t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・高浜市の公共施設は不可解です。財政削減とされながら「倍額建設」は「業者優遇」となっています。また「早期解体」は「国」の指針にも逆行。「倍額建設」してから長寿命とは財政の無駄遣い。例えば、庁舎をリース事務所に建替えは30億円投入。ところが「つくば市」は、同じリース会社で面積規模もほぼ同様でなんと10億円弱で契約と判明。高小-50億円も他校の倍額建設は、公立学校を不公平な教育環境の施設となっています。この乱暴な施設計画の結果、高浜市民一人当りの公共施設の面積は「人口5万人未満」の自治体では全国最低の面積。つまり、公共施設の面積削減は不要のはず。まったく説明責任を放棄され、劣悪な「まちづくり」が進められています! このまま、行政にお任せの「まちづくり」は、市民生活は破壊となります。市民の監視を高め情報発信を図るものです。

住民監査 - 破壊のまちづくり Ⅲ (財政運営)

「民間分院」からお願いされたと「市唯一の中央公民館」を早期解体とは市民を裏切り同然 …

・既に4年 … 未だに「代替施設無し」は市民サービスを欠落のまま放置であり失政暴政の証しです

⇒ 無謬の「施設管理のあり方」は「代替施設」を準備してから解体があり方 … だそうです

・「庁舎-然り・商工会館-然り・民間プール-然り」対「市内最大の中央公民館」の後回しは裏切りです

 

 民間企業には甘く、市民に厳しい施政のあり方は「主客転倒」… 

 

・更に「中公併設-市民ホール」が「小学校-体育館」では機能欠落…これを「倍額-50億円建設」も浪費

⇒広報発表の「使用料」も「倍額」は市民を犠牲とする施策 -「血税搾取」注力に時代錯誤を感じます

 

このように「財政運営」が疑問です - 市民皆様の目線で監視をお願いしたいと思います

 

<市債 (借金) の状況> - 施政の借金強行の推移

f:id:t2521:20200817205901p:plain

・H20年代 -「市債」は漸減傾向。H30年の「24億円」の巨額借金は「高小-倍額-50億円」の原資と推測

・しかし「H31年-17億円」「R2年-22億円」の借金は推測つかず - 市民に秘密で「39億円」も借金強行?

疑問は「H27年~H28年 - 市庁舎建設」に「市債活用」されず、民間優遇の「リース強行」されたこと

・結果 - 「狭小-3668㎡」-「リース期間-20年」を「30億円」投入の浪費を強行されたことも裏切りでは?

 

<狭小-リース庁舎> は怪しい選択 

● 独自予算であれば「旧庁舎-面積-7674㎡-大規模改修-19億円」で「寿命-30年~40年延命」と推測…

・また建替えであっても「7674㎡」×「総務省単価-40万円」=「30億円」で「80年施設」が建設可能

全国でも稀有な市民の恥辱「賃貸リース事務所型庁舎」の選定理由経緯は追求確認が必要と思います 

・「狭小-リース-30億円 (落札率-99.99%) -20年独占契約」の財政効果は血税を棄てると同じこと …

 

「リース庁舎」は失政暴政の産物では…不可解…!? 

   これも業者さんには優しい施政を強行の血税の浪費の産物では…?

 

     結果 -「庁舎」を市民の財産とするには「倍額-60億円」を投入が必要な事態となっているのです

  

「行政と議会で決める」- 傲慢で無責任な施政の産物は巨額の浪費!!

  市民無視、市民不在、市民を裏切りの施政の結果です!! 

 

<基金(貯金)の状況>

●「H28年-施設基金-10億円」- 市の最も重要な「庁舎施設」に充当されない理由は不明です…

 

f:id:t2521:20200817222141p:plain

 

他市に先駆けて「公共施設計画」に取組んだと言われます - 「H23年-公共施設マネジメント白書策定」

・しかし肝心の「基金積立」は「H24年~H28年」-「3億円超」の増額では準備不足 … 真にキリギリス?

⇒「公共施設推進プラン」は実に「3百億事業」を「基金-10億円」で強行は無謀では … 短絡的計画 …

・「公共施設は後世の市民も使う-借金も後世の市民が払うから大丈夫」と後世任せの無責任は疑問です

・「高浜」の教育環境は劣悪 - 「エアコン設置」も遅く「教室」は鮨詰め、結果-進学率は近隣市-最低…

 

<近隣市の大学進学率>  「まちづくり」は「人づくり」があり方と言われます

  刈谷 安城 知立 碧南 高浜 平均
大学進学率 62.9 55.6 67.6 31.4 24.9 48.5
全国-順位 144 264 84 673 712 375

・残念ながら「大学進学率-全国-最低レベル」が教育施政の結果です。借金返済だけ押付けは無責任… 

 

<学校-施設事業費の比較>

●「高小」だけ「市債比」が低いのも、その理由は説明解説無く、疑問のひとつです

  (*後世の負担を軽減のため 「市債比-40%」程度が適正とも考えられますが…概ね「60%」は無責任…)

・なぜ「高小だけ」-「PFI-倍額-50億円」を強行の財政効果は? …「高浜」施政の浪費は謎だらけ …

⇒ それほど有益であれば、なぜ、他校に展開されないのでしょう …

・市民には典型的な浪費と映ります … 校舎を建築中から「修理維持費」が支払い発生しているのです … 

 

  高浜小 高取小 港小 吉浜小 翼小
施設費-億円 49 11 8 11 18
市 債 - 億円 22 8 5 7 11
市債比 45% 77% 60% 60% 60%

 

  施政の実態に気づくことが「高浜」を護るために必要です

 

  (最後まで、ご精読いただき ありがとうございました)

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸