t2521’s blog

高浜市の公共施設を市民目線で考える住民活動

・市内の公共施設は、議会や行政主導で建設推進され、市役所・公民館・美術館・学校といつのまにか140施設を超えたそうです。今、最大の問題は、市はこのまま公共施設を更新すると数百億円の財政投資となり、財政破たんすると、市民の納得もないまま旧市役所や市民ホールを次々と解体され、高小建設は50億円超。更に民間プール建設は数億円補助という大盤振る舞いのハコモノ建設を計画しています。 さらに、民間病院には、中央公民館の跡地を格安で貸付し、病院建設補助のため、また血税23億円を提供予定だそうです。まったく説明責任抜きで「まちづくり」が進められています! このまま、議会や、行政にお任せの「まちづくり」では、血税が無駄の可能性が高く、市民の監視を高めるため情報展開を図るものです。

住民監査 - 青少年ホーム跡地の産廃ガレキの不可解

今日も残暑厳しい一日です。学校エアコンは未対策のまま。新学期以降も、この残暑は続くようです。一体「子ども」の健康や環境改善を如何にお考えなのか…?

・このままでは、施政の無策さが露呈の実態は情けない限りです。

庁舎は冷房完備。子供の学習環境改善を放置は、余りにも不適切な対応と思います!

---青少年ホーム跡地の実態---☆---

・論地町の「青少年ホーム跡地」の「プール建設」は計画通り推進されています。

● 市は、敷地の土壌に「瓦ガレキ」が混入と主張され、産廃処分として「4万円/㎥」とし、「1億数千万円」を予算化されました。

・現場の土壌を、しっかり観察してみると「瓦ガレキ」の混入率は極めて少ないことが分かりました。これが、本当に「産業廃棄物-瓦ガレキ」なのか?  疑問は膨らみます。

---市は「瓦ガレキ」と指摘されますが---☆--- 

・写真は「プール敷地から掘削された土壌です。『瓦ガレキ』は極めて少ないのです」

f:id:t2521:20180825210102j:plain

---建設現場から出た産廃まで市民負担?---☆---

●高浜は「民間企業に優しい」証です。建設現場から発生した産廃血税負担なのか?

基礎杭工事で発生した「セメント(ベントナイト:止水材)」まで、産廃処分の残土として積み上げられているのでは…?

「敷地の地中の瓦ガレキ」と「基礎工事の産廃」と確実な分離管理が必要では…?

 ⇒ 血税負担」の重みを感じて頂きたいと思います

f:id:t2521:20180825211817j:plain

---なぜ、民間企業に優しいのか?---☆---

●「子どもには厳しく」「民間企業には、ここまで優しい」理由が理解出来ません…?

・建設前から「地中から瓦ガレキ等が出た場合は、市が負担する」とかいう契約条件を提示されていたとか? 

・民間企業は、何のリスクも負担せず、市民の財産である「市有地」を廉価に借りて、更に「水泳指導」の名目で「年-約8百万円/年(推定) にて「30年間」補助継続」とか?

この財政効果は、まだ説明責任を果たされていないと思います。不可解です

---市の水泳プール構想(推定) ---☆---

●将来構想として、市内小中学校の水泳授業は民間企業一社に独占委託のようです。

・水泳授業は「通年計画化(春~秋?)」され、連続2時間となるようです。

子どもにとって、効果的なのか? 事例を上げて説明が必要です。

・水泳授業は「学年一斉(約120名)」「教師も現場立会」のようです。事故発生時の責任は「市」となるのでしょうか? 突然、開始された「水泳指導の民間委託化」。その期間は「30年間」。まだ、その適否は検証されていません。極めて冒険的な施策では…?

●学校は「災害時の指定避難所」です。防火水槽の容量の三倍を超えるであろう水源(プール)を学校(避難所)から廃止して、その責任補償は誰が負うのか?  明文化が必要です。

⇒ 学校エアコンは遅々としているのに「プール」は強行! 本当に適切なのでしようか?

 不可解な産廃処理に「1億円超」を予算化?   血税浪費は避けて戴きたいものです。

〒444-1335 高浜市芳川町1-2-34 電話 0566-52-5419 fax (同) Mail yy-yano@mtc.biglobe.ne.jp 文責 矢野義幸