、なかなか困難です」

行政は、如何なる意見も「個人情報」を求められ、これが市民の声の大きな壁です。

・『無記名』アンケート方式を採用が「率直な市民の声」を聴く有効な手法です。

『市民の声を傾聴する』

 この基本的な大原則が施政の課題です!

  合意形成のあり方と思います!

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸