t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 – プール建設の不可解 Ⅴ

● 昨日(27日)、「臨時市議会」にて、「青少年ホーム跡地の整地費用」として「1億3千万円追加」が通過したようです。これは、本当に「財政削減策」なのか? とても信じられない不可解な事態が平然と通過することに「危機感」を覚えます。

 ---学校プールの基本機能---☆---

・一般的に言われている「水泳指導」や「プール機能」を調べてみました。

水泳指導事業の目的

・学習指導要領で必修となっている水泳の実技指導を実施するため、小学校、中学校に設置したプールの改修及び更新を行い、安全で良好な学習環境を確保します。

プール施設の災害時等の利用

・学校のプールは火災や大規模な災害が発生し、消火栓が使用不能となった場合に消火活動に使用するため、消防法第21条の規定により関係所管と協議の上、消防水利として指定されています。

・また「指定避難所」として、生活用水としての使用も位置づけられています。

プールは「教育」と「地域防災」の二つの要素機能を持っています!

---高浜市の水泳指導の構想(推測)---☆---

・市は将来像を明らかにして「施設計画」を審議されるべきですが、目先だけで検討されています。このため将来像を推測しつつ検討を加えたいと思います。

● 市内小中学校のプールを論地町の民間プール共用化を図ることを狙いとされている

・市内の学校プールを「一カ所に統合」する。

・小学生-3.2千人。中学生-1.5千人。合わせて「5千人指導」を民間プールに指導委託。

・水泳教育を「年間に分散」して、春から秋、更に冬にかけて指導を実施する。

・調整中のようですが「夏季プール開放は中止!」の公算が高いと聞きました。

・水泳指導は「各学年-年間10時間」程度と決められているようです。

全小学校の水泳指導時間は「年間300時間」 (*10時間×6学年×市内小学校-5校)

・民間プール営業時間は「約3,300時間」に比べ「約十分の一」という短時間。

--市民の血税負担(推定)-----☆---

・小学校のプール解体費 - 不明? (数千万円?)

・青少年ホーム解体 - 築42年の公共施設を早期解体+解体費「4千万円」

・跡地の整地費用 -「1億3千万円」 (*本来、民間側の負担範囲と思われます?)

・民間プールへの水泳指導委託 -「年間8百万円 (高小) ~ × 30年間」

    (*指導小学校の増加に伴い、委託料の値上げが予想されます)

これだけで「プール建設+指導委託 - 4億1千万円超」 (*今後「5億円超」の可能性?)

・県内の学校プール建設例では「約1億円」+ 維持運営「年間約1百万円」

・水泳時間は「連続2時間」予定。更に移動時間 - 吉浜から論地であれば「往復30分」

児童生徒の肉体的負担や、先生方も水泳時間は同伴のため、時間削減効果も低い。

・学校プールであれば「夏季のプール開放有り!」子はどちらを選択か?  

・万が一の「災害時の消火用水、避難所としての生活利水」としても必須機能…!

 (*ちなみに「容量は約300㎥」と普通の貯水槽と比較し3~4倍と大容量です)

等々を比較の結果、市民目線では…、

・確かに、県外に本社を置く「民間プール業者」は大幅な利益拡大を得られます!

    (*施政は「民間企業」のため? 「市民」のため?  どちらを向かれているのか…? )

・市の財政効果は「血税負担の削減効果」として「有効」とは認められません…!

・近年、大災害が迫ると予想されるなか「利水機能」を廃止はいかがなものでしよう?

---「学校プール」廃止は疑問!?---☆---

● 現在、市政が進められている短絡的な「プール建設強行」は、将来、市民の犠牲が大きく予想され不適切と思われます。

  学校プールを解体は「防災機能の欠落」です!

  市民の安心・安全機能を剥奪は、危機管理上、問題です!

  市民の生命を守るのも施政のお役目ではないでしようか?

  何か、大切なものを忘れられているような気がします…?

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸