t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

住民監査 - 施政の優先順位のあり方

●高浜は全国でも財政力は「全国-70位代」と優位にあると説明されてます。安心と…

・地方債(借金)の現在高の比率も低いとされ「全国-24位」と言われるようです。

・しかし、貯金は「全国-529位」と、まったく余裕の無い状態ではないでしようか?

●今回、施政の優先順位のあり方につき、市民目線で問いたいと思います。

・市内にある民間病院には「10年間-30億円補助!」。更に建替えは「23億円補助!」

⇒ 従来「療養型病院」を運営し「患者さん-104名。市民は半分の約50名とか…」

・この病院建替えのため「公共施設-中央公民館(築36年)」を早期解体。「3億円投入!」

・市庁舎も、築40年で解体! 「リース-20年-33億円」と羽振り良さそうです…?

このように公共施設(ハコモノ)には巨額投入を続々と強行されています。

●しかし、今年の酷暑でも、小中学校の「エアコン設置率-0%」(愛知県-平均36%)

・今回、公共施設計画を打ち出され「約370億円!」「借金-200億円」は将来世代負担!

借金負担も負わせ「学校-エアコン設置率-0%」は、いかがなものでしょうか?

●  施政の優先順位を「ハコモノ」集中ではなく、

  「将来世代」に向けられるべきでは!!

・今の公共施設計画を強行は「まちづくり」の誤謬を感じています。

・民間プール建設のため「市有地の整備」に「緊急-1億3千万円-強行議決」は市民無視!

 ⇒ このような施政運営の結果「住みやすさ『全国-553位』」が現実です。

 誤謬の施政運営をいつまで続けられるのか? 

  そこに市民の最大幸福を追う姿はありません!   

   為政者としてのあり方に目覚めて頂きたいものです…

    [検索] : 校門で力尽きて座り込む子どもたち。エアコンゼロ学校の悲鳴——ゼロ自治体「国に申請しても交付金が認められない」

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸